ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861633 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

赤岳鉱泉

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー nikotaro84, その他メンバー1人
天候【1日目】曇り、【2日目】雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘駐車場を利用。15:00に到着したが、20台程度停まっていて空きスペースあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間5分
休憩
0分
合計
2時間5分
S赤岳山荘14:4014:45美濃戸山荘15:30堰堤広場16:45赤岳鉱泉G
日帰り
山行
2時間50分
休憩
5分
合計
2時間55分
赤岳鉱泉08:3508:50撤退ポイント09:05赤岳鉱泉09:1010:30堰堤広場11:25美濃戸山荘11:30赤岳山荘
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
久しぶりの妻との登山。北沢から赤岳鉱泉に宿泊し南沢に抜ける予定。
妻も久しぶりの登山で、天候もあまり期待できなかったので無理をせずのんびり山行を予定。
2日目の中山乗越手前で凍結箇所があり、アイゼンを持っていない、妻もなれない雪道であり怪我を懸念して早めに撤退を決断。また、次回来ましょう。(次は阿弥陀岳とか登りたいね。)
コース状況/
危険箇所等
赤岳鉱泉まで危険箇所無し。一部凍結しているがアイゼン不要。
赤岳鉱泉〜中山乗越まで日陰は凍結。斜度もあるのでアイゼン必要。
※今回は、アイゼンを持っていなかったので撤退。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

美濃戸山荘からの林道はこんな感じ。ただ、ひたすら林道を歩く…退屈。。。全く雪はありません。
2016年05月03日 14:43撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘からの林道はこんな感じ。ただ、ひたすら林道を歩く…退屈。。。全く雪はありません。
雪解け水は豊富。
2016年05月03日 15:14撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪解け水は豊富。
沢べりにたたずみ何を想うか
2016年05月03日 15:20撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢べりにたたずみ何を想うか
2
大同心がお目見え!冬に来た時は雪をかぶっていて迫力あったが、雪がなくてもカッコいいなぁ。(あいにくの曇り空…)
2016年05月03日 16:16撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心がお目見え!冬に来た時は雪をかぶっていて迫力あったが、雪がなくてもカッコいいなぁ。(あいにくの曇り空…)
赤岳鉱泉手前で凍結箇所あり。気をつけて通過しました。
2016年05月03日 16:20撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉手前で凍結箇所あり。気をつけて通過しました。
日陰はこんな感じ。
2016年05月03日 16:38撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰はこんな感じ。
赤岳鉱泉到着!アイスキャンディーの残骸。。。
2016年05月03日 16:44撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉到着!アイスキャンディーの残骸。。。
1
崩落の危険性があるので立ち入り禁止。
2016年05月03日 16:45撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落の危険性があるので立ち入り禁止。
1
およそ2ヶ月前にここでアイスクライミングに挑戦したのが懐かしい。
2016年05月03日 16:46撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
およそ2ヶ月前にここでアイスクライミングに挑戦したのが懐かしい。
1
へぇ〜雪がないとこんな感じなんだぁ。
温泉は18:00までなので間に合ってよかった!!
2016年05月03日 16:46撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へぇ〜雪がないとこんな感じなんだぁ。
温泉は18:00までなので間に合ってよかった!!
2
夕食は楽しみにしていたステーキ!
2016年05月03日 17:57撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は楽しみにしていたステーキ!
5
この肉たまりませんなぁ〜
2016年05月03日 18:05撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この肉たまりませんなぁ〜
3
夕食のあとは、コーヒーを淹れます。
アルコールストーブは静かでいいなぁ〜
2016年05月03日 18:58撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食のあとは、コーヒーを淹れます。
アルコールストーブは静かでいいなぁ〜
2
朝食はサバ!脂がのってて美味しかった!
2016年05月04日 06:36撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食はサバ!脂がのってて美味しかった!
3
行者小屋を目指したものの、途中の登山道が凍結していてあえなく撤退。。。
軽アイゼンは持って行かないとね。
2016年05月04日 08:56撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋を目指したものの、途中の登山道が凍結していてあえなく撤退。。。
軽アイゼンは持って行かないとね。
赤岳鉱泉に戻ってきたら晴れ間が出てきました。
写真では分からないが、風は強いです。雲が早いです。
2016年05月04日 09:07撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に戻ってきたら晴れ間が出てきました。
写真では分からないが、風は強いです。雲が早いです。
昨晩〜今朝方の雨で沢の水は昨日よりも勢いを増した感じ。
2016年05月04日 09:20撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨晩〜今朝方の雨で沢の水は昨日よりも勢いを増した感じ。
さらば大同心!青空の下姿を見せてくれてありがとう!
2016年05月04日 09:22撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば大同心!青空の下姿を見せてくれてありがとう!
沢べりにたたずみ何を想うか
2016年05月04日 10:09撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢べりにたたずみ何を想うか
1

感想/記録

今回は、久しぶりに妻と一緒の登山。
赤岳山荘に車を停めて、北沢から赤岳鉱泉に宿泊し、南沢から下るという簡単なコースなので、出発もかな〜りのんびり。GWの渋滞にはまりつつようやく登山口に着いたのが14:30ごろ(汗)
【1日目】
・赤岳山荘
曇り、風なし
気温17℃
ベースレイヤー+Tシャツ。気温も高く、真夏と同じ服装だ。登山久しぶりの妻のペースに合わせてのんびり歩く。この時間帯から登る登山者はホボ無し。
日が陰り、時間とともに気温は下がる。赤岳鉱泉に到着した時は10℃くらいだったかな?
冬場に来た時は、見事なアイスキャンディーだったが、今は朽ち果て骨組みが顔を出している。足元には冷蔵庫ぐらいの氷の塊がころがっていて危険なので立ち入りは禁止されていた。
・赤岳鉱泉
17:00頃に到着し、チェックイン。
風呂(※冬季は無し)が18:00までということなので即入浴。男女別風呂。
はじめ、非常に熱かったけど、蛇口をひねると大量の水が放水されるためすぐに埋めてちょうどいい湯加減に。埋めたあとも熱い湯が出てきているのですぐに温度が上がる。当然のことながら石鹸、シャンプーは無し。しかし、山で温泉に入れるのは何につけても最高!!
風呂のあとは、楽しみにしていた夕食。赤岳鉱泉といえばステーキです。
期待通りの味に満足。妻は、ポトフの味に感動していた。

【2日目】
・赤岳鉱泉
小雨、風あり(10m程度)
気温5℃
ベースレイヤー+Tシャツ+ウィンドシェル。妻はソフトシェルにダウン。風は強いので止まっているとすぐに冷え込む。
歩き出してまもなく、林に入ると登山道が凍結していた。今回はアイゼンの準備がなかったので雪のない場所を選んで歩く。気をつければ歩けなくもなさそうだが、妻は雪道に慣れていないため、怪我が心配なので早めに撤退を決断。やはり、軽アイゼンくらいは準備してくるべきだった。
赤岳鉱泉戻ってくると天気も回復し青空が顔を出す。きっと中山展望台に登れば、阿弥陀岳の雄姿が見られたと思うが、それは次回の楽しみにとっておこう。
下山ルートは、往きと同じだが雨上がりの快晴で気持ちよく。沢沿いに風が吹き込み寒いくらい。やはり晴れの日の登山は気持ちがいい。
・北沢
晴れ、風あり(10m程度)
気温10℃
気温ほどに体感は暖かくない。沢沿いの風は冷たく。ゆっくり歩いていると寒いくらい。予定よりも早く下山することが出来たので、通り道にあった牧場でソフトクリームを食べて麦草峠をドライブしながら帰路についた。
訪問者数:300人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

崩落 撤退
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ