ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860238 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

黒部五郎岳

日程 2016年05月01日(日) 〜 2016年05月03日(火)
メンバー kumatarou(CL), その他メンバー1人
天候5/1 雨のち曇、5/2 晴れ 微風、5/3 晴れ 強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
飛越トンネル入口までマイカー。登山口周辺に雪はまったく無し。
30台程度駐車スペースあり、オーバーした分は路駐。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間58分
休憩
1分
合計
4時間59分
S飛越新道登山口06:1908:45飛越新道分岐10:17寺地山10:1811:18北ノ俣避難小屋
2日目
山行
9時間20分
休憩
58分
合計
10時間18分
北ノ俣避難小屋04:5206:54神岡新道分岐07:0507:14北ノ俣岳08:22中俣乗越10:27黒部五郎岳10:3610:44黒部五郎の肩11:0212:17中俣乗越13:55北ノ俣岳14:1414:21神岡新道分岐14:2215:10北ノ俣避難小屋
3日目
山行
3時間19分
休憩
14分
合計
3時間33分
北ノ俣避難小屋05:4606:39寺地山07:39飛越新道分岐07:5309:19飛越新道登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
飛越新道は雪が少なく、ぬかるんでドロドロしている箇所多数。
転倒すると悲惨なので注意。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

飛越トンネルは閉鎖中。周辺に雪は無し。
おまけに、予報では止むはずの雨が降り続く。
とても雪山という雰囲気ではないが、今年は標高の低いところの雪は非常に少ないものの、北アの稜線は例年並みの雪があるそうなので、期待を捨てずに登り始める。
2016年05月01日 05:53撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛越トンネルは閉鎖中。周辺に雪は無し。
おまけに、予報では止むはずの雨が降り続く。
とても雪山という雰囲気ではないが、今年は標高の低いところの雪は非常に少ないものの、北アの稜線は例年並みの雪があるそうなので、期待を捨てずに登り始める。
標高1800m付近からやっと雪が出始めました。
2016年05月01日 08:22撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1800m付近からやっと雪が出始めました。
アップダウンのある尾根をじりじり登り続けて、寺地山。
2016年05月01日 10:05撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンのある尾根をじりじり登り続けて、寺地山。
北ノ俣岳はガスって見えません。
2016年05月01日 11:05撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳はガスって見えません。
ルート上唯一の水場近くに幕営。
今回は2人なのになぜかテントは2張。
こういうことをするから荷物が無駄に重くなるんや。
2016年05月01日 11:57撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート上唯一の水場近くに幕営。
今回は2人なのになぜかテントは2張。
こういうことをするから荷物が無駄に重くなるんや。
1
予報では5/1の昼から晴れるはずが、5/2の朝になっても曇っており稜線はガスの中。
とりあえず登り始める。
2016年05月02日 05:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予報では5/1の昼から晴れるはずが、5/2の朝になっても曇っており稜線はガスの中。
とりあえず登り始める。
主稜線の北ノ俣岳まで2時間登るうちに天候はみるみる回復。
稜線に出ると強風とともに北アルプスの絶景が顔を見せました。
写真は赤牛、水晶、鷲羽。
2016年05月02日 06:55撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線の北ノ俣岳まで2時間登るうちに天候はみるみる回復。
稜線に出ると強風とともに北アルプスの絶景が顔を見せました。
写真は赤牛、水晶、鷲羽。
3
なんといっても目を引くのが薬師岳。
雪を纏った巨大な薬師岳は存在感抜群です。
次回はこっちにも登りたいなあ。
2016年05月02日 06:55撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんといっても目を引くのが薬師岳。
雪を纏った巨大な薬師岳は存在感抜群です。
次回はこっちにも登りたいなあ。
9
目指す黒部五郎岳方面へ。
奥には槍、笠、乗鞍、御嶽。
2016年05月02日 07:15撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す黒部五郎岳方面へ。
奥には槍、笠、乗鞍、御嶽。
広い稜線を進みます。
どこを歩いても自由!
2016年05月02日 07:43撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い稜線を進みます。
どこを歩いても自由!
4
楽しい稜線散歩!
2016年05月02日 07:59撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい稜線散歩!
4
ふと横を見ると薬師岳。
2016年05月02日 07:59撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと横を見ると薬師岳。
3
まだまだ進む。
2016年05月02日 08:02撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ進む。
3
雪の水晶もかっこいい。
手前は雲ノ平と祖父岳。
2016年05月02日 08:09撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の水晶もかっこいい。
手前は雲ノ平と祖父岳。
4
近づいてきました。
2016年05月02日 08:17撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づいてきました。
3
立ちはだかる最後の登り。
夏道は雪が風で飛ばされて少ないです。
左の雪原を登る人たちと二手に分かれます。
僕は地味に疲れたので、夏道沿いをジグザグに登りました。
2016年05月02日 09:06撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ちはだかる最後の登り。
夏道は雪が風で飛ばされて少ないです。
左の雪原を登る人たちと二手に分かれます。
僕は地味に疲れたので、夏道沿いをジグザグに登りました。
3
疲れたので休憩。
2016年05月02日 10:02撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れたので休憩。
1
最後はカリカリの斜面をトラバース気味に登る。
2016年05月02日 10:10撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はカリカリの斜面をトラバース気味に登る。
4
山頂に着きました!
槍穂をバックに記念撮影。
道標は埋まっているのか見当たりません。
2016年05月02日 10:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着きました!
槍穂をバックに記念撮影。
道標は埋まっているのか見当たりません。
11
雲ノ平山荘が見えます。
2016年05月02日 10:30撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘が見えます。
4
山頂からはカール全景がよく見えなかったので、カール淵を下ります。
自分がカール淵にいるのでどこからも一度に全景は見えませんが、場所を変えながら少しずつ見渡します。
2016年05月02日 10:42撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からはカール全景がよく見えなかったので、カール淵を下ります。
自分がカール淵にいるのでどこからも一度に全景は見えませんが、場所を変えながら少しずつ見渡します。
1
五郎のカール北側。
2016年05月02日 10:45撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五郎のカール北側。
2
カール東側。
2016年05月02日 10:45撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カール東側。
1
黒部五郎岳の山頂を眺めます。
ここから見ると雪庇が大きく張り出しているのがわかります。
端から1m以内のところを歩いている人がいましたが、おそろしや。。。
2016年05月02日 10:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳の山頂を眺めます。
ここから見ると雪庇が大きく張り出しているのがわかります。
端から1m以内のところを歩いている人がいましたが、おそろしや。。。
3
カメラを構えていると、スキーヤーが次々に滑降していきました。
2016年05月02日 10:52撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラを構えていると、スキーヤーが次々に滑降していきました。
1
景色を楽しんだ後、長い帰路につきます。
帰りは夏道ではなく、雪原を下ります。
見渡す限りの雪原に、数えるほどしか人がいません。贅沢な気分!
2016年05月02日 11:03撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色を楽しんだ後、長い帰路につきます。
帰りは夏道ではなく、雪原を下ります。
見渡す限りの雪原に、数えるほどしか人がいません。贅沢な気分!
1
気温が上がると表層の雪が溶けて、だんだん汚くなります。
しかしアップダウンばかりで疲れる。。。
2016年05月02日 12:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温が上がると表層の雪が溶けて、だんだん汚くなります。
しかしアップダウンばかりで疲れる。。。
北ノ俣岳を越え、テン場へと戻ります。
有峰湖が見えます。
ここからも雪原を自由に歩いて下ります。
2016年05月02日 14:26撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳を越え、テン場へと戻ります。
有峰湖が見えます。
ここからも雪原を自由に歩いて下ります。
1
昨日は見えなかった夕陽も見えました。
夜は天の川も見えたけど、僕のコンデジでは撮れないのが残念!
2016年05月02日 18:45撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日は見えなかった夕陽も見えました。
夜は天の川も見えたけど、僕のコンデジでは撮れないのが残念!
2
3日目朝は晴れていましたが強風。北陸地方は暴風でサンダーバードも止まったそうです。
南に開けた尾根で特に強風とのことで、あそこはすごい風だろうなあと思いながら、寺地山付近から黒部五郎岳を見納め、トンネル入口へ向かいました。
気温が上がったため行きよりも雪の量は目に見えて減り、飛越新道のぬかるみはさらにひどいことになりました。
駐車場についたころには膝から下はドロドロ。
2016年05月03日 06:36撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目朝は晴れていましたが強風。北陸地方は暴風でサンダーバードも止まったそうです。
南に開けた尾根で特に強風とのことで、あそこはすごい風だろうなあと思いながら、寺地山付近から黒部五郎岳を見納め、トンネル入口へ向かいました。
気温が上がったため行きよりも雪の量は目に見えて減り、飛越新道のぬかるみはさらにひどいことになりました。
駐車場についたころには膝から下はドロドロ。
3
撮影機材:

感想/記録

2016年ゴールデンウィークは北アルプス 黒部五郎岳に行ってきました。
今年のGWは天気の良さそうな日が5/2くらいしかなさそうなので、その日を登頂日に設定。
4/29〜5/1は稜線で雪が降り続いていたため新雪で覆われた綺麗な景色を楽しめました。
ルート上唯一の水場である北ノ俣避難小屋付近でテント2泊。
ルート上に営業小屋がないこともあって登山者は少なめ。山深さを実感できました。
飛越新道が泥だらけだったのが唯一の不満。
次は薬師岳にも行ってみたいですが、そのときは登山口からずっと雪がつながっているといいなあ。
訪問者数:645人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ