ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860689 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

毛勝山

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー nffnh715, その他メンバー2人
天候曇り一時雨 風強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
今年はすでに僧ヶ岳登山口まで車で入れます。10台分ほどの駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間5分
休憩
1時間5分
合計
9時間10分
S東又第五発電所登山口05:3005:35毛勝登山口06:30板菱06:3507:20二又・大明神沢出合08:10三又08:2010:35ボーサマのコル10:4511:00毛勝山11:1011:20ボーサマのコル11:4013:00三又13:1014:40東又第五発電所登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ボーサマのコルへの登りは強風のため一時的に立ち止まることも。コルから山頂までの稜線は風が強くガスがかかり視界が悪い。風と真っ白な景色から感覚が狂い何だか真っ直ぐに歩けずフラフラになりながら歩く。
コース状況/
危険箇所等
板菱から大明神沢出会いまではスノーブリッジを数箇所通過。薄くなってきている箇所もあるので注意
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 靴下 グローブ 防寒着 雨具 アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 時計 サングラス カメラ ヘルメット
備考 ダウンジャケットは冬用の厚手のものにすればよかった。ネックウオーマーがあればよかった。

写真

この橋を渡ると実質的に登山開始
2016年05月01日 06:11撮影 by Canon IXY DIGITAL 55, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋を渡ると実質的に登山開始
今年は林道が続く
2016年05月01日 14:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 55, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は林道が続く
板菱までは雪は少ない
2016年05月01日 06:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 55, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板菱までは雪は少ない
板菱を過ぎてようやく雪渓歩きだが踏み抜き注意。
2016年05月01日 07:13撮影 by Canon IXY DIGITAL 55, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板菱を過ぎてようやく雪渓歩きだが踏み抜き注意。
毛勝谷に入りようやく安心した雪渓歩きに
2016年05月01日 13:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 55, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝谷に入りようやく安心した雪渓歩きに
三又から上部。この辺りから傾斜が強くなり始める。
2016年05月01日 08:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 55, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三又から上部。この辺りから傾斜が強くなり始める。
稜線が見えるのだが近づかない。35度位の傾斜が続く。今年は上部まで一定。
2016年05月01日 09:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 55, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が見えるのだが近づかない。35度位の傾斜が続く。今年は上部まで一定。
稜線に出た。何も見えない。強い風。
2016年05月01日 10:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 55, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出た。何も見えない。強い風。
ふらふらになりながら頂上。新雪15cm程度。
2016年05月01日 11:09撮影 by Canon IXY DIGITAL 55, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふらふらになりながら頂上。新雪15cm程度。
3
大明神沢からの下り。薄くなったスノーブリッジの通過がいやらしい。
2016年05月01日 13:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 55, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大明神沢からの下り。薄くなったスノーブリッジの通過がいやらしい。
撮影機材:

感想/記録

今年は異例の少雪なので例年より登りやすい。車は登山口まで入れるので林道歩きをショートカットできて往復2時間の節約。大明神沢出会までは、雪が少ないため林道歩きとなったり薄いスノーブリッジを渡ったりとデメリットも。ボーサマのコル手前の急登は雪の付が悪く傾斜は35度位と例年の50度近くに比べれば恐怖感は無い。

雪渓の状態は上部ではしっかりとしている。硬さは硬すぎることは無い。2日前と昨晩に雪が降ったらしく、新雪が足場を作ってくれるし、万一滑落しても安全に止まれそうな状態。

天気は予報では晴れてくるはずだったが、ずっと曇り。時折雨が混じる。風は強く、谷では吹き上げ、稜線に出ると体が浮くこともあるくらい。ガスがかかり視界は10m程度。アラレも混じり風のせいで体感温度も低い。冬と同じ装備にすべきだった。
北アルプス各地では遭難が発生。もう少しコンディションが悪かったら遭難していたかも。

訪問者数:251人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ