ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861036 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走栗駒・早池峰

東焼石岳〜天竺山:帰り道に、これは何?

日程 2016年05月02日(月) 〜 2016年05月03日(火)
メンバー KaS
天候初日はうす曇り、2日目は快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
つぶ沼駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間25分
休憩
30分
合計
5時間55分
Sつぶ沼コース登山口06:5008:20石沼08:2509:00つぶ沼コース分岐09:35銀明水避難小屋09:4510:40姥石平分岐10:5511:05東焼石岳西分岐11:15東焼石岳12:45金明水避難小屋
2日目
山行
6時間30分
休憩
15分
合計
6時間45分
金明水避難小屋06:4010:35東焼石岳10:45東焼石岳西分岐10:50姥石平分岐10:5511:25銀明水避難小屋11:3511:45つぶ沼コース分岐12:15石沼13:23つぶ沼コース登山口13:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報銀明水上の大雪渓は雪が緩く、気を付ければツボ足OK。姥石平下の登山道は雪溶け水の渓流状態
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

つぶ沼登山口から少し登ると、まだ水芭蕉が咲いている
2016年05月02日 08:04撮影 by DSC-WX200, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つぶ沼登山口から少し登ると、まだ水芭蕉が咲いている
2
岩うちわは咲きはじめ
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩うちわは咲きはじめ
4
残雪現る
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪現る
沢のスノーブリッジは危うい
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢のスノーブリッジは危うい
2
崩れそう
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れそう
雲海が見えてくる
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が見えてくる
ふわふわ
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふわふわ
3
上空は鱗雲のような。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上空は鱗雲のような。。
1
残雪の道。踏み抜きに気をつけて
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪の道。踏み抜きに気をつけて
石沼は水面がかなり出ている
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石沼は水面がかなり出ている
1
横岳のはじっこ(獅子鼻?)が見えてきた
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳のはじっこ(獅子鼻?)が見えてきた
1
雪庇状の壁
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇状の壁
銀明水に着いた
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀明水に着いた
3
銘水を調達して
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銘水を調達して
1
自然監視員の方に姥石平付近のクマ出没情報をきく。気を引き締めて、銀小屋を後にする
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然監視員の方に姥石平付近のクマ出没情報をきく。気を引き締めて、銀小屋を後にする
1
大雪渓は健在。ゆっくり登る
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓は健在。ゆっくり登る
4
雪渓途中で振り返る
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓途中で振り返る
2
焼石岳が見えてきた
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼石岳が見えてきた
6
横岳を背に
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳を背に
1
姥石平から東焼石岳に向かう
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥石平から東焼石岳に向かう
1
東焼石岳頂上から横岳を振り返る
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東焼石岳頂上から横岳を振り返る
1
経塚山が見えてきた
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経塚山が見えてきた
2
うわっ、長い道のりだ
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うわっ、長い道のりだ
5
いくつものピークが立ちはだかる
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつものピークが立ちはだかる
2
こんな雪庇を降りてきた(左側の端っこを降りた)
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな雪庇を降りてきた(左側の端っこを降りた)
2
やっとこさ、金明水小屋に着く
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ、金明水小屋に着く
4
小屋前にはフキノトウ。少し休んでいたら、Aさん、SIさん、SAさん、Oさんが経塚山から帰還されて、夕食の準備を開始
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前にはフキノトウ。少し休んでいたら、Aさん、SIさん、SAさん、Oさんが経塚山から帰還されて、夕食の準備を開始
1
暗くなる前に、ふと、天竺山に登ってみようとつぶやくと、SAさんがすぐに同意。2人で雪渓を詰める
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗くなる前に、ふと、天竺山に登ってみようとつぶやくと、SAさんがすぐに同意。2人で雪渓を詰める
1
頂上付近は雪がなくなり、濃い藪こぎとなるが、どうにか細い稜線へ出る。少しいくと山名板と三角点。頂上は狭い
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近は雪がなくなり、濃い藪こぎとなるが、どうにか細い稜線へ出る。少しいくと山名板と三角点。頂上は狭い
2
頂上からのパノラマ、今日歩いたルート、明日試みる牛形山へのルートがすべて見えるパノラマだ!
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からのパノラマ、今日歩いたルート、明日試みる牛形山へのルートがすべて見えるパノラマだ!
6
なんちゃってながら、結構な満足感アリ
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんちゃってながら、結構な満足感アリ
2
雪渓を走り降りる
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を走り降りる
4
アルプス風の景色を見ながら、
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルプス風の景色を見ながら、
2
今日は日が暮れるまで雲海
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は日が暮れるまで雲海
栗駒山もきれいに見えた
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗駒山もきれいに見えた
7
2日目は快晴!
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目は快晴!
2
下を見れば、やはり雲海が広がる
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を見れば、やはり雲海が広がる
4
少し藪を抜けると牛形山方向への雪庇に出る。ただし、こちら側の雪庇は途中で切れているので、また藪を漕いで反対側に回る
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し藪を抜けると牛形山方向への雪庇に出る。ただし、こちら側の雪庇は途中で切れているので、また藪を漕いで反対側に回る
8
西の谷の雪渓を激降りし、また藪をかき分け、東側の雪庇に出る
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の谷の雪渓を激降りし、また藪をかき分け、東側の雪庇に出る
1
テンションが上がる雪庇の登り
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テンションが上がる雪庇の登り
2
太陽は経塚山の上に
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽は経塚山の上に
4
途中、こんな雪庇もあり、途中で引き返すことに
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、こんな雪庇もあり、途中で引き返すことに
2
イチゲの花
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イチゲの花
3
秋田駒が浮かんで見えた
2016年05月04日 08:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋田駒が浮かんで見えた
7
狭い稜線を東焼石岳に向かう
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い稜線を東焼石岳に向かう
5
南本内岳横に鳥海山(富士山みたい)
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南本内岳横に鳥海山(富士山みたい)
5
つぶ沼が近づき、岩うちわがお帰りなさい
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つぶ沼が近づき、岩うちわがお帰りなさい
4
ふと顔を上げると、、、何?
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと顔を上げると、、、何?
10
え〜〜っ
2016年05月04日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
え〜〜っ
17

感想/記録
by KaS

 GW前半は、栂池から白馬三山縦走して白馬鑓温泉から猿倉に降りる計画だったが、登山力の高い(はずの)相方がまさかの体調不良となり、退却となった。片道6時間以上の高速運転とゴンドラ、ロープウェイ乗車の遠足の不完全燃焼状態を何とかすべく、金明水小屋に向かった。
 幸い、予報通りに穏やかな天気で、小屋では昨年来の皆様と懐かしの再開を果たし、いろいろな楽しい話と山小屋とは到底思えない豪華料理とおいしいお酒で、ゆったりした時を過ごした。今は登山道のない天竺山登頂、牛形山方向への雪庇ウォーキングと豊富なアトラクションも楽しんだ。
 が、つぶ沼まで数百メートルのところでふと前方の木に黒い影を発見。よく見れば見るほど、クマさんのようだ。しばし、固まり、行くべきか後ずさりすべきか思案。数分固まっていても誰も通ってくれないので、睨めつけながらソロソロと横を通り、下山した。しか〜し、あとで写真を拡大してみると、枯れ木のいたずらのよう。それにしても、こんな造形が自然にできるなんて。。

訪問者数:342人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ