ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860955 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

黒姫山 大橋登山道入口P〜古池から登り林道を下山【北信五岳】

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー Quechua
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大橋林道のゲート近くに駐車させて貰いました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間49分
休憩
58分
合計
5時間47分
S大橋登山口06:3706:41黒姫山西新道登山口06:4306:43新道分岐06:51種池06:5306:59古池07:54新道分岐09:01しらたま平09:0609:27峰ノ大池分岐09:42黒姫山09:5510:05峰ノ大池分岐10:20しらたま平10:48しなの木10:59幕営地?11:3511:42新道分岐12:00新道登山道入口12:24大橋登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはヤマプラで作成です。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

駐車スペースには皆さんのレコどおり特徴的な建物がありすぐ分かりました。6時くらいの到着で1台先着されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースには皆さんのレコどおり特徴的な建物がありすぐ分かりました。6時くらいの到着で1台先着されていました。
1
せっかくなので池も見学していこうともう一方の登山口まで舗装路歩き。こちらには2台駐車されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので池も見学していこうともう一方の登山口まで舗装路歩き。こちらには2台駐車されていました。
1
こちらの登山口には案内図と登山ポストがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの登山口には案内図と登山ポストがありました。
1
今回のコースはほとんどがこのような笹で囲まれていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のコースはほとんどがこのような笹で囲まれていました。
1
すぐに1つ目の池(種池)に到着。説明板を読んでから向かいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに1つ目の池(種池)に到着。説明板を読んでから向かいました。
1
カメラ撮影の方がいたのでそうそうに戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラ撮影の方がいたのでそうそうに戻りました。
1
2つ目の池(古池)に到着。池というにはとても大きく立派でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の池(古池)に到着。池というにはとても大きく立派でした。
1
古池には木道もあり黒姫山も見えて良い雰囲気(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古池には木道もあり黒姫山も見えて良い雰囲気(^^)
2
古池には水芭蕉が群生していて綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古池には水芭蕉が群生していて綺麗でした。
2
リュウキンカなど眺めながら進むと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リュウキンカなど眺めながら進むと
9
指導標があり進むと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指導標があり進むと
1
良い雰囲気(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い雰囲気(^^)
10
バイケイソウも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイケイソウも。
6
分岐ポイントである新道分岐に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐ポイントである新道分岐に到着。
1
木道?があったり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道?があったり
2
雪も出てきたりすると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪も出てきたりすると
1
しらたま平に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらたま平に到着。
1
やっと展望が開けて高妻山方面など眺められました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと展望が開けて高妻山方面など眺められました。
15
稜線上はかなりの強風で先ほどの古池や
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上はかなりの強風で先ほどの古池や
3
飯縄山など眺めていると帽子が飛ばされました。幸い近くに落ちていたので回収できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯縄山など眺めていると帽子が飛ばされました。幸い近くに落ちていたので回収できました。
7
池ノ大池への分岐を過ぎ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池ノ大池への分岐を過ぎ
1
ちょっとした岩場をひと登りすると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした岩場をひと登りすると
2
黒姫山の山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒姫山の山頂に到着。
4
山頂には山名板と
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には山名板と
5
三角点がありました。強風だったので小休憩して下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点がありました。強風だったので小休憩して下山。
2
食事を出来るポイントを探していると、しなの木ではお食事中。少し進むと幕営地なのか開けていたポイントがあったので食事しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事を出来るポイントを探していると、しなの木ではお食事中。少し進むと幕営地なのか開けていたポイントがあったので食事しました。
1
下山は新道分岐から大橋方面へ。すると林道を横切ったりしながら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は新道分岐から大橋方面へ。すると林道を横切ったりしながら
1
最後は林道へ合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は林道へ合流。
1
暑い日で虫も元気よく飛び回っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑い日で虫も元気よく飛び回っていました。
2
林道も笹に囲まれていて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道も笹に囲まれていて
1
駐車スペースに戻ると車が溢れていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースに戻ると車が溢れていました。
1
さすがGW。下山時はとても多くのハイカーさんと出会いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがGW。下山時はとても多くのハイカーさんと出会いました。
3

感想/記録

GWは長野に帰省。
北信五岳で未踏だった黒姫山へ。
往路ではカメラマンなど3人に出会っただけでしたが復路では多くのハイカーさんに出会いました。
稜線に近づくとちょっとだけ雪も出始めてきましたが締まっていて踏み抜きは2回ほどあっただけで済みました。
それよりもぬかるみがすごく丹沢の田んぼ登山道を思い出すほど。
稜線に出るとやっと笹街道から抜けて展望が広がり爽快になりましたが強風が吹き荒れていました。
途中では帽子も飛ばされ回収したりして山頂に到着。
小休憩してから食事できるポイントを探しながら下山。
笹に囲まれていてなかなか開けたポイントが無くしなの木の少し先で少し開けていたのでやっと食事できました。
今回下山時には林道を経由するコースを選択したけど単調で失敗しました。
山歩きを楽しみたい方は池を経由するコースをお勧めします。
これで北信五岳も4座目。残りは妙高山だけ。お盆休みに登頂できるかな?
訪問者数:961人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ