ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861130 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

日向山 矢立石から周回

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー libra
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間23分
休憩
1時間19分
合計
4時間42分
S矢立石登山口06:5307:40錦滝07:4509:17日向山(山頂標識)10:3111:35矢立石登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

矢立石からスタート!でもこちらのコースは下りで利用するのでここからは登らない。
2016年05月01日 06:54撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢立石からスタート!でもこちらのコースは下りで利用するのでここからは登らない。
ちなみにここから尾白川駐車場まで下れます。下山してきた時にこの道を下る人もたくさんいました。
2016年05月01日 06:53撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみにここから尾白川駐車場まで下れます。下山してきた時にこの道を下る人もたくさんいました。
林道を歩いて錦滝へ向かいます。この後の急登に備えてウォーミングアップ。
2016年05月01日 06:59撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩いて錦滝へ向かいます。この後の急登に備えてウォーミングアップ。
この林道は荒れているので通行止めも納得。
2016年05月01日 07:00撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この林道は荒れているので通行止めも納得。
甲斐駒もチラチラ見える。山頂の辺に雲が多い。
2016年05月01日 07:01撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒もチラチラ見える。山頂の辺に雲が多い。
登山道に白砂があると、花崗岩の山なんだな〜と実感。
2016年05月01日 07:24撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に白砂があると、花崗岩の山なんだな〜と実感。
こんな険しくて崩れやすい場所まで林道いる?と思ったけど、砂防堰堤を作るための林道だったのか。
2016年05月01日 07:35撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな険しくて崩れやすい場所まで林道いる?と思ったけど、砂防堰堤を作るための林道だったのか。
この山域に来るとよくカモシカと出会います。逃げないので写真撮りやすいけど、じっとこちらを見て動かないので突進してきたらどうしようと思ったり。
2016年05月01日 07:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山域に来るとよくカモシカと出会います。逃げないので写真撮りやすいけど、じっとこちらを見て動かないので突進してきたらどうしようと思ったり。
3
錦滝には東屋があるので休憩に最適。
2016年05月01日 07:44撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錦滝には東屋があるので休憩に最適。
こちらが錦滝。全然スケール感が伝わらない写真だけど。
2016年05月01日 07:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが錦滝。全然スケール感が伝わらない写真だけど。
1
滝のそばにも花が咲いてます。
2016年05月01日 07:41撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝のそばにも花が咲いてます。
1
林道はまだ先に続いていて、踏み跡もしっかりありそうですが、今回は日向山に登るのでパス。
2016年05月01日 07:44撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道はまだ先に続いていて、踏み跡もしっかりありそうですが、今回は日向山に登るのでパス。
このピンクの花がよく咲いてました。新緑の少し前で見通しが良いので目立ってました。
2016年05月01日 07:49撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このピンクの花がよく咲いてました。新緑の少し前で見通しが良いので目立ってました。
なるほどこのコースは急登でした。下り使用禁止なのも納得。よくこんなところにコースを開拓したなという感じです。
2016年05月01日 07:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるほどこのコースは急登でした。下り使用禁止なのも納得。よくこんなところにコースを開拓したなという感じです。
かなり急な階段。
2016年05月01日 07:54撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり急な階段。
コース上にも白砂が出てきてテンションUP。古いロープの他に新しいロープも設置されていて急登だけど登りやすかったです。
2016年05月01日 07:58撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース上にも白砂が出てきてテンションUP。古いロープの他に新しいロープも設置されていて急登だけど登りやすかったです。
けっこう厳しい登山道なのに、この「ハイキングコース」という表現はどうかなと思いますけど。
2016年05月01日 08:17撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこう厳しい登山道なのに、この「ハイキングコース」という表現はどうかなと思いますけど。
1
見上げると稜線。あそこまで登るのか。
2016年05月01日 08:17撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げると稜線。あそこまで登るのか。
尾根が細くなっている場所がありますが、この木にはがんばってもらいたいです。
2016年05月01日 08:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が細くなっている場所がありますが、この木にはがんばってもらいたいです。
木の密度が低くて日差しが入ってくるので気持ち良い。
2016年05月01日 08:26撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の密度が低くて日差しが入ってくるので気持ち良い。
ここも気持ち良い〜。
2016年05月01日 08:27撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも気持ち良い〜。
分岐の広場に到着。
2016年05月01日 08:28撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐の広場に到着。
右に下っていくと日向山。左は鞍掛山。今回は左へ進んで稜線に合流してから日向山へ向かうことにしました。
2016年05月01日 08:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に下っていくと日向山。左は鞍掛山。今回は左へ進んで稜線に合流してから日向山へ向かうことにしました。
先に進むとさらに分岐。左は鞍掛山へのトラバースだと思う。自分は稜線に合流すべく直進。
2016年05月01日 08:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進むとさらに分岐。左は鞍掛山へのトラバースだと思う。自分は稜線に合流すべく直進。
途中右を見ると日向山の白砂の山頂が見える。
2016年05月01日 08:41撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中右を見ると日向山の白砂の山頂が見える。
稜線に合流してからちょっと鞍掛山方面へ偵察。細い尾根がありますが・・・
2016年05月01日 08:48撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に合流してからちょっと鞍掛山方面へ偵察。細い尾根がありますが・・・
木の根っこの隙間から崖下が見えます。ちょっと怖い。
2016年05月01日 08:48撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根っこの隙間から崖下が見えます。ちょっと怖い。
2
Uターンして稜線を日向山方面に進みます。右を見ると登山道らしき道が。一番最初の分岐を右に下って行った日向山へ向かう登山道ですかね?
2016年05月01日 08:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Uターンして稜線を日向山方面に進みます。右を見ると登山道らしき道が。一番最初の分岐を右に下って行った日向山へ向かう登山道ですかね?
白砂の広場が見えてきました!
2016年05月01日 08:56撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂の広場が見えてきました!
規模は小さいけど非日常の風景で楽しい!
2016年05月01日 08:56撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
規模は小さいけど非日常の風景で楽しい!
風が強かったので砂が舞い上げられていました。風向きによっては砂が飛んできて痛かったです。
2016年05月01日 08:59撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強かったので砂が舞い上げられていました。風向きによっては砂が飛んできて痛かったです。
振り返ったところ。稜線に沿って正面の林の中から歩いてきました。
2016年05月01日 09:01撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ったところ。稜線に沿って正面の林の中から歩いてきました。
2
青空と花崗岩。鳳凰三山みたいな感じ。
2016年05月01日 09:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と花崗岩。鳳凰三山みたいな感じ。
1
これは黒戸尾根ですかね?
2016年05月01日 09:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは黒戸尾根ですかね?
大明神様が祭られてます。
2016年05月01日 09:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大明神様が祭られてます。
1
山頂方面。左側は谷底です。
2016年05月01日 09:11撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面。左側は谷底です。
途中谷底方面を見る。砂は案外しっかりしているので歩いていても恐怖感はありません。
2016年05月01日 09:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中谷底方面を見る。砂は案外しっかりしているので歩いていても恐怖感はありません。
でも絶対安全な登山道もあるはずと思って林の方を探してみると、ちゃんと安全な道がありました。
2016年05月01日 09:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも絶対安全な登山道もあるはずと思って林の方を探してみると、ちゃんと安全な道がありました。
1
砂の紋様。風の影響でしょうか。
2016年05月01日 09:14撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂の紋様。風の影響でしょうか。
1
甲斐駒をバックに。良い景色だ。
2016年05月01日 09:17撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒をバックに。良い景色だ。
2
山頂到着〜。この時は人はあまり多くありませんでしたが、昼食のラーメンを食べている間に次から次へと人が登ってきました。
2016年05月01日 10:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着〜。この時は人はあまり多くありませんでしたが、昼食のラーメンを食べている間に次から次へと人が登ってきました。
2
海岸の砂浜から木が生えているみたいな景色で違和感。
2016年05月01日 10:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海岸の砂浜から木が生えているみたいな景色で違和感。
正面に八ヶ岳が見えているはずだけど、うっすらしか見えず。悲しい〜。
2016年05月01日 10:14撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に八ヶ岳が見えているはずだけど、うっすらしか見えず。悲しい〜。
下山道を間違えた踏み跡がありました。まあこの先の膝丈くらいの笹を進めば登山道には合流できそうですけど。
2016年05月01日 10:24撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道を間違えた踏み跡がありました。まあこの先の膝丈くらいの笹を進めば登山道には合流できそうですけど。
一応矢立石の道標も有りますが、もう少し目立つようにした方が良いかも。
2016年05月01日 10:31撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応矢立石の道標も有りますが、もう少し目立つようにした方が良いかも。
下山開始。
2016年05月01日 10:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。
三角点通過。
2016年05月01日 10:35撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点通過。
普通は9/10という表記じゃないでしょうか?まあ、どっちでもいいですけど。
2016年05月01日 10:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普通は9/10という表記じゃないでしょうか?まあ、どっちでもいいですけど。
下りで使ったコースは登りより歩きやすかったです。広くて明るくて整備されてます。
2016年05月01日 10:41撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りで使ったコースは登りより歩きやすかったです。広くて明るくて整備されてます。
足元にはこの黄色い花と…
2016年05月01日 10:49撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元にはこの黄色い花と…
1
紫の花がたくさん咲いてました。
2016年05月01日 10:49撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫の花がたくさん咲いてました。
1
太陽眩しい!
2016年05月01日 10:58撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽眩しい!
こちら側の登山道もピンクの花が目立ってました。
2016年05月01日 11:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら側の登山道もピンクの花が目立ってました。
登山道の削れ防止にタイヤ?を使ってるのが印象的でした。なるほど柔らかくて足の負担にもならないか。
2016年05月01日 11:09撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の削れ防止にタイヤ?を使ってるのが印象的でした。なるほど柔らかくて足の負担にもならないか。
トマソン?
2016年05月01日 11:33撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマソン?

感想/記録
by libra

GW登山第2弾として日向山に登りました。
ハイキングコースとして有名なだけあって、
登山者(ハイキング者?)は滅茶苦茶多かったです。

矢立石の駐車場はそこまでのキャパは無いはずですが、
竹宇駒ヶ岳神社から周回している人が多いのかもしれません。
(矢立石周辺には路駐もたくさんありましたが)

錦滝から日向山へ向かうコースは急登なので下りの使用が禁止されていますが、
実際登ってみると確かに納得の急登具合でした。
登り方向で使う分にはアスレチック的で面白いコースだと思います。
ちょっと難易度の高い一般登山道レベルだと思いますが、
ハイキングコースという看板があったので、
勘違いした服装や靴で登る人がいるかもしれないと少し気になりました。

山頂の白砂は規模は小さいですが、
手軽に非日常的な景色が味わえて良かったです。
春霞のせいなのか、すぐ近くのはずの八ヶ岳があまり見えなかったり、
甲斐駒に雲がかかっていたのは残念でしたが、
お手軽に歩ける山にしては満足感が高く、山頂で食べるラーメンは格別でした。
訪問者数:195人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ