ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861960 全員に公開 ハイキング京都・北摂

大原から強風の尾根を歩いて北白川まで

日程 2016年05月04日(水) [日帰り]
メンバー yjin
天候晴れ(尾根は強風だった)
アクセス
利用交通機関
バス
行き 京都ハバス 川端丸太町から大原
帰り 北白川別当町から河原町丸太町
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
44分
合計
9時間14分
S大原バス停08:1508:45音無滝(一の滝)08:5008:58二の滝09:0409:18三の滝09:2509:55大尾山09:5710:35小野山10:58仰木峠11:41水井山11:4312:02横高山12:14玉体杉12:2513:30お地蔵さんのある展望地13:3413:48比叡山13:5014:10ケーブル延暦寺14:1114:29裳立山15:02明王堂16:08掛橋石鳥居16:1116:51瓜生山16:5217:12茶山 東山三十六峰17:21北白川山 東山三十六峰17:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所は無い。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

今日は京都バスの大原バス停から出発。説明文によると先ず呂川を辿り律川に回り音無しの滝に向かう事になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は京都バスの大原バス停から出発。説明文によると先ず呂川を辿り律川に回り音無しの滝に向かう事になる。
音無しの滝。一つ目の滝なので一の滝とも言うらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音無しの滝。一つ目の滝なので一の滝とも言うらしい
滝の上側には僅かであるが九輪草が咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の上側には僅かであるが九輪草が咲いていた。
二の滝。登山道からはよく見えない。ザックを下ろし谷まで降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の滝。登山道からはよく見えない。ザックを下ろし谷まで降りる。
滝は三段になり流れ落ちている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝は三段になり流れ落ちている。
上側の二段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上側の二段。
登山道脇に山椒が生えていた。葉っぱを囓ると美味しかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇に山椒が生えていた。葉っぱを囓ると美味しかった。
この辺りは谷を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは谷を歩く。
三の滝を下から眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の滝を下から眺める。
滝の巻き道は立派な階段があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の巻き道は立派な階段があった。
要所に金属の鎖が設置されていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要所に金属の鎖が設置されていた。
三の滝を上側から見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の滝を上側から見る。
滝を越えて遡るとなぜか三椏が生えている。子供の頃、田舎では和紙のの原料として栽培していた。幹が三つに分かれているので子供の力では皮がむけなかった思い出がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝を越えて遡るとなぜか三椏が生えている。子供の頃、田舎では和紙のの原料として栽培していた。幹が三つに分かれているので子供の力では皮がむけなかった思い出がある。
ずっと以前ここを訪れた時、九輪草が群生していたのに今は葉っぱも無い。大雨で流れてしまったのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと以前ここを訪れた時、九輪草が群生していたのに今は葉っぱも無い。大雨で流れてしまったのだろうか。
大尾山、童髥山、梶山など諸説有る山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大尾山、童髥山、梶山など諸説有る山。
小野山の中心部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小野山の中心部。
二つに割れた杉。こんなのは初めて見た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つに割れた杉。こんなのは初めて見た。
仰木峠手前の見晴らしの良い所から琵琶湖を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仰木峠手前の見晴らしの良い所から琵琶湖を望む。
仰木峠に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仰木峠に到着。
水井山手前の西斜面。自然林の緑が美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水井山手前の西斜面。自然林の緑が美しい。
ツツジが彩りを添える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジが彩りを添える。
水井山三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水井山三角点。
山頂の風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の風景。
玉体杉からの京都の眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉体杉からの京都の眺め
玉体杉。ここでお昼にしたが北風がきつかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉体杉。ここでお昼にしたが北風がきつかった。
偶然撮れたが今日は強風で小さな花は殆ど撮れなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偶然撮れたが今日は強風で小さな花は殆ど撮れなかった。
2
5月28日にトレイルランがあるらしい。1,200人とか、当日はこのルートを歩かない方が無難のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5月28日にトレイルランがあるらしい。1,200人とか、当日はこのルートを歩かない方が無難のようです。
牧水の歌碑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧水の歌碑。
見晴らし台から横高山を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らし台から横高山を振り返る。
つつじヶ丘のツツジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじヶ丘のツツジ。
比叡山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比叡山山頂。
比叡山ドライブウエイ近くの古いお墓。見事な杉の木がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比叡山ドライブウエイ近くの古いお墓。見事な杉の木がある。
ケーブルカーの駅脇を降りて紀貫之のお墓の方へ行ってみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブルカーの駅脇を降りて紀貫之のお墓の方へ行ってみる。
歩き易い尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き易い尾根道。
途中にあった景観説明板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にあった景観説明板。
回りの木が育ちすぎて登っても景色など全く見えない。壊れたブランコもあるのでかっては子供の遊び場だったのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回りの木が育ちすぎて登っても景色など全く見えない。壊れたブランコもあるのでかっては子供の遊び場だったのかな?
さすが今でも土佐と関係が深いんだな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすが今でも土佐と関係が深いんだな。
紀貫之のお墓。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀貫之のお墓。
ここから再び東海道自然歩道に登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから再び東海道自然歩道に登り返す。
合流地点の道は広かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流地点の道は広かった。
なかなかはっきりした良い道だ。道中、何人もの下山者とすれ違った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかはっきりした良い道だ。道中、何人もの下山者とすれ違った。
東海道自然歩道に復帰した。この後通過した無動谷?では三本程の九輪草が咲いていた。ここも無残な状態だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海道自然歩道に復帰した。この後通過した無動谷?では三本程の九輪草が咲いていた。ここも無残な状態だった。
自然歩道に二つある石鳥居。明治の年号が入っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然歩道に二つある石鳥居。明治の年号が入っている。
やっと桜茶屋まで帰って来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと桜茶屋まで帰って来た。
修学院離宮横を流れる音羽川上流でやっと九輪草の群落と出会えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
修学院離宮横を流れる音羽川上流でやっと九輪草の群落と出会えた。
1
藤の花も見頃。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤の花も見頃。
途中の見晴らし台から大文字火床。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の見晴らし台から大文字火床。
平安神宮の大鳥居。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平安神宮の大鳥居。

感想/記録
by yjin

今日は二つの目的を持ってのハイキングだった。
一つは九輪草を見る事。以前、三千院から谷を遡れば沢山九輪草があった。しかし今回は無残なものだった。多分大雨で流れてしまったのだろう。大原も比叡山の無動谷?も殆ど無いに等しかった。

ただ、音羽川もかっての大雨の後殆ど見なかったのに今回はかなり増えていた。それだけが救いだった。

二つ目はlagrangeさんの日記にあったメマトイ(目の前を飛ぶ小さな虫)撃退法の実践だった。コンビニで買ったミンティアを持って勇んで出かけたが、一日吹いた強風で虫など一匹も出なかった。残念、次回に持越となった。

今日の強風は怖い風だった。枯れ木のある所では特に気をつけて歩いた。青い葉っぱを付けた枝でもかなり大きめのものが折れていたし小さいものはぱらぱらと落ちてきた。

訪問者数:214人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ