ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860041 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

ホワイトアウトと雷鳥の唐松岳

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー yoyu-san(SL), mizuki77(CL)
天候朝5時の八方池出発時点時点では雨→霧雨、6時以降登るに連れ、風が強まり、最終的に2300mを超えたあたりから、ホワイトアウトで視界がほぼ0、風速も常に30m以上あったかと思います。
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等
4月30日の山行日前日に八方池山荘で宿泊。5月1日に山行。
4月30日はゴンドラアダムリフトが動いており、八方池山荘までは行けましたが、5月1日は八方池山荘に到着した11時30分にはすべてのリフトが強風のため、停止。ゴンドラアダムリフトの降り地点まで歩いて下山し、そこからマイクロバスが用意されていて下山しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間34分
休憩
1時間40分
合計
7時間14分
S八方山05:3705:55八方池07:28丸山07:3308:26唐松岳頂上山荘09:3510:05丸山10:56八方池10:5711:09八方山11:1011:16石神井ケルン11:1711:31八方池山荘11:5412:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSの調子が悪く最初はログが取れておりませんが、八方池山荘は5時に出ています。途中でGPSが現在地を取るようになったので取り始めました。

唐松山荘と唐松岳分岐の時点で凄まじい強風とホワイトアウトで、唐松山荘に到着して1時間ほど休憩してから頂上には行かず、撤退をすることにしました。
あまりの風の強さで、バラクラバや冬季用グローブしないと凍傷確実な寒さでした。
下山時のほうが幾分風が和らいでいたと思います。

八方池山荘には11時半につきましたが、リフトが動いてないため、ゲレンデをおりてマイクロバスが待っているゴンドラアダムリフト降り場までおりました。
風速25mの中のゲレンデ歩きは雪渓よりも疲れました。。
コース状況/
危険箇所等
八方池山荘から2100mあたりまでは地面が見えていましたが、それ以降は完全な雪道でした。2300mあたりからはトレースは一切なく、ホワイトアウトで視界0になることが頻繁にあり、常にGPSを見ながらの山行となりました。
その他周辺情報帰りは八方温泉でお風呂に入り、白馬駅からリゾートビューふるさとに乗って、松本へ。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル スコップ ゾンデ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ
備考 いくら体力的に問題なく、冬季装備だったこともあって無事に下山出来たとはいえ、標高2300m地点で撤退をすべきだったと改めて反省です。

写真

この辺りからトレースが一切なくなってました。
2015年05月01日 18:13撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからトレースが一切なくなってました。
1
雷鳥を初めてみました。
2015年05月01日 19:07撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥を初めてみました。
1
ちょっと近づいたら逃げてしまうのでなかなか撮影が苦労します。ただでさえ寒いので。。
2015年05月01日 19:07撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと近づいたら逃げてしまうのでなかなか撮影が苦労します。ただでさえ寒いので。。
1
唐松山荘に着く頃にはすべての道具が雪まみれでした。山荘にはたくさんの人がいました。
2015年05月01日 20:39撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松山荘に着く頃にはすべての道具が雪まみれでした。山荘にはたくさんの人がいました。
無事にホワイトアウト地獄から帰って来たところです。
2015年05月01日 23:00撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事にホワイトアウト地獄から帰って来たところです。
1
撮影機材:

感想/記録

GWは地元北海道の愛山渓に行く予定でしたが、多忙なため、休みが取れず、1泊2日で唐松岳に友人と行くことになりました。
残雪期を楽しむはずが、強風・ホワイトアウトなどで大変な山行となりました。
装備・体力的には何ら問題はありませんでしたが、ホワイトアウトになり始めた標高2300m地点で下山を判断すべきだった点は猛省点です。

地形図やコンパス等は持っていましたが、視界0になると上下左右の平衡感覚がわからなくなり、GPSを常に確認し、友人と離れないよう気をつけつつの登山で、精神的に非常に疲れました。

雷鳥を行きと帰りで見れたのは運が良かったです。
唐松山荘での写真を除けば、標高2300m以上はカメラを出す余裕もない程、風が強く、立ち止まれば急速に体温が奪われていくため、一切写真を撮りませんでした。

残雪期登山は今年はこれで終わりの予定です。
今回行った友人と、6月に甲斐駒ケ岳 黒戸尾根日帰りをやろうと思っているので、更に頑張らないと。。
訪問者数:201人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/28
投稿数: 3
2016/5/4 0:31
 お二人のトレースに助けられましたm(_ _)m
yoyu-sanさん、mizuki77さん、初めまして。
5/1の朝、山頂山荘で足止めされて食堂で外の様子をうかがっていたのですが、お二人が猛吹雪の中に到着され更にその足で下山されるというタフさに驚きました。
私もその後、天候の回復を待って下山を始めたのですがGPSは持っていたものの先行されたお二人のトレースが残されていたこともあり大変助けられました

今後のお二人の山行のご無事をお祈り申し上げます
登録日: 2014/8/30
投稿数: 1
2016/5/4 11:30
 Re: お二人のトレースに助けられましたm(_ _)m
erunyaさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
唐松山荘に到着した際に非常に多くの方が停泊されており、erunyaさんがどなたかわかりませんでしたが 、ひとまず無事に下山されたようで幸いです。

悪天候でしたが唐松山荘についた時点で30分程度早着(登り4hを予定)で、相棒も私も体調・装備も良好で、次の日が晴れでしたのでこれ以上悪化することはないという判断で下山を決行しました。幸いにも丸山過ぎたあたりからホワイトアウトが和らいでおり、それもあってかトレースが残っていたのかもしれませんが、人知れず他の方の安全登山のお役に立てたようであれば何よりです。

erunyaさんも5月1日に下山されたということで、八方池山荘に降りてからもゲレンデ下山されたこと心中お察しします。

私が関東住みのこともあり、erunyaさんとは行く山域が似ていますので、またどこかでお会いすることがあるかもしれませんが、その際はよろしくお願い致します。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

コンパス GPS 山行 ホワイトアウト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ