ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860590 全員に公開 ハイキング奥秩父

大菩薩長峰

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー hachi
天候晴れ→高曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
栄和交通バス(甲斐大和駅⇒上日川峠)
file:///C:/Users/hachi/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/B6H6J444/daibosatsu_timetable20160314.pdf

富士急山梨バス(小菅の湯⇒竹の向⇒上和田⇒猿橋駅)
http://www.yamanashibus.com/pdf/rosen/otsuki-kosugenoyu.pdf 


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間52分
休憩
35分
合計
5時間27分
S小屋平バス停(石丸峠入口)08:5809:47石丸峠09:4810:03米代(長峰分岐)10:0711:45エイベイ小屋跡12:1512:46白草ノ頭(長峰山)13:07カネツケノ頭13:43七本木山(山神祠)14:25深城14:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
小屋平(標高1450m)8:58am―石丸峠(標高1910m)9:47am―米代(長峰分岐)10:03―エイベイ小屋跡11:45/12:10―白草ノ頭(標高1326m)12:46分休憩)―カネツケノ頭(標高1268m)13:07pm)―七本木山ノ神13:43―拓道橋(深城/標高660m)14:25
コース状況/
危険箇所等
危険箇所:
標高939mのトチ平へ向かう尾根を進む限り危険個所はありません。
しかし尾根を外れて北側の土室川や松姫湖、南側の葛野川に下ってしまうと帰れないことになります。

不明瞭箇所:
全行程全体的に不明瞭です。さらに多数の作業道がありますので常に国土地理院の1/25000地図とコンパスおよび周囲の山や尾根を見ながら慎重に進む方向を見極める必要があります。

今回は七本木山ノ神の先からは尾根を外れて作業道を通りましたがほとんど利用されていないようで薄い踏み跡は消えつつあり、また全体的に展望がなくどこを歩いているのかわからなくなります。

このコースは山と高原地図に赤破線で書かれておりますが、実際には黒破線レベルと思います。

道の様子:
・小屋平〜米代:一般登山道です。
・米代〜白草ノ頭〜カネツケノ頭: 赤破線ですがそれより状態は悪いです。道形不明瞭、激藪、急斜面などあります。
・カネツケノ頭〜七本木山ノ神:赤破線ですがそれより状態は悪いです。道形不明瞭です。登山道としての道は尾根上についていますがピークを巻いている作業道もあります。今回は一部作業道を通りました。
・七本木山ノ神〜拓動橋(今回はトチ平は経由しません):地図に記載無い道です。5分程尾根を下りその後は水平に感じるような薄い踏み跡を進みますが落ち葉と泥のズルズル道です。道形不明瞭、急斜面、路肩崩れなどがあります。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 軍手 軍足 防寒着 雨具 保温シート ゲイター 毛帽子 コンパス ヘッドランプ 小型ライト 予備電池 GPS 筆記用具 地図(地形図) ガイド地図 ファーストエイドキット 保険証 ラジオ 携帯 時計 サングラス ストック カメラ 大型ビニール袋 ロープ 非常食 熊鈴 呼子
備考 水:
2リットル持参し1.4リットル消費。

写真

8:58に小屋平バス停から出発。
2016年05月02日 08:56撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:58に小屋平バス停から出発。
2
石丸峠への道。
2016年05月02日 09:39撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠への道。
もう少しで石丸峠。
連続写真1/3。
2016年05月02日 09:41撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで石丸峠。
連続写真1/3。
1
前方は小金沢山。
連続写真2/3。
2016年05月02日 09:42撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方は小金沢山。
連続写真2/3。
1
大菩薩湖。
連続写真3/3。
2016年05月02日 09:42撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩湖。
連続写真3/3。
1
前方が石丸峠。
2016年05月02日 09:46撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方が石丸峠。
2
石丸峠に到着。
2016年05月02日 09:47撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠に到着。
1
石丸峠から熊沢山を見る。
2016年05月02日 09:51撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠から熊沢山を見る。
3
右が小金沢連嶺への道。
左が牛の寝通り、長峰への道。
2016年05月02日 09:54撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が小金沢連嶺への道。
左が牛の寝通り、長峰への道。
大峠の窪みを右に見て進む。
2016年05月02日 10:01撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠の窪みを右に見て進む。
米代(長峰分岐)。
2016年05月02日 10:03撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米代(長峰分岐)。
5
急坂の下りがしばらく続く。
枯れ笹で目を刺さないように注意が必要。
2016年05月02日 10:48撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂の下りがしばらく続く。
枯れ笹で目を刺さないように注意が必要。
2
南側に幅の広い古い作業道の跡が合流した。
2016年05月02日 10:53撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側に幅の広い古い作業道の跡が合流した。
時代物の水筒の中に水が入ってます。
2016年05月02日 10:56撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時代物の水筒の中に水が入ってます。
4
今度もまた南側から幅の広い古い作業道が合流した。
2016年05月02日 10:59撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度もまた南側から幅の広い古い作業道が合流した。
1
自然林が芽吹き始めていた。
2016年05月02日 11:12撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然林が芽吹き始めていた。
1
この付近は明瞭な踏み跡。
2016年05月02日 11:13撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この付近は明瞭な踏み跡。
1
踏み跡が消えた倒木の中を進む。
2016年05月02日 11:23撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡が消えた倒木の中を進む。
1
ピークを進む踏み跡もありますが、今回は南側を巻く踏み跡を進みました。
2016年05月02日 11:41撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークを進む踏み跡もありますが、今回は南側を巻く踏み跡を進みました。
赤いキノコ。
2016年05月02日 11:44撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤いキノコ。
1
残置ロープはいたる所にある。
2016年05月02日 11:46撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残置ロープはいたる所にある。
1
今度は黄色いキノコ。
2016年05月02日 11:48撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は黄色いキノコ。
1
エイベイ小屋のあった付近。
2016年05月02日 12:08撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エイベイ小屋のあった付近。
3
白草ノ頭への道。
ここも南側に巻道がある。
2016年05月02日 12:34撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白草ノ頭への道。
ここも南側に巻道がある。
白草ノ頭到着するも灌木に囲まれて展望は無し。
2016年05月02日 12:46撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白草ノ頭到着するも灌木に囲まれて展望は無し。
3
カネツケノ頭へ向かう踏み跡は消滅。
2016年05月02日 13:00撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カネツケノ頭へ向かう踏み跡は消滅。
カネツケノ頭到着。
2016年05月02日 13:07撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カネツケノ頭到着。
4
カネツケノ頭山頂の様子。
2016年05月02日 13:07撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カネツケノ頭山頂の様子。
1
カネツケノ頭付近はほぼ平坦。
2016年05月02日 13:17撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カネツケノ頭付近はほぼ平坦。
1
カネツケノ頭の少し先から1143mピークを避けて今度は北側を巻いた。
方向違いの作業道もあるので要注意。
2016年05月02日 13:23撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カネツケノ頭の少し先から1143mピークを避けて今度は北側を巻いた。
方向違いの作業道もあるので要注意。
ここは作業道で踏み跡は分かる。
2016年05月02日 13:30撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは作業道で踏み跡は分かる。
1
七本木山ノ神到着。
2016年05月02日 13:43撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七本木山ノ神到着。
5
トチ平へ向かう尾根筋の様子だが今回はトチ平へ行かないで作業道へ進んでみた。
2016年05月02日 13:43撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トチ平へ向かう尾根筋の様子だが今回はトチ平へ行かないで作業道へ進んでみた。
1
非常に分かりにくいが作業道がある。
2016年05月02日 13:43撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
非常に分かりにくいが作業道がある。
1
作業道を下るとまた別の作業道が分かれていた。
2016年05月02日 13:48撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道を下るとまた別の作業道が分かれていた。
前の写真の直ぐ先でなんと「至る深代」の標識があった。
2016年05月02日 13:48撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真の直ぐ先でなんと「至る深代」の標識があった。
3
樹林の間から見える松姫湖と葛野川ダム。
2016年05月02日 13:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の間から見える松姫湖と葛野川ダム。
薄い踏み跡。
2016年05月02日 13:57撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄い踏み跡。
1
ほぼ踏み跡消滅のところもある。
この付近ズルズルの歩きにくいところ。
2016年05月02日 14:04撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ踏み跡消滅のところもある。
この付近ズルズルの歩きにくいところ。
この赤い「↑」印がトチ平へ続く尾根の取り付きにで、ここで作業道は終わる。
ここからトチ平へ登る道は極めて薄い踏み跡だが少し登るとテープ類が多数出てくる。
2016年05月02日 14:09撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この赤い「↑」印がトチ平へ続く尾根の取り付きにで、ここで作業道は終わる。
ここからトチ平へ登る道は極めて薄い踏み跡だが少し登るとテープ類が多数出てくる。
1
前方の通信施設(写真では木に隠れて見えない)ところに下りてきた。
写真を撮っているところは拓道橋の上。
2016年05月02日 14:23撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方の通信施設(写真では木に隠れて見えない)ところに下りてきた。
写真を撮っているところは拓道橋の上。
2
拓道橋。
2016年05月02日 14:42撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拓道橋。
拓道橋を渡り国道139でバスを待つが、頭上の電柱のトランスの下にハチの巣。
2016年05月02日 14:47撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拓道橋を渡り国道139でバスを待つが、頭上の電柱のトランスの下にハチの巣。
1
JR大月駅行きバスが来た。
拓道橋のところにバス停はないが自由乗降区間なので手を上げてバスに乗る合図を送った。乗客は三人だった。
2016年05月02日 14:54撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR大月駅行きバスが来た。
拓道橋のところにバス停はないが自由乗降区間なので手を上げてバスに乗る合図を送った。乗客は三人だった。
4
バスは珍しい刎橋(はねばし)構造の「猿橋」を経由する大廻でJR猿橋駅へ行くため下和田バス停で下車してJR猿橋駅まで700m程歩くが、歩いてもバスと同じ時間に駅へ着く。
写真は駅へ行く途中のお地蔵さん。
2016年05月02日 15:30撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスは珍しい刎橋(はねばし)構造の「猿橋」を経由する大廻でJR猿橋駅へ行くため下和田バス停で下車してJR猿橋駅まで700m程歩くが、歩いてもバスと同じ時間に駅へ着く。
写真は駅へ行く途中のお地蔵さん。
2
JR猿橋駅到着。バスの方が1分ほど早かった。
本日も無事に登山終了。
2016年05月02日 15:36撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR猿橋駅到着。バスの方が1分ほど早かった。
本日も無事に登山終了。
6

感想/記録
by hachi

今回で3回目となる長峰を歩いてきました。
今までは二回とも道迷いをしましたが今回はそのようなことはありませんでした。笹の激藪は殆んど鹿に食べられたようで昔のように先が見えないようなところはありませんでした。


長峰は歩く人が少なく道形が不明瞭なとこも多数ありますが、整備されていない道の良さを感じることができるコースです。その反面コースを外れないように十分な注意が必要で、特に稜線から安易に下ると沢や湖に阻まれて身動きが取れなくなります。更に林道のあるところへ下りようとしてもノリ面はコンクリートで固められた急斜面がいたるところにあり道路へは降りられないところが多いです。

2014年の秋に松姫トンネルが開通し竹の向から小菅温泉までバスが延長運転されるようになりました。これにより長峰を下りたところの拓動橋でバスに乗れる(バス停はありませんが自由乗降区間)ので便利になりました。
訪問者数:288人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/28
投稿数: 2234
2016/5/4 20:16
 さすがです
hachiさん、こんばんは。

長峰、もう3回目ですか。ベテランです。
いくら踏み跡薄いと言っても、やはり3回目だと楽勝の印象。
ペースもかなり早いですね。
登録日: 2009/8/21
投稿数: 708
2016/5/4 21:22
 Re: さすがです
yamaheroさん こんばんは

そうなんです3回目でやっと道迷いなしで、結構気楽に歩けました。

でも昨年歩いた時より途中の七本木山ノ神で40分遅れになり一日3本しかない最終バスに乗れるか微妙時間になりました。そこで作業道の近道でショートカットしたわけです
でもこの作業道もどうなるかわかりませんでしたが、そのバスに乗り遅れても下山地点から国道を4km歩けば竹の向バス停から遅いバスに乗れるのでこれまた気楽な山旅でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ