ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860064 全員に公開 ハイキング奥武蔵

名郷〜蕨山〜河又(さわらびの湯)

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー psyom
天候薄曇り(時々晴れ)
アクセス
利用交通機関
電車バス
行:西武池袋線 飯能駅(所沢までレッドアローで後は各停)から国際興業バス 名郷バス停(8:00発 名郷行 ¥810)
帰:国際興業バス さわらびの湯バス停(16:45頃発 飯能駅行臨時便 ¥520)から西武池袋線 飯能駅(飯能からは18:05発 レッドアロー池袋行)

行で所沢で乗換えたのは以降が満席だった為、帰りも自分が購入した時点で満席になってました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間12分
休憩
44分
合計
5時間56分
S名郷09:1209:14蕨山登山口09:1511:49蕨山(最高点)11:5111:58蕨山(展望台)12:3513:01藤棚山13:0213:34大ヨケノ頭13:56中登坂13:5714:10金比羅山14:18金比羅神社跡14:2014:51さわらびの湯バス停15:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
名郷から蕨山への登りは短いながらも急な岩場が何か所からあります。
その他周辺情報河又 さわらびの湯(入湯料 ¥800)

自分が入った15:00には入場制限してました。GW中天気の良い日はご用心を
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

名郷のバス停から川沿いに少し戻ると蕨山への入り口です。
とは言えここからしばらくは林道
2016年05月03日 09:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名郷のバス停から川沿いに少し戻ると蕨山への入り口です。
とは言えここからしばらくは林道
1
林道を登り終わると
2016年05月03日 09:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を登り終わると
山道の入り口が見えてきました。
2016年05月03日 09:35撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道の入り口が見えてきました。
沢を渡ってからのスタート
2016年05月03日 09:35撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡ってからのスタート
1
その後もう一度小さな沢を超えると
2016年05月03日 09:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後もう一度小さな沢を超えると
杉林の中の急坂がお出迎えしてくれます。
2016年05月03日 10:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林の中の急坂がお出迎えしてくれます。
感想に書いている、痛めた足をベンチで休めている途中に撮った一枚
2016年05月03日 10:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
感想に書いている、痛めた足をベンチで休めている途中に撮った一枚
何とか足が回復したので、その後もムシムシする杉林の中の急坂を進みます。
2016年05月03日 10:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか足が回復したので、その後もムシムシする杉林の中の急坂を進みます。
急坂が終わると植生も変わって広葉樹、低木の林が現れます
2016年05月03日 10:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂が終わると植生も変わって広葉樹、低木の林が現れます
2
チョットだけ見晴らしが良かったところから
2016年05月03日 10:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョットだけ見晴らしが良かったところから
1
これは一番きつかった岩場の上から。トラロープ一本の岩場を皆さん苦も無く(?)こなされてます。
2016年05月03日 10:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは一番きつかった岩場の上から。トラロープ一本の岩場を皆さん苦も無く(?)こなされてます。
途中にはヤマツツジも
2016年05月03日 11:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にはヤマツツジも
2
ほぼ、岩場も終わったところで振り返って。
山頂まではもう少し
2016年05月03日 11:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ、岩場も終わったところで振り返って。
山頂まではもう少し
登り切ったところにある手書きの標識。
火除け地にでもなっているのか大きな広場状の山頂には原点、展望台、最高峰と元祖、本家争いのようないろいろな蕨山があるようです
2016年05月03日 11:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ったところにある手書きの標識。
火除け地にでもなっているのか大きな広場状の山頂には原点、展望台、最高峰と元祖、本家争いのようないろいろな蕨山があるようです
でここは最高峰(1044m)
2016年05月03日 11:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でここは最高峰(1044m)
1
こちらは展望台の蕨山(1030m)
2016年05月03日 12:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは展望台の蕨山(1030m)
1
ガスの為遠くの見晴らしはほぼなし
2016年05月03日 12:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの為遠くの見晴らしはほぼなし
昼食をいただいた後に展望台を彩っていたヤマザクラを
2016年05月03日 12:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食をいただいた後に展望台を彩っていたヤマザクラを
これは山頂直下の急坂を降り切ったところ(だと思う)
2016年05月03日 12:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは山頂直下の急坂を降り切ったところ(だと思う)
しばらくというか以降河又まではイヤになるような坂はのぼりもくだりも無しでした。
2016年05月03日 12:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくというか以降河又まではイヤになるような坂はのぼりもくだりも無しでした。
通行止めの標識ですがその上には↑林道との手書きの印が。
確かめはしませんでしたがランナーの方がひとりこの先に向けて走って行くのを目撃しました。
2016年05月03日 12:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通行止めの標識ですがその上には↑林道との手書きの印が。
確かめはしませんでしたがランナーの方がひとりこの先に向けて走って行くのを目撃しました。
ちょっとした登りの先は藤棚山(920m)
でも藤棚はありません。
2016年05月03日 13:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした登りの先は藤棚山(920m)
でも藤棚はありません。
1
一本の杉にぶら下げられていたパウチされた山頭火の句
これだけなんですが、何なのでしょう
2016年05月03日 13:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本の杉にぶら下げられていたパウチされた山頭火の句
これだけなんですが、何なのでしょう
鮮やかな緑
2016年05月03日 13:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮮やかな緑
3
目の下に林道が、平行しているんですね。
2016年05月03日 13:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の下に林道が、平行しているんですね。
大ヨケの頭到着、ほぼ中間?
2016年05月03日 13:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ヨケの頭到着、ほぼ中間?
金毘羅神社の跡、火災で失われたようですが再建はせんのですね。
2016年05月03日 14:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金毘羅神社の跡、火災で失われたようですが再建はせんのですね。
鳥居を通って、降りていきます。
2016年05月03日 14:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居を通って、降りていきます。
枯れたマツの巨木
2016年05月03日 14:33撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れたマツの巨木
また鳥居、さっきのマツも神社関係のものだったのでしょうか
2016年05月03日 14:33撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また鳥居、さっきのマツも神社関係のものだったのでしょうか
どうやらゴールのようです
2016年05月03日 14:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやらゴールのようです
右側に群生していたシャガ
2016年05月03日 14:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側に群生していたシャガ
2
山道の終わり
2016年05月03日 14:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道の終わり
1
の隣は墓地、反対側にはさわらびの湯バス停
2016年05月03日 14:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
の隣は墓地、反対側にはさわらびの湯バス停

感想/記録
by psyom

GWの低山日帰り行パート2(5/2は仕事でした)は蕨山へ行ってまいりました。
どうも今年の連休はあまり天気に恵まれないようでこの日も雲が多く、少々不安はあったのですが風もなく穏やかな山日和であったのは幸いでした。

■名郷から蕨山山頂(前半)
小さな沢の渡渉から始まる蕨山の登山道は沢沿いの杉林の中の急登です、登り始めが急なのはいつもの事なのですが、どうも変、荷物のバランスが悪いのか足が動かんなぁと思っていたら段々と右のむこうずねが痛み出してきました。
それもまぁある事、そのうち引くだろうと思っていたのですが良くなる傾向がなく
だんだんと休みがちに。(湿度が高いのかやたらと曇るメガネを拭う為というのあるのですが)
このままではアカンと道の途中に用意されていたベンチでしばらく様子見をすることに、場合によっては撤退かなとも思ったのですが10分ほどの休憩で痛みは引いたのでまた上を目指すことにしました。
■名郷から蕨山山頂(後半)
杉林中の急登が終わり少しだけ平坦な道が続いた後は岩場の連続です。
短いながらもほぼ三点支持しないと登れない岩場だらけという状況は中々ヘビーでした。
でも他のハイカー(やはりそれなりの人手がありました)は皆もなにも言わずに普通にこなしていくんだよなー

■蕨山山頂
9時過ぎにスタートして山頂展望台にほぼお昼に到着、けして広いとは言えない展望台は昼休憩を取る人で満員状態でした。
ガスの為遠望はないものの少し射してきた穏やかな日の下で用意してきた昼食を取ることに

■山頂から河又
下りは山頂直下の急坂以外は河又まで、藤棚山、オオヨケの頭とうの途中のピークへの登りも含めほぼ穏やかな道行です。
だからか皆急ぐ事急ぐ事(何でか知らんが)天気が悪化したわけでもないのにね?
まぁ幸い下りでは自分の足もなんということもなくでしたので。
15:00にはさわらびの湯に到着、入場規制もある激混みの中、汗を流してからの帰宅でした。

訪問者数:268人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ