ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860903 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

男鹿岳(釜沢橋↑↓)

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー munaita
天候雨時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間35分
休憩
29分
合計
8時間4分
Sスタート地点04:5007:10大川峠07:3009:15男鹿岳09:2310:52大川峠10:5312:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・釜沢橋〜大川峠:長い林道です。完全に崩壊している場所が数か所あるので注意が必要。また、スタートして間もなく分岐がありますが必ず右に行ってください。
・大川峠〜頂上:登り始めから笹薮スタート。中間の辺りから雪が出てきますが藪の方が大半。雪渓歩きは全体の2割ほどです。アイゼンは軽アイゼンがお勧めです。前半の笹薮では急登もありなかなか滑る。下山時は雪が無くてもアイゼン付けて下ってきたのでスリップする事無く下れた。お勧めかも。
心配していた目印は多々あります。ピンクテープなので目立ち分かり易い。おかげで下山も迷わず済みました。
残雪登山は賞味期限切れ。これからは藪山です。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

今回の旅のメインの男鹿岳。この釜沢橋からスタート。(写真は帰りに撮影した物)
2016年05月01日 12:52撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の旅のメインの男鹿岳。この釜沢橋からスタート。(写真は帰りに撮影した物)
車は釜沢橋手前を右に曲がった所にこのようなスペースがあり停めました
2016年05月01日 13:03撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車は釜沢橋手前を右に曲がった所にこのようなスペースがあり停めました
頂上目指して進みます
2016年05月01日 05:29撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上目指して進みます
崩れた箇所あり
2016年05月01日 05:37撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れた箇所あり
崩れた箇所2。見た目より堀が深いので慎重に進む。右側通行で。この後もう一か所崩れた箇所あり。
2016年05月01日 05:56撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れた箇所2。見た目より堀が深いので慎重に進む。右側通行で。この後もう一か所崩れた箇所あり。
オーガ沢橋
2016年05月01日 06:11撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーガ沢橋
男鹿沢橋
2016年05月01日 06:40撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男鹿沢橋
白糸橋
2016年05月01日 06:42撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白糸橋
大川峠到着。ここまで雨が降ったりやんだり。2時間半も掛けちゃいました。
2016年05月01日 07:10撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大川峠到着。ここまで雨が降ったりやんだり。2時間半も掛けちゃいました。
取付けです。運の無い事に雨が本降りに・・誰も登ってないし
2016年05月01日 07:10撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付けです。運の無い事に雨が本降りに・・誰も登ってないし
頂上が遠い
2016年05月01日 07:31撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上が遠い
登り始めから笹薮でしたが30分経ってもこんな感じです
2016年05月01日 07:54撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めから笹薮でしたが30分経ってもこんな感じです
中間ほど来たでしょうか。残雪が現れる。
2016年05月01日 08:17撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間ほど来たでしょうか。残雪が現れる。
霧が上がってきた。雨ザーザーです
2016年05月01日 08:25撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が上がってきた。雨ザーザーです
雪と藪を繰り返し登ります
2016年05月01日 08:25撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪と藪を繰り返し登ります
頂上が近いのか雪が多くなる。
2016年05月01日 09:04撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上が近いのか雪が多くなる。
到着。残雪はほとんどなかったのでなかなか大変でした。この時気温も3℃。寒かった。
2016年05月01日 09:25撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着。残雪はほとんどなかったのでなかなか大変でした。この時気温も3℃。寒かった。
1
早々に下山。また藪に突入
2016年05月01日 10:11撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早々に下山。また藪に突入
途中で雨が上がり那須連山を望む(恐らく)
2016年05月01日 10:15撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で雨が上がり那須連山を望む(恐らく)
着きました
2016年05月01日 10:52撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました
林道を歩いてる途中に振り返ると奥に男鹿岳が見えました。やっぱり遠いなあ〜
2016年05月01日 11:38撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩いてる途中に振り返ると奥に男鹿岳が見えました。やっぱり遠いなあ〜
再度大崩れを通る。少し緊張します
2016年05月01日 12:01撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度大崩れを通る。少し緊張します
下の方に林道が見えます。ルートを間違えるとあそこを歩きます。
2016年05月01日 12:33撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方に林道が見えます。ルートを間違えるとあそこを歩きます。
釜沢橋前まで戻ってきた。本当はここに停めれると思ってた。お疲れ様でした。
2016年05月01日 12:50撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜沢橋前まで戻ってきた。本当はここに停めれると思ってた。お疲れ様でした。
撮影機材:

感想/記録

残雪時しか登れない山。男鹿山に行ってきました。
釜沢橋前に通行止めがあり、事前に得ていた情報と若干違っていたので違和感を感じましたが、車もすぐに停めれる所を見つけ早々にスタート。

スタートして間もなく分岐があります。必ず右に行ってください。
間違えるととんでもない方向に進みます。
大川峠までは8km程。2時間も掛からないだろうと思ってましたが、道が悪い事&気を紛らわすための休憩で結局2時間半掛かりました(帰りは2時間)。
大川峠からが本格的な登山スタート。いきなり雨が本降りになり精神的に辛さを感じました。「まじか〜っ」てな。気を紛らわすため歌いながら登りました。そして、いきなり笹薮に突入。このまま終始ヤブとの戦い。
残雪は中間辺りからですが藪の方が大半。頂上付近は流石に雪はメインとなりましたが。また、道中は霧も出てホワイトアウトしそうな感じ。でもテープは確認できるほどだったので迷う事は無かったです。
そして登頂!本当にうれしかった。達成感半端ない。
しかし下山が心配で安堵感はなし。早々に下山を開始するが思ったよりテープが目立ち助かった。ピンク色は良いですね。
大川峠に着く直前で初めて人と遭遇。やっと安堵感を得た。もう少し早く会えると良かった。
帰りの林道歩きは疲れも吹っ飛び、登る前より元気になりました。

この山で300名山の残雪時しか登れない山は4座踏破。
残るは景鶴山のみ(福島県)。来年以降に持ち越しです。
訪問者数:386人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ