ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861956 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

にゅう・白駒池・高見石・丸山・中山

日程 2016年05月04日(水) [日帰り]
メンバー heinai
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
稲子湯先のみどり池入口(唐沢橋ゲート前)に無料駐車スペースあり。
ナビでは稲子湯を目指す。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間0分
休憩
52分
合計
8時間52分
Sミドリ池入口06:3108:32白樺尾根分岐08:3409:08ニュウ09:1010:17青苔荘10:2210:28白駒荘10:3011:04高見石11:1311:27丸山12:48中山展望台13:1613:20中山13:41中山峠13:4414:28中山峠・本沢温泉分岐14:33ミドリ池14:3415:23ミドリ池入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
みどり池入口に登山ポストありました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

写真1
みどり池入口駐車スペース
2016年05月04日 06:32撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真1
みどり池入口駐車スペース
3
写真2
シャクナゲ尾根登山口
2016年05月04日 06:32撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真2
シャクナゲ尾根登山口
2
写真3
乳(にゅう)になっていました。
2016年05月04日 06:53撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真3
乳(にゅう)になっていました。
3
写真4
白樺尾根とシャウナゲ尾根の交差点
そのまま白駒池に向かう予定だったが、欲を出して「にゅう」へ立ち寄っていく事にした。
2016年05月04日 08:33撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真4
白樺尾根とシャウナゲ尾根の交差点
そのまま白駒池に向かう予定だったが、欲を出して「にゅう」へ立ち寄っていく事にした。
2
写真5
にゅう
2016年05月04日 09:12撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真5
にゅう
2
写真6
三等三角点
基準点名は「乳岩」です。
2016年05月04日 09:08撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真6
三等三角点
基準点名は「乳岩」です。
2
写真7
「にゅう」から
白駒池が見える。
2016年05月04日 09:09撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真7
「にゅう」から
白駒池が見える。
4
写真8
「にゅう」から
天狗岳方面は雲の中
2016年05月04日 09:09撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真8
「にゅう」から
天狗岳方面は雲の中
2
写真9
「にゅう」から東を望む
2016年05月04日 09:10撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真9
「にゅう」から東を望む
3
写真10
白駒池UP
2016年05月04日 09:11撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真10
白駒池UP
2
写真11
「にゅう」から白駒池へ下ります。
所々融けた雪が凍っているので厄介
2016年05月04日 09:48撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真11
「にゅう」から白駒池へ下ります。
所々融けた雪が凍っているので厄介
2
写真12
湿原が現れた。
2016年05月04日 09:59撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真12
湿原が現れた。
2
写真13
白駒湿原というらしい。
2016年05月04日 10:00撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真13
白駒湿原というらしい。
2
写真14
青苔荘
ここで水を補給、井戸水だそうです。
2016年05月04日 10:21撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真14
青苔荘
ここで水を補給、井戸水だそうです。
2
写真15
対岸に白駒荘
2016年05月04日 10:22撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真15
対岸に白駒荘
3
写真16
白駒荘
2016年05月04日 10:29撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真16
白駒荘
3
写真17
白駒荘前の桟橋より
2016年05月04日 10:30撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真17
白駒荘前の桟橋より
6
写真18
高見石小屋
白駒池から高見石は残雪の道を結構登ります。
2016年05月04日 11:06撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真18
高見石小屋
白駒池から高見石は残雪の道を結構登ります。
3
写真19
高見石より白駒池
2016年05月04日 11:10撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真19
高見石より白駒池
4
写真20
高見石より高見石小屋を見下ろす。
2016年05月04日 11:10撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真20
高見石より高見石小屋を見下ろす。
2
写真21
高見石より中山
2016年05月04日 11:11撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真21
高見石より中山
2
写真22
高見石より丸山(たぶん)
2016年05月04日 11:12撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真22
高見石より丸山(たぶん)
2
写真23
丸山への登り
2016年05月04日 11:20撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真23
丸山への登り
2
写真24
丸山
展望はあまり良くなかった。
2016年05月04日 11:28撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真24
丸山
展望はあまり良くなかった。
2
写真25
高見石から中山へ
2016年05月04日 11:48撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真25
高見石から中山へ
2
写真26
中山への登りがなんとも長い。
2016年05月04日 12:22撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真26
中山への登りがなんとも長い。
6
写真27
中山展望台より
遥かに見えるは中央アルプスか。
2016年05月04日 12:51撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真27
中山展望台より
遥かに見えるは中央アルプスか。
4
写真28
中山展望台より天狗岳
2016年05月04日 12:53撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真28
中山展望台より天狗岳
4
写真29
中山展望台より、右は蓼科山
2016年05月04日 13:01撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真29
中山展望台より、右は蓼科山
4
写真30
中山山頂から少し下ったら展望の良い所があった。
中央は「にゅう」か?
2016年05月04日 13:24撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真30
中山山頂から少し下ったら展望の良い所があった。
中央は「にゅう」か?
4
写真31
「にゅう」をUP
2016年05月04日 13:24撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真31
「にゅう」をUP
2
写真32
中山峠へ、ここから中山峠までは緩やかな道。
2016年05月04日 13:28撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真32
中山峠へ、ここから中山峠までは緩やかな道。
4
写真33
中山峠手前の展望所から天狗岳、硫黄岳
2016年05月04日 13:38撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真33
中山峠手前の展望所から天狗岳、硫黄岳
3
写真34
中山峠
2016年05月04日 13:41撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真34
中山峠
2
写真35
中山峠からの下り
いきなりクサリ場でかなりの急勾配
2016年05月04日 13:44撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真35
中山峠からの下り
いきなりクサリ場でかなりの急勾配
2
写真36
ひとしきり下ると、後は緩やかな道となる。
2016年05月04日 14:25撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真36
ひとしきり下ると、後は緩やかな道となる。
2
写真37
夏沢峠への分岐点
2016年05月04日 14:30撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真37
夏沢峠への分岐点
2
写真38
みどり池
2016年05月04日 14:35撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真38
みどり池
2
写真39
しらびそ小屋
2016年05月04日 14:35撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真39
しらびそ小屋
2
写真340
みどり池入口に戻ってきた。
2016年05月04日 15:23撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真340
みどり池入口に戻ってきた。
2
撮影機材:

感想/記録
by heinai

朝、みどり池入口に到着した時雨だったので、しばらく待ってから出発しましたが、小雨の中のスタートとなりました。
シャクナゲ尾根はあまり多くの登山者が通るような感じではなくひっそりとした感じで、さらに変化に富み好印象でした。(小雨が降っていたためかも?)
コース全体の感想としては、残雪の多く残っている所もあり、また融けた雪が凍った物がまだらに残ったような所が多く、滑るので気を使いました。
チェーンスパイクを忘れていったのですが、他の登山者もほとんどの方が何も付けずに歩いておりました。
中山峠展望台は眺望が素晴らしかったですが、当日は非常に風が強く寒かったです。
にゅう、高見石、中山展望台は、いずれも眺望良くお勧めです。

以前、日記に「にゅう」の名前の由来について書きましたが。
http://www.yamareco.com/modules/diary/41125-detail-118647
シャクナゲ尾根にあった道標には 「乳(にゅう)」とありました。
な〜んだ、ここ歩いたことある人ならみな知ってんじゃん、と思っていたら。
「にゅう」から白駒池に向かう途中では「ニュー中山」と「ニュー中山峠」という表記の道標を発見、なんだコリャ?
また、白駒池近くでは「にぅ」とありました。

今回、山行の前に「定本 北八ッ彷徨」山口耀久 著 を読みました。
古きよき時代の北八ッについて書かれたものですが、大変興味深く参考になりました。
訪問者数:555人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2091
2016/5/5 22:21
 白駒池はこの時期水がキレイですね
heinaiさん こんばんはpaper

夏の白駒池は茶色っぽいですが、やはり雪解け水により水がキレイ
まだ、残雪あるとはオッサンには難しそうsweat01
にゅうですが、heinaiさんの説もありですよ!
オッサンも調べましたが、2つ説があるようです。
どれが正しいか、名づけた人しかわかりませんね〜
登録日: 2012/11/26
投稿数: 230
2016/5/6 20:50
 Re: 白駒池はこの時期水がキレイですね
こんばんはコメントありがとうございます。
池は青々としており綺麗でした、いつもそうかと思っていました。
「乳(にゅう)」と書かれた道標を見た時は「おまえそんな事も知らんかったのか」と言われた気分でした。
「ニュー中山」(「ニュー」と「中山」の間はどう見てもきれてない)を見たときには笑えました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ