ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860281 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東北

「原生の和賀山塊」 新緑の真木林道から『薬師岳』

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー 750RS
天候晴れ、昼ころから風が強い、下山後は曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
秋田市道―県道秋田御所野雄和線―国道13号―県道秋田岩見船岡線―大仙市道―国道46号―県道本荘西仙北角館線―仙北市道―国道105号―県道角館六郷線―県道長信田羽後長野停車場線―県道大曲田沢湖線―大仙市道

自宅から真木まで 約60繊1時間15分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間55分
休憩
1時間25分
合計
8時間20分
Sスタート地点07:1008:30薬師岳登山口公衆トイレ08:3508:45甘露水口09:0009:15ブナ台09:2009:50滝倉09:5510:55倉方11:0011:30薬師分岐11:35薬師岳12:0512:10薬師分岐12:35倉方13:00滝倉13:1013:25ブナ台13:40甘露水口13:5014:00薬師岳登山口公衆トイレ15:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 下山時、滝倉とブナ台の中間付近でクマさんと遭遇、距離は20mぐらいか・・・枝の折れる音で横を見たらクマさんが逃走中、急いでカメラを出したがその姿をとらえることは出来なかった。私はクマさんを見て思わず「おい」と声をかけてしまった。(笑) 私は刑事か???
コース状況/
危険箇所等
真木集落の最終住家にゲート、ここから登山口避難小屋(車止め)まで車両通行止め、登山者や渓流釣り者は工事車両等に注意し、通行すること。特に作業中の機械付近を通過する際はオペレーターと意思疎通を行い、安全を確認後通過すること。本日は作業お休み

真木集落ゲート付近に駐車場は無い、少し下って小さい橋を越えたあたりに5台程度は駐車可能、本日は秋田ナンバー2台(私とKさん)、横浜ナンバー1台(和賀に向かわれたと思う)

滝倉から山頂付近まで残雪あり、特に倉方まではルート選定に注意、自然公園管理員のKさんがつけてくださった赤いマークをたどって慎重に進むこと。

水場は寺屋敷付近の力水、甘露水、滝倉の湧水、滝倉より上部は水は無い。
その他周辺情報川口温泉、中里温泉、千畑温泉・・・等

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー 毛帽子 ザック アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ポール
共同装備 なし
備考 今日は暑かった・・・さっぱり系の飲料を持参すべきであった。0.5ℓ3本を消費

写真

真木集落の通行止めゲート
2016年05月03日 07:08撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木集落の通行止めゲート
6
新緑が美しい真木渓谷
2016年05月03日 07:30撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が美しい真木渓谷
13
真木橋付近には建設機械が集結
2016年05月03日 07:32撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木橋付近には建設機械が集結
5
美しい滝・・・飛沫が涼し気である
2016年05月03日 07:36撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい滝・・・飛沫が涼し気である
27
七瀬沢合流点付近の路肩が大きく崩落、下にはたくさんの大型土のうが積まれている
2016年05月03日 07:36撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七瀬沢合流点付近の路肩が大きく崩落、下にはたくさんの大型土のうが積まれている
7
袖川橋を過ぎて小路又橋の手前の崩落状況
2016年05月03日 08:02撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖川橋を過ぎて小路又橋の手前の崩落状況
4
小路又のヘアピンを越えると正面に甲山
2016年05月03日 08:17撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小路又のヘアピンを越えると正面に甲山
17
七瀬林道分岐に到着、七瀬林道にはたくさんの砕石が積まれている
2016年05月03日 08:22撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七瀬林道分岐に到着、七瀬林道にはたくさんの砕石が積まれている
2
小路又の手前、道路が流出、右側を巻く
2016年05月03日 08:24撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小路又の手前、道路が流出、右側を巻く
6
小路又に到着
2016年05月03日 08:25撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小路又に到着
4
旧登山口に建つ、避難小屋、トイレ棟、登山ポストあり
2016年05月03日 08:32撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧登山口に建つ、避難小屋、トイレ棟、登山ポストあり
9
その先、車止めを越えると、道路が大きく崩落している。
2016年05月03日 08:35撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先、車止めを越えると、道路が大きく崩落している。
10
やっと残った登山道
2016年05月03日 08:36撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと残った登山道
8
振り返るとこんな感じ
2016年05月03日 08:37撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ
8
その上にはいつものようにベニヤマザクラが綺麗に咲いている
2016年05月03日 08:37撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その上にはいつものようにベニヤマザクラが綺麗に咲いている
6
ベニヤマザクラ・・・美しいサクラだ
2016年05月03日 08:40撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベニヤマザクラ・・・美しいサクラだ
20
甘露水手前の登山道・・・ここは前から崩落していたが・・・拡大したかな
2016年05月03日 08:42撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甘露水手前の登山道・・・ここは前から崩落していたが・・・拡大したかな
5
甘露水に到着、ちょっと飛ばしすぎたかな・・・
2016年05月03日 08:45撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甘露水に到着、ちょっと飛ばしすぎたかな・・・
7
今日もぼだっこのにぎりまま
2016年05月03日 08:48撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もぼだっこのにぎりまま
23
甘露・・・甘露・・・蕗のコップでいただく
2016年05月03日 08:52撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甘露・・・甘露・・・蕗のコップでいただく
28
ブナの新緑が美しい登山道
2016年05月03日 09:00撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの新緑が美しい登山道
21
ブナ台に到着、右足のふくらはぎが痛み出す
2016年05月03日 09:16撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ台に到着、右足のふくらはぎが痛み出す
3
ゆっくりと・・・ブナを愛でながら行きますよ
2016年05月03日 09:16撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくりと・・・ブナを愛でながら行きますよ
12
滝倉の湧水群に到着、湧水部には山ワサビが密生していた
2016年05月03日 09:50撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝倉の湧水群に到着、湧水部には山ワサビが密生していた
10
倉方に向かうといよいよ雪が登場
2016年05月03日 10:23撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉方に向かうといよいよ雪が登場
6
倉方をこえ、森林限界を越えると真昼岳と県境主稜線
2016年05月03日 11:02撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉方をこえ、森林限界を越えると真昼岳と県境主稜線
12
仙北平野も・・・
2016年05月03日 11:03撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙北平野も・・・
2
薬師分岐ピーク(右)と薬師岳(左)
2016年05月03日 11:03撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師分岐ピーク(右)と薬師岳(左)
4
薬師分岐ピークへ・・・右足ふくらはぎが痛い
2016年05月03日 11:04撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師分岐ピークへ・・・右足ふくらはぎが痛い
3
中ノ沢岳(中)と風鞍(右)
2016年05月03日 11:05撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ沢岳(中)と風鞍(右)
5
再び薬師分岐ピーク
2016年05月03日 11:06撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び薬師分岐ピーク
7
甲山(左)と中ノ沢岳(右)
2016年05月03日 11:13撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲山(左)と中ノ沢岳(右)
4
今日のメイン薬師岳(左)と分岐ピーク(右)
赤いザックは自然公園管理員のK氏
2016年05月03日 11:13撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のメイン薬師岳(左)と分岐ピーク(右)
赤いザックは自然公園管理員のK氏
14
堂々たる大甲
2016年05月03日 11:13撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂々たる大甲
9
その左に甲山(左)と中ノ沢岳(右)
2016年05月03日 11:13撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その左に甲山(左)と中ノ沢岳(右)
3
その先の県境稜線
2016年05月03日 11:14撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先の県境稜線
7
薬師分岐から大甲と県境主稜線
2016年05月03日 11:30撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師分岐から大甲と県境主稜線
14
正面には和賀岳(中奥)と小鷲倉(左)
2016年05月03日 11:31撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には和賀岳(中奥)と小鷲倉(左)
19
薬師岳へ到着、右足は何とかもった
2016年05月03日 11:37撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳へ到着、右足は何とかもった
24
これが見たくて・・・和賀岳(中奥)と小鷲倉(左)
2016年05月03日 11:38撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが見たくて・・・和賀岳(中奥)と小鷲倉(左)
40
薬師平を行くK氏
2016年05月03日 11:38撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師平を行くK氏
8
小杉山
2016年05月03日 11:38撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小杉山
10
白岩岳
2016年05月03日 11:38撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岩岳
7
中ノ沢岳から続く県境主稜線
2016年05月03日 11:39撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ沢岳から続く県境主稜線
7
今日も山頂バナナ
2016年05月03日 11:47撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も山頂バナナ
17
おお・・・素晴らしい
2016年05月03日 11:54撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお・・・素晴らしい
29
森吉山遠望
2016年05月03日 11:55撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森吉山遠望
5
再び和賀岳と小鷲倉
2016年05月03日 11:55撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び和賀岳と小鷲倉
7
薬師山頂・・・そろそろ下山
2016年05月03日 12:05撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師山頂・・・そろそろ下山
10
大甲、甲、中ノ沢岳
2016年05月03日 12:07撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大甲、甲、中ノ沢岳
6
振り返ると和賀岳
2016年05月03日 12:09撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると和賀岳
15
さようなら和賀岳
2016年05月03日 12:10撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さようなら和賀岳
5
薬師分岐から県境主稜線
2016年05月03日 12:11撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師分岐から県境主稜線
3
甲山と中ノ沢岳も見納め
2016年05月03日 12:27撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲山と中ノ沢岳も見納め
1
滝倉の湧水群
2016年05月03日 12:58撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝倉の湧水群
2
美しいブナの森・・・下っていると
2016年05月03日 13:17撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しいブナの森・・・下っていると
4
左側から枝の折れる音・・・手前のくぼみからクマさんが脱兎のこどく・・・中央、枝の折れた木の方向へ・・・カメラ間に合わず、「おい」って声をかけてしまった
2016年05月03日 13:19撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側から枝の折れる音・・・手前のくぼみからクマさんが脱兎のこどく・・・中央、枝の折れた木の方向へ・・・カメラ間に合わず、「おい」って声をかけてしまった
15
曲沢分岐の標識
2016年05月03日 13:33撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曲沢分岐の標識
6
再び甘露水
2016年05月03日 13:37撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び甘露水
2
小路又に到着
2016年05月03日 14:01撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小路又に到着
1
渓畔のベニヤマザクラ・・・美しい
2016年05月03日 14:03撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓畔のベニヤマザクラ・・・美しい
16
振り返ると大甲(左)と甲山(右)
2016年05月03日 14:05撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると大甲(左)と甲山(右)
7
真木渓谷の大倉岩
2016年05月03日 14:10撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木渓谷の大倉岩
9
大倉岩の解説・・・朝、撮りました
2016年05月03日 08:18撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉岩の解説・・・朝、撮りました
3
再び振り返ると甲山
2016年05月03日 14:11撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び振り返ると甲山
4
やはり、ムラサキヤシオは美しい
2016年05月03日 14:25撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり、ムラサキヤシオは美しい
15
いい色である
2016年05月03日 14:26撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい色である
19
源太寺あとの力水
2016年05月03日 15:13撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源太寺あとの力水
6
真木集落のゲートに到着
2016年05月03日 15:27撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木集落のゲートに到着
4
相棒・・・お待たせ
2016年05月03日 15:31撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相棒・・・お待たせ
17
撮影機材:

感想/記録
by 750RS

 昨年の7月25日の集中豪雨により秋田県側から和賀山塊へのアクセスが絶たれたてしまっている。秋田県側から和賀山塊(和賀岳、薬師岳、大甲、甲山、中ノ沢岳、風鞍など)へ登るためには真木集落のゲートから林道を約7km歩く必要がある。往復14kmこれだけで十分な感じであるが・・・。 今日は林道の被災状況や復旧具合などを見ながら薬師岳(標高1218m)を目指すこととした。本当は和賀岳までと思ったが・・・片道15kmもある。どう考えても・・・今日はやめておこう。ニッコウキスゲの時にでも・・・と思った。
 そんなことで、今日も起床は5時15分・・・なんとか5時40分には自宅を出発できた。ローソンでぼだっこのにぎりままを仕入れ、仁井田でgasを充填し、一路大仙市真木集落へ。
 真木集落の最終民家にゲートがある。この辺りには駐車スペースがないので少し下って広い路肩に車を止めた。先行者は1台、横浜ナンバーである。渓流だろうか・・・。
 急ぎ準備し、7時10分頃にゲートを通過する。登山口まで7kmちょっとの林道歩きてある。1時間40分ぐらいか・・・。
 淡々と林道を進む、寺屋敷(源太寺あと)を過ぎると、工事現場となる。地元の高◇建設と横手市の○手建設のようだ。すぐに真木橋となる。橋を越えると大型建設機械が集結していた。すごい数である。レンタル会社のヤードかと思うくらいだ。
 ここからは路肩が結構被災していた。特に七瀬沢合流点付近は大きく崩落しており、拡大を防止するため大型土のうが大量に設置されていた。これから梅雨の季節まで心配なことである。キタゴウヨウの美しい姿を眺めながら登り切ると真木の関といわれる掘割である。ここから急こう配で下ると袖川沢の合流点である。駐車場とトイレがある。ここから少し登ると小路又の橋となる。そして、道は一気に険しくなり、小路又のヘアピン喘ぎながら越える。登り切ると正面に大倉岩が現れる。そして特徴的なピークを有する甲山が望まれる。少し先で七瀬林道分岐となるが七瀬林道には大量の砕石がストックされている。復旧工事に使うのだろう。
 小路又に下ると道路が流出していた。右側を巻いて、小路又に到着する。薬師橋を越え、旧登山口に建つ避難小屋・トイレ棟に到着、登山ポストに必要事項を記載して投函する。車止めを越えて進むと路肩は無論のこと道路本体が流出した現場に到着する。これが昨年報道等に公開された現場である。見た感じではここが一番被害が大きいと感じた。技術的的には七瀬沢合流点かと思うが・・・。
時間雨量70mm/hを越える豪雨が2時間以上続いたようなので渓流も相当あれている感じだ。工事看板は2016年10月31日までの工期である。今季のハイシーズンは徒歩以外の手段がない様だ。

 甘露水に到着、ぼだっこのにぎりままで栄養補給、ちょっと飛ばしすぎか・・・。甘露水を蕗のコップでいただく、おいしい。蕗の香りも実にいい。田舎の楽しみである。
 さて、いよいよ登山道へ、いきなりの急登である。あえきながら・・・曲沢分岐を越え、ブナ台へ・・・ブナ台へ到着するころ冬に肉離れを発症した「右足のふくらはぎ」に痛みが・・・ヤバいよ。こんなところで肉離れなんて・・・どうやって帰るの???
 だましだましペースを落として歩く・・・淡々と。滝倉の湧水群に到着する。また一休みして喉を潤す。湧水口には山ワサビの群落が・・・。
 ここから滝倉避難小屋跡を過ぎて、倉方の登りにかかる。少し痛みが出てきた。おなかもすいた。雪渓でぼだっこのにぎりままとあったかい番茶を飲んでいると下から登山者が登ってくる。少しお話しするとなんと自然公園管理員のkさんでした。お会いするのは初めてでしたが、以前、風鞍から中ノ沢岳、甲山などへの縦走の際、情報をいただいた。少し後ろをついていくことにした。倉方でkさんに追いつき、お話をしながら後ろを歩かせてもらった。・・・しかしふくらはぎの痛みは取れない。森林限界を越えると展望が開けて・・・いい眺めである。私は写真を撮りながら・・・kさんは先行していかれた。何とかだましだまし・・・薬師岳へ向かう。途中何度も眺望を楽しみ(本当はふくらはぎの痛み&ヘロヘロでした)何とか薬師岳へ到着する。
 和賀岳と小鷲倉がドーンとそびえたつ。堂々たる山容である。これが見たくて登ってきたんだ。来た甲斐があった。kさんは薬師平あたりを歩かれていた。和賀まで行かれるのだろう。またお会いできますように・・・。
 燃費の悪い私のエンジンはここでまたぼだっこのにぎりまま、アンパン、バナナなどを摂取する。そして、眺望を楽しむ。森吉山も見えた。昼を過ぎると風が強くなってきた。天気は下っていくようだ。さぁ・・・下山しよう。来た道を淡々と慎重に下る。森林限界までは眺望を楽しみながら・・・。倉方を過ぎると滝倉の湧水までは急坂となる。慎重に・・・。
 滝倉の湧水で一休みして・・・ブナの新緑を楽しみながら・・・下りは何とか痛まずに下ることができた。新緑を楽しみながらブナ台の中間点付近まで来たあたりで事件は起きた。

 滝倉とブナ台の中間付近でクマさんと遭遇、距離は20mぐらいか・・・枝の折れる音で横を見たらクマさんが逃走中、急いでカメラを出したがその姿をとらえることは出来なかった。私はクマさんを見て思わず「おい」と声をかけてしまった。(笑)
 私は刑事か????くまさんに声かけてどうするの???写真を撮りたかっただけなんですが・・・(笑) ふと我に返り・・・熊すずをいつも以上に鳴らしながら淡々と下る。ブナ台を過ぎ、曲沢分岐も無事に通過。杉林を抜けると甘露水への急坂となる。
 甘露水で一休みし、水分を補給して淡々と林道を下る。ベニヤマザクラやムラサキヤシオを愛でながら・・・力水で顔を洗い、また喉を潤し、あっという間に真木ゲートに到着する。お待たせ相棒。さぁ秋田市へ帰るよ。
 右足、ふくらはぎはまだ痛い。湿布して寝ます。明日から秋田地方は雨の予報である。黄金週間中、もう一度くらいは山行したいものである。
訪問者数:782人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/29
投稿数: 230
2016/5/3 21:19
 蕗のコップ
750さん、こんばんは。
道路は何時頃復旧しそうでしたか?
去年、和賀岳で亡くなったKさんの慰霊登山に行きたいので。
しかし、あの林道を歩いて和賀に登るのは辛すぎます。
せめて年内に通ることが出来れば。

蕗のコップ、久しぶりに見ました。
子供の頃、そうして飲んでいたのを思い出しました。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/3 21:47
 片道15km
denki398さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

道路は・・・写真1にもありますが、工期は10月31日のようです。
今年のハイシーズンは通行は無理のようでした。

私は6月末か7月上旬・・・和賀岳に挑戦したいと思ってます。
片道・・・15km弱ですが・・・
何とか頑張ります。

去年ですか・・・
そうですか。お友達が亡くなられたのですか。
慰霊登山ですか。事故ですか???

蕗のコップ・・・知っていましたか・・・
denki398さんも「いなかのわらし」ですね。(失礼)
私は今も蕗があればコップいらずです。
登録日: 2014/3/8
投稿数: 335
2016/5/3 21:51
 「おい」
お疲れ様でした。

750RSさんの装備(笛?)と、冷静なる行動も重なった上での賜物とは思いますが、一言でクマさんを退散させられるとは
お見事でありますm(__)m

つい先日も、岩手の仙人山で、秋田市の3人パーティが親子連れのクマさんに襲われたばかりですし
やはり少雪で、クマさんも調子が狂ってるんでしょうかね。。。

。。。実家に帰る度に?蕗料理は口にしますが、蕗で水を飲んだことはないような気が
右足の具合如何ですか?お大事に。
登録日: 2013/7/24
投稿数: 581
2016/5/3 22:00
 同年代
denkiさんも?
蕗のコップ懐かしいです。

県南は熊さん元気そうですね。

20Kmオーバーお疲れさまでした。
帰宅後、足の状態はいかがでしょう?
登録日: 2013/11/23
投稿数: 388
2016/5/3 23:15
 笑
おいって・・・
クマさんが反応して寄って来たら大変でしたね

私も和賀でなくなられたKさんと顔見知りでした。
去年はいけなかったので今年は行けたらいいなーと思っています。

お疲れ様でした(^o^)
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/4 9:45
 南部熊鈴
smhsax84 さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

熊対策・・・南部熊鈴だけです。
むかし熊対策として馬に着けていたと聞いたことがあります。
良い音で鳴り響きます。
(接近戦??になっときは鉈、ピッケル、ストック・・・)

クマの姿を見たとき、思わず『声』をかけてしまいました。
せめて・・・立ち止って振り向いてくれても良かったのでは・・・
相手がクマですから仕方ありませんが・・・

子連れは危険です。
子連れだったら、たぶん、やられていたでしょう。
私はクマも「カモシカと同じような関係」になりたいと思っています。
山で出会ってもお互いを干渉しないで・・・

蕗のコップは私の田舎ではフツーです。
山や畑で仕事中、喉を潤す道具として活躍しています。
私も祖父から教えてもらいました。

ふくらはぎ・・・階段の昇降時、まだ痛みます。
ご心配いただき恐縮です。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/4 9:51
 最上流部
todohLX さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

todohLX さんも「田舎のわらしっこ」でしたか・・・(失礼)
私のところは最上流部ですので・・・
川??や沢??の水を直接飲めます(飲めました)
なので・・・蕗コップは活躍しました。

クマさんの走力はすごいです。
カメラを取り出し、スイッチを入れたときは視界から消えていました。
子連れでなくて良かったですが・・・
何も逃げなくてもって思いました。
もう少し私を信用してもらいたいものです。(笑)

しばらくぶりのロングでした。
林道は距離もそうですが、結構アップダウンがありますし。
ふくらはぎはまだ痛みます。湿布しています。
ご心配いただき恐縮です。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/4 10:00
 「有害駆除」
M-ck さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

そうですね・・・「おい」って・・・反応して
近寄ってきたら・・・ビビりますね。
ちょっと写真を撮らせてもらいたかったのですが・・・
立ち止って振り向いてくれるくらいのサービス??があっても良いかと思いました。
クマと人間も・・・カモシカぐらいの関係になれたらいいなって
いつも思っています。カモシカは自分が天然記念物で人間は手出ししないって思っていますから・・・クマともそんな関係になれたらいいなって・・・
事故も減りますし。
帰りの林道で猟友会のオレンジ蛍光色のベストを着て双眼鏡を持った人たちと遭遇しました。「有害駆除」・・・クマからしたら人間も「有害」ですから。

去年亡くなられたのですね。
事故でしょうか・・・ニュースになりましたか??
ちょっと記憶になくて・・・すみません。
和賀岳までは・・・林道7km+登山道8kmですからね。
ちょっと躊躇してしまいますね。
登録日: 2014/6/18
投稿数: 89
2016/5/4 10:38
 和賀岳と小鷲倉、カッコイイ!
刑事750RSさん
こんにちは。yo-shaです。
薬師岳、和賀岳と小鷲倉、東京便 airplaneからよく眺めているのですが、山行ではとても気持ちの良いルートなんですね。「どーんっ 」って感じ、写真からよく分かりますね。ぼだっこ持って和賀岳と小鷲倉に行ってみたいな。
しかし往復14kmの林道は堪えますね 。私の渡島駒3kmどころでは...流石健脚の750RSさん。ところで足は大丈夫ですか?私は最近キネシオテーピングで対応していますが、かなりいいですよ。お大事にです
クマさんとの遭遇20m とは、逃げてくれて良かったですね。熊鈴いつも以上に鳴らしながら...分かります、その心境
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/4 10:55
 テーピング
yo-shaさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

そうですか・・・東京便の飛行機から和賀山塊が見えますか???
良い山域ですから、是非眺めてください。
機会がありましたら登ってみてください。
和賀山塊と神室山地・・・お奨めの山域です。

そうですね・・・岩手側からはあの迫力がありませんし。
岩手の皆さんには恐縮ですが・・・秋田側から眺めるのが一番いいかと・・・(名前は和賀ですが)
ぼだっこのにぎりままを食べながら片道15km頑張りましょう。

林道歩きは工事優先なので仕方ないですが・・・
今年、我慢したら、来年からは大丈夫でしょう。

ふくらはぎはまだ痛みます。
キネシオテーピング・・・市販しているものですか???
テーピングが良いとは聞きましたが・・・

クマは登山道の下のくぼ地で餌を食べていたのか・・・
何か探していたのか・・・
枝の折れる音で認識しました。
不思議と「恐い」というより写真を撮らないと・・・って思いました。
「おい」で反応してくれたらよかったのですが・・・
aoi
登録日: 2010/1/23
投稿数: 719
2016/5/4 11:17
 こんにちは。
熊さんの話
今では笑いごと・・・となりますが
何事もなくて良かったですね!

帰りに猟友会の人達と会ったという文章を読むと複雑な気持ちになります。think

蕗のコップ作り方分かりませんが蕗の香りもしていい方法ですね!
葉っぱは使う前に一度洗うんですか?
虫が怖い私なら葉を撮る前に躊躇してしまいそうです・・・coldsweats01sweat01

右足・・・の痛み 大変ですね・・・
お大事に・・・shinehospital
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/4 12:27
 蕗のコップ作り方
aoiさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

今日は・・・生憎のお天気ですね。
昨日の気温は・・・何だったのでしょうか・・・

クマさん・・・そうですね。
普段は意識していませんので・・・
枯枝が折れる「バキッ、バキバキ・・・」が無ければ気が付かずに通過していたと思います。ちょっと下のくぼ地でしたから。

はい、子連れでなくて良かったです。
大きさからすると「オス」の成獣でしょう。
「おぃ」に反応して振り向いてくれたらカメラが間に合いましたよ。 猟友会・・・趣味のお爺さん達??でした。
失礼ですが・・・あんな齢の人たちがクマを駆除してどうするんでしょうか・・・人間が有害駆除されますよ。

蕗のコップ作り方・・・簡単です。
茎を持ち手にしますので長めにとってください。
茎を中心に葉裏を集めてコップの内側にします。⇒ 完成
「葉っぱを洗う」考えたことがありませんでした。(笑)
虫に対する認識の違いですね。

右足のふくらはぎまだ痛いです。
整形もお休みですので・・・
湿布して様子を見るしかありません。
心配していただき恐縮です。
登録日: 2011/7/18
投稿数: 786
2016/5/4 18:17
 薬師岳
長い林道歩き、大変お疲れ様でした。
私も数年前の残雪期、同じように林道を歩いて薬師岳へ登ったことがあるので、あの長さはわかります。それにしても、特に朝は飛ばしましたね〜
薬師岳に上がった時に見える和賀岳の姿には、何度見ても感激しますね

倉田さんは薬師岳へのルート案内ポールを立てながらでしたか。
まめな作業には頭が下がります。

私も昨日は和賀山塊を歩いてました。朝から気温が高くて、水2ℓ消費しましたよ
痛めた足、お大事にしてください。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/4 18:44
 ニッコウキスゲ
kamadamさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですね・・・あの林道・・・アップダウンも意外ときつくて・・・
でもまたニッコウキスゲを眺めに行きますよ。
朝は早く行きたくて・・・自然とスピードが上がりました。
それがいけなかったのかもしれませんが・・・
右足のふくらはぎ・・・朝よりは痛みが無くなりました。
ご心配いただき恐縮です。

そうなんですよ。
薬師分岐を過ぎて・・・目の前に現れる和賀・小鷲倉の姿・・・
本当に良いですよね。感動します。今年は少し雪が少なくて白い部分が少ないのが残念でしたが・・・。

kさん(倉田さん)はルートポールは設置済みでした。
今年は雪が少なくて・・・あと少しで全ルート夏道でしょう。
本当に感謝ですね。昨日は・・・お礼も言わないうちに先に行かれました。
和賀に登られたと思います。

kamadamさんは和賀山塊のどちらだったのでしょうか・・・
横浜ナンバーのお車でしたか???(笑)

暑い一日でしたね。
私は気になりませんでしたが・・・虫がたくさん飛んでいました。
私も1.5ℓ+甘露水2回、滝倉湧水群2回、力水1回飲みました。
登録日: 2014/6/4
投稿数: 1112
2016/5/5 18:14
 ビンテージ
蕗の葉をコップに・・・忘れかけていました(笑)素晴らしい 私の好物のワサビ
水が綺麗な証拠ですね。
崩落してて行けないのに行こうとするその姿 和賀山片道15km・・・・・・マジで行くのですか?? クマも居て当然ですよね(笑)
クマはRSさんを怖かったんですね 恐ろしいオーラ持ってますね。
20kmオーバー足にきます。お疲れ様です
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/5 18:27
 和賀岳北斜面
remu77さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

蕗のコップ・・・懐かしいでしょう。
remu77さんも「いなかのわらしっこ」ですね。(失礼)
きれいな湧水地にはたくさんのヤマワサビが群生していました。
採るのは申し訳なくて、眺めてきました。

はい、また歩きますよ。
和賀岳へ、片道15kmですが・・・ニッコウキスゲの大群落・・・
薬師平は無論ですが・・・和賀岳北斜面が素晴らしいです。(自然公園管理員のkさん情報ですが)
多少の歩きは覚悟のうえ、問題は足ですね。(笑)

クマさんはたぶん私にびっくりしたことでしょう。
私もびっくりしました。
remu77さんが会ったクマのように攻撃的ではありませんでした。
また、子連れの母クマでなくてよかったです。マジに。
恐ろしいオーラですか??? 全くありません。やさしいおじさん???ですよ。

確かに林道とはいえ・・・20kmを越えると足にきます。
少し運動不足かもしれません。
登録日: 2014/3/10
投稿数: 99
2016/5/5 21:18
 被災状況
750RSさん、こんばんは。
和賀の林道の被災状況は気になっていました…が、思っていたより酷い状況のようですね 今年の降雨の状況次第では工期どおりに終わるかどうかも微妙な感じがしますね。
いずれ、今シーズン秋田側から入山する場合は、7kmの林道歩きが伴うことになるのですね 大変参考になりました。
山行はお天気にも恵まれたようで何よりでした。特に40、48は、和賀岳の紹介写真などでも使われそうな感じですね
それにしても、「おい」には笑ってしまいました
比較的クマさんの生活圏とは近い環境で育ちましたが(笑)、身近に感じることはあっても、幸い!?実際にお目にかかったことはありません。
会ったら自分も同じように声をかけてしまいそうで怖いです
お疲れさまでした。
登録日: 2014/6/4
投稿数: 1112
2016/5/5 21:28
 Re: 和賀岳北斜面
和賀は行ったことないので 今年の目標にしますが??どのように対処しようかな〜〜(笑)和賀側から挑むかな 足がつるし・・・

何らかの対策が必要ですね(笑)お互いに・・・・・やばいっす RSさん
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/5 21:31
 ヤマケイの表紙
Odentos さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

林道の状況は昨年の新聞報道等で想像していたよりは大したことがないかなって感じですが・・・大きく被災してところがありますので時間はかかると思いますよ。
そうですね。工期は自然に左右されるリスクがありますからね。
今シーズンは無理でしょうね。

はい、片道約7kmの林道歩きが必要ですが・・・・
そんなことは苦にならない感動がありますから・・・
ぜひ、歩いてみてください。
私はニッコウキスゲの時期に行ってみようと思っています。

はい、あのアングルの写真は和賀岳らしさが出ていますからね。
ヤマケイの表紙などにどうでしょうか・・・(笑)
秋田側からしか見られないいい写真です。

はい、クマさんに「おい」はないですよね。
まるで誰か人間に声をかけている感じでした。
写真を撮りたかったんですが・・・
クマさんは必死だったと思いますよ。

クマと人間はもっともっと接近できると思うんですが・・・
カモシカのようにお互いを干渉しないで・・・
一定の距離を保ちながら共存できる環境を作りたいですね。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/5 21:39
 テーピング
remu77 さん、こんばんは。
再びコメントありがとうございます。

和賀岳、いいですよ。お勧めです。
ニッコウキスゲが咲くころぜひ・・・お越しください。 そうですね・・・岩手側からですと西和賀町(旧沢内村)の高下林道からがいいかと思います。和賀川の源流部を徒渉しますが・・・。距離と時間は最短です。
足は・・・なんともいい方法が見つかりませんでしたが・・・
今日、yo-shaさんからご紹介いただいた「キネシオテーピング」がいいようです。
今までは美人の受付さんがいる城○整形外科+あらかじめ湿布等で対応していましたが・・・
次はこのテーピングで行ってみようかと思っています。

remu77 さんもいかがでしょうか。
試してみてください。
登録日: 2011/11/21
投稿数: 98
2016/5/6 20:40
 初めまして。
秋田県側からの和賀岳にも行きたいと思って居た所
こんな事になって居るとは夢にも思いませんでした。
貴重な情報と併せ、ポチも有難う御座いました_(._.)_。

クマさん、のアバター
去年、6度目の遭遇で漸く撮らせて戴きました。
場所は下北半島の縫道石山の近くの集落から50m程です。
なかなか逃げ足も速い動物だけど
車から2mほどの所をかっ歩して行きました。
大きさもかなり大きい方かなって・・・
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/6 21:51
 ツキノワグマ
gongouzake さん、こんばんは。
そして、初めまして・・・よろしくお願いします。

秋田側の真木林道は昨年7月25日の集中豪雨でご覧の有様です。
今年のシーズンは車両での侵入は厳しいと思います。
これから一番いい季節なんですが・・・
ニッコウキスゲも綺麗ですし。

六角牛山・・・以前登ったことがあります。
五葉山に登った帰りに・・・一日2山
なかなか厳しいお山だったと記憶しています。

下北半島、縫道石山のクマさんはなかなか堂々としていますね。
クルマから2mですか・・・
それはすごい人慣れしたクマさんですね。
そうですね。
月の輪にしてはかなり大型な感じですね。
ヒグマかと???思いましたが・・・毛色が違いますね。

これからもよろしくお願いします。
登録日: 2013/8/1
投稿数: 387
2016/5/7 7:23
 ごくろうさまでした
予告通り,和賀山塊に行きましたね。
林道歩きを覚悟して薬師岳までとはいい選択です。
かなり林道や登山道が崩落しているんですね。数年は無理でしょうね。
私は,5/2の23:00〜5/5 18:00まで息子のところへ車で行ってきました。首都高ではびくびく緊張しっぱなしでした。
今週は栗駒山に登るつもりです。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/7 12:01
 首都高速
conan さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

東京・・・ご苦労さまでした。
息子さんは元気に大学生活(東京生活)をされていましたか。
親としてはとても心配ですよね。
私も上の子供が東京でしたので・・・とても心配しました。

首都高速は車間距離が無いですからね。
平均80km/hぐらいのスピードであの車間距離は・・・
秋田では考えられません。
ウインカーも遅いし・・・。でも意外と慣れます。

はい、予定通り、和賀山塊に行きました。
林道歩きは大変ですが・・・和賀山塊は魅力ある山ですから。
また、ニッコウキスゲを眺めに行こうと思っています。

今週・・・今日は雨ですね。
明日は晴れてくれるでしょうか・・・
私も行きたいですが・・・今日整形に行ったら
運動のし過ぎでアキレス腱が炎症を起こしていると言われました。
・・・・

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ