ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861842 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

斑尾山(大池コース)

日程 2016年05月04日(水) [日帰り]
メンバー Kitara
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
豊田飯山インターから林道途中の大池登山口まで10キロ強。大池を抜けた北側から林道に入った方が林道走行は少なくて済む。大池登山口付近には7〜8台は駐車可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間5分
休憩
1時間55分
合計
4時間0分
Sスタート地点13:4114:28斑尾山14:3914:47大明神岳16:1416:20斑尾山16:52斑尾山17:0917:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
14:31 斑尾山
14:47〜16:14 大明神岳
コース状況/
危険箇所等
登山道はよく整備されており、要所に標識もあるので迷う心配はない。東側の大池コースは稜線に出るまでかなりの急登が続くので、特に下山時は歩幅を小さくするなどして足を滑らせないように注意。大明神岳には標識がないので、西側の荒瀬原コースから大明神岳に直登した場合には、山頂に2本ある下山路を間違えないように注意(万一間違えても、同じ林道には出られる)。
その他周辺情報大池のすぐ側にまだらおの湯があり、5時前は450円、5時以降は250円で入浴できる。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

大池登山口からいきなり急登が始まる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池登山口からいきなり急登が始まる
山桜がまだ残っていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜がまだ残っていた
明るい稜線歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい稜線歩き
意外と地味な山頂標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外と地味な山頂標識
展望抜群の大明神岳へは300m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望抜群の大明神岳へは300m
山頂から唯一開けた東側の志賀の山並み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から唯一開けた東側の志賀の山並み
すぐ隣の大明神岳にも山頂の表示がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ隣の大明神岳にも山頂の表示がある
野尻湖越しの北信五岳。左に飯綱山、中央に戸隠山、右に黒姫山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野尻湖越しの北信五岳。左に飯綱山、中央に戸隠山、右に黒姫山
1
左に黒姫山、右に妙高山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に黒姫山、右に妙高山
山桜を入れて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜を入れて
斑尾山を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斑尾山を振り返る
志賀高原方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
志賀高原方面
若芽を入れて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若芽を入れて
だいぶ陽が傾いてきて野尻湖の湖面がまぶしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ陽が傾いてきて野尻湖の湖面がまぶしい
北尾根分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根分岐点
北尾根分岐点の間のコルから東側の展望が広がる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根分岐点の間のコルから東側の展望が広がる
北側からの山頂全景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側からの山頂全景
西陽を受けて稜線の陰影が濃くなってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西陽を受けて稜線の陰影が濃くなってきた
西陽にきらめく広葉樹を通って気持ちよく下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西陽にきらめく広葉樹を通って気持ちよく下山
東尾根に斑尾山の山体が影を落としていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根に斑尾山の山体が影を落としていた

感想/記録
by Kitara

昼前からぐんぐん晴れてきたので、午後ほど空気が澄むことを期待して短時間で登れる斑尾山(信州百名山)へ。
東側の大池登山口の標高は既に1000mを超えており、頂上までの標高差はわずか400m弱。
大池コースはいきなり急登が始まり、全くジグを切っていないので、かなりきつい登りに感じるが、その分効率はよい。
急登を登り切ると、山頂までは緩い快適な稜線歩きとなる。樹木はまだ葉をつけておらず、ひたすら明るい稜線歩き。北信濃の春は遅い。
斑尾山山頂からは東側が開けているが、樹木が伸びていて思ったほど展望は良くない。
ほど近い大明神岳へ移動すると、野尻湖越しに北信五岳が一望できる素晴らしい大展望が広がる。休憩するなら大明神岳が好適地。
のんびり過ごしてから斑尾山に戻り、北尾根の分岐点まで進んでみる。分岐点では展望は得られないが、途中のコル付近で山頂よりも幾分開けた東側の展望が広がる。西陽を受けた志賀の山並みが美しい。
結局5時を過ぎてから下山を始めたが、日が長く温暖なこの時期ならではの贅沢な夕景を楽しむことができた。
大明神岳から俯瞰する野尻湖と北信五岳はまさしく絶景で、午前中の方が順光となるので景色がより楽しめそうだが、今日のような午後ほど天候が回復する日の昼下がりにハイキング気分で登るのもまた楽しい。
訪問者数:280人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 コル 直登 高原 ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ