ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861253 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

20160504伯耆大山

日程 2016年05月04日(水) [日帰り]
メンバー kaimoto, その他メンバー4人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
観光案内所情報館の北東にある無料駐車場に車を停めました。GWの7時前ではまだガラガラでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
GWということもあり、登山道はピストンする登山者の交通渋滞で休憩場所も確保が難しいでした。登山口から山頂へは延々と階段が続きます。山頂へ続く木道の片側には手摺用のロープが張られていますが、すれ違う場合はいずれかの方はロープをもつことができません。強風が吹き続き、立ち続けるのが困難な状況もありましたので、子どもは十分に注意が必要です。よく飛ばされて木道から下に落ちるようです。強風の場合、下からの巻き上げの砂が体に当たり続けます。防護用のフード、サングラスがあれば便利です。
その他周辺情報下山後の宿泊は駐車場近くの「雪花荘」。古い旅館ですが、夕食、朝食ともに料理は抜群に美味かったです。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地図 半袖インナー 長袖シャツ トレッキングズボン(薄手) 靴下 クライミング用グローブ レインウェア トレッキングシューズ ザック32L 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ iPhone6s iPhone用充電池 ミラーレス一眼カメラ 腕時計 セームタオル 芍薬甘草湯 靴擦れ防止ガード ストック ティッシュ ウェットティッシュ ゴミ袋
備考 サングラス、フード付きウインドブレーカー

写真

1.観光案内所情報館の北東にある無料駐車場に停めました。7時前ではまだガラガラです。
2016年05月04日 06:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1.観光案内所情報館の北東にある無料駐車場に停めました。7時前ではまだガラガラです。
2.夏山登山口までは舗装された道を歩きます。奥にそびえるのが伯耆大山。
2016年05月04日 06:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2.夏山登山口までは舗装された道を歩きます。奥にそびえるのが伯耆大山。
3.登山口へ向かう道中にモンベルがあります。
2016年05月04日 06:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3.登山口へ向かう道中にモンベルがあります。
4.南光河原駐車場は7時前では結構埋まっています。その駐車場に登山ポストとトイレがあります。
2016年05月04日 06:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4.南光河原駐車場は7時前では結構埋まっています。その駐車場に登山ポストとトイレがあります。
5.夏山登山道のうち、南光河原駐車場から最も近い登り口から登山開始。
2016年05月04日 06:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5.夏山登山道のうち、南光河原駐車場から最も近い登り口から登山開始。
6.最初は整備された石段が続く。
2016年05月04日 06:57撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6.最初は整備された石段が続く。
1
7.なだらかな木製階段に変わりますが徐々に傾斜がきつくなります。
2016年05月04日 07:13撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7.なだらかな木製階段に変わりますが徐々に傾斜がきつくなります。
8.行者登山道との合流地点があります。
2016年05月04日 07:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8.行者登山道との合流地点があります。
9.ここに大きな休憩スペースがありますが、当然この時期は人で溢れます。特にお昼頃の下山時には荷物を置くことも難しくなります。
2016年05月04日 08:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9.ここに大きな休憩スペースがありますが、当然この時期は人で溢れます。特にお昼頃の下山時には荷物を置くことも難しくなります。
10.続々と続く登山者は途切れません。
2016年05月04日 08:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10.続々と続く登山者は途切れません。
11.山頂に向かう尾根を歩く登山者。
2016年05月04日 08:56撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11.山頂に向かう尾根を歩く登山者。
12.尾根からは木道が延々と続きます。片側のみのロープなので強風時のすれ違いはかなり気を使います。
2016年05月04日 09:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12.尾根からは木道が延々と続きます。片側のみのロープなので強風時のすれ違いはかなり気を使います。
1
13.快晴時でもこの季節は空が霞みます。
2016年05月04日 09:07撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13.快晴時でもこの季節は空が霞みます。
1
14.山頂直下の避難小屋の中には売店があります。バッジの購入が可能。
2016年05月04日 09:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14.山頂直下の避難小屋の中には売店があります。バッジの購入が可能。
15.最高点の剣ヶ峰に至る縦走路は当然通行禁止。
2016年05月04日 09:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15.最高点の剣ヶ峰に至る縦走路は当然通行禁止。
1
16.山頂から北西の美保湾。
2016年05月04日 09:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16.山頂から北西の美保湾。
1
17.剣ヶ峰
2016年05月04日 09:31撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17.剣ヶ峰
1
18.山頂も賑やかです。GWで気温は5度。強風の体感温度はさらに低くなります。
2016年05月04日 09:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18.山頂も賑やかです。GWで気温は5度。強風の体感温度はさらに低くなります。
19.山頂から。やはり空と海との区別がつきません。
2016年05月04日 09:39撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19.山頂から。やはり空と海との区別がつきません。
1
20.普通に立つと吹き飛ばされます。最大瞬間風速は山の麓で27m/s。
2016年05月04日 09:47撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20.普通に立つと吹き飛ばされます。最大瞬間風速は山の麓で27m/s。
1
21.岩場でのすれ違いは注意が必要。
2016年05月04日 10:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
21.岩場でのすれ違いは注意が必要。
22.下山時は業者コースへ。こちらのコースは伯耆大山の雄大な姿が見れます。
2016年05月04日 11:07撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
22.下山時は業者コースへ。こちらのコースは伯耆大山の雄大な姿が見れます。
2
23.夏山登山道とは違い、階段ではない道もあります。
2016年05月04日 11:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
23.夏山登山道とは違い、階段ではない道もあります。
24.迷わないように岩に矢印が記されていますが、コースから離れた箇所に小屋があるため、そちらに向かってしまう恐れもあります。
2016年05月04日 11:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
24.迷わないように岩に矢印が記されていますが、コースから離れた箇所に小屋があるため、そちらに向かってしまう恐れもあります。
1
25.ここで下山終了。これからは舗装路を駐車場まで。
2016年05月04日 11:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
25.ここで下山終了。これからは舗装路を駐車場まで。
26.大神山神社の奥に下山します。強風のため裏の木が倒れ、屋根を貫通した模様。
2016年05月04日 11:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
26.大神山神社の奥に下山します。強風のため裏の木が倒れ、屋根を貫通した模様。
2
27.神社の石段を降りると歩き難い石の道が続きます。ここも辛いです。
2016年05月04日 11:56撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
27.神社の石段を降りると歩き難い石の道が続きます。ここも辛いです。
28.一番歩き難かった難所もようやく終了。後は舗装路を駐車場へ。
2016年05月04日 12:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
28.一番歩き難かった難所もようやく終了。後は舗装路を駐車場へ。
訪問者数:191人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ