ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 859144 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

松生山・浅間嶺・熊倉山・三国山・連行峰(笹平 → 柏木野)

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー Gonpapa
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
立川5:36−6:05武蔵五日市6:18−6:41笹平
宮の沢16:34−17:10武蔵五日市17:20−17:55立川

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間8分
休憩
31分
合計
9時間39分
S笹平バス停06:4708:09内蔵ノ助山08:29払沢ノ峰08:49松生峠09:02松生山09:0309:14天領山09:20入沢山09:45浅間嶺展望台09:4809:50浅間尾根休憩所10:0110:07浅間嶺10:11浅間尾根休憩所10:1212:07浅間峠12:0812:18栗坂峠12:22栗坂の丸12:2312:40坊主山12:4113:03熊倉山13:15軍刀利神社元社13:1613:27三国山13:3513:39生藤山13:48茅丸13:4914:01連行峰14:0214:29湯場ノ頭15:12万六ノ頭15:1316:04柏木野バス停16:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
06:47笹平バス停
08:09内蔵ノ助山
08:29払沢ノ峰
09:01-06松生山
09:20入沢山
09:25浅間嶺〜時坂峠の登山道に合流
09:35-50浅間嶺展望台
09:10-10:02浅間嶺休憩所
10:07浅間嶺(小岩浅間)
10:11浅間尾根休憩所
10:52上川乗
12:05-10浅間峠
12:40坊主山
13:03熊倉山
13:15軍刀利神社元
13:25-35三国山
14:01連行峰
14:31湯場ノ頭
15:06-13万六ノ頭
16:04柏木野バス停
コース状況/
危険箇所等
◎笹平バス停〜浅間嶺
 ●破線ルートだが、登り始めが若干分かり難いものの(尾根キープで進めば問題なし)、踏み跡明瞭。但し、下りで利用するときには、雪/落ち葉で埋もれて踏み跡が不明となっている場合、標識がないため尾根を間違えそうな箇所が2カ所あった。(後掲写真参照)
 ・ずっと尾根をキープしながら、登り始めは急登(途中、2度のアップダウンと平坦な痩せ尾根あり)。その後、緩やかにアップダウンしながら登って、内蔵ノ助山に至る。
 ・内蔵ノ助山からは、尾根をキープしつつ、緩やかにアップダウンを繰り返して浅間嶺に至る。


◎浅間嶺〜浅間峠(関東ふれあいの道)
 ・浅間嶺休憩所より、杉林の中を緩やかに下って上川乗集落へ。
 ・上川乗で33号を少し数馬方向に進み、交差点で左に進んで、再び登山道へ入る。
 ・始めは急斜面を九十九折に緩やかに登る。その後尾根に沿って斜面を緩やかに登ると浅間峠に至る。


◎浅間峠〜連行峰(笹尾根)
 ・平坦/緩やかにアップダウンを繰り返して(一部にやや急降急登あり)連行峰に至る。
 ・三国山から先のピーク(生藤山や茅丸も)には、概ね巻道がある。

◎連行峰〜柏木野(万六尾根)
 ●下り始めの所で、雪/落ち葉で埋もれて踏み跡が不明となっている場合、標識がないため尾根を間違えそうな箇所がある。(後掲写真参照)
 ・概ね、平坦/緩やかに下る。登り返しが3度ある。
 ・万六ノ頭には巻道があるが、頂上を通過する場合、登り返しは緩やかだが、頂上を過ぎてからの下りは急降。なお、頂上からの下り方向は右側に赤テープがあったが(バリルート?)、左側の尾根を下る。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

06:47笹平BS。数馬方向へカーブまで進む。なお、左に進むと、市道山への登山口に至る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06:47笹平BS。数馬方向へカーブまで進む。なお、左に進むと、市道山への登山口に至る。
松生山への登山口はカーブの所から入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松生山への登山口はカーブの所から入る。
畑の横を通過して樹林の入口に、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑の横を通過して樹林の入口に、
標識がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識がある。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
尾根を急登する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を急登する。
(振り返って)最初は、巻くような踏み跡があったり、登山道が小木の若葉で隠されていて、若干分かり辛いが、尾根キープで登る。ここ以降は踏み跡明瞭でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)最初は、巻くような踏み跡があったり、登山道が小木の若葉で隠されていて、若干分かり辛いが、尾根キープで登る。ここ以降は踏み跡明瞭でした。
2度目のダウン。逆方向の場合、最後の2度の登り返しは、地味に堪えそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2度目のダウン。逆方向の場合、最後の2度の登り返しは、地味に堪えそう。
この辺りから、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから、
緩やかなアップダウンに変わる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかなアップダウンに変わる。
08:09内蔵ノ助山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:09内蔵ノ助山
払沢ノ峰頂上部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
払沢ノ峰頂上部
(振り返って)逆方向の場合、積雪などでは特に、左折せずに右側の尾根を下りそう(その1)。横の倒れた木が「通せんぼ」になっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)逆方向の場合、積雪などでは特に、左折せずに右側の尾根を下りそう(その1)。横の倒れた木が「通せんぼ」になっている。
ここが松生峠か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが松生峠か
入口は、崩落により通行止めの案内。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口は、崩落により通行止めの案内。
(振り返って)逆方向の場合、積雪などでは特に、左折せずに直進する尾根を下りそう(その2)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)逆方向の場合、積雪などでは特に、左折せずに直進する尾根を下りそう(その2)。
何とか、富士が望めた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか、富士が望めた。
(振り返って)09:14天領山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)09:14天領山
09:25浅間嶺〜時坂峠の登山道に合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:25浅間嶺〜時坂峠の登山道に合流
合流点を振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点を振り返って。
山ザクラと宿り木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ザクラと宿り木
ヘビイチゴか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘビイチゴか
北西方向。これから歩く予定の笹尾根と浅間嶺。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西方向。これから歩く予定の笹尾根と浅間嶺。
09:35-50浅間嶺展望台。浅間嶺のピークは奥に見える山影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:35-50浅間嶺展望台。浅間嶺のピークは奥に見える山影。
1
北側。御前山、大岳山が広がっているはずですが、霞んでます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側。御前山、大岳山が広がっているはずですが、霞んでます。
09:10-10:02浅間嶺休憩所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:10-10:02浅間嶺休憩所
ミツバツツジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ
浅間嶺のピークを踏むべく、ピストンする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間嶺のピークを踏むべく、ピストンする。
休憩所から約100メートル位の所にある浅間神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所から約100メートル位の所にある浅間神社。
10:07浅間嶺(小岩浅間)浅間神社から約150〜200メートル位進んだ所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:07浅間嶺(小岩浅間)浅間神社から約150〜200メートル位進んだ所。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
10:11浅間尾根休憩所に戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:11浅間尾根休憩所に戻る。
(振り返って)杉林の中を緩やかに下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)杉林の中を緩やかに下る。
関東ふれあいの道 道標が所々に設置されいる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東ふれあいの道 道標が所々に設置されいる。
ムラサキマムシグサ(紫蝮草、紫色)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキマムシグサ(紫蝮草、紫色)
上川乗集落に到達。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上川乗集落に到達。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
左側に進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側に進む。
ここから登山道へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道へ。
(振り返って)登山道入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)登山道入口
橋を渡ると、急斜面を九十九折に緩やかに登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると、急斜面を九十九折に緩やかに登る。
ホウチャクソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホウチャクソウ
急斜面を九十九折に登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を九十九折に登る。
お社が現れると、尾根に沿って斜面を緩やかに登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お社が現れると、尾根に沿って斜面を緩やかに登る。
尾根を越えて反対側の斜面に移ると、浅間峠が近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を越えて反対側の斜面に移ると、浅間峠が近い。
カントウマムシグサ(関東蝮草、緑色)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カントウマムシグサ(関東蝮草、緑色)
アップを繰り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップを繰り返す。
ヒトリシズカ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカ
軍刀利神社元社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軍刀利神社元社
13:15軍刀利神社元社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:15軍刀利神社元社
13:25-35三国山。左:和田峠、右:上岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:25-35三国山。左:和田峠、右:上岩
1
生藤山の尾根道と巻道分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生藤山の尾根道と巻道分岐点
曇天で眺望得られないため、今回は巻道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇天で眺望得られないため、今回は巻道を進む。
生藤山の巻道・尾根道合流点を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生藤山の巻道・尾根道合流点を振り返る。
茅丸の尾根道・巻道分岐点。ここも、今回は巻く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅丸の尾根道・巻道分岐点。ここも、今回は巻く。
茅丸の尾根道・巻道合流点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅丸の尾根道・巻道合流点
柏木野バス停へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柏木野バス停へ向かう。
雪/落ち葉で埋もれて踏み跡が不明となっている場合、直進してしまいそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪/落ち葉で埋もれて踏み跡が不明となっている場合、直進してしまいそう。
近くに落ちていた倒木で、「通せんぼ」を作る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くに落ちていた倒木で、「通せんぼ」を作る。
1
急斜面を九十九折に緩やかに下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を九十九折に緩やかに下る。
急斜面の九十九折下りの終わりを振り返る。直登の踏み跡がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面の九十九折下りの終わりを振り返る。直登の踏み跡がある。
軽く登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽く登り返す。
(振り返って)14:31湯場ノ頭。新旧2つの標識があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)14:31湯場ノ頭。新旧2つの標識があった。
雪/落ち葉で埋もれて踏み跡が不明となっている場合に、もし、標識を見落としてしまうと、右の尾根に進んでしまいそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪/落ち葉で埋もれて踏み跡が不明となっている場合に、もし、標識を見落としてしまうと、右の尾根に進んでしまいそう。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
万六ノ頭の尾根道・巻道分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万六ノ頭の尾根道・巻道分岐点
(振り返って)15:06-13万六ノ頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)15:06-13万六ノ頭
左の尾根筋を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の尾根筋を下る。
(振り返って)急降
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)急降
合流点を振り返る。尾根に乗って登ると、万六ノ頭に至る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点を振り返る。尾根に乗って登ると、万六ノ頭に至る。
1
急斜面を九十九折に緩やかに下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を九十九折に緩やかに下る。
右折。直進する踏み跡は??標識を見落とした?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右折。直進する踏み跡は??標識を見落とした?
急斜面を九十九折に緩やかに下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を九十九折に緩やかに下る。
急斜面の下りを終えて振り返る。もう、柏木野バス停は近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面の下りを終えて振り返る。もう、柏木野バス停は近い。
川を渡り、階段を上った所が、柏木野バス停。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川を渡り、階段を上った所が、柏木野バス停。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
(数馬方向)登山口入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(数馬方向)登山口入口
五日市方向に数メートル下った所に、柏木野バス停。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五日市方向に数メートル下った所に、柏木野バス停。

感想/記録

・晴れとの天気予報に、トレーニングと赤線つぶしを兼ねて、かねてから計画していた笹平からの周回コースに出かけたところ、朝の内少し青空が覗いたものの、曇天。もともと眺望はあまりないコースではあったので、花を眺めながら歩く。

・ここ暫くは短めのコースばかりだったので、少し、距離のあるコースにしたところ、終盤に左足脹脛に痛みが走り、ストックで左足への負担を軽くしながら、何とか下山できた。こんなことでは、イカン。

・柏木野バス停から笹平バス停まで歩くつもりが、途中の宮の沢バス停前にある桧原村特産物直売所で買い物に時間を掛けているうちに、バスの時刻が近づいたため、そこでバスに乗ってしまい、正確には周回ではなくなってしまった。
訪問者数:259人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/2
投稿数: 331
2016/5/6 22:30
 ダブルヘッダー
Gonpapa さん こんばんは。

ダブルヘッダー的山行お疲れ様でした。距離・登高差驚きです。
昨日同エリアを歩きましたが、低山こそ地図読みの必要性を感じました。
登録日: 2011/11/2
投稿数: 73
2016/5/7 7:29
 Re: ダブルヘッダー
今年の夏のアルプス縦走に備えて、トレーニングのつもりでコース設定しました。が、久し振りの負荷のためか、左足の脹脛に痛みが出てしまい、少し凹んでいます。
私も、低山の方がよくGPSに助けられていて、バリルートや見通しの効かない地形が多くて、注意が必要と感じています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ