ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 860984 全員に公開 ハイキング東北

青葉山(青葉城跡)

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー -tanaka-
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 自転車
電車の場合:仙台市地下鉄東西線(国際センター駅)
自転車の場合:国際センター駐輪場
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
40分
休憩
10分
合計
50分
S仙台市地下鉄東西線(国際センター駅)13:4014:10青葉場跡14:2014:30仙台市地下鉄東西線(国際センター駅)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
すべて舗装されたコンクリートの道。または石畳。小さなお子様でもよいしょよいしょと登れますし、ワンちゃん連れもいらっしゃいました。
その他周辺情報登山道具が必要無しなのに、プチ登山が楽しめます。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

はじめは仙台市地下鉄東西線(国際センター駅)です。去年できたばかりの新しい地下鉄です。今日は休日なのでゆるキャラらしいキグルミがお出迎えしておりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめは仙台市地下鉄東西線(国際センター駅)です。去年できたばかりの新しい地下鉄です。今日は休日なのでゆるキャラらしいキグルミがお出迎えしておりました。
駅正面を出たら真っ直ぐ歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅正面を出たら真っ直ぐ歩きます。
50mほどで左に曲がります。標識もたくさんあるので迷わないと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50mほどで左に曲がります。標識もたくさんあるので迷わないと思います。
数分歩くとお弁当を食べるのにピッタリな木陰+ベンチがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数分歩くとお弁当を食べるのにピッタリな木陰+ベンチがあります。
1
左手には広瀬川が一望できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には広瀬川が一望できます。
右手に国際センターが見えてきました。ここから青葉城跡まで「るーぷる仙台」というバスも出ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に国際センターが見えてきました。ここから青葉城跡まで「るーぷる仙台」というバスも出ています。
道路が見えてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路が見えてきます。
道路に突き当たったら右手へ向かい信号を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路に突き当たったら右手へ向かい信号を渡ります。
この階段を登り真っ直ぐ進みます。近辺地図も設置されているので特に地図も持参しなくて良いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段を登り真っ直ぐ進みます。近辺地図も設置されているので特に地図も持参しなくて良いです。
さらに奥の階段を登り左手に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに奥の階段を登り左手に進みます。
右手に「青葉山公園長沼」が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に「青葉山公園長沼」が見えます。
さらに進むと「仙台市博物館」が見えるので左側を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進むと「仙台市博物館」が見えるので左側を進みます。
左手に茶室のような建築物が見えます。屋内には入れませんが周りを歩いて昔の建築物を堪能できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に茶室のような建築物が見えます。屋内には入れませんが周りを歩いて昔の建築物を堪能できます。
標識を左に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識を左に進みます。
緑が増えてきました。真っ直ぐ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が増えてきました。真っ直ぐ進みます。
右手に階段が見えてくるので登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に階段が見えてくるので登ります。
階段を登ったら右に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登ったら右に進みます。
いよいよ無装備プチ登山の開始です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ無装備プチ登山の開始です。
左手には石垣が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には石垣が見えます。
わかるでしょうか。意外と急登なのです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わかるでしょうか。意外と急登なのです。
緑の匂い、石垣の苔。結構登山感があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑の匂い、石垣の苔。結構登山感があります。
お花だって咲いています 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花だって咲いています 
1
お花だって咲いています◆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花だって咲いています◆
お花だって咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花だって咲いています。
2
坂道を上ると道路が見えてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂道を上ると道路が見えてきます。
道路に突き当たったら左に曲がり、さらに登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路に突き当たったら左に曲がり、さらに登っていきます。
観光の車、家族連れの方々、トレーニングの方。たくさんの方々が行き来します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光の車、家族連れの方々、トレーニングの方。たくさんの方々が行き来します。
もし疲れてしまったらベンチも完備されているので休憩を。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もし疲れてしまったらベンチも完備されているので休憩を。
目指す青葉城跡の石垣が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す青葉城跡の石垣が見えてきました。
実に見事な石垣です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実に見事な石垣です。
1
ここまで来ればあと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ればあと少し。
1
この鳥居がゴールになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この鳥居がゴールになります。
奥に進むといよいよ青葉城跡が見えてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に進むといよいよ青葉城跡が見えてきます。
人が集まっています。何かイベントでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が集まっています。何かイベントでしょうか。
近くのおじさんが言うには「正宗ショー」とのことでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くのおじさんが言うには「正宗ショー」とのことでした。
1
こちらは青葉城跡の代名詞ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは青葉城跡の代名詞ですね。
1
Wi-Fiも完備です。ちょっと笑ってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Wi-Fiも完備です。ちょっと笑ってしまいました。
ここからは仙台市内が一望できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは仙台市内が一望できます。
喉が乾いたら自販機もあります。値段は下界と変わりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喉が乾いたら自販機もあります。値段は下界と変わりません。
もし下りの体力が無くなってしまった場合は、鳥居前からバスも出ていますので乗ってしまいましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もし下りの体力が無くなってしまった場合は、鳥居前からバスも出ていますので乗ってしまいましょう。

感想/記録

前日の磐梯山登山の筋肉痛を和らげるためと、減量のため国際センター駅と青葉場跡を2往復してきました。すべて舗装され危険個所も無く、かつ特に登山装備を必要とせず、往復約1時間のプチ登山を楽しめます。登山ってどういうもの?手軽に経験してみたい。という方は観光もかねて是非足を運んでみてください。登っている方々はスーツの方、ハイヒールの方、お子様、ご年配の方様々で、彼氏のポケットに手をひっかけて引っ張ってもらっている女性や、お母さんの背中を押しながら頑張っている息子さん、坂道で息を荒げながらもみなさん笑顔だったのが印象的です。これもまた一つの登山なのだなぁと感じました。
以上です
訪問者数:138人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

急登 クリ 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ