ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860194 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

鷲ヶ巣山 越後・村上の手強い山

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー Forest21
天候春霞
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■日本海東北自動車道・朝日三面ICから「縄文の里・朝日」駐車場まで、車でおよそ15分。
■縄文の里・朝日
http://www.city.murakami.niigata.jp/asahi/okureki/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間7分
休憩
11分
合計
7時間18分
Sスタート地点06:1406:32登山口07:45前ノ岳08:45中ノ岳08:4709:57鷲ヶ巣山10:0311:28中ノ岳11:3012:21前ノ岳13:22登山口13:2313:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ライター コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 熊鈴

写真

6時00分、日本海東北自動車道・朝日三面ICを降り、県道349号線で岩崩集落「縄文の里」へ向かいます。三面川の向こうに左のピーク『鷲ヶ巣山』が見えてきました。
2016年05月03日 06:04撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時00分、日本海東北自動車道・朝日三面ICを降り、県道349号線で岩崩集落「縄文の里」へ向かいます。三面川の向こうに左のピーク『鷲ヶ巣山』が見えてきました。
1
【縄文の里・朝日に到着 
6時13分、「縄文の里・朝日」に到着。この広い駐車場をお借りします。先行者の女性2人が、支度をして歩いていきました。
2016年05月03日 06:13撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【縄文の里・朝日に到着 
6時13分、「縄文の里・朝日」に到着。この広い駐車場をお借りします。先行者の女性2人が、支度をして歩いていきました。
1
【縄文の里・朝日に到着◆
村上市朝日地区の奥三面地域には、約2万5千年前の後期旧石器時代から人々が生活してたそうです。
http://www.pref.niigata.lg.jp/murakami_kikaku/1340226039319.html
2016年05月03日 06:21撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【縄文の里・朝日に到着◆
村上市朝日地区の奥三面地域には、約2万5千年前の後期旧石器時代から人々が生活してたそうです。
http://www.pref.niigata.lg.jp/murakami_kikaku/1340226039319.html
1
【縄文の里・朝日に到着】
駐車場には鷲ヶ巣山・登山案内の看板がありました。
2016年05月03日 06:20撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【縄文の里・朝日に到着】
駐車場には鷲ヶ巣山・登山案内の看板がありました。
【林道のゲート 
6時23分、駐車場から歩き始めます。車道に出てからすぐ右の沼田林道に折れます。ゲートをくぐって奥へ進みます。
2016年05月03日 06:23撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【林道のゲート 
6時23分、駐車場から歩き始めます。車道に出てからすぐ右の沼田林道に折れます。ゲートをくぐって奥へ進みます。
【林道のゲート◆
ゲート付近には「鷲ヶ巣山登山口・500M→」という看板や…
2016年05月03日 06:23撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【林道のゲート◆
ゲート付近には「鷲ヶ巣山登山口・500M→」という看板や…
1
【林道のゲート】
「駐車場」の位置を示すこんな看板が設置されています。
2016年05月03日 06:23撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【林道のゲート】
「駐車場」の位置を示すこんな看板が設置されています。
1
ゲートからは砂利の敷かれた沼田林道を歩き、登山口へ向かいます。
2016年05月03日 06:26撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートからは砂利の敷かれた沼田林道を歩き、登山口へ向かいます。
【鷲ヶ巣山・登山口 
6時30分、鷲ヶ巣山・登山口に来ました。ここで林道を離れて左に折れ、登山道に入ります。
2016年05月03日 06:30撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鷲ヶ巣山・登山口 
6時30分、鷲ヶ巣山・登山口に来ました。ここで林道を離れて左に折れ、登山道に入ります。
【鷲ヶ巣山・登山口◆
登山ポストが設置されており、中にはちゃんと登山者カードも入っていました。
2016年05月03日 06:31撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鷲ヶ巣山・登山口◆
登山ポストが設置されており、中にはちゃんと登山者カードも入っていました。
1
【鷲ヶ巣山・登山口】
さらに登山口であることを示す標柱や…
2016年05月03日 06:32撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鷲ヶ巣山・登山口】
さらに登山口であることを示す標柱や…
1
【鷲ヶ巣山・登山口】
「わしがす山」と記された、何とも味わいのある看板も立てられていました。
2016年05月03日 06:30撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鷲ヶ巣山・登山口】
「わしがす山」と記された、何とも味わいのある看板も立てられていました。
1
登山口からしばらく杉林を歩きます。樹林帯で周りの景色は何も見えません。私の熊鈴の音だけが響きます。
2016年05月03日 06:35撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口からしばらく杉林を歩きます。樹林帯で周りの景色は何も見えません。私の熊鈴の音だけが響きます。
【ハルゴ沢・ウガイ場 
6時39分、タケン沢支流「ハルゴ沢」を渡渉します。小さな沢で問題ありません。ガイドブックではここを「タケン沢」と記しているものもあります。
2016年05月03日 06:39撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ハルゴ沢・ウガイ場 
6時39分、タケン沢支流「ハルゴ沢」を渡渉します。小さな沢で問題ありません。ガイドブックではここを「タケン沢」と記しているものもあります。
2
【ハルゴ沢・ウガイ場◆
藤島玄著『越後の山旅』によると、ここハルゴ沢は「昔の登拝者たちにウガイ場と呼ばれた休み場」なのだそうです。
2016年05月03日 06:39撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ハルゴ沢・ウガイ場◆
藤島玄著『越後の山旅』によると、ここハルゴ沢は「昔の登拝者たちにウガイ場と呼ばれた休み場」なのだそうです。
2
【ヤマヒルの生息地】
このハルゴ沢周辺にはヒルが生息していると聞きました。まだ発生する時期ではないものの、足早に通過します。
2016年05月03日 06:40撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ヤマヒルの生息地】
このハルゴ沢周辺にはヒルが生息していると聞きました。まだ発生する時期ではないものの、足早に通過します。
3
ウガイ場から先、しばらくつづら折りとなった杉林を登ります。暗くてひんやりとした雰囲気。頭上の「一本松尾根」を目指します。
2016年05月03日 06:41撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウガイ場から先、しばらくつづら折りとなった杉林を登ります。暗くてひんやりとした雰囲気。頭上の「一本松尾根」を目指します。
1
チゴユリ
2016年05月03日 06:49撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チゴユリ
6
【一本松尾根・急登開始】
6時55分、左に大きく折り返して「一本松尾根」に合流しました。少し明るくなります。ここから長〜い急登が始まります(*_*)
2016年05月03日 06:55撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【一本松尾根・急登開始】
6時55分、左に大きく折り返して「一本松尾根」に合流しました。少し明るくなります。ここから長〜い急登が始まります(*_*)
1
登山道脇には、ムラサキヤシオがいっぱいです♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇には、ムラサキヤシオがいっぱいです♪
5
7時05分、駐車場で見かけた美女2人組を追い越しました。毎年この時期に、鷲ヶ巣山に登っているのだそうです。
2016年05月03日 07:05撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時05分、駐車場で見かけた美女2人組を追い越しました。毎年この時期に、鷲ヶ巣山に登っているのだそうです。
3
ときどき木の根っこをつかみながら、急斜面を登り続けます。
2016年05月03日 07:14撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときどき木の根っこをつかみながら、急斜面を登り続けます。
1
この日はヤマツバキも多く見かけました。
2016年05月03日 07:21撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日はヤマツバキも多く見かけました。
1
【鷲ヶ巣山避難小屋 
7時23分、「鷲ヶ巣山避難小屋(680m)」に到着。ここはかつて気象台の無人雨量観測所の建物だったそうです。
2016年05月03日 07:23撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鷲ヶ巣山避難小屋 
7時23分、「鷲ヶ巣山避難小屋(680m)」に到着。ここはかつて気象台の無人雨量観測所の建物だったそうです。
2
【鷲ヶ巣山避難小屋◆
小屋の内部はこんな感じ。なぜか机とベンチが置いてあります。ここに泊まるのは難しいかも…(^^;)
2016年05月03日 07:24撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鷲ヶ巣山避難小屋◆
小屋の内部はこんな感じ。なぜか机とベンチが置いてあります。ここに泊まるのは難しいかも…(^^;)
3
【鷲ヶ巣山避難小屋】
すぐそばに見晴台があるのですが、木の間から村上市方面の平野部や日本海が望める程度。見晴らしは微妙かなぁ…
2016年05月03日 07:25撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鷲ヶ巣山避難小屋】
すぐそばに見晴台があるのですが、木の間から村上市方面の平野部や日本海が望める程度。見晴らしは微妙かなぁ…
【避難小屋そばの水場】
避難小屋すぐそばに水場もあります。水がブナ林からしみ出ているのですが、ポタポタと雫が落ちる程度です。あまり当てに出来ません。
2016年05月03日 07:26撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【避難小屋そばの水場】
避難小屋すぐそばに水場もあります。水がブナ林からしみ出ているのですが、ポタポタと雫が落ちる程度です。あまり当てに出来ません。
【前ノ岳直下・急斜面】
避難小屋から「前ノ岳」は近いです。ただ、この区間がかなりの急斜面。ロープが数ヶ所に設置されており、息をあえがせながら登ります。
2016年05月03日 07:33撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【前ノ岳直下・急斜面】
避難小屋から「前ノ岳」は近いです。ただ、この区間がかなりの急斜面。ロープが数ヶ所に設置されており、息をあえがせながら登ります。
前ノ岳直下の急斜面を登り切ると、しばらく平坦な道を歩きます。登山道脇にはイワウチワや…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前ノ岳直下の急斜面を登り切ると、しばらく平坦な道を歩きます。登山道脇にはイワウチワや…
8
新緑となったブナの大木がお出迎えで〜す(^^)
2016年05月03日 07:41撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑となったブナの大木がお出迎えで〜す(^^)
7
【前ノ岳に到着】
7時45分、『前ノ岳(825.3m)』に到着しました。ピークには三角点と小さな棒が立ってるだけです。展望もあまりありません。
2016年05月03日 07:45撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【前ノ岳に到着】
7時45分、『前ノ岳(825.3m)』に到着しました。ピークには三角点と小さな棒が立ってるだけです。展望もあまりありません。
前ノ岳から少し進むと、これから歩く稜線が見えてきました。左端が『中ノ岳(990m)』、すぐ右に「P1004」を挟んだあと、右端が『鷲ヶ巣山(1093.3m)』です。
2016年05月03日 07:49撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前ノ岳から少し進むと、これから歩く稜線が見えてきました。左端が『中ノ岳(990m)』、すぐ右に「P1004」を挟んだあと、右端が『鷲ヶ巣山(1093.3m)』です。
3
「前ノ岳→中ノ岳」区間、まずは前ノ岳直下の急斜面をロープで下ります。鞍部へ約130m下り、そこから再び約350mを登り返しです(*_*)
2016年05月03日 07:51撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「前ノ岳→中ノ岳」区間、まずは前ノ岳直下の急斜面をロープで下ります。鞍部へ約130m下り、そこから再び約350mを登り返しです(*_*)
8時02分、「前ノ岳→中ノ岳」区間の鞍部を通過。ごくごく普通の登山道が続きます。
2016年05月03日 08:02撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時02分、「前ノ岳→中ノ岳」区間の鞍部を通過。ごくごく普通の登山道が続きます。
そして鞍部から『中ノ岳』への登り返し。
「景色は見えないし斜面は急だし。あぁ、ツライなぁ…」
2016年05月03日 08:11撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして鞍部から『中ノ岳』への登り返し。
「景色は見えないし斜面は急だし。あぁ、ツライなぁ…」
2
逆光の中、タムシバたちが大きく花を開かせます。ときどき立ち止まり、花の香りを楽しみました。
2016年05月03日 08:13撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆光の中、タムシバたちが大きく花を開かせます。ときどき立ち止まり、花の香りを楽しみました。
5
タムシバの奥、中ノ岳はまだまだ遠い。「中腹に雪渓も見える。アイゼンとか持ってきてないけど、大丈夫かな…」
2016年05月03日 08:15撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバの奥、中ノ岳はまだまだ遠い。「中腹に雪渓も見える。アイゼンとか持ってきてないけど、大丈夫かな…」
4
【粘土質の道・すべる 
「前ノ岳→中ノ岳」区間、中ノ岳直下は斜面が急なうえに粘土質の登山道となっています。
2016年05月03日 08:21撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【粘土質の道・すべる 
「前ノ岳→中ノ岳」区間、中ノ岳直下は斜面が急なうえに粘土質の登山道となっています。
【粘土質の道・すべる◆
ここは非常にすべりやすいです。地面に何度も手やヒザをついて、泥だらけになりながら登りました(>_<)
2016年05月03日 08:22撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【粘土質の道・すべる◆
ここは非常にすべりやすいです。地面に何度も手やヒザをついて、泥だらけになりながら登りました(>_<)
3
【中ノ岳手前・水場 
8時27分、中ノ岳手前の「水場」分岐点にやってきました。分かりにくい場所ですが、左が中ノ岳ピーク方面、右が水場となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【中ノ岳手前・水場 
8時27分、中ノ岳手前の「水場」分岐点にやってきました。分かりにくい場所ですが、左が中ノ岳ピーク方面、右が水場となります。
2
【中ノ岳手前・水場◆
分岐から数メートル先に「足留沢」源頭の水場があります。ここもチョロチョロとわずかに流れているだけで、あまり当てには出来ません。
2016年05月03日 08:28撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【中ノ岳手前・水場◆
分岐から数メートル先に「足留沢」源頭の水場があります。ここもチョロチョロとわずかに流れているだけで、あまり当てには出来ません。
1
【中ノ岳に到着 
8時43分、登山道から少し左に入って『中ノ岳(990m)』に到着。視界を遮る木はなく視界良好。左側、U字の右ピーク『新保岳』が見えます。
2016年05月03日 08:43撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【中ノ岳に到着 
8時43分、登山道から少し左に入って『中ノ岳(990m)』に到着。視界を遮る木はなく視界良好。左側、U字の右ピーク『新保岳』が見えます。
1
【中ノ岳に到着◆
高度感あるピークからは、眼下に「三面貯水池」や「二子島」がよく見えます。
2016年05月03日 08:43撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【中ノ岳に到着◆
高度感あるピークからは、眼下に「三面貯水池」や「二子島」がよく見えます。
8
【中ノ岳に到着】
このピークには石祠がありますが、中に薬師如来が祀られているとのことです。
2016年05月03日 08:43撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【中ノ岳に到着】
このピークには石祠がありますが、中に薬師如来が祀られているとのことです。
3
後方、「前ノ岳」ピークやたったいま歩いてきた尾根が見え、ずっと奥には日本海が広がります。
2016年05月03日 08:44撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後方、「前ノ岳」ピークやたったいま歩いてきた尾根が見え、ずっと奥には日本海が広がります。
2
【中ノ岳からの展望 
中ノ岳ピークから進行方向を見回しました。前山・宇連萩山方面。
2016年05月03日 08:45撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【中ノ岳からの展望 
中ノ岳ピークから進行方向を見回しました。前山・宇連萩山方面。
1
【中ノ岳からの展望◆
手前のピーク「大日様(990m)」、右奥の鋭いピーク『鷲ヶ巣山』です。
2016年05月03日 08:45撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【中ノ岳からの展望◆
手前のピーク「大日様(990m)」、右奥の鋭いピーク『鷲ヶ巣山』です。
3
【中ノ岳からの展望】
こちらは頭巾山・光兎山方面です。
2016年05月03日 08:45撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【中ノ岳からの展望】
こちらは頭巾山・光兎山方面です。
1
【霞む飯豊連峰】
東方面の展望。中央の奥に白く『飯豊連峰』。その右手前の鋭峰『光兎山(966.3m)』、左のどっしりとした山が『頭巾山(1017.2m)』です。
2016年05月03日 08:47撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【霞む飯豊連峰】
東方面の展望。中央の奥に白く『飯豊連峰』。その右手前の鋭峰『光兎山(966.3m)』、左のどっしりとした山が『頭巾山(1017.2m)』です。
2
中ノ岳から大日様へ向かいます。距離は近く、ほんの10分ほどです。
2016年05月03日 08:50撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ岳から大日様へ向かいます。距離は近く、ほんの10分ほどです。
【大日様に到着 
8時58分、「大日様(990m)」到着です。周囲が灌木で囲まれ、展望はあまりよくありません。
2016年05月03日 08:58撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大日様に到着 
8時58分、「大日様(990m)」到着です。周囲が灌木で囲まれ、展望はあまりよくありません。
1
【大日様に到着◆
「大日如来尊」と刻まれた石祠。
2016年05月03日 08:58撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大日様に到着◆
「大日如来尊」と刻まれた石祠。
3
【大日様に到着】
再び味わいのある看板。「おそごえ」って何処のことっスかね?
2016年05月03日 08:58撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大日様に到着】
再び味わいのある看板。「おそごえ」って何処のことっスかね?
1
9時03分、「P1004」を通過。このピーク周辺で少しだけ雪の上を歩きました。
2016年05月03日 09:03撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時03分、「P1004」を通過。このピーク周辺で少しだけ雪の上を歩きました。
ショウジョウバカマ
2016年05月03日 09:05撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
2
【笹ヤブ&トラバース 
「P1004」からは下りながら、尾根の南斜面をトラバースします。根曲りや笹ヤブが進行を妨げます。
2016年05月03日 09:07撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【笹ヤブ&トラバース 
「P1004」からは下りながら、尾根の南斜面をトラバースします。根曲りや笹ヤブが進行を妨げます。
【笹ヤブ&トラバース◆
一昨年の4月はこの周辺が雪で覆われ、尾根上を歩いた記憶があります。今回の登山では、この区間が最もストレスを感じました。
2016年05月03日 09:11撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【笹ヤブ&トラバース◆
一昨年の4月はこの周辺が雪で覆われ、尾根上を歩いた記憶があります。今回の登山では、この区間が最もストレスを感じました。
肩ほどの高さになった笹ヤブをかき分けながら進みます。「鷲ヶ巣山、遠いなぁ〜」
2016年05月03日 09:15撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩ほどの高さになった笹ヤブをかき分けながら進みます。「鷲ヶ巣山、遠いなぁ〜」
2
9時39分、30分ほどでようやく笹ヤブから解放され、鷲ヶ巣山直下の急登が始まります。
「やっと終わった―」
2016年05月03日 09:39撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時39分、30分ほどでようやく笹ヤブから解放され、鷲ヶ巣山直下の急登が始まります。
「やっと終わった―」
1
【ダマカシのピークあり】
鷲ヶ巣山ピークがだいぶ近づきました。中腹にはダマカシのピークが見えます…(^^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ダマカシのピークあり】
鷲ヶ巣山ピークがだいぶ近づきました。中腹にはダマカシのピークが見えます…(^^;)
2
他のピーク同様、鷲ヶ巣山直下にもロープが数ヶ所あります。とにかく急斜面の上り下りが多い山なのです(T_T)
2016年05月03日 09:40撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
他のピーク同様、鷲ヶ巣山直下にもロープが数ヶ所あります。とにかく急斜面の上り下りが多い山なのです(T_T)
マンサク
2016年05月03日 09:49撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マンサク
4
9時53分、ダマカシのピークを通過。この辺りにも少しだけ雪がありました。さらに粘り強く急登を登り続け…
2016年05月03日 09:53撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時53分、ダマカシのピークを通過。この辺りにも少しだけ雪がありました。さらに粘り強く急登を登り続け…
9時58分、傾斜が無くなると同時に石祠が現れました。もう山頂は目の前です。
2016年05月03日 09:58撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時58分、傾斜が無くなると同時に石祠が現れました。もう山頂は目の前です。
この石祠には「鷲ヶ巣神社」と刻まれています。信仰の山であることが忍ばれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この石祠には「鷲ヶ巣神社」と刻まれています。信仰の山であることが忍ばれます。
山頂周辺には巨岩がゴロゴロしています。
「八海山みたいだ…」
2016年05月03日 09:58撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂周辺には巨岩がゴロゴロしています。
「八海山みたいだ…」
3
【鷲ヶ巣山・山頂に到着 
9時59分、『鷲ヶ巣山(1093.3m)』に到着です!駐車場からはおよそ3時間30分でした。
2016年05月03日 09:59撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鷲ヶ巣山・山頂に到着 
9時59分、『鷲ヶ巣山(1093.3m)』に到着です!駐車場からはおよそ3時間30分でした。
3
【鷲ヶ巣山・山頂に到着◆
山頂奥の大岩に上がります。
「おぉ、朝日連峰がよく見える…」
2016年05月03日 10:02撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鷲ヶ巣山・山頂に到着◆
山頂奥の大岩に上がります。
「おぉ、朝日連峰がよく見える…」
1
【展望・朝日連峰の山々 
左のピーク『枡形山(1330.6m)』、右のピラミダルなピークがマイナー12名山『化穴山(1505.9m)』
2016年05月03日 10:16撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【展望・朝日連峰の山々 
左のピーク『枡形山(1330.6m)』、右のピラミダルなピークがマイナー12名山『化穴山(1505.9m)』
3
【展望・朝日連峰の山々◆
左端が『以東岳(1771.4m)』、中央の少し右に『寒江山(1694.4m)』
2016年05月03日 10:16撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【展望・朝日連峰の山々◆
左端が『以東岳(1771.4m)』、中央の少し右に『寒江山(1694.4m)』
3
【展望・朝日連峰の山々】
左に見えるピラミダルなピークが主峰『大朝日岳(1780m)』
2016年05月03日 10:16撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【展望・朝日連峰の山々】
左に見えるピラミダルなピークが主峰『大朝日岳(1780m)』
3
【展望・朝日連峰の山々ぁ
左端の鋭峰が『祝瓶山(1417m)』になります。朝日連峰の主立った山々がよく見渡せました(^o^)
2016年05月03日 10:17撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【展望・朝日連峰の山々ぁ
左端の鋭峰が『祝瓶山(1417m)』になります。朝日連峰の主立った山々がよく見渡せました(^o^)
4
一方、『飯豊連峰』は春霞のせいかボヤけて見えます。この時期はダメですねぇ…
2016年05月03日 10:05撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一方、『飯豊連峰』は春霞のせいかボヤけて見えます。この時期はダメですねぇ…
5
【山頂・記念撮影】
誰もいない山頂、セルフで記念撮影。
「鷲ヶ巣山は意外に手強いよ〜!」
2016年05月03日 10:10撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【山頂・記念撮影】
誰もいない山頂、セルフで記念撮影。
「鷲ヶ巣山は意外に手強いよ〜!」
13
【強風・ランチタイムなし】
この日はなかなかの強風が吹いていました。山頂でのランチはナシです(T_T)
2016年05月03日 10:18撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【強風・ランチタイムなし】
この日はなかなかの強風が吹いていました。山頂でのランチはナシです(T_T)
【鷲ヶ巣山・下山開始】
10時24分、下山開始です。右のピーク「中ノ岳」と左のピーク「前ノ岳」を通過後、さらに下り続けなければなりません。先が思いやられます。
2016年05月03日 10:24撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鷲ヶ巣山・下山開始】
10時24分、下山開始です。右のピーク「中ノ岳」と左のピーク「前ノ岳」を通過後、さらに下り続けなければなりません。先が思いやられます。
2
下山し始めるとすぐに、例の女性2人組とスライド。
「山頂まであと20分くらいですか?」
「いえ、すぐその先ですよ。ガンバレー!」
2016年05月03日 10:28撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山し始めるとすぐに、例の女性2人組とスライド。
「山頂まであと20分くらいですか?」
「いえ、すぐその先ですよ。ガンバレー!」
4
「鷲ヶ巣山→中ノ岳」区間、笹ヤブのトラバースにうんざりします。
2016年05月03日 10:50撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鷲ヶ巣山→中ノ岳」区間、笹ヤブのトラバースにうんざりします。
11時18分、下山「中ノ岳」を通過。
2016年05月03日 11:18撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時18分、下山「中ノ岳」を通過。
左手の眼下に「三面貯水池」を眺めながら歩き続けます。
2016年05月03日 11:18撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の眼下に「三面貯水池」を眺めながら歩き続けます。
3
【前ノ岳・ヒルの話 
11時28分、下山「前ノ岳」まで戻ってきました。ピークには1人の男性が休憩しています。この方は毎年この鷲ヶ巣山に3〜4回登っているとのことでした。この大先輩に、ヒルについて伺いました。
2016年05月03日 11:28撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【前ノ岳・ヒルの話 
11時28分、下山「前ノ岳」まで戻ってきました。ピークには1人の男性が休憩しています。この方は毎年この鷲ヶ巣山に3〜4回登っているとのことでした。この大先輩に、ヒルについて伺いました。
2
【前ノ岳・ヒルの話◆
「この山にゃもう何年も登ってるけど、夏場の雨の日しかあったこと無いなぁ。ヒルなんてめったに居ないよ…」
「そうでしたか。お話し、ありがとうございました。」
2016年05月03日 11:30撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【前ノ岳・ヒルの話◆
「この山にゃもう何年も登ってるけど、夏場の雨の日しかあったこと無いなぁ。ヒルなんてめったに居ないよ…」
「そうでしたか。お話し、ありがとうございました。」
5
ときどき立ち止まり、タムシバをじっくり観察しながら下山を続けます。
2016年05月03日 12:22撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときどき立ち止まり、タムシバをじっくり観察しながら下山を続けます。
2
12時30分、「前ノ岳」を通過後、ロープで急斜面を下ります。粘土質の登山道が滑りやすく、一歩ずつゆっくりと下りました。
2016年05月03日 12:30撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時30分、「前ノ岳」を通過後、ロープで急斜面を下ります。粘土質の登山道が滑りやすく、一歩ずつゆっくりと下りました。
12時37分、「鷲ヶ巣山避難小屋」を通過。
2016年05月03日 12:37撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時37分、「鷲ヶ巣山避難小屋」を通過。
1
「前ノ岳→ウガイ場」区間、展望が利かない急斜面がひたすら続きます。
2016年05月03日 12:54撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「前ノ岳→ウガイ場」区間、展望が利かない急斜面がひたすら続きます。
1
うんざりする下りの中、ムラサキヤシオだけが心の救いでした。
2016年05月03日 12:59撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うんざりする下りの中、ムラサキヤシオだけが心の救いでした。
5
13時15分、「ウガイ場」を通過。ザックを下ろして顔を洗い、沢水で喉を潤します。
2016年05月03日 13:15撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時15分、「ウガイ場」を通過。ザックを下ろして顔を洗い、沢水で喉を潤します。
1
13時22分、鷲ヶ巣山登山口を通過。ひっそりした杉林を歩き続けます。
2016年05月03日 13:22撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時22分、鷲ヶ巣山登山口を通過。ひっそりした杉林を歩き続けます。
そしてようやく「縄文の里・朝日」まで戻ってきました。「あ〜、やっと景色が見える…」
2016年05月03日 13:30撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてようやく「縄文の里・朝日」まで戻ってきました。「あ〜、やっと景色が見える…」
1
【鷲ヶ巣山・下山終了】
13時32分、駐車場に到着。山頂から下山にはおよそ3時間でした。
2016年05月03日 13:32撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鷲ヶ巣山・下山終了】
13時32分、駐車場に到着。山頂から下山にはおよそ3時間でした。
1
【バックショット】
遠くに連なる真っ白な朝日連峰が印象的な山旅でした。それでは、また(^_^)/~
2016年05月03日 10:33撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【バックショット】
遠くに連なる真っ白な朝日連峰が印象的な山旅でした。それでは、また(^_^)/~
5

感想/記録

『鷲ヶ巣山』には2年前の同じ時期にも登ったが、残雪の量が全く違っていた。

前回は「中ノ岳」から先はすべて雪道で、鷲ヶ巣山中腹の斜面もほとんど雪で覆われていた。眼下のダム湖周辺の山々にも雪が多く残っていて、残雪と新緑のコントラストがすばらしいかった。

残念ながら、今回はそうした景色に出会えなかった。
もう少し早い時期に登ればよかったかも知れない。



(参考サイト)
・「酔いどれ山ガラス」さんのブログ『鷲ヶ巣山』
http://blog.goo.ne.jp/ja0efr/e/ecc2c26c65cd438d3e4edb8072b94eab
・日本海パークライン ガイドマップ
http://www.senami.or.jp/nihonkai-parkline/data/guideMap.pdf
訪問者数:275人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ