ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861532 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

【GW前半】涸沢テント泊にて奥穂高岳&涸沢岳

日程 2016年04月29日(金) 〜 2016年05月01日(日)
メンバー gakupapa7
天候4/29:小雪(上高地)のち晴れ(涸沢)
4/30:快晴(涸沢→穂高)のち雪(涸沢)
5/1:雪(涸沢)のち曇り時々晴れ(涸沢→上高地)
アクセス
利用交通機関
電車バス

表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間40分
休憩
1時間10分
合計
4時間50分
S上高地BT07:0009:40横尾10:3011:30本谷橋11:5011:40涸沢(テント場)
2日目
山行
5時間20分
休憩
1時間30分
合計
6時間50分
涸沢(テント場)06:0008:10白出のコル(奥穂山荘前)08:3008:50涸沢岳09:1009:30白出のコル(奥穂山荘前)09:4010:30奥穂高岳10:4011:30白出のコル(奥穂山荘前)12:0012:50涸沢(テント場)
3日目
山行
4時間10分
休憩
2時間0分
合計
6時間10分
涸沢(テント場)09:3010:20本谷橋10:3011:20横尾12:3014:50小梨平15:3015:40上高地BTG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆上高地→横尾:ハイキングコース。危険個所なし。
◆横尾→本谷橋:一部残雪。アイゼン不要。危険個所なし。
◆本谷橋→涸沢:歩きやすい雪。アイゼン&wストック。危険個所なし。
◆涸沢→奥穂高山荘:締まった雪。要アイゼン&ピッケル。危険個所なし。
◆奥穂高山荘→涸沢岳:岩と雪のミックス。要アイゼン&ピッケル。危険個所なし。
◆奥穂高山荘→奥穂高岳:小屋から二つの梯子を超えた先の雪壁。このGW、滑落事故のあったここが核心部。特に下り。雪壁の起点は、平坦な場所ではなく、角度のある岩場なので、安全に下るためには、‥个蠡垉,両況確認、▲襦璽函淵好謄奪廖砲粒稜А↓B垉ー圓いる場合の声掛け、この三つが大事だと思います。また雪壁ですが、朝一番はカチカチで、昼ちかく気温があがるとステップが緩んでグサグサしてきますので注意が必要です。(自分は登り9時半頃、下り10時半くらいでしたが、硬すぎず、緩すぎずまずまずのコンディションでした。)。
その他周辺情報小梨平キャンプ場の日帰り入浴施設。湯船も広く清潔感もありとっても良いお風呂でした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 麻ひも&竹(ペグ代わり)

写真

ムーンライト信州でいざ北アルプスへ!
2016年04月29日 00:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムーンライト信州でいざ北アルプスへ!
松本電鉄、バスを乗り継いで上高地6:20。朝食をとりストレッチを済ませ、小雪舞うなか7:00登山開始。
2016年04月29日 07:01撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松本電鉄、バスを乗り継いで上高地6:20。朝食をとりストレッチを済ませ、小雪舞うなか7:00登山開始。
河童橋。
2016年04月29日 07:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋。
徳澤
2016年04月29日 08:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳澤
前穂を眺めながら梓川沿いに横尾へ向かう。
2016年04月29日 09:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂を眺めながら梓川沿いに横尾へ向かう。
横尾で1時間ほど休憩後、いざ涸沢へ!
2016年04月29日 10:30撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾で1時間ほど休憩後、いざ涸沢へ!
屏風岩。
2016年04月29日 10:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩。
ところどころ残雪あり。アイゼンは不要です。
2016年04月29日 10:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ残雪あり。アイゼンは不要です。
本谷橋。
2016年04月29日 11:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋。
ここでアイゼンをつける方が多かったです。
2016年04月29日 11:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでアイゼンをつける方が多かったです。
こんな感じで横尾谷を眺めながらトラバース道を行く。
2016年04月29日 12:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで横尾谷を眺めながらトラバース道を行く。
まず前穂へと続く岩峰が見えてくる。
2016年04月29日 12:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まず前穂へと続く岩峰が見えてくる。
1
トラバース道が終わり、カールの底へ入っていく。
2016年04月29日 12:47撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道が終わり、カールの底へ入っていく。
涸沢ヒュッテが見えてから、ここからが長かったぁ〜。
2016年04月29日 13:21撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢ヒュッテが見えてから、ここからが長かったぁ〜。
振り返ると数珠つなぎで続々と上がってきます。
2016年04月29日 13:47撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると数珠つなぎで続々と上がってきます。
奥穂がだんだん大きくなってくる。
2016年04月29日 13:47撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂がだんだん大きくなってくる。
で、マイホームの設営。
2016年04月29日 15:27撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、マイホームの設営。
1
奥穂高&涸沢岳を臨める絶好のポジショニング♪
2016年04月29日 15:28撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高&涸沢岳を臨める絶好のポジショニング♪
1
穂高STRAS(前穂、奥穂、涸沢岳、北穂)をパノラマで。
2016年04月29日 15:28撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高STRAS(前穂、奥穂、涸沢岳、北穂)をパノラマで。
奥穂の向こうに陽が沈み、
2016年04月29日 18:20撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂の向こうに陽が沈み、
1
涸沢に夜のとばりがおりていく。
2016年04月29日 19:01撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢に夜のとばりがおりていく。
一夜明け、ヒュッテの鯉が強風に舞うなか朝日を待つ。
2016年04月30日 04:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一夜明け、ヒュッテの鯉が強風に舞うなか朝日を待つ。
2
モルゲンロート奥穂!
2016年04月30日 05:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート奥穂!
2
モルゲンロート奥穂&涸沢岳!
2016年04月30日 05:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート奥穂&涸沢岳!
モルゲンロート涸沢岳&北穂!
2016年04月30日 05:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート涸沢岳&北穂!
しつこく奥穂!
2016年04月30日 05:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこく奥穂!
去りがたく前穂の上にお月様。
2016年04月30日 05:14撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去りがたく前穂の上にお月様。
良しっ、今日はピークを踏むぞ!と気合をいれ朝から牛飯♪
2016年04月30日 05:23撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良しっ、今日はピークを踏むぞ!と気合をいれ朝から牛飯♪
1
コンディションは最高。まずは白出のコルに向けいざ!
2016年04月30日 06:35撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンディションは最高。まずは白出のコルに向けいざ!
1
絶景を眺めつつ行く。前穂へ続く吊尾根。
2016年04月30日 06:35撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景を眺めつつ行く。前穂へ続く吊尾根。
1
前穂の岩峰群。すごいね!
2016年04月30日 06:35撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂の岩峰群。すごいね!
1
まだまだ先は長いぞ。
2016年04月30日 06:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ先は長いぞ。
1
振り返り屏風岩の向こうに常念。いいなぁ〜。
2016年04月30日 06:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り屏風岩の向こうに常念。いいなぁ〜。
1
来たぞ!
2016年04月30日 08:10撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来たぞ!
来たぞぉー!
2016年04月30日 08:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来たぞぉー!
1
涸沢から2時間15分。白出のコル着。うーん、前穂!
2016年04月30日 08:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢から2時間15分。白出のコル着。うーん、前穂!
1
涸沢マイホームがあんなに小さく。
2016年04月30日 08:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢マイホームがあんなに小さく。
1
奥穂方面。二つ目の梯子の上、岩を回り込んだ先ある雪壁。ここが今回の核心部。うーん。
2016年04月30日 08:24撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂方面。二つ目の梯子の上、岩を回り込んだ先ある雪壁。ここが今回の核心部。うーん。
2
まずは、涸沢岳にいくことにする。
2016年04月30日 08:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、涸沢岳にいくことにする。
涸沢岳への途上、奥穂方面。先ほど雪壁を二人のクライマーが登攀しているのが見える。
2016年04月30日 08:37撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳への途上、奥穂方面。先ほど雪壁を二人のクライマーが登攀しているのが見える。
1
涸沢岳山頂直下より吊尾根を挟んで奥穂と前穂。
2016年04月30日 08:50撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳山頂直下より吊尾根を挟んで奥穂と前穂。
1
涸沢岳山頂。北穂と常念山脈。
2016年04月30日 08:56撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳山頂。北穂と常念山脈。
絶景!大キレット。槍を挟んで。右に後立山、左に鷲羽&水晶♪
2016年04月30日 08:56撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景!大キレット。槍を挟んで。右に後立山、左に鷲羽&水晶♪
1
北ア最深部。黒部五郎、三俣蓮華、薬師、水晶・・(以下省略)
2016年04月30日 08:56撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ア最深部。黒部五郎、三俣蓮華、薬師、水晶・・(以下省略)
1
山頂標識も記念に。
2016年04月30日 08:57撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識も記念に。
1
忘れちゃいけない飛騨の名峰笠ヶ岳。
2016年04月30日 08:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忘れちゃいけない飛騨の名峰笠ヶ岳。
1
うーん、大キレット。見飽きないこの絶景。
2016年04月30日 08:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん、大キレット。見飽きないこの絶景。
1
大キレットアップ。いつかここを歩いてみたい。
2016年04月30日 09:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレットアップ。いつかここを歩いてみたい。
南面すれば吊尾根を挟んで奥穂&前穂
2016年04月30日 09:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南面すれば吊尾根を挟んで奥穂&前穂
奥穂、前穂、常念山脈をはさんで北穂と槍を大パノラマで!
2016年04月30日 09:07撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂、前穂、常念山脈をはさんで北穂と槍を大パノラマで!
北穂と常念。
2016年04月30日 09:09撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂と常念。
さ、奥穂チャレンジに向けいったん白出のコルに向かう。
2016年04月30日 09:21撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さ、奥穂チャレンジに向けいったん白出のコルに向かう。
で、梯子の先の雪壁を登りきったところから来し方を振り返る。ものすごい角度です。
2016年04月30日 09:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、梯子の先の雪壁を登りきったところから来し方を振り返る。ものすごい角度です。
1
さきほどまでいた涸沢岳山頂に多くの登山者がいます。
2016年04月30日 10:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さきほどまでいた涸沢岳山頂に多くの登山者がいます。
核心部から先は、比較的穏やか。山頂直下の雪壁は注意が必要。
2016年04月30日 10:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部から先は、比較的穏やか。山頂直下の雪壁は注意が必要。
1
あと少し。
2016年04月30日 10:27撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し。
着いた!奥穂高!3190m!
2016年04月30日 10:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いた!奥穂高!3190m!
4
いやー、素晴らしい!
2016年04月30日 10:30撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやー、素晴らしい!
1
嗚呼、絶景なるかな、奥穂高。
2016年04月30日 10:30撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嗚呼、絶景なるかな、奥穂高。
1
馬の背の先にジャンダルム。奥に飛騨の名峰、笠ヶ岳。
2016年04月30日 10:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背の先にジャンダルム。奥に飛騨の名峰、笠ヶ岳。
1
ジャンダルムアップ!雪煙がすごい!
2016年04月30日 10:41撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムアップ!雪煙がすごい!
1
常念岳から燕岳への稜線。
2016年04月30日 10:42撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳から燕岳への稜線。
うーん、いつまでも見ていたい。
2016年04月30日 10:42撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん、いつまでも見ていたい。
いやな雲がでてきた。崩れたら下山できなくなるので早々に下山開始。
2016年04月30日 10:44撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやな雲がでてきた。崩れたら下山できなくなるので早々に下山開始。
山頂直下の雪壁。ここは起点と終点に平坦なスぺースあり。それほどの恐怖感は感じませんでした。
2016年04月30日 10:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の雪壁。ここは起点と終点に平坦なスぺースあり。それほどの恐怖感は感じませんでした。
1
絶景を、
2016年04月30日 10:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景を、
眺めながら、梯子上の雪壁へと下る。
2016年04月30日 10:56撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めながら、梯子上の雪壁へと下る。
1
で、雪壁を下り、梯子へとかかるあたり。雪壁の下りは本当に緊張しました。登りの方がいる場合は、登りきられるまでまってから下りましょう。
2016年04月30日 11:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、雪壁を下り、梯子へとかかるあたり。雪壁の下りは本当に緊張しました。登りの方がいる場合は、登りきられるまでまってから下りましょう。
1
11:17。みなさん、続々と梯子を上ってきます。
2016年04月30日 11:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:17。みなさん、続々と梯子を上ってきます。
2
白出のコルで一息ついたあと、涸沢テント村をめざし下山開始。
2016年04月30日 12:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出のコルで一息ついたあと、涸沢テント村をめざし下山開始。
ヒュッテでおでん&ラーメンで一杯。ひと眠りして目を覚ますと外はまるで吹雪の模様。ひょうだかあられだかのような雪がガシガシ落ちてくる。
2016年04月30日 16:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテでおでん&ラーメンで一杯。ひと眠りして目を覚ますと外はまるで吹雪の模様。ひょうだかあられだかのような雪がガシガシ落ちてくる。
稜線方面は全く視界がなくなってきました。
2016年04月30日 17:55撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線方面は全く視界がなくなってきました。
1
夕食。FDのパスタにミートボールといんげんを添えて。
2016年04月30日 18:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食。FDのパスタにミートボールといんげんを添えて。
1
で、朝。視界まったくなし。予定していた北穂登頂は断念。
2016年05月01日 05:16撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、朝。視界まったくなし。予定していた北穂登頂は断念。
1
なにせ一晩40cmは積もった模様。掘り出すのに一苦労でした。
2016年05月01日 05:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なにせ一晩40cmは積もった模様。掘り出すのに一苦労でした。
1
ヒュッテ売店前。この日は計画変更で下山された方が多かったようです。
2016年05月01日 08:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ売店前。この日は計画変更で下山された方が多かったようです。
で、撤収。9:30下山開始。
2016年05月01日 08:53撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、撤収。9:30下山開始。
下り始め、分岐標識からヒュッテを振り返る。視界は効かず。
2016年05月01日 09:37撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始め、分岐標識からヒュッテを振り返る。視界は効かず。
あとはサクサク下るだけ。
2016年05月01日 10:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはサクサク下るだけ。
涸沢から50分で本谷橋。
2016年05月01日 10:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢から50分で本谷橋。
本谷橋から50分で横尾。
2016年05月01日 11:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋から50分で横尾。
横尾で1時間のランチ休憩。
2016年05月01日 12:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾で1時間のランチ休憩。
横尾→徳澤45分。
2016年05月01日 13:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾→徳澤45分。
徳澤→明神40分。
2016年05月01日 14:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳澤→明神40分。
猿。堂々としたものです。
2016年05月01日 14:36撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿。堂々としたものです。
1
小梨平でひとっ風呂。湯船も広く清潔で素敵なお風呂でした♪
2016年05月01日 14:44撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小梨平でひとっ風呂。湯船も広く清潔で素敵なお風呂でした♪
おしまい。
2016年05月01日 15:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おしまい。
1
撮影機材:

感想/記録

GW前半。涸沢をベースに穂高へいってきました。4/30(土)晴天に恵まれての早朝アタック。「これぞ涸沢、残雪期ならでは絶景」を堪能しながら、白出のコルへ。奥穂高岳は季節問わず初アタックだったこともあり、まずはコルからルートが概観でき、多くの方が先行されていた涸沢岳へ。涸沢岳からは絶景も堪能しましたが、主眼はこれから登る奥穂高岳ルートの全容と危険個所の把握。まずは登りだしの雪壁が核心になるなと想定。いったんコルにくだり、ちょうど奥穂から降りてこられたかたを捕まえて危険個所を確認。やはり、件の雪壁が核心とのこと。ただ、複数名の登り降りでステップは相応に切られているという状況から、(相応のアイゼン&ピッケルワークがあることを前提に)ルートをはずさなければ大丈夫と判断し、9:30登頂を開始。結果、涸沢岳からルート全貌の確認ができていたこと、先行者から詳細な情報をうかがっていたこともあり(もちろん件の雪壁では登り下りともに、かなりの緊張を強いられました)、無事ピークハントに成功することができました。
いっぽう、私がコルへと下り着いたタイミングで、報道されている滑落事故が発生したこともあり、このレコ自体をあげるか否か相当悩みました。『残雪期奥穂高には未経験者は登らない』これが原則ですが、それでもチャレンジする場合(誰もが最初は未経験者なのだから)は、『,泙坤イド等の経験豊富な方と登る』、諸事情で単独行になる場合は『⌒疎岳に登り全体を把握する』『G鮟个離灰襪農莵埃圓砲箸砲く状況を聞く』『い箸砲く雪壁に注意。ルート(ステップ)を外さない』等、私自身が山行のなかで感じたこと、気づいたことが、私のような残雪期初奥穂に行かれる方のなにがしかの参考になればと思い、公開させていただきました。最後に、4/30に滑落された方、重体と報道されておりますが、ご回復をこころよりお祈り申し上げます。
訪問者数:225人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ