ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 859342 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

涸沢岳(涸沢でテン泊停滞のち)

日程 2016年04月30日(土) 〜 2016年05月02日(月)
メンバー marui
天候4/30 晴れ〜雪、5/1 雪〜曇り、5/2晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
4/30土
自宅0430 → 沢渡0830(4.00 途中休憩)
シャトルバス:沢渡0900 → 上高地0930
5/2月
シャトルバス:上高地1530 → 沢渡1600
沢渡1715 → 自宅2155(4.40 途中食事)

沢渡バスターミナルの駐車場を利用(2泊\1800)
バスは15〜20分位の頻度で出発
高速は往復とも渋滞なし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

4/30(土) 17.0km +1239m
上高地  0940
明神   1030/1035 0.50
徳沢   1125/1135 0.50 1.40
横尾   1240/1250 1.05 2.45
本谷橋  1400/1415 1.10 3.55
涸沢   1600    1.45 5.40

5/1(日) 3.0km
終日停滞、涸沢散策

5/2(月) 19.7km +1073m -1865m
涸沢   0500
白出コル 0705/0720 1.55
涸沢岳  0740/0800 0.20 2.15
白出コル 0810    0.10 2.25
涸沢   0840/1005 0.30 2.55
本谷橋  1100/1110 0.55 3.50
横尾   1200/1210 0.50 4.40
徳沢   1300/1335 0.50 5.30
明神   1415/1425 0.40 6.10
上高地  1510    0.45 6.55
コース状況/
危険箇所等
横尾〜涸沢
・本谷橋まで夏道
・本谷橋から夏道沿いで雪あり、途中から涸沢まで雪渓

涸沢〜白出コル
・登りは小豆沢側からザイテングラードに上がった
・その途中、2800m位の氷結した急斜面はかなり危険
・下りはザイテンの北側斜面を雪崩に注意しながら下りた
・4/30〜5/1にかけて15cm〜30cmの降雪

白出コル〜涸沢岳
・特に難しい場所はなし

涸沢テン場
・1泊\1000 水、トイレ利用可能
 トイレは紙あり。洋式は便座が暖かい
・貸しスコップあり \500
その他周辺情報温泉:沢渡 梓湖畔の湯 \720
   http://www.sawando.jp/
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 50+10Lザック サブザック ハードシェル 薄手ダウン 雨具下 帽子 手袋 オーバー手袋 ロングスパッツ 冬靴 ピッケル アイゼン ストック サングラス 一人用テント 銀マット テントマット シュラフ ゴアシュラフカバー ガスコンロ コッフェル シェラカップ コップ スプーン等 ペットボトル(1L) 粉末アクエリアス3L分 水筒(1L) 夕食2日分 朝食2日分 昼食3日分 非常食1食分 スマフォ(地図&GPS) モバイルバッテリー 携帯電話 5万図 磁石 ヘッデン 日焼け止め ツェルト カメラ ヘルメット ロープ6mm×10m シュリンゲ数本 カラビナ数枚 文庫本

写真

今年もGWの涸沢へ。
Deuter ACT LITE 50+10買っちゃいました。
現行品1730gより少し軽い、一世代前の1580gの奴です。
2016年04月30日 09:37撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年もGWの涸沢へ。
Deuter ACT LITE 50+10買っちゃいました。
現行品1730gより少し軽い、一世代前の1580gの奴です。
8
ガラス窓でパチリ。
では行ってきます
2016年04月30日 09:40撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガラス窓でパチリ。
では行ってきます
4
お猿の登場に盛り上がってます。
2016年04月30日 09:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿の登場に盛り上がってます。
2
定番の河童橋からの穂高連峰。
2016年04月30日 09:45撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番の河童橋からの穂高連峰。
9
西穂の辺り。
nbさん、ponさん、登ってますか〜
(と、この時は思ってました)
2016年04月30日 09:47撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂の辺り。
nbさん、ponさん、登ってますか〜
(と、この時は思ってました)
9
明神通過。
昨年とほぼ同じ16.6kgですが、担ぎやすくて快調。
2016年04月30日 10:28撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神通過。
昨年とほぼ同じ16.6kgですが、担ぎやすくて快調。
2
ニリンソウですね?
2016年04月30日 11:01撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニリンソウですね?
5
良い天気でしたが、だんだん雲が増えてきました。
2016年04月30日 11:16撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気でしたが、だんだん雲が増えてきました。
6
順調に徳沢。
2016年04月30日 11:23撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順調に徳沢。
3
順調に横尾。
この手前位でfujimonさんとすれ違っていたようです。
2016年04月30日 12:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順調に横尾。
この手前位でfujimonさんとすれ違っていたようです。
3
涸沢に向けて橋を渡ります。
昨年はザックが肩に食い込んで辛く、心折れそうになっていましたが、今日は元気ありますよ〜。
2016年04月30日 12:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢に向けて橋を渡ります。
昨年はザックが肩に食い込んで辛く、心折れそうになっていましたが、今日は元気ありますよ〜。
2
ネパ街道いいですね〜。
2016年04月30日 13:50撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネパ街道いいですね〜。
5
本谷橋です。
昨年はまだ雪渓で埋まっていました。
ここから雪道。アイゼンを装着。
夏道沿いに左手の斜面を登っていきます。
2016年04月30日 13:59撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋です。
昨年はまだ雪渓で埋まっていました。
ここから雪道。アイゼンを装着。
夏道沿いに左手の斜面を登っていきます。
3
本谷橋を越えた辺りから急速に天候悪化。
雪が降り始めました。
2016年04月30日 14:54撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋を越えた辺りから急速に天候悪化。
雪が降り始めました。
3
涸沢に向かう登山者の列が見えますね。
2016年04月30日 15:11撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢に向かう登山者の列が見えますね。
2
もう少しで涸沢。
風も強くなって吹雪になりました。
2016年04月30日 15:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで涸沢。
風も強くなって吹雪になりました。
4
今回は途中心折れずに涸沢ヒュッテに到着。
テントの受付は外の仮設テントへ。
受付のお兄さんの家がなんと近所ということでびっくり
2016年04月30日 15:58撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は途中心折れずに涸沢ヒュッテに到着。
テントの受付は外の仮設テントへ。
受付のお兄さんの家がなんと近所ということでびっくり
3
設営完了!
スコップは涸沢ヒュッテにて500円で借りられます。
2016年04月30日 17:18撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
設営完了!
スコップは涸沢ヒュッテにて500円で借りられます。
12
4/30夕食。魚肉ハンバーグに野菜色々。
ではおやすみなさい。
2016年04月30日 18:19撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4/30夕食。魚肉ハンバーグに野菜色々。
ではおやすみなさい。
10
おはようございます。
5/1朝食。フリーズドライのリゾットとスープ。
まだ風も強く雪が降ってます
今日は停滞に決定。
元々停滞覚悟だったので、文庫本を持ってきました。「槍・穂高」名峰誕生のミステリーという本です。
後ほど、復習を兼ねて仕入れた知識を紹介します。
2016年05月01日 06:36撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます。
5/1朝食。フリーズドライのリゾットとスープ。
まだ風も強く雪が降ってます
今日は停滞に決定。
元々停滞覚悟だったので、文庫本を持ってきました。「槍・穂高」名峰誕生のミステリーという本です。
後ほど、復習を兼ねて仕入れた知識を紹介します。
11
本を読んでは寝てを繰り返す。
夢うつつの中、飛ばされてきたテントが自分のテントにぶつかってさらに飛んでいったような(>_<)
さて、いい加減活動開始、新雪が15cm位積もっていました。夜中の風もかなり強かったです。
2016年05月01日 09:45撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本を読んでは寝てを繰り返す。
夢うつつの中、飛ばされてきたテントが自分のテントにぶつかってさらに飛んでいったような(>_<)
さて、いい加減活動開始、新雪が15cm位積もっていました。夜中の風もかなり強かったです。
6
涸沢のすぐ上からガスってます
2016年05月01日 09:46撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢のすぐ上からガスってます
6
暇なので色々散策。
自販機あり。色々揃っていますね。
寒いので暖かいものが売り切れになってますね。
2016年05月01日 09:59撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暇なので色々散策。
自販機あり。色々揃っていますね。
寒いので暖かいものが売り切れになってますね。
4
涸沢ヒュッテの中では天気予報が見られますが...
上高地が晴れ? 信じられん...
2016年05月01日 10:01撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢ヒュッテの中では天気予報が見られますが...
上高地が晴れ? 信じられん...
2
コーヒー飲んでのんびり。
2016年05月01日 10:05撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コーヒー飲んでのんびり。
6
涸沢ヒュッテの近くではたまに電波がつながります。
mountain forecast の予報では夜から晴れとのこと。
ちなみに前日時点で30夜は雪の予報が出ていました。
2016年05月01日 11:02撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢ヒュッテの近くではたまに電波がつながります。
mountain forecast の予報では夜から晴れとのこと。
ちなみに前日時点で30夜は雪の予報が出ていました。
1
yahooで天気図を見ると、日本海に低気圧がいます。
これの影響か...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
yahooで天気図を見ると、日本海に低気圧がいます。
これの影響か...
1
5/1昼食。棒ラーメンに野菜少々。
2016年05月01日 12:14撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5/1昼食。棒ラーメンに野菜少々。
2
ようやく雪も止み、涸沢を散策。
2016年05月01日 12:57撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく雪も止み、涸沢を散策。
6
大豪邸がありますね。
2016年05月01日 12:58撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大豪邸がありますね。
12
涸沢小屋にて。
2016年05月01日 13:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢小屋にて。
1
テント村全景
2016年05月01日 13:04撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント村全景
6
常念岳が見える所まで登ってきました。
2016年05月01日 13:17撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳が見える所まで登ってきました。
3
常念岳アップで。
少し日が当たっているみたいです。
2016年05月01日 13:17撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳アップで。
少し日が当たっているみたいです。
4
皆さん散歩されています。
2016年05月01日 13:32撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さん散歩されています。
1
暇なので自撮り。
2016年05月01日 13:48撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暇なので自撮り。
7
雪崩が心配なので、雪をチェック。
氷化した層と新雪との境目がはっきり分かりました。
氷化した層の表面がでこぼこで、アンカーが効いているようで、スパっと破断する感じではなかったです。
2016年05月01日 14:39撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪崩が心配なので、雪をチェック。
氷化した層と新雪との境目がはっきり分かりました。
氷化した層の表面がでこぼこで、アンカーが効いているようで、スパっと破断する感じではなかったです。
2
滑落停止の練習を何回もやりました。
こういう時じゃないと、なかなか時間も取れないですし。
てか、ただ暇なだけなんですが
2016年05月01日 14:56撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑落停止の練習を何回もやりました。
こういう時じゃないと、なかなか時間も取れないですし。
てか、ただ暇なだけなんですが
3
見事な雪だるまがありました。
2016年05月01日 14:58撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事な雪だるまがありました。
4
5/1夕食。シャウエッセンでいつものポトフ。
ガスコン(SOTO SOD-310)のSOD-710T(小さい缶)の1個目は、ここまでで空になりました。以下、使用量メモ。
・夕食2回
(飯炊き,調理,お茶)
・朝食1回
・昼食1回
・手袋など乾燥
・たまに暖房少々
2016年05月01日 18:36撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5/1夕食。シャウエッセンでいつものポトフ。
ガスコン(SOTO SOD-310)のSOD-710T(小さい缶)の1個目は、ここまでで空になりました。以下、使用量メモ。
・夕食2回
(飯炊き,調理,お茶)
・朝食1回
・昼食1回
・手袋など乾燥
・たまに暖房少々
8
夜のテント村。
2016年05月01日 19:06撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜のテント村。
9
芸術的な作品もありました。
ではおやすみなさい。
2016年05月01日 19:09撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芸術的な作品もありました。
ではおやすみなさい。
22
5/2、おはようございます。
夜中に満天の星空が見えましたが、朝は高曇りで少しガスもかかっていました。
朝食は撮り忘れ。またフリーズドライのリゾットで。
2016年05月02日 04:59撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5/2、おはようございます。
夜中に満天の星空が見えましたが、朝は高曇りで少しガスもかかっていました。
朝食は撮り忘れ。またフリーズドライのリゾットで。
1
5時に出発。
まずは白出コルに向けて登ります。
奥穂目指すか、涸沢岳にしておくか、どうしようか...
2016年05月02日 05:26撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時に出発。
まずは白出コルに向けて登ります。
奥穂目指すか、涸沢岳にしておくか、どうしようか...
1
昨日は見えなかった涸沢槍もばっちり。
2016年05月02日 05:26撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日は見えなかった涸沢槍もばっちり。
5
8人ほど先に登られていました。
途中休憩中に先に進み、白出コルは4番目に。
2016年05月02日 05:41撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8人ほど先に登られていました。
途中休憩中に先に進み、白出コルは4番目に。
2
部分的にあられ雪で、足場が全く固まらない所があったり。
昨年の北穂とは全然違う雪質です。
2016年05月02日 05:49撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
部分的にあられ雪で、足場が全く固まらない所があったり。
昨年の北穂とは全然違う雪質です。
5
皆さん、続々と登ってきます。
2016年05月02日 06:21撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さん、続々と登ってきます。
1
かなり傾斜が強くなってきました。
この辺からはカチカチの固い斜面に。
2016年05月02日 06:21撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり傾斜が強くなってきました。
この辺からはカチカチの固い斜面に。
2
この先、赤いザックの方がいる辺り(2800m付近)が一番傾斜強く、しかも氷化していてステップは5cm位、右手ダガーポジションに左手は雪面に添えて、そろそろと登りました。もし滑落すると、岩に当たる可能性もあって、ここはビビった。
2016年05月02日 06:25撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、赤いザックの方がいる辺り(2800m付近)が一番傾斜強く、しかも氷化していてステップは5cm位、右手ダガーポジションに左手は雪面に添えて、そろそろと登りました。もし滑落すると、岩に当たる可能性もあって、ここはビビった。
11
上から見るとこんな感じ。
あ〜怖 (>_<)
2016年05月02日 06:36撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から見るとこんな感じ。
あ〜怖 (>_<)
9
前穂高北尾根。
5,6のコルに2パーティーほど向かっていました。
2016年05月02日 06:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高北尾根。
5,6のコルに2パーティーほど向かっていました。
8
この辺はウインドクラストしていてアイゼンが良く効きました。
しかし、あの氷化した部分やあられ雪の不安定な部分と、今回は雪の状態が悪い。
2016年05月02日 06:48撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺はウインドクラストしていてアイゼンが良く効きました。
しかし、あの氷化した部分やあられ雪の不安定な部分と、今回は雪の状態が悪い。
5
ショートスキーで下りてきた方がいました。
昨年縦溝で泣いたので、今回は置いてきたのですが、この新雪だったら持ってくれば良かった。
2016年05月02日 06:56撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートスキーで下りてきた方がいました。
昨年縦溝で泣いたので、今回は置いてきたのですが、この新雪だったら持ってくれば良かった。
2
右上に見える櫓が目印。
あの辺りまで行くと、ようやくコルが見えます。
2016年05月02日 06:56撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右上に見える櫓が目印。
あの辺りまで行くと、ようやくコルが見えます。
3
白出コルに到着。
33年前の夏合宿、岳沢から前穂奥穂を越えてここまで来てテン泊、大雨で停滞したことが懐かしく思い出されます。28年前の秋には西穂から縦走、それ以来です。
2016年05月02日 07:05撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出コルに到着。
33年前の夏合宿、岳沢から前穂奥穂を越えてここまで来てテン泊、大雨で停滞したことが懐かしく思い出されます。28年前の秋には西穂から縦走、それ以来です。
14
奥穂の雪璧。
う〜む...
2016年05月02日 07:11撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂の雪璧。
う〜む...
10
落ちるとネットに引っかかる仕組みです(実際にこの日、これで命拾いした人がいたらしい)。
何人かソロで向かっている方もいますが...
2016年05月02日 07:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちるとネットに引っかかる仕組みです(実際にこの日、これで命拾いした人がいたらしい)。
何人かソロで向かっている方もいますが...
9
ジャンの遭難でしょうか、警察ヘリが飛び回っていて異様な雰囲気です。
やっぱ今回は奥穂は止めておこう。
今日の雪の状態でソロではリスク高いわ。
たぶん行けてしまうとは思うけど、結果的にたまたま行けてしまう登山を続けるといつかやってしまうような気がします。
奥穂はまた来年以降、できる限りの安全確保を図って挑戦することにします。
2016年05月02日 07:20撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンの遭難でしょうか、警察ヘリが飛び回っていて異様な雰囲気です。
やっぱ今回は奥穂は止めておこう。
今日の雪の状態でソロではリスク高いわ。
たぶん行けてしまうとは思うけど、結果的にたまたま行けてしまう登山を続けるといつかやってしまうような気がします。
奥穂はまた来年以降、できる限りの安全確保を図って挑戦することにします。
27
という訳で涸沢岳へ。
2016年05月02日 07:25撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
という訳で涸沢岳へ。
4
涸沢岳は難しくありません。
2016年05月02日 07:26撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳は難しくありません。
3
3110m、涸沢岳頂上に到着!
この辺では奥穂、槍の次に高く、日本で8番目の高峰です。
2016年05月02日 07:39撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3110m、涸沢岳頂上に到着!
この辺では奥穂、槍の次に高く、日本で8番目の高峰です。
14
どど〜んと、槍、北穂!
これはスバラ!
2016年05月02日 07:41撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どど〜んと、槍、北穂!
これはスバラ!
21
写真、撮って頂きました。
1983年以来です。
2016年05月02日 07:44撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真、撮って頂きました。
1983年以来です。
28
では涸沢岳からの展望、そして蘊蓄を。
まずは白山、そして笠ヶ岳。
本によると、笠ヶ岳は、まだ日本が大陸にあった6500万年前、火山のカルデラに堆積した噴出物の層が、北アの隆起の際に激しく浸食されてできたそうです。その層が横縞となって見えているとのこと。
2016年05月02日 07:46撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では涸沢岳からの展望、そして蘊蓄を。
まずは白山、そして笠ヶ岳。
本によると、笠ヶ岳は、まだ日本が大陸にあった6500万年前、火山のカルデラに堆積した噴出物の層が、北アの隆起の際に激しく浸食されてできたそうです。その層が横縞となって見えているとのこと。
7
左 抜戸岳、中央奥 黒部五郎、右奥 薬師岳。
黒部五郎と薬師の間の手前は双六の辺り。
Sanちゃんは双六か立山?(と、この時は思ってました)
薬師岳も笠ヶ岳同様の縞が見られ、やはり6500万年前の火山堆積物の層が現れたものだそうです。恐竜の化石も見つかる可能性があるとのこと。
2016年05月02日 07:46撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左 抜戸岳、中央奥 黒部五郎、右奥 薬師岳。
黒部五郎と薬師の間の手前は双六の辺り。
Sanちゃんは双六か立山?(と、この時は思ってました)
薬師岳も笠ヶ岳同様の縞が見られ、やはり6500万年前の火山堆積物の層が現れたものだそうです。恐竜の化石も見つかる可能性があるとのこと。
4
中央の高いのは水晶、その左は鷲羽岳かな。
槍の左奥は立山のはずだけど、ガスってますね。
2016年05月02日 07:47撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の高いのは水晶、その左は鷲羽岳かな。
槍の左奥は立山のはずだけど、ガスってますね。
8
槍アップで!
槍が垂直じゃないのをいつも残念に思っていました。20゜東に傾いているのは、太平洋プレートが沈み込む影響で、地殻が西にずり上がる力が働いてこうなっているそうです。
2016年05月02日 07:49撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍アップで!
槍が垂直じゃないのをいつも残念に思っていました。20゜東に傾いているのは、太平洋プレートが沈み込む影響で、地殻が西にずり上がる力が働いてこうなっているそうです。
18
北穂アップで!
なんと縦走路に登山者がいますね。
2016年05月02日 07:50撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂アップで!
なんと縦走路に登山者がいますね。
15
ジャンダルムアップで!
人が沢山います。登山者なのか捜索隊なのか...
2016年05月02日 07:50撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムアップで!
人が沢山います。登山者なのか捜索隊なのか...
14
奥穂高アップで!
ちょっと心残りはあるけど、山は安全第一で。
2016年05月02日 07:50撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高アップで!
ちょっと心残りはあるけど、山は安全第一で。
8
前穂、かっちょいい〜!
2016年05月02日 07:51撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂、かっちょいい〜!
10
前穂〜奥穂〜ジャンダルム!
将に"山"の字ですね。
さて、本の本題、槍穂の誕生ですが、176万年前に起きた噴火でできた巨大なカルデラ内部に、1500m堆積した溶結凝灰岩が140万年前の隆起で持ち上げられ、浸食され、さらに6万年前と2万年前の氷河期に削られてカールができて、今の形になったそうです。
そして、176万年前の噴火の火山灰は千葉の鋸山の凝灰岩系砂岩にも混入しているらしい。
2016年05月02日 07:54撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂〜奥穂〜ジャンダルム!
将に"山"の字ですね。
さて、本の本題、槍穂の誕生ですが、176万年前に起きた噴火でできた巨大なカルデラ内部に、1500m堆積した溶結凝灰岩が140万年前の隆起で持ち上げられ、浸食され、さらに6万年前と2万年前の氷河期に削られてカールができて、今の形になったそうです。
そして、176万年前の噴火の火山灰は千葉の鋸山の凝灰岩系砂岩にも混入しているらしい。
14
では下りましょう。
昨日の荒天で、海老の尻尾が沢山。
2016年05月02日 07:58撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では下りましょう。
昨日の荒天で、海老の尻尾が沢山。
3
涸沢カール全景。
奥に常念岳〜蝶ヶ岳。
本によると、蝶ヶ岳以南は深海に溜まった泥や放散中の殻が、プレートの移動で押し上げられたそうな。そして、常念岳以北は6400万年前にマグマが冷却されてできた花崗岩でできている。燕岳が典型的ですね。その花崗岩は上高地から唐松岳まで広がっているそうです。
同じ北アでも、でき方が色々違うんですね。
2016年05月02日 08:10撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢カール全景。
奥に常念岳〜蝶ヶ岳。
本によると、蝶ヶ岳以南は深海に溜まった泥や放散中の殻が、プレートの移動で押し上げられたそうな。そして、常念岳以北は6400万年前にマグマが冷却されてできた花崗岩でできている。燕岳が典型的ですね。その花崗岩は上高地から唐松岳まで広がっているそうです。
同じ北アでも、でき方が色々違うんですね。
9
ザイテンの氷化した急斜面を下るのは避けて、左側から下りることにしました。
2016年05月02日 08:26撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザイテンの氷化した急斜面を下るのは避けて、左側から下りることにしました。
5
続々と登る登山者。絵になりますね。
2016年05月02日 08:28撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続々と登る登山者。絵になりますね。
9
安全地帯に到着。
2016年05月02日 08:32撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全地帯に到着。
1
まったりコーヒーを。
2016年05月02日 08:49撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まったりコーヒーを。
6
その間にもひっきりなしに警察ヘリが飛んでいました。
報道によると、8:30頃、2800m付近で滑落遭難があったそうですが、それでしょうか。
2016年05月02日 09:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その間にもひっきりなしに警察ヘリが飛んでいました。
報道によると、8:30頃、2800m付近で滑落遭難があったそうですが、それでしょうか。
5
朝からずっとヘリが飛び回っていて異様な雰囲気でした。
2016年05月02日 09:17撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝からずっとヘリが飛び回っていて異様な雰囲気でした。
3
ザイテングラート全景。
行きは左から途中でザイテンの上へ。
戻りは右の斜面を下りました。
2016年05月02日 09:59撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザイテングラート全景。
行きは左から途中でザイテンの上へ。
戻りは右の斜面を下りました。
3
テントの撤収完了。では下ります。
2016年05月02日 10:11撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントの撤収完了。では下ります。
2
春山らしい雰囲気。
2016年05月02日 10:17撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春山らしい雰囲気。
3
涸沢岳を見納め。
今度は夏に縦走しよう。
2016年05月02日 10:18撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳を見納め。
今度は夏に縦走しよう。
3
この辺りまで下ると、昨年に比べるとだいぶ雪が少ないです。
昨年は本谷橋まで雪渓歩きでした。
2016年05月02日 10:35撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りまで下ると、昨年に比べるとだいぶ雪が少ないです。
昨年は本谷橋まで雪渓歩きでした。
2
正面に横尾本谷。
既に雪が割れて沢が出ています。
ここはいつかGWに詰めて南岳まで登ってみたい。
2016年05月02日 10:41撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に横尾本谷。
既に雪が割れて沢が出ています。
ここはいつかGWに詰めて南岳まで登ってみたい。
2
本谷橋を通過。
2016年05月02日 11:10撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋を通過。
2
屏風岩。
大天井まで続いている6400万年前にできた花崗岩が、6万年前の横尾谷氷河で削られて途切れているように見えるだけとのこと。
2016年05月02日 11:42撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩。
大天井まで続いている6400万年前にできた花崗岩が、6万年前の横尾谷氷河で削られて途切れているように見えるだけとのこと。
4
横尾に到着しました。
昨年は足首が痛くなって心折れていましたが、今年はまだ元気です。
さて、横尾から急に平になりますが、これは1万2000年前の白谷山の噴火によって梓川が堰き止められ、巨大な湖になって、湖底に堆積した土砂で平になったからとのこと。そうかここは湖の底だったんだ。
ちなみに、その前は、梓川は飛騨の方に流れていたそうで、その後、地震か何かで決壊して、長野側に流れるようになったそうな。釜トンネルの辺りが深いルンゼになっているのは、その時に削られたためと。
2016年05月02日 12:01撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾に到着しました。
昨年は足首が痛くなって心折れていましたが、今年はまだ元気です。
さて、横尾から急に平になりますが、これは1万2000年前の白谷山の噴火によって梓川が堰き止められ、巨大な湖になって、湖底に堆積した土砂で平になったからとのこと。そうかここは湖の底だったんだ。
ちなみに、その前は、梓川は飛騨の方に流れていたそうで、その後、地震か何かで決壊して、長野側に流れるようになったそうな。釜トンネルの辺りが深いルンゼになっているのは、その時に削られたためと。
5
ピンクがかわいいニリンソウ。
2016年05月02日 12:40撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクがかわいいニリンソウ。
5
徳沢に到着。
やはりこれでしょ!
2016年05月02日 13:23撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢に到着。
やはりこれでしょ!
9
順調に明神。
2016年05月02日 14:24撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順調に明神。
3
何の気になしに見ていた砂場ですが、6400万年前にできた花崗岩が風化してこうなっていたのですね。マサ化というそうです。
いや〜勉強になった。たまには停滞もいいね。
2016年05月02日 14:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の気になしに見ていた砂場ですが、6400万年前にできた花崗岩が風化してこうなっていたのですね。マサ化というそうです。
いや〜勉強になった。たまには停滞もいいね。
6
新緑の梓川と残雪の西穂高。
2016年05月02日 14:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑の梓川と残雪の西穂高。
6
33年前の夏合宿で走った徳沢から上高地までの道。
こんな感じだったかな。
2016年05月02日 14:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
33年前の夏合宿で走った徳沢から上高地までの道。
こんな感じだったかな。
2
曲がった木に真っ直ぐな木に。
2016年05月02日 14:50撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曲がった木に真っ直ぐな木に。
4
無事下山!
親から電話が入っていて無事かと。今回は心配していたそうです。
2016年05月02日 15:08撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山!
親から電話が入っていて無事かと。今回は心配していたそうです。
9

感想/記録
by marui

昨年に引き続き、GWの涸沢に行ってきました。

今回、計画では5/1に奥穂、5/2に北穂に行くつもりでしたが、4/30からの天候悪化が予想以上に厳しく、5/1は涸沢で終日停滞。晴れとなった5/2は、白出コルへ向かう途中の雪の状態から無理はしない方が良いと判断、涸沢岳までの往復としました。

前回の妙義山でのセルフビレイを見て分かるように、いつもできる限りの安全確保を図って山に登るようにしています。
奥穂に心残りがない訳ではないですが、今回は氷化した斜面や新雪と、ソロで登るには自分に取ってはリスクが高いと判断しました。

次回行くとすれば、ザイルも持ってHTメンバーで行きたいなぁ。ソロで行くとすれば、雪のコンディションが良い時に、ダブルアックスと、念のため懸垂もできる長さのザイルも持っていくべきか。
穂高岳山荘blogによるとダブルアックスではないと書かれていますが、言いたいことは道具ではなく技術だということでしょう。やはり氷化した急斜面では左手を直に雪に添えるよりもピックで刺した方が安定ですし。来シーズンは1本買っておこう。

涸沢での停滞は一人だと暇で暇で、文庫本を読んだり、散歩したり、滑落停止の練習をしたりして過ごしました。文庫本は「槍・穂高」名峰誕生のミステリーというタイトル。内容の一端を写真コメント欄に紹介しました。目指せタロレベル蘊蓄レコです。

それにしても5/2の穂高はヘリが飛び回っていて異様な雰囲気でした。山では絶対に遭難してはいけないとの思いがより強くなりました。
訪問者数:835人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/12/14
投稿数: 2367
2016/5/3 20:24
 緊張感と暇な感じが交互に感じられますね
マルイサン、結果的に涸沢岳、お疲れ様でした。

やっぱり例年と比べてテント村の規模も小さいですね。
この天気予報を見て避けたのでしょうか。
2日は唯一好天が見込まれた日・・・奥穂はやめて涸沢岳で良しとするところがベテランのマルイさんらしく、さすがといった感じです。

ぽんちゃんもnbさんもマルイサンも、僕も・・・当初予定していたピークを踏めずに悶々としているところでしょうが、気持ちに制動をかける練習だったと割り切って次回につなげたいですね。

それにしてもスキー向けな素晴らしい斜面・・・滑りたくてうずうずしてきますよ。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1467
2016/5/3 20:38
 Re: 緊張感と暇な感じが交互に感じられますね
Sanちゃん、こんばんは〜

確かに今回はHT皆さん、当初予定のピークは踏めませんでしたね。
でも、そこは天候や雪とか色々なリスクを勘案しての判断ということで、行く所はそれぞれ違っていても皆さんさすがです。
奥穂は心残りないといったら嘘になりますが、あそこであの判断をしていくことが、これからも安全に山を登るために必要なんだと思ってます。

そうそう、それにしても今回はスキー持っていくべきでしたよ。
昨年の縦溝で懲りて置いてきたんですが、暇な停滞日も遊べただろうし、2日は大滑降できたはず。
ま、その代わり、シリセードで過去最長の大滑降しました
登録日: 2013/11/24
投稿数: 405
2016/5/3 21:16
 勉強になります♪
maruiさん、こんばんわ!

確かに、河原の道ですれ違ってますね
こんな感じの方かな
一瞬想像したりしたので、
なぜか印象に残ってます

山の誕生についても、興味のあるお話でしたが、
山に対しての考え方がとても勉強になります。
山に登る前にも、準備できることはたくさんありますね
登録日: 2013/8/23
投稿数: 772
2016/5/3 21:19
 maruiさん おかえりなさい*・゜゚・.。.:*・
なんて 美しい no.42 ホント 作品です
だから 涸沢は 好きです💠

私は雪上テントは なかなか勇気いるんですが 寒そうで😂

あの白い砂場・・・いつも横目で見ていましたが
日本は火山島だから 基本 どこのお山も花崗岩なのかなぁ🤓

大好きな北アルプス ちょこっとお勉強になりましたw

ありがとうございました🤗
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1045
2016/5/3 21:27
 お疲れさまでした〜
マルイさん、こんばんは

奥穂行かれたのか心配してましたが、涸沢岳にされたんですね。
今年は雪面のコンディションも例年になく悪く、涸沢岳にされたのはナイス判断でしたね

停滞も視野に入れて本を持って行くなんてマルイさんらしいですね
私も少しは蘊蓄を語れるようになりたいな〜
でも本嫌いだしな〜
登録日: 2011/7/21
投稿数: 1004
2016/5/3 21:28
 涸沢岳〜☆
マルイさん こんばんわ

涸沢岳登頂お疲れ様です
色々と山での行動参考になります
たくさんの遭難があったGW、ヘリ凄かったのでしょうね
停滞してゆっくりと我慢のテント生活、わたしならかなりへこたれそうです
あ、ザッグ50Lでテン泊とはすごいですね
わたしは75Lで足りなくて、正月くらいに85L買ったのですが、まだデビューしていません
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1467
2016/5/3 21:59
 Re: 勉強になります♪
fujimonさん、こんばんは

やはりすれ違っていましたか。いや〜お話できず残念でした。
一瞬想像されたとのことで、たぶん自分かなぁ。
最近は写真2のような格好して歩いていることが多いです。
またどこかでお会いできると良いですね。

山の誕生の話は、同じ北アでも色々違う育ちということにびっくりでした。
槍穂はその中でも一番新しい山のようです。

山では絶対に遭難してはいけないと常々思っているので、これからもできる限り安全を確保しながら歩いていきたいと思います。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1467
2016/5/3 22:00
 Re: maruiさん おかえりなさい*・゜゚・.。.:*・
noriさん、こんばんは

涸沢の夜はほんと綺麗ですよね。
No.42の作品は若者達が時間をかけて制作していました。
あの中が宴会場になってます

雪上テント泊は、今回NEMOのインフレータマットを導入してみた所、結構快適に過ごせました。ぜひチャレンジされてみて下さい。
でも気温が0℃前後だったからで、これが-10℃とか-20℃だったらきついだろうなとか、シュラフに入っていても少し寒いのだからシュラフなしのビバークなんてとても無理だな、なんて考えていました。

あの白い砂場が、日本がまだ大陸にくっついていた頃にできた岩が起源だとか面白いですよね。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1467
2016/5/3 22:00
 Re: お疲れさまでした〜
nbさん、こんばんは〜

今回は安全サイドで行きました。涸沢岳で十分良しですよね。
奥穂は、来年タイミングが会えばぜひ一緒に行かせて下さい。

本をザックに入れた時点で停滞覚悟でしたよ。
でも、読んでいると眠くなっちゃうんですよね
何度読んでは寝てを繰り返したか
蘊蓄は復習の結果です
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1467
2016/5/3 22:01
 Re: 涸沢岳〜☆
makibitoさん、こんばんは

今年は色々な場所で遭難があって、5/2はヘリの音で緊張していました。
ソロでの停滞、いや〜暇で暇でへこたれましたよ
スキーを持っていかなかったのが大失敗でした。

え、75Lで足りないですか?
50+10なので60Lなんですが、これでも食材は、米に野菜も持って行ってます。
ん〜何が違うんだろ 衣類は少ないかもです。
登録日: 2014/5/8
投稿数: 1726
2016/5/3 22:06
 下界に近い人間としては
何を好き好んで雪の上にテントを張るのかようわからん

まあしかしステラ1は活躍してるようで嬉しく思うし、Deuter ACT LITE 50+10
買っちゃいましたね
白山での担ぎ心地が良かったってことかな
言ってくれれば私のACT LITE をプレミア価格でお譲りしたのに

まあ何にせよ無事に帰って来れて良かったですな

次回はHTフルメンバーでの山行レコお願いします
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1467
2016/5/3 22:16
 Re: 下界に近い人間としては
takuさん、こんばんは〜

雪上テント、今回はマットの新兵器も導入してかなり快適でした。
それよりも辛いのは、電波がテント場だと使えなくて、涸沢ヒュッテの近くで寒風吹きすさぶ中、たまにつながる電波を捉えることでした。

ステラ1は大活躍してますよ〜
ACT LITEも試し担ぎさせてもらったのが決め手でした。これで決まりって、あの時から思ってましたんで。
え、またプレミア価格ありました? いやいやHSSもまだまだ縦走とかありますよね。

HTメンバーはそれぞれ思いが強くて、なかなかフルメンバー揃わないんですよね
登録日: 2015/2/20
投稿数: 1050
2016/5/4 7:10
 終日停滞、涸沢散策。
ここだけ切り取りなら
したいかもです。
本は持っていきませんが
別のものを1ケース、
ヘリで運んででくれればですがね。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1467
2016/5/4 7:34
 Re: 終日停滞、涸沢散策。
hamuさん、おはようございます

別のもの1ケースですね。
自販機があります
ん〜、700円×24本=16800円ですね

それで良ければ...
登録日: 2010/7/11
投稿数: 276
2016/5/4 11:20
 穂高〜すごい!
こんにちは。
遭難した人の多さに誰もがまたかと思っていたでしょうか。ちょうどmaruiさんが穂高山行計画あげていたのでレコがあがるの待ってました
穂高山荘カメラマンのブログ読みましたが・・・驚きの内容でした。
それにしても穂高は晴れれば最高の美しさですね

停滞を余儀なくされてた間に文庫本をテントで読むって素敵ですね。外はあいにくの天候でもなんか穂高連峰で本を読むっていうのがかっこよく思えます お一人様でも十分遊べてますね♪
山の誕生の説明書きのところ、ワクワクが止まりません笑 。海底にいたサンゴや恐竜の化石が見つけられたら大興奮してしまいそうですね

お疲れ様でした
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1467
2016/5/4 11:54
 Re: 穂高〜すごい!
megrinさん、こんにちは

昨年もヘリの遭難救助を見たのですが、今年は天気が悪いこともあって、遭難が多発してしまいましたね
29日の寒気でガチガチに氷結、30日午後の天候急変にその後の降雪と、コンディションとしては相当に悪い状態でした。そういうのを見極めながら行かないとならないのですが。
これからも慎重過ぎる位で安全に登りたいと思います。

停滞中の読書、なかなか良さそうでしょう。
実は...、はい、すぐ眠くなったりしていました
テント内寒くてシュラフに潜っているし

同じ北アルプスでも起源が色々違うとか面白いですよね。
恐竜の化石は北ノ俣岳辺りも見つかる可能性が高いそうです。
登録日: 2014/6/2
投稿数: 1605
2016/5/4 14:44
 結果2泊で正解でしたね
どもども 我々にすればピークを踏めただけでも良かったですよ
夜も寒くなくて、私もこれが−15℃だったら眠れなかっただろうなって思いました

我々は1泊しかできなかったので、maruiさんはやはり涸沢で正解でしたよね
今月北穂は狙いますよ
自称なんちゃってカメラメンは、やはり雪を纏った北アプルスの写真を撮りたいcamerasmile

何はともあれ、何事もなく無事に下山できたことが一番よかったですね
穂高岳山荘のブログも拝見しましたが、ローカットのシューズに軽アイゼンもいたり・・・
ストック2本で奥穂に登れますか?とか、あまりに非常識の方が多く、このブログを書いた方は、椅子から転げ落ちそうになったみたいですが(^_^;)

やはり涸沢は絵になりますね〜
お疲れ様でした〜
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1467
2016/5/4 15:19
 Re: 結果2泊で正解でしたね
どもども、ponしゃまこんにちは〜

2泊ということで涸沢にしておいて正解でした。
肩を押してもらったおかげですね。ありがとうございました。
西穂沢も前穂もぜひ行ってみたいので、来年タイミングが合ったらリベンジに合流させて下さい。

お、今年も北穂行かれますか!
本谷橋の辺りは雪が少ないですが、涸沢より上は昨年並みに積もっている感じです。
まだまだ雪の北アは楽しめますよ。
岳沢キャンプの雪辱を晴らして下さいね。
写真、期待してますよ〜(^^v

そうそう、何事もなく無事に下山できることが大切ですよね。
山は逃げないし、無理はせず、これからも安全に行きましょう。
登録日: 2012/11/5
投稿数: 1469
2016/5/4 19:37
 ブログ
maruiさん、お疲れ様でした。

さすがの冷静な判断ですね。
単行本を持って行くあたりで、すでにスバラ
涸沢岳は、ヤマレコやる前に北穂に歩いた際の思い出の山です
常念の向こうから上がる日の出に、山が好きになりました。

ブログですね。
ダブルアックスの使い方、ストックと軽アイゼンで奥穂の雪壁を登ろうとするアベック...
3年くらい前に池袋での講演会を聞きに行きましたよ。
奥穂での救助の話やたくさんの話、またスバラな映像を拝見しました。
救助に携わる彼の言葉、

「人間の都合で山に登らないで欲しい、山の都合で登って欲しい」

ブログはそんな想いの現れなんだと思いました。
いずれにせよ、また冬が来たら訓練お願いしますね
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1467
2016/5/4 21:02
 Re: ブログ
がーねっちん、こんばんは〜

お〜、涸沢岳〜北穂は歩かれていましたか。
穂高連峰のど真ん中で、眺めが実にスバラな山ですよね。

今回は行く前から停滞覚悟で文庫持って、もし5/1に早く天気が回復してくれればその日の内に登ることも考えていたんですが、完全に夕方までの停滞となりました。
仕事忘れてのんびりしましたよ

ブログね、もう穂高はどうなっちゃっているんだという感じですね。
昔は雪の時期の北アってものすごく敷居高かったですよ。
「山の都合で登って欲しい」その通りですね。
山小屋の方もほんと大変だと思います。

5/1停滞していた日も、涸沢で雪訓していた人はあまり見かけませんでした。
道具の使い方とか練習する良い機会だったと思うのですが...

また冬シーズン来たらビシビシとやりましょう
登録日: 2013/9/28
投稿数: 2369
2016/5/5 11:57
 毎度の事ですが、素晴らしい山との向き合い方ですね!(^-^)v
兄マル〜♪ こんにちは〜♪ 大遅刻で御座います<(^-^ゞ
タロ弟で御座います<(^-^)>

いやいや現地は長野放送で見るよりも、数段厳しい環境だったんですね〜
No.59の写真コメ! ・・将にThe兄者!
将にその通りで、メンタルを制しての涸沢岳登頂は格別な風景だったかと
それにしても槍穂高の薀蓄には驚くばかりです
昨日”レコ部門のHSS”が立ち上がりましたよ
この薀蓄は・・兄者も立派な正規会員になります<(^-^)>
今後は山でもレコ作成でも・・いつでもHSS倶楽部になるかと
何はともあれ、毎度の事ですが、ナイスな判断に脱毛すべすべ〜
で御座います<(^-^)> お疲れ様でした〜♪ (^-^)/~~
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1467
2016/5/5 13:04
 Re: 毎度の事ですが、素晴らしい山との向き合い方ですね!(^-...
タロ殿〜、お忙しい中、ご訪問ありがとうございます

いや〜現地は寒かったっす
特に涸沢ヒュッテの脇で、不安定な電波を拾おうとしている時は風にも晒されてたまらんかったですよ。
雪降っている時は-5〜0℃位、雪が止んでから5℃位になりました。
でも、冬山を思えば0℃って決して低温ではないんですよね。八ヶ岳の稜線なら-10℃以下で20m/sの風が吹いている訳で。

No.59のコメ、読んで頂けましたか。「結果的にたまたま行けてしまう登山を続けるといつかやってしまうような気がします。」
人は悲しいかなミスはなくせないので、ある確率でミスっちゃう時があり得る訳で、それを避けるためにも、ミスっても大丈夫な仕組み(装備、ビレイ等)、それなしでのたまたま登山はしない、これに尽きると思うんですよね。
今回は、加えて途中の雪の状態が悪いこともあって、あの判断となりました。
実際、自分がヤバいと思ったNo.50,51の斜面では、滑落死亡事故が起きてしまいました。(ご冥福をお祈りします...)

"レコ部門のHSS"ですか
"UC倶楽部"とかもどうですかね
入会条件は、黒戸日帰り、じゃなかった、レコの情報量はS、コメント欄に蘊蓄を入れる、読み切るのに15分以上かかること
次のネタを仕入れなきゃ〜

いよいよ引っ越しカウントダウンですね。
新天地からのNew tarobatsレコを楽しみにしておりますよ〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ