ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860443 全員に公開 ハイキング丹沢

鍋割山稜〜<オープン戦>新緑の尾根ゆったりと、実はばてばて

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー odax
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
表丹沢県民の森駐車場までスクータ
県民の森駐車場は10台分位だが、GWのせいか道路にその数倍はみ出し駐車中でした
(スクータなので駐車場脇に停めました)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
44分
合計
6時間33分
Sスタート地点08:2308:41二俣08:4209:02マルガヤ尾根取りつき09:0709:43928mピーク09:4810:23無木立広場10:2910:47マルガヤ尾根分岐点10:5911:17鍋割山荘11:20鍋割山11:2211:42小丸11:50小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)11:5112:12金冷シ12:29塔ノ岳12:4012:55金冷シ13:17小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)14:34二俣14:3514:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●マルガヤ尾根:バリルートです
 踏み跡はかなり明瞭ですが、道標などなく、一部がれ縁通過もありますので、登山者でなくハイカーを自認する方は自粛しましょう。
●鍋割山稜〜塔ノ岳:一般登山道です
 整備万全ですが、一部で登山者集中による自然渋滞、交互通行がありますので、お急ぎの方もご協力願います。上部ではまだ、お花見できます。
●小丸尾根:一般登山道です
 整備万全で問題ありません。

いずれのコースでも幸いヒルは見かけませんでしたが、下半部では"出そう"な雰囲気の箇所もありますので、要注意
その他周辺情報近場なので温泉、飲食は寄らず

写真

四十八瀬川二股は、十数年ぶりです。
まずまずの天気で新緑が眩しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四十八瀬川二股は、十数年ぶりです。
まずまずの天気で新緑が眩しい。
2
行く手にマルガヤ尾根が見えてきました
真ん中のピークがP928かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手にマルガヤ尾根が見えてきました
真ん中のピークがP928かな
2
ここから後沢乗越への道を離れ、
杉林を左斜上します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから後沢乗越への道を離れ、
杉林を左斜上します
2
最初の急登を登り切ると杉林を抜け出ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の急登を登り切ると杉林を抜け出ます
わーお、新緑が眩しい道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わーお、新緑が眩しい道です
10
P928。目についたブナの木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P928。目についたブナの木。
2
ヒメシャラ林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメシャラ林
2
こんな馬の背状もあります
右崩壊してますので一応注意です
(通過して振り返ったところ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな馬の背状もあります
右崩壊してますので一応注意です
(通過して振り返ったところ)
4
花はスミレぐらい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花はスミレぐらい
2
花なくも 萌え出す若葉に 脚をとめ
和むとみせて 休む口実(汗) 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花なくも 萌え出す若葉に 脚をとめ
和むとみせて 休む口実(汗) 
4
時々エイザンスミレ
(スミレはこれしかわからない)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々エイザンスミレ
(スミレはこれしかわからない)
8
開けた場所に着きました
無木立広場と言われるところかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた場所に着きました
無木立広場と言われるところかな
1
鍋割方面が開けるがガスがかかる
でも気持ちいい場所です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割方面が開けるがガスがかかる
でも気持ちいい場所です
ヤマザクラが咲き残ってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマザクラが咲き残ってます
2
鍋割山稜分岐点付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山稜分岐点付近
マムシ兄弟が揺れていました
注:枯れますので目印にはなりません(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシ兄弟が揺れていました
注:枯れますので目印にはなりません(笑)
4
まず鍋割に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まず鍋割に向かいます
1
樹間から蛭アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から蛭アップ
2
鍋割手前の蛭・不動が見渡せる箇所
蛭にめり込んでるが、弁当沢の頭がボリューミー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割手前の蛭・不動が見渡せる箇所
蛭にめり込んでるが、弁当沢の頭がボリューミー
5
鍋割山頂着。
名物鍋焼きうどんを愉しむ方多数
ダイエット中なので我慢?
塔に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山頂着。
名物鍋焼きうどんを愉しむ方多数
ダイエット中なので我慢?
塔に向かいます。
1
稜線の花はスミレぐらい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の花はスミレぐらい
こんな群生もありますが、
ほかの花も見たい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな群生もありますが、
ほかの花も見たい
7
お、ツルシロカネソウが現れ始めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、ツルシロカネソウが現れ始めます
9
名残の桜と蛭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残の桜と蛭
桜アップもピンボケ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜アップもピンボケ
1
バイケイソウの緑が鮮やか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイケイソウの緑が鮮やか
3
花見を愉しみつつ塔へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花見を愉しみつつ塔へ
フデリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フデリンドウ
9
塔着〜。富士は見えるが絵にならず。
☆愉しみにしていた名物ノラ猫君いません☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔着〜。富士は見えるが絵にならず。
☆愉しみにしていた名物ノラ猫君いません☆
3
蛭・不動もメリハリ不足
☆もう保護されちゃったのかな?☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭・不動もメリハリ不足
☆もう保護されちゃったのかな?☆
3
主稜の向こうに南大菩薩はなんとか
☆4連勝※狙ってたのに・・・・☆
※3回連続で遭えてた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜の向こうに南大菩薩はなんとか
☆4連勝※狙ってたのに・・・・☆
※3回連続で遭えてた
2
乾杯の 物悲しさの 猫ロスよ
☆ドライ※だったのがいけない?☆
※独語だと3(←綴りは違います)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾杯の 物悲しさの 猫ロスよ
☆ドライ※だったのがいけない?☆
※独語だと3(←綴りは違います)
3
ハナネコノメも蕊既になく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナネコノメも蕊既になく
6
ツルシロカネソウ アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルシロカネソウ アップ
4
キクザキイチゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲ
6
ワチガイソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワチガイソウ
7
エイザンスミレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エイザンスミレ
3
これは?ワチガイソウっぽいが。でも、花びらが4枚で卵型だし…
→ミツバコンロンソウのようです(kaiganeさん、tanzawaboyさんのレコを見て)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは?ワチガイソウっぽいが。でも、花びらが4枚で卵型だし…
→ミツバコンロンソウのようです(kaiganeさん、tanzawaboyさんのレコを見て)
6
桜がところどころ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜がところどころ
素早い鳥さんには全て逃げられ、見せたがりのコガラ君位
(トリミングしてます)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素早い鳥さんには全て逃げられ、見せたがりのコガラ君位
(トリミングしてます)
6
なんか咥えましたネ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか咥えましたネ
6
小丸尾根に入ると、富士
かろうじて見えてるが・・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸尾根に入ると、富士
かろうじて見えてるが・・・・
2
なら中景で
堀山に桜をお供え
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なら中景で
堀山に桜をお供え
3
エイザンスミレなのかな??(汗)
随分紅いお顔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エイザンスミレなのかな??(汗)
随分紅いお顔
3
ヤマルリソウ、ブルーとピンク
ちょっとブルーがへちゃむくれ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマルリソウ、ブルーとピンク
ちょっとブルーがへちゃむくれ
7
コケリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケリンドウ
6
光はないけど新緑の中の下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光はないけど新緑の中の下り
2
今日のコゲラちゃんは超ボケボケ(哀)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のコゲラちゃんは超ボケボケ(哀)
4
ギンリョウソウがもう出てます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウがもう出てます
7
これはクワガタソウかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはクワガタソウかな
6
林道に降りるとカキドオシ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に降りるとカキドオシ
5

感想/記録
by odax

 GW後半戦突入。身体は緩みきり、五十肩はまだ痛いので、本格山行(公式戦)はきついが、オープン戦としてアプローチのいい表丹沢へ。山レコの朱線が入っていない鍋割山稜を歩いてみよう。初めて使うお手軽表丹沢県民の森からのアプローチなので、登りはスパイスとしてマルガヤ尾根から。帰りは、かつてのお気に入りコース小丸尾根で。
 マルガヤ尾根(初)は、928ピーク手前までの杉林を過ぎると素晴らしい自然林の尾根でした。誰一人合わず新緑の尾根登りを満喫しました。ただ、足つぼない急登に緩んだ体は着いていかず、鍋割山稜に出た時は超バテバテでしたが・・・・。
 鍋割山稜は、一転賑か。天気は今一でしたが、穏やかな尾根をのんびり歩いていると、亀足ながらも若干回復。当初大混雑だろう塔まで行かず、金冷やしまで朱線をつなぐつもりだったが、とりあえず塔のノラ猫ちゃん(ここんとこ3回連続遭えてました)まだいるかなと塔ノ岳まで足を伸ばしましたが・・・・、4連勝ならず、あえなく惨敗。マエケンの気分?(←そんないいもんじゃない)。ただ、大倉尾根上部は意外に花が多かったので、足を延ばしてよかったかな。
 下りの小丸尾根は花を探しながら※。かつては、大倉から大回りになりますが、けっこう静かでお気に入りだったこの尾根、今回は下る人家族連れ等いっぱいいらっしゃいました。小生もそうですが、表丹沢県民の森Pから車利用周回で利用する人が多いのかな。時の流れを感じます。
 それにしても、12劼妊丱謄丱董8式戦登板は遠そうです。

※マルガヤ尾根下部で、ツクバキンモンソウを結構見かけたのですが、いい花姿のを探し登るうちなくなってしまいました。小丸尾根下る時、下半部では丹念に探したのですが、小丸尾根では全く見掛けませんでした。渓ひとつ隔てただけですが、違うもんですね。

訪問者数:358人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/5/4 11:04
 準本格山行🌺
できてgoodでしたね(^^♪ 
ワチガイソウ初見でしたのでググリました。ナデシコ科ですって。
ついで、山渓の野草図鑑をみたら「生育地関東地方以西」と
ありますので、東北では未見なはずでした('ω')ノ
ギンリョウソウはずいぶんりっぱな姿ですね。
odaxさんのレコには欠かせないバードさんも ナイスグット

塔の岳の人気catちゃん、いなくなっていたんですか🐈
厳しい冬を生き抜いて、今になって保護されたんでしょうか。
いずれにしても無事元気でいますように、遠い空から
祈っています<(_ _)>
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1236
2016/5/4 11:43
 Re: 準本格山行🌺
 chahier41さん、コメありがとうございます。
 ええ、ぼちぼちのんびり行きrunます。
 ワチガイソウ、蕊が綺麗ですよね〜 。ですが、生育地は関東以西でしたか (←無頓着)。ただ、野草図鑑bookでそうなっていても、あきらめる必要はありません。ツクバキンモンソウも宮城にあったみたいですし (未公認?)。
 ちなみに塔名物のノラ猫catちゃん、本当に保護されたかは未確認です。ですが、保護されたのだとしたら、塔ノ岳レコで妄想会話できないのが、ちと寂しいですね〜
登録日: 2011/2/13
投稿数: 1320
2016/5/4 12:44
 我々も丹沢に(^^
odaxさん、こんにちは

オープン戦、お疲れ様でした。
私たちは同日、コイワザクラを見に檜洞丸にいました。
他の方のレコだと、鍋割山稜にもコイワザクラがいたのようなのですが、
odaxさんのレコには登場しておらず、あれれ?でした。
別の場所だったのでしょうか。

odaxさんならではのマルガヤ尾根ですね。
丹沢はいろいろルートがあるようですが、一人でバリを行ける方は喧騒をさけられるのでうらやましいです〜
私は自粛の組なので…

私の見解ですが…塔のネコ、まだいると思いますよ。
猫ロスで落ち込みませんよう
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1236
2016/5/4 18:35
 愛しのコイワザクラちゃん!
 masaさん、コメありがとうございます。
 今日は休養日でしたが、あまりの快晴に、トンボ探しに出掛けてて、レス遅れました。
 マルガヤ尾根は、バリと言っても、急登なだけで、藪や悪場があるわけではありません。一応晴れ気味 での登りだったので、休憩地点でしか地図は見ませんでした(同条件ならmasaさん達でも大丈夫でしょう)。ですが、下り・悪天となると迂闊には歩きにくいでしょうネ。
 なんと !鍋割山稜にコイワザクラが‼バテてて見逃したのか ??
 ええ、実は小生も小岩桜ちゃんの追っかけ っぽいところがありますので、本当は檜洞丸を考えていたのです。が、疲れで朝早出ちできず、近場の表丹沢にしたのですが(←まあ、体力的には正解だったかも )。
 猫ロス?今は小岩桜ロス状態です 。 
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4921
2016/5/4 20:29
 odaxさん、こんにちは。
久しぶりの登山レコで、何よりです。
丹沢も、けっこう土が流れてるんですね。
自然林のありがたさを、改めて感じます。
自然林の新緑がきれいですね。
大倉尾根のほうが、花が多いのは
意外な印象です。

タイトルから、鍋焼きうどんは
絶対出てくるなと思ってましたが
さすが、登場しないところは
odaxさんならではの、ひねり具合で。

バテバテとのことですが
距離12km、標高差も1200m
復調近しだと思います〜
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1236
2016/5/4 21:45
 komakiさん、コメありがとうございます
 登路のマルガヤ尾根、下りの小丸尾根とも下半部は杉林ですが、上部では萌え出した新緑が体に染み渡ってくるようでした。花 は、おっしゃる通り、”意外にも”大倉尾根に入ってからの方が華やかでした。
 鍋割山の鍋焼きうどん、頭を過らないでもなかったのですが・・・・
理由ゝ淌个妊丱討燭里如尾根に辿り着いて早飯をパクついてしまった
理由¬槝生より登りに時間がかかったので、帰りの道路混雑が心配
理由B膺裕い陵佑・・・・待つのが嫌い (笑)
 ⒓km、比高1200mと言ったら、大倉尾根往復位なんですよ、日帰り荷物で 。テント背負って日本アルプスなど、夢のまた夢 。 

 
登録日: 2011/8/13
投稿数: 249
2016/5/5 16:24
 バリ&困る尾根で復活!!
こんにちは!!
4日イヤイヤ休出していましたので
油断していました

マルガヤ尾根のブナいいですよね〜
コケも見られて羨ましい
人に合わせて バテバテなんて書いているけど
コースタイムからマイスターの余裕を感じますね〜

お疲れ様!!
タカネマンテマへの一歩踏み出しましね

<お急ぎの方もご協力願います>の一文にちょっと怒りを感じた
on-boroP
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1236
2016/5/6 5:35
 困る尾根
Boropさん、コメありがとうございます。
<お急ぎの方もご協力願います>の一文にちょっと怒りを感じた?
いえ、怒り なんて感じてません、羨望 かな?遥か以前はむしろ協力願われる方だったはずなのにね
"復活"は、取り敢えずぼちぼち。でも、余裕なくホントバテバテで、花撮る 振りして追い越させますし。
小丸尾根の下り所要時間も、"登りタイムかよ "という位だし…
遅すぎて、丹沢名物山ガールさんにも、迷惑かけた んじゃないかと…。
困るお姐………、
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7683
2016/5/8 8:17
 odaxさん、
遅コメですm(__)m

大倉から西山林道をせっせと1時間歩いて二股へ・・・。
そんな手間暇かけるより、確かに表丹沢県民の森駐車場まで でスイ〜っと行った方が楽ちんですね。
今回のコースだって、大倉を発着すると20kmにはなりますよ。

マルガヤ尾根は杉林がほとんどないのがいいですね。
広葉樹の林は明るいし、周囲を見渡せるし。
小丸尾根はその点、中腹から下は杉林が多いかなと思います。
でも、あのガガっと下る急坂は名物かも。

オープン戦のあとの開幕戦はいずこへ

  隊長
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1236
2016/5/8 23:36
 yamabeeryuさん、コメありがとうございます
 そうですね。以前は四十八瀬川方面から登る際は、大倉もしくは渋沢起点でしたね。今は、安きに流れ・・・・。
 マルガヤ尾根、杉植林帯はP928への急登の途中までで、後は自然林でしたので、なかなか気持ちよく歩けました(←体力以外)ので、リピートあるかも
 開幕戦は本日でしたが、5回持たず・・・・、て感じですかね、

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ