ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860804 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

御池岳〜鞍掛橋から黄昏暴風ハイク〜

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー tonzablow
天候曇りのち小雨(強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R306滋賀県側の大君ヶ畑ゲート前に駐車。三重県〜滋賀県の通行は出来ませんので注意。大君ヶ畑のゲートは半分開いており、鞍掛橋の奥の完全封鎖されているゲートまでは車両進入できるようです。(これを知っていれば舗装路歩き往復1時間を短縮できました)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間51分
休憩
28分
合計
4時間19分
Sスタート地点14:2914:56鞍掛橋16:18鈴北岳16:45御池岳17:1217:30鈴北岳18:21鞍掛橋18:2218:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【鞍掛橋〜鞍掛尾根取付き】
鞍掛橋の奥に見える脚立を登り、土嚢の奥にある林道を進みます。古い石橋を渡ってすぐの右手にトラロープとピンクリボンが見えるので入口は急登ですがそこから取り付きます。基本的に踏み跡は明瞭で木の幹に赤テープでルートを示してくれてあるので、ロストすることはなさそうですが、一部テープがまばらな部分もあるので慎重に進路を見極めて下さい。鞍掛尾根に乗るまでに2回鉄塔の下をくぐります。
【鞍掛尾根〜鈴北岳】
よく踏まれた尾根上の快適なルートです。道に迷うことはありませんが、下りの際に鞍掛橋方面への下り口が判りづらいので、行きによく確認しておいて下さい。風がよく通る地形のようで本日のような暴風時はあおられないように注意。
【鈴北岳〜御池岳】
一旦日本庭園のほうへ下ったのち、御池岳へ登り返す。
踏み跡も濃く、視界があれば危険はありませんが、ガスが濃くなると方向感覚を失いやすいので注意。
その他周辺情報【温泉・スーパー銭湯】
極楽湯 彦根店
http://www.gokurakuyu.ne.jp/gokurakuyu/tempo/hikone/
永源寺温泉「八風の湯」
http://www.happuno-yu.com/eigenji/
【コンビニ】
セブンイレブン 多賀大社前店:R306多賀北交差点の南東。
サークルK 多賀大社駅前店:近江鉄道多賀線多賀大社前駅そば。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 ツェルト ストック カメラ

写真

大君ヶ畑集落の奥でゲートが半分閉じているので、ここに車を置いて出発しました。登山口である鞍掛橋までの距離を確かめないまま。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大君ヶ畑集落の奥でゲートが半分閉じているので、ここに車を置いて出発しました。登山口である鞍掛橋までの距離を確かめないまま。。。
1
右上に見えるのは鈴ヶ岳付近の鉄塔でしょうかね。
あまりの高低差に怖気づきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右上に見えるのは鈴ヶ岳付近の鉄塔でしょうかね。
あまりの高低差に怖気づきます。
1
30分近くも舗装路を歩いて鞍掛橋に到着。
R306が東向きから西向きに大きく折り返すところにある橋です。実はここまで車で進入できたようです。今日は時間との勝負なのに無駄に30分も歩いてしまった。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分近くも舗装路を歩いて鞍掛橋に到着。
R306が東向きから西向きに大きく折り返すところにある橋です。実はここまで車で進入できたようです。今日は時間との勝負なのに無駄に30分も歩いてしまった。。。
1
土嚢の下に立てかけてある脚立を登って左奥へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土嚢の下に立てかけてある脚立を登って左奥へ進みます。
崩落箇所を越えると林道が出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落箇所を越えると林道が出てきます。
奥に進むと御池岳登山口の表示が。
沢沿いを行こうか、尾根に乗っかろうか迷う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に進むと御池岳登山口の表示が。
沢沿いを行こうか、尾根に乗っかろうか迷う。
沢沿いはかなり道が荒れてそうだったので橋を渡って尾根ルートへ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いはかなり道が荒れてそうだったので橋を渡って尾根ルートへ進む。
ん!!このトラロープとピンクのリボンはもしや!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん!!このトラロープとピンクのリボンはもしや!
いきなり壁登りに近い角度ですが、どうやらここが取り付きのようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり壁登りに近い角度ですが、どうやらここが取り付きのようです。
1
ちなみに急なのは最初だけで、それ以降はよくある九十九折れの尾根登りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに急なのは最初だけで、それ以降はよくある九十九折れの尾根登りです。
踏み跡はしっかりあるので注意していれば迷わずに済みそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡はしっかりあるので注意していれば迷わずに済みそうです。
登山口から10分ほど登ると鉄塔の下にでます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から10分ほど登ると鉄塔の下にでます。
お約束のシンメトリー♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束のシンメトリー♪
R306の通行止め区間を見渡す。崩落箇所はどこだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R306の通行止め区間を見渡す。崩落箇所はどこだろうか?
1
ブルーシートの掛かっている部分が見えましたが見たところ2車線通行できそうですが。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブルーシートの掛かっている部分が見えましたが見たところ2車線通行できそうですが。。。
登山道脇にグルグルの木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇にグルグルの木。
2回目の鉄塔。これが鞍掛尾根上に立っている鉄塔だと勘違いしていたので精神的ダメージ大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2回目の鉄塔。これが鞍掛尾根上に立っている鉄塔だと勘違いしていたので精神的ダメージ大。
またまたシンメトリー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまたシンメトリー。
明るい樹林帯を頑張って登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい樹林帯を頑張って登る。
登るにつれてガスが濃くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るにつれてガスが濃くなってきた。
ひとまず鞍掛尾根の縦走路と合流したようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひとまず鞍掛尾根の縦走路と合流したようだ。
分岐点のこの目印を覚えておこう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点のこの目印を覚えておこう。
ここから先は何度も歩いた道。
踏み跡も明瞭で危険は少ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は何度も歩いた道。
踏み跡も明瞭で危険は少ない。
それにしても強風とガスがすごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても強風とガスがすごい。
時折視界が開けることもあるのですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折視界が開けることもあるのですが。
鈴北岳山頂まであと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳山頂まであと少し。
こんなに登ってきたのかー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに登ってきたのかー。
1
ほぼテーブルランドに乗っかった状態。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼテーブルランドに乗っかった状態。
鈴北岳に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳に到着。
3
御池岳方面。一旦日本庭園へ下りていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳方面。一旦日本庭園へ下りていく。
石灰岩がゴツゴツした、なんともシュールな光景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石灰岩がゴツゴツした、なんともシュールな光景。
1
それでもアップダウンが小さく、快適に歩いて行けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでもアップダウンが小さく、快適に歩いて行けます。
牧歌的な風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧歌的な風景。
真の池かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真の池かな。
2
急にガスが濃くなったりもします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急にガスが濃くなったりもします。
真の谷分岐。ここを右に折れてしばらく登ると目指す御池岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真の谷分岐。ここを右に折れてしばらく登ると目指す御池岳山頂。
しっかりロープを張ってくれてありますのでルートは明瞭ですが、最後の登りが意外に長くてキツイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりロープを張ってくれてありますのでルートは明瞭ですが、最後の登りが意外に長くてキツイ。
1
それでもなんとか山頂到着。
こんな天気のこの時間では誰もいなくて当然です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでもなんとか山頂到着。
こんな天気のこの時間では誰もいなくて当然です。
4
30分ほどのんびりした後、帰路につく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分ほどのんびりした後、帰路につく。
下りはあっという間で鈴北岳に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはあっという間で鈴北岳に戻ってきました。
1
鞍掛尾根の上は風が通りやすく、突風にあおられそうになりながら何とか下る。瞬間的には風速25m/sくらい出てそうでした。立ってられないくらいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛尾根の上は風が通りやすく、突風にあおられそうになりながら何とか下る。瞬間的には風速25m/sくらい出てそうでした。立ってられないくらいでした。
1
行きに目を付けた目印のところまで下ってきました。
ここから鞍掛橋方面へ下っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きに目を付けた目印のところまで下ってきました。
ここから鞍掛橋方面へ下っていく。
主稜線から外れると風は一気に弱くなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線から外れると風は一気に弱くなります。
鉄塔一個目に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔一個目に到着。
雨がパラパラ降ってきましたが、カッパを着るほどではありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨がパラパラ降ってきましたが、カッパを着るほどではありません。
2個目の鉄塔。なんとなくホッとします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2個目の鉄塔。なんとなくホッとします。
この双子鉄塔が国道から見えていたやつですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この双子鉄塔が国道から見えていたやつですね。
最後のロープ場で懸垂下降(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のロープ場で懸垂下降(笑)
ただいまー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただいまー。
林道を戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を戻る。
鞍掛橋に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛橋に到着。
ここからまた延々30分の舗装路歩き。。。
車停める場所を失敗したなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからまた延々30分の舗装路歩き。。。
車停める場所を失敗したなあ。
それでも何とか帰着。
ヘッデン使わずに済んでめでたし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも何とか帰着。
ヘッデン使わずに済んでめでたし。

感想/記録

夜から荒れ模様の天気予報が出ているのに午後の遅い時間から御池岳に登ってきました。最悪土砂降りの中ヘッデン下山するのを覚悟しつつ、14時半出発。
いつもは三重県側からアクセスし、鞍掛トンネル手前からのアクセスの最短ルートですが、今回は訳あって滋賀県側から。鞍掛橋のところからガッツリ登ってきました。
生真面目に大君ヶ畑集落を越えたところにあるゲート前から鞍掛橋まで歩きましたが、何のことはない鞍掛橋の前にある封鎖ゲートまで車で行けたようです。無駄な舗装路歩きをしてしまいました。。。
帰り道、鞍掛尾根の稜線上に出ると立っていられないほどの暴風に晒されましたが、風の止み間に少しずつ下りながら何とか下山できました。
結果的に、雨が本降りになる前、ヘッデンも使わずに降りられたのでよしとしましょう。明日も荒れ模様の天気らしいのでGW山行はこれで終わりかな。
訪問者数:326人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ