ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861795 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

竜ヶ岳〜涼風爽やかな中道から遠足尾根へ周回〜

日程 2016年05月04日(水) [日帰り]
メンバー tonzablow
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宇賀渓前の落合橋無料駐車場へ。案内所で環境保全協力金200円を支払い、入山届を提出のこと。宇賀渓キャンプ場の有料駐車場を利用する場合は1台500円で協力金含む。3名以上で相乗りの場合は有料駐車場利用のほうがお得。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【中道】
沢沿いの高巻き道を小一時間歩き、五階滝を越えたあたりで分岐する。
分岐後は沢の中を遡行する。序盤に数回の渡渉が必要。水量が多い場合は注意。
堰堤は左岸(上流向いて右手側)の鉄梯子を登る。2度目の鉄梯子で一ヶ所ぐらついている部分があるので注意。沢から外れると尾根沿いの急登。登りで使う分には特に危険は感じないが、下りは泥濘でスリップしやすいので慎重に。笹原に出ても山頂までの距離が意外とあるので気を抜かないように。
【遠足尾根】
他のコースよりも距離は長めだが、比較的傾斜が緩やかで初心者向け。
今日のような雨上がりは路面がぬかるんで滑りやすいので注意。
ルートは明瞭で樹林帯も赤+黄のテープを追っていけば問題なし。
その他周辺情報【コンビニ】
最寄りコンビニはローソンいなべ大安店。R421イオン大安店そば。
【温泉】
阿下喜温泉あじさいの里。入泉料500円。食事、休憩スペースあり。
http://ajisainosato.com/
【スイーツ】
パティスリーカフェこんま亭。R421沿い。石槫東交差点近く。
シュークリーム、ケーキなど。テイクアウト&イートイン可能。
http://www.konmatei.com/
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 保険証 携帯 時計 ツェルト ストック カメラ

写真

八風街道(国道421号)を近江八幡方面に向かいながら竜ヶ岳を眺める。何という上天気!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八風街道(国道421号)を近江八幡方面に向かいながら竜ヶ岳を眺める。何という上天気!
2
宇賀渓入口前の落合橋無料パーキングが空いていたのでこちらに車を入れました。今日は絶好の登山日和だけれど、昨日が大嵐だったんで皆さんの出足が遅いようです。こちらに車を停めると一人当たり200円の入山協力金が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇賀渓入口前の落合橋無料パーキングが空いていたのでこちらに車を入れました。今日は絶好の登山日和だけれど、昨日が大嵐だったんで皆さんの出足が遅いようです。こちらに車を停めると一人当たり200円の入山協力金が必要です。
おなじみ宇賀渓の観光駐車場。こちらは有料で1台500円。ただし駐車料金に入山協力金が含まれているので、3人以上で登る場合はこちらに車を入れた方が安く上がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみ宇賀渓の観光駐車場。こちらは有料で1台500円。ただし駐車料金に入山協力金が含まれているので、3人以上で登る場合はこちらに車を入れた方が安く上がります。
観光案内所の管理人さんが代わっていたのでしばらく話をしていましたが、四月から森林管理組合の体制が変わり、こちらの観光案内所の管理人さんも地元のシニアの方が持ち回りでやることになったそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光案内所の管理人さんが代わっていたのでしばらく話をしていましたが、四月から森林管理組合の体制が変わり、こちらの観光案内所の管理人さんも地元のシニアの方が持ち回りでやることになったそうです。
1
林道を歩きながら景色を眺める。
なぜこの時期に紅葉!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩きながら景色を眺める。
なぜこの時期に紅葉!?
2
新緑がまぶしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑がまぶしい。
おなじみ名古屋大学の地殻活動観測施設。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみ名古屋大学の地殻活動観測施設。
2
名水竜のしずく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名水竜のしずく。
1
こちらは遠足尾根の入口。下りはここから出てくることになりそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは遠足尾根の入口。下りはここから出てくることになりそうです。
白滝丸太橋。慎重に通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白滝丸太橋。慎重に通過。
こちらは魚止橋。5人以上で渡らないように。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは魚止橋。5人以上で渡らないように。
せせらぎの音が心地よい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せせらぎの音が心地よい。
魚止滝を眺める。マイナスイオンが出てそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止滝を眺める。マイナスイオンが出てそうだ。
高巻き道を行きます。何度かロープ場もあります。慎重に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高巻き道を行きます。何度かロープ場もあります。慎重に。
金山尾根の入口。ここも今回はスルー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山尾根の入口。ここも今回はスルー。
金山尾根分岐から先は結構幅の狭いトラバースが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山尾根分岐から先は結構幅の狭いトラバースが続きます。
樹林の間から砂山が顔を出しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の間から砂山が顔を出しています。
1
トラロープを伝ってカニの横這い風に通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープを伝ってカニの横這い風に通過。
五階滝。この前で3人連れの女性が写真を撮ってみえたので、シャッターを押して差し上げました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五階滝。この前で3人連れの女性が写真を撮ってみえたので、シャッターを押して差し上げました。
ようやく中道コースの分岐点に到着。
長尾滝はまだ先のようなので今回はあきらめました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく中道コースの分岐点に到着。
長尾滝はまだ先のようなので今回はあきらめました。
分岐してしばらくはこれまでと同様のトラバース道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐してしばらくはこれまでと同様のトラバース道が続きます。
この石垣はなんだろうか?途中3か所くらい見かけましたが。
トーチカみたい。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この石垣はなんだろうか?途中3か所くらい見かけましたが。
トーチカみたい。。。
いよいよ沢に降ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ沢に降ります。
ここからしばらくは沢の中を遡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらくは沢の中を遡ります。
いきなりの大堰堤。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの大堰堤。
昨日大雨だったんでかなり水量が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日大雨だったんでかなり水量が多い。
右手(左岸)側に鉄梯子があるので登って越えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手(左岸)側に鉄梯子があるので登って越えます。
いやーそれにしても風が通って涼しい。快適です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやーそれにしても風が通って涼しい。快適です。
2度目の大堰堤。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2度目の大堰堤。
こちらは10メートル近くありそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは10メートル近くありそうです。
2度目の堰堤の鉄梯子で、このテープが貼ってある足場はぐらつくので注意してください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2度目の堰堤の鉄梯子で、このテープが貼ってある足場はぐらつくので注意してください。
堰堤越しに竜ヶ岳の主稜線を見上げる。
まだまだ先は長いなー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤越しに竜ヶ岳の主稜線を見上げる。
まだまだ先は長いなー。
この看板が出てきたら、沢の遡行は終わりで尾根に取り付きます。ここから先は急登になるので大休憩を入れるならこの看板の前がおすすめです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板が出てきたら、沢の遡行は終わりで尾根に取り付きます。ここから先は急登になるので大休憩を入れるならこの看板の前がおすすめです。
壁のような急登を覚悟していましたが、壁というほどでもありませんでした。但し足元がぬかるんで滑りやすいので注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁のような急登を覚悟していましたが、壁というほどでもありませんでした。但し足元がぬかるんで滑りやすいので注意。
緑の中を先行する方。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑の中を先行する方。
1
左手に大ガレ。すごい迫力。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に大ガレ。すごい迫力。
大ガレを上から眺める。落ちたらどこまでも転がっていきそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ガレを上から眺める。落ちたらどこまでも転がっていきそうです。
石槫峠も見渡せます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石槫峠も見渡せます。
桑名市方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桑名市方面。
山頂が目の前に!!
ところがこれからが長いんです。気を抜かないように。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が目の前に!!
ところがこれからが長いんです。気を抜かないように。
2
遠足尾根方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠足尾根方面。
2
シロヤシオはまだ全然咲いていないようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオはまだ全然咲いていないようでした。
2
最高の景色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高の景色です。
1
頑張って登頂。山頂が見えてからが長かった。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張って登頂。山頂が見えてからが長かった。。。
4
竜ヶ岳は去年の秋以来でした。御無沙汰です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳は去年の秋以来でした。御無沙汰です。
3
釈迦ヶ岳、御在所方面。今日も賑わってそうだなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳、御在所方面。今日も賑わってそうだなあ。
1
こんなに高度感があったかなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに高度感があったかなあ。
1
こちらは藤原岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは藤原岳。
1
手前に見えるのが静ヶ岳、右側が銚子岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前に見えるのが静ヶ岳、右側が銚子岳。
1
その奥に見えるのは昨日登った御池岳。
十数時間前にはあそこに居たのか。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その奥に見えるのは昨日登った御池岳。
十数時間前にはあそこに居たのか。。。
3
お腹がすいたので、今日は山頂でスープパスタにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お腹がすいたので、今日は山頂でスープパスタにしました。
さて遠足尾根へ下るとしよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて遠足尾根へ下るとしよう。
1
ピークから降りてきたところで笹原を振り返る。
これぞ竜ヶ岳の風景!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークから降りてきたところで笹原を振り返る。
これぞ竜ヶ岳の風景!
2
鈴鹿の女王に相応しい光景ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿の女王に相応しい光景ですね。
5
青空の下のトレイル。吹き抜ける風が心地よくて快適に歩けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空の下のトレイル。吹き抜ける風が心地よくて快適に歩けました。
1
遠足尾根はぐるっと廻り込んでいるので山頂を色々な方向から眺めることができます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠足尾根はぐるっと廻り込んでいるので山頂を色々な方向から眺めることができます。
1
治田峠方面への分岐。
そういえばまだ静ヶ岳には行ったことが無かったなあ。
また今度行ってみよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
治田峠方面への分岐。
そういえばまだ静ヶ岳には行ったことが無かったなあ。
また今度行ってみよう。
また違う角度から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また違う角度から。
1
金山尾根の下り口。下りに使うなら遠足よりも距離が短そうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山尾根の下り口。下りに使うなら遠足よりも距離が短そうです。
1
まだまだ尾根上の歩きが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ尾根上の歩きが続きます。
1
少しだけミツバツツジが咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけミツバツツジが咲いていました。
こちらはカタクリの花。遠足尾根の中間部で沢山咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはカタクリの花。遠足尾根の中間部で沢山咲いていました。
3
稜線から降りる前にパノラマで撮ってみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から降りる前にパノラマで撮ってみました。
こちらは縦のパノラマ。木漏れ日の中を歩けて心地よい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは縦のパノラマ。木漏れ日の中を歩けて心地よい。
ここから本格的に樹林帯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから本格的に樹林帯。
岩々したところも越えていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩々したところも越えていく。
137番から先はまた風景が一変します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
137番から先はまた風景が一変します。
ヒノキの植樹林。下の方は杉の木でしたが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒノキの植樹林。下の方は杉の木でしたが。
岩山が中間地点くらいかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩山が中間地点くらいかな。
はい、林道に戻ってきました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、林道に戻ってきました!
ただいまー。入山届を回収し、下山時刻を記入して提出。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただいまー。入山届を回収し、下山時刻を記入して提出。
いやー最高だったな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやー最高だったな。
落合橋の駐車場も残り数台になっていました。
今日はタナボタ的にいい山行ができてラッキーでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合橋の駐車場も残り数台になっていました。
今日はタナボタ的にいい山行ができてラッキーでした。

感想/記録

昨夜がかなりの暴風雨でしたので、翌日の今日も天気は悪いだろうと思い、山に行くのは諦めていましたが、朝起きてビックリ。これ以上無いほどの快晴じゃないですか!まったくプランを練っていなかったのですが、竜ヶ岳なら登山口までの移動時間を考慮してもまだ余裕がありそうだったので、そそくさと準備をして家を出ました。
当初、石槫峠からの最短コースで景色だけ眺めに行こうかと思っていましたが、そういえば竜ヶ岳の登山コースの中で中道だけはまだ歩いていなかったことに気付き、急遽中道からのルートとしました。
今日は日差しが強かったものの、沢沿いは涼しい風が通っていて、暑さを感じずに登ることができました。
シロヤシオはまだ全く咲いていません。見頃は2、3週間後くらいかな。
訪問者数:469人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ