ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 862300 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

有明山(有明山神社 奥大宮&里宮参拝)

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー hotten
天候晴れ、朝の内多少風が吹いたが7時頃からほぼ無風。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:安曇野IC(03:35)−県道310号−柏矢町−国道147号−穂高駅入口−県道309号−穂高駅前−県道308号−県道25号−宮城−県道327号−観音峠−信濃坂−有明荘−安曇野市営第三駐車場(04:30/29km)

復路:安曇野市営第三駐車場(13:05/29km)−県道327号−表参道登山口(39km)−有明山神社(41.4km)−<健康センター/日帰り温泉>−県道327号−宮城−県道25号−北穂高−国道147号−柏矢町−県道310号−安曇野IC(15:15/62km)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

04:50 安曇野市営第三駐車場(有明荘裏)出発
05:06 三段の滝分岐
05:56 四合目
06:42 六合目
07:27 八合目
07:45 九合目(山頂稜線分岐)
07:59 有明山北岳山頂 08:05
08:14 有明山中岳山頂 08:21
08:42 有明山南岳山頂(有明神社奥大宮)小休止 09:04
09:39 有明山北岳山頂
10:10 九合目山頂稜線分岐
-<30分ほど寄り道>-
10:43 九合目山頂稜線分岐(有明荘へ下山)
12:41 三段の滝分岐
12:53 安曇野市営第三駐車場帰着 13:05
-<県道327号線車移動>-
13:40 有明山神社里宮
コース状況/
危険箇所等
■安曇野ICー安曇野市営第三駐車場
県道327号線(槍ヶ岳矢村線)は、一ノ瀬第四発電所を過ぎた頃から道幅が狭くなり、すれ違い困難な場所がいくつかありますので、ライトを点灯して待避所をうまく使って対向車を交わしましょう。
安曇野市営第三駐車場(無料)は有明荘を過ぎてすぐに右折し、有明荘の裏手にあります。30台程度が駐車可能です。

■有明山登山口ー有明山北岳
有明山の登山口は駐車場の北東側隅にあります。
登山道は山腹の急登やトラバースの連続で、特別に歩きやすいように整備されているわけではないので、かなりキツイ部類の登山道です。
急登には全般的にお助けロープの設置があり、要所にはハシゴがあります。ただし、いつ付けられたか判らない古いものありますので、注意してください。
トラバース道や危険箇所には、比較的新しいクサリが設置されていました。
昔は登山道が薄く、枯れ葉などが積もると不明瞭な箇所がいくつかあったのですが、今はピンクテープが豊富に付けられていて、迷うことは無いと思います。
登山道の枯れ葉の下は土で、雨が降った後は特に下りで滑りやすいので注意してください。

■有明山北岳ー有明山南岳(奥社)
北岳の山頂にはステンレス製の鳥居と有明山神社の祠があります。祠の裏先には有明山最高点と思われる三角点と判別不明の山頂標のようなものがあります。
祠のところに北岳山頂から中岳山頂まで0.2kmの標記がありますが、南岳山頂までの標記は見当たりません。
北岳から先は目印も減って、多少藪漕ぎがあります。北岳の最高点で引き返す人が多いのでしょうか。
中岳にも祠(中岳本殿)があり、三つの中では一番立派だと思います。南岳の奥社(南岳本殿)へは残雪や雪庇を避けるため更に藪漕ぎがひどくなります。雪が消えると歩きやすいのかもしれませんが、刈り払いなどは行われていないので、木々を押し分けて歩くようです。
その他周辺情報有明荘にも、県道327号線沿いにも日帰り温泉はありますが、今回は有明山神社里宮に参拝した後、参道の手前にある中房の天然温泉「保健センター」で入浴しました。
http://naganoiro.com/hotakahokencenter/
この温泉はだれでも入浴でき、料金は300円と安いのですが、石鹸やシャンプーなどはありませんので持参する必要があります。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

有明山の登山口は有明荘の裏にある第三駐車場にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明山の登山口は有明荘の裏にある第三駐車場にあります。
1
登山口から見た安曇野市営第三駐車場です。30台程度駐車できそうです。すぐ横にヘリポートもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から見た安曇野市営第三駐車場です。30台程度駐車できそうです。すぐ横にヘリポートもあります。
2
中房口(第二駐車場)から来る登山道と合流する辺りから急登が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房口(第二駐車場)から来る登山道と合流する辺りから急登が始まります。
3
四合目(05:56)
この登山道にも※合目と書かれた石柱がありましたが、四合、六合、八合、九合の4柱しか確認できませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目(05:56)
この登山道にも※合目と書かれた石柱がありましたが、四合、六合、八合、九合の4柱しか確認できませんでした。
2
登山道は急登があったりトラバースがあったり多彩ですが大半にお助け類が設置されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は急登があったりトラバースがあったり多彩ですが大半にお助け類が設置されています。
9
木々の間から常念岳方面の稜線が見えました。一部分だけで全体が見えないのですが、横通岳のような気がします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から常念岳方面の稜線が見えました。一部分だけで全体が見えないのですが、横通岳のような気がします。
11
登山道は昔と比べてそれほど整備されてはいないようですが、新しいピンクテープが頻繁に付けられているので道迷いは心配ないと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は昔と比べてそれほど整備されてはいないようですが、新しいピンクテープが頻繁に付けられているので道迷いは心配ないと思います。
3
危険箇所には比較的新しいクサリが設置されていますので、以前に比べ難易度はかなり下がったように思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険箇所には比較的新しいクサリが設置されていますので、以前に比べ難易度はかなり下がったように思います。
5
樹林帯であまり展望はよくないのですが、ときどき木々の間から常念山脈が見えます。左奥の山が常念岳のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯であまり展望はよくないのですが、ときどき木々の間から常念山脈が見えます。左奥の山が常念岳のようです。
10
チョットアップに、奥に常念岳と横通岳です。強風は収まったようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョットアップに、奥に常念岳と横通岳です。強風は収まったようです。
34
登山道の難易度はだいぶ下がったように思いますが、頭上を見上げるといつ落ちてもおかしくないような大岩がゴロゴロしていますので、頭上に注意して素早く通過しましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の難易度はだいぶ下がったように思いますが、頭上を見上げるといつ落ちてもおかしくないような大岩がゴロゴロしていますので、頭上に注意して素早く通過しましょう。
7
九合目(07:27)
この石柱を過ぎると清水岳から有明山へ続く稜線に出ます。有明山へは右手(南東)へ向かいます。ピンクテープや標識が頻繁にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目(07:27)
この石柱を過ぎると清水岳から有明山へ続く稜線に出ます。有明山へは右手(南東)へ向かいます。ピンクテープや標識が頻繁にあります。
3
有明山に向かって稜線の左側(北側)には豊富な残雪があります。裏参道は南側のために残雪は少なかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明山に向かって稜線の左側(北側)には豊富な残雪があります。裏参道は南側のために残雪は少なかったです。
2
稜線に出ると北側の展望が開けてきます。正面奥の白い山はチョット靄っていますが鹿島槍ヶ岳のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると北側の展望が開けてきます。正面奥の白い山はチョット靄っていますが鹿島槍ヶ岳のようです。
2
アップにしてみると、餓鬼岳への稜線大凪山の奥に見える白い山は蓮華岳のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップにしてみると、餓鬼岳への稜線大凪山の奥に見える白い山は蓮華岳のようです。
18
チョット靄っていますが、よく見ると鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳辺りまで見えます。白馬も何となく...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョット靄っていますが、よく見ると鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳辺りまで見えます。白馬も何となく...
32
餓鬼岳です。餓鬼岳に登ったのは30年も前になります。ここ有明山からはかなり近くに見えます。手前の尾根は東沢岳に続く稜線のようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳です。餓鬼岳に登ったのは30年も前になります。ここ有明山からはかなり近くに見えます。手前の尾根は東沢岳に続く稜線のようです
7
有明山の北岳山頂に着きました。ステンレス製の鳥居がありましたが、避雷針を兼ねているようです。いつ頃出来たんだろうか...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明山の北岳山頂に着きました。ステンレス製の鳥居がありましたが、避雷針を兼ねているようです。いつ頃出来たんだろうか...
14
有明山北岳にある祠です。北岳が有明山の最高点ですので、北岳本殿に御神体が祭られているのでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明山北岳にある祠です。北岳が有明山の最高点ですので、北岳本殿に御神体が祭られているのでしょうか。
9
山頂からの安曇野の展望ですが、チョット靄っていて残念です。奥の山並みは頸城のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの安曇野の展望ですが、チョット靄っていて残念です。奥の山並みは頸城のようです。
4
三角点にポチッとして中岳に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点にポチッとして中岳に向かいます。
6
山頂稜線は樹林帯の中ですが、そこそこ展望はあります。燕岳からの表銀座縦走コースです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂稜線は樹林帯の中ですが、そこそこ展望はあります。燕岳からの表銀座縦走コースです。
6
大天井岳です。南中川谷は怖そうですが、東大天井岳に突き上げる尾根は山頂直下は厳しそうですが何となくそそられます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳です。南中川谷は怖そうですが、東大天井岳に突き上げる尾根は山頂直下は厳しそうですが何となくそそられます。
25
有明山中岳山頂にある祠です。北岳、中岳、南岳にそれぞれ祠がありますが、中岳本殿が一番立派に見えました。本殿左側にある鐘はいい音がします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明山中岳山頂にある祠です。北岳、中岳、南岳にそれぞれ祠がありますが、中岳本殿が一番立派に見えました。本殿左側にある鐘はいい音がします。
7
さて南岳に向かいます。この先はトレースはありません。登山道の残雪は気温の上昇とともに緩んできて、踏み抜きも増えてきたので、ここは右手の藪に突っ込みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて南岳に向かいます。この先はトレースはありません。登山道の残雪は気温の上昇とともに緩んできて、踏み抜きも増えてきたので、ここは右手の藪に突っ込みました。
3
南岳で振り返った中岳の方向ですが、登山道に木々が覆い被さって歩きにくいです。目印も少ないので登山道を踏み外さないように...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳で振り返った中岳の方向ですが、登山道に木々が覆い被さって歩きにくいです。目印も少ないので登山道を踏み外さないように...
4
南岳にある奥社(奥大宮)です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳にある奥社(奥大宮)です。
3
お供えは池田町の山の酒「大雪渓」とドライです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お供えは池田町の山の酒「大雪渓」とドライです。
10
お下がりのドライは御神酒として頂き、神様の霊力も頂きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お下がりのドライは御神酒として頂き、神様の霊力も頂きます。
18
南岳からも大天井岳がきれいに見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳からも大天井岳がきれいに見えます。
2
他に参拝者は来る気配はありません。いろいろな祈願をしました奥大宮、大雪渓は奉納品として残していきます。これから下山をして有明山神社の里宮へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
他に参拝者は来る気配はありません。いろいろな祈願をしました奥大宮、大雪渓は奉納品として残していきます。これから下山をして有明山神社の里宮へ向かいます。
5
中岳に戻る途中で見えた横通岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳に戻る途中で見えた横通岳。
2
南岳の山頂は樹林の中ですが、展望のためか西側の木々が一部切り払われています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳の山頂は樹林の中ですが、展望のためか西側の木々が一部切り払われています。
2
右から大天井岳、東大天井岳、横通岳へと続く稜線です。この好天ですからたくさんの人が歩いているでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から大天井岳、東大天井岳、横通岳へと続く稜線です。この好天ですからたくさんの人が歩いているでしょう。
13
大天井岳をアップにしてみました。山頂の左側に大天荘が見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳をアップにしてみました。山頂の左側に大天荘が見えています。
13
横通岳のアップです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横通岳のアップです。
8
合戦尾根をアップにしてみました。合戦小屋と燕山荘が見えます。拡大して見ると合戦尾根には20人以上の登山者が登っているのが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦尾根をアップにしてみました。合戦小屋と燕山荘が見えます。拡大して見ると合戦尾根には20人以上の登山者が登っているのが見えます。
20
燕岳方面の展望です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳方面の展望です。
3
北岳に戻ってきました。有明山の最高点は祠の裏を中岳方向にチョット行ったところにあります。三角点と判読不明の山頂標のようなものが立っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳に戻ってきました。有明山の最高点は祠の裏を中岳方向にチョット行ったところにあります。三角点と判読不明の山頂標のようなものが立っています。
4
祠の前にある道標です。馬羅尾沢には行ったことがないので、いつか歩いてみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠の前にある道標です。馬羅尾沢には行ったことがないので、いつか歩いてみたいです。
2
北岳の山頂の様子、祠とステンレスの鳥居です。表参道は鳥居の場所から右手に下ります。有明荘へは稜線沿いに左手方向へ...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳の山頂の様子、祠とステンレスの鳥居です。表参道は鳥居の場所から右手に下ります。有明荘へは稜線沿いに左手方向へ...
4
手前P2238から清水岳、東餓鬼岳、東沢岳から餓鬼岳へ続く稜線です。昔、冬期にこの稜線を縦走する計画を立てましたが、実現していません。チョット寄り道をしてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前P2238から清水岳、東餓鬼岳、東沢岳から餓鬼岳へ続く稜線です。昔、冬期にこの稜線を縦走する計画を立てましたが、実現していません。チョット寄り道をしてきます。
3
九合目の分岐を下らずに、稜線を登ってきました。歩く人はわずかにいるようで、薄い踏み跡のようなものはあります。藪漕ぎもそれほどひどくはありません。古い目印のようなものもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目の分岐を下らずに、稜線を登ってきました。歩く人はわずかにいるようで、薄い踏み跡のようなものはあります。藪漕ぎもそれほどひどくはありません。古い目印のようなものもあります。
2
P2283の手前ですが、一息付けるピークに出ました。寄り道はここまでです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2283の手前ですが、一息付けるピークに出ました。寄り道はここまでです。
3
ピークの木々がチョット邪魔ですが有明山です。ここから見ると均整の取れた山頂を構成する北岳、中岳、南岳の三ピークが見渡せます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークの木々がチョット邪魔ですが有明山です。ここから見ると均整の取れた山頂を構成する北岳、中岳、南岳の三ピークが見渡せます。
2
馬羅尾山の稜線の奥に餓鬼岳が近いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬羅尾山の稜線の奥に餓鬼岳が近いです。
5
このピークは西側の展望もマズマズです。大天井岳の稜線を最後に下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このピークは西側の展望もマズマズです。大天井岳の稜線を最後に下山します。
11
ワカンにピッケル、12爪アイゼンも持ってきましたが、出番はありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワカンにピッケル、12爪アイゼンも持ってきましたが、出番はありませんでした。
10
九合目から2時間ほどで登山口に戻ってきました。急坂が多く結構足に応えました。雨で濡れた登山道はよく滑りました。3、4回尻餅をつきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目から2時間ほどで登山口に戻ってきました。急坂が多く結構足に応えました。雨で濡れた登山道はよく滑りました。3、4回尻餅をつきました。
2
この時期は満杯かと思った駐車場は結構空きがあります。恐らく第一、第二駐車場は満杯で路駐もしているでしょう。ここから中房までたいした距離ではないので、第三はお薦めです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期は満杯かと思った駐車場は結構空きがあります。恐らく第一、第二駐車場は満杯で路駐もしているでしょう。ここから中房までたいした距離ではないので、第三はお薦めです。
2
県道327号線を10kmほど下ってくると、黒川沢沿いに表参道の登山口があります。当初、表参道から裏参道へ下る案も考え、MTBを積んできたのですが、雪解けか雨のためか中房川や黒川沢が濁っていたので、水量が多いと考え表参道は止めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道327号線を10kmほど下ってくると、黒川沢沿いに表参道の登山口があります。当初、表参道から裏参道へ下る案も考え、MTBを積んできたのですが、雪解けか雨のためか中房川や黒川沢が濁っていたので、水量が多いと考え表参道は止めました。
2
有明山神社の里宮です。有明荘から県道327号線を15kmほど下ったところにあります。GWだというのに参拝者は誰もいません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明山神社の里宮です。有明荘から県道327号線を15kmほど下ったところにあります。GWだというのに参拝者は誰もいません。
5
こちらはお賽銭を弾んでいろいろ祈願をしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはお賽銭を弾んでいろいろ祈願をしました。
6
有明山神社の鳥居手前の参道の左側に...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明山神社の鳥居手前の参道の左側に...
3
無料の駐車場があり、元穂高町の保健センターがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無料の駐車場があり、元穂高町の保健センターがあります。
5
この温泉は300円と安く、誰でも入ることはデキますが、タオル、石鹸、シャンプーなどは自分で用意する必要があります。中房の天然温泉、いいお湯です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この温泉は300円と安く、誰でも入ることはデキますが、タオル、石鹸、シャンプーなどは自分で用意する必要があります。中房の天然温泉、いいお湯です。
6

感想/記録
by hotten

半年ほどヤマレコをお休みしたが、そろそろ復活できそうな状況になったので、ヤマレコ復活の前に安曇野の山岳信仰の神社「有明山神社」に参拝に行くことにした。

当初、5月1日に黒川沢の表参道から有明山の山頂に登り、南岳の奥大宮に参拝をして、下山は裏参道から有明荘に下り、MTBで槍ヶ岳矢村線(県道327号)を10km駆け下りて表参道登山口に戻ってくる予定だった。

ところがチェックしていた前々日の天気図から、強風が残りそうな雰囲気だったので、5月1日の午後、様子見に有明荘までドライブをしてみた。
穂高の山麓でも結構風があるので、山頂はもっと吹いているだろう。
気になったのは中房川の濁りというより黒川沢の濁り、雨も降ったというし、雪解けで水量が多いかもしれない。
この時点で表参道は止め、裏参道からのピストンに変更した。
しかし有明荘からの裏参道の登りは結構キツイ印象がある。登山道も不鮮明で何回か迷った記憶がある。当時はGPSも無かったし...

5月2日、早朝4時半頃有明荘に着くと、交通整理の係員が第一駐車場は既に満杯だと言われた。第三駐車場に駐めるからと告げ、有明荘の裏手に回った。
登山道は以前と変わらず余り整備されてはいないが、お助け類が豊富で、危険箇所には新しいクサリが設置されていた。何より迷いやすかった薄い登山道にはピンクテープが頻繁に付けられていて、道迷いの心配はなかった。

山頂には誰も居らず静かな参拝が出来たが、中岳から先にはトレースは無く、腐り始めた雪と藪漕ぎにチョット手こずった。
下山はチョット寄り道をした後、車で有明山里山に参拝し、参道入口の保健センターで温泉に入って帰ってきました。
訪問者数:751人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/13
投稿数: 1058
2016/5/8 14:49
 お待ちしておりました!
hottenさん、待ってましたよ〜
復帰おめでとうございます!

ワタシのレコに見覚えのあるプロフ写真を見つけて、もしやと思ってたら、やはり!
うるうる。

しかし、復帰一発目が有明山というのが、らしいですね〜。
ドライも70Lザックも寄り道も、らしい。
有明山は安曇野出身のワタシには大変馴染み深く、また東沢岳から激藪を下った思い出深い山でもあるので、読んでいて嬉しくなってしまいました

これからまたhottenさんのマニアックなレコが拝見できることを楽しみにしてますよ〜
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3101
2016/5/8 19:03
 嬉しいですね
hottenさん、こんばんは!

ヤマレコ界もすっかり様変わりし、旧友が何人も休止中です
現在の主流は、ユル系のフワフワしたレコ
それはそれでアリなのですが、やはりスパイスが利いたレコが見たかった
そんな時、頼りになる鬼教官の復活!
これは非常に有難く、心から嬉しいですよ

しかも、北アを解禁したとの朗報付き!
自分では行けないところ、タップリとレコに上げて下さいよ
いや〜楽しみです

毒舌が売りですが、その分叩かれることも多し
話の分かるhottenさん、気兼ねなく毒を吐かせて頂きます
復活!本当におめでとうございます。
登録日: 2011/8/20
投稿数: 4466
2016/5/8 19:05
 あら? ロング缶とちゃうし〜(^_-)-☆
hottenさん、お久しぶりです

復帰、おめでとうございます〜

久々のヤマレコで遠慮気味ですかね?
神様の霊力はロング缶でた〜っぷりと頂戴しましょうね〜
登録日: 2009/11/24
投稿数: 981
2016/5/9 7:18
 kanosukeさん!
おはようございます。

安曇野にお邪魔してきました
私も数年間池田町にいたことがあるので、北アの前衛峰、真っ黒な有明山は印象深い山です。
地元では信濃富士とか有明さんとか呼ぶ人が多いように思いますが、私は有明富士という呼称が好きですネ

当時はアルパイン志向が強かったので、岩稜や薮っぽい所によく行きましたが、これからは命がいくつあっても足りないので、ゆっくり・のんびりした山行を楽しみますと「有明山神社」で誓ってきました
今後ともよろしくお願いします。
登録日: 2009/11/24
投稿数: 981
2016/5/9 7:30
 tailwindさん!
おはようございます。
こちらにも※ありがとうございます。

この週末、ひさびさにヤマレコを堪能しましたが、確かにガッツリレコは少ない気がしました。季節的なものもあるのでしょうか
大半が新しい方々のレコで、新鮮みは多いものの、レコを読むのが大変です
これだけレコが増えると、表示・選択方法を考えて貰わないと、レコを読むのが面倒になりそうです

tailさんの毒舌にはとても敵いませんが、そのようなキャラはここには少ないので、楽しみにしている方も多いでしょう。
お手柔らかにお付き合い下さい
登録日: 2009/11/24
投稿数: 981
2016/5/9 7:38
 FRESCHEZZAさん!
おはようございます。
ご無沙汰をしていました。

最近のFREさんのレコを拝見すると、ロング缶のオンパレードですな
私はFREさんほど強くないので、雪などで足元がヤバイ場所や、行程が短い場所はチョット自粛しています

これから暑くなると、何本呑んでも汗と一緒に出てしまうので、楽しみなロング缶の季節です。
山キュウリと冷やしたロング缶を担ぎ上げるのが楽しみです。
またよろしくお付き合い下さい
登録日: 2012/12/25
投稿数: 1518
2016/5/9 18:15
 復活おめでとうございます!
hottenさん こんばんは〜

復活おめでとうございます!

自分も11月から3月まで休止してましたけど仕事繁忙期で全く山に行けてなくてレコアップできませんでした。

4月に入りようやくアップできるようになりました。

そして7日は燕を友人と登ったんですが当初はこの有明山から東餓鬼へ周回して燕から下山ルートを行く予定でしたけどあいにくの雨で単なる燕ピストンで終わりとなりました。

そんなわけで自分にはまだ未登の山なんで近いうちに登りに行こうと思っております。

下山時に老人保健センターもしっかり入浴してきましたよ

これからもレコを楽しみにしております、まずはお疲れ様でした〜
登録日: 2011/7/22
投稿数: 211
2016/5/9 19:14
 Hottenさん おかえりなさい。
Hottenさんの刺激が無くて少々寂しかったですが 思ったより早く復帰され、またすごい刺激を受けて私もガンバリマッスル。 ・・・でも、 あんまり無理せんといてくださいね。 私は性格的にはせっかちなんですが、やっぱりゆっくり・ゆったりが 気持ちが良くて 楽しいです。
私も今まであまり北アルプスに行っていませんでしたが、 (また古巣に引っ張られて自由度が減ってしまいましたが、 一応シルバーのアルバイトで 以前よりは時間的余裕が取れるようになりましたので)今年からもう少し行ってみようかなと思っています。 
登録日: 2009/11/24
投稿数: 981
2016/5/10 7:37
 drunkyさん!
おはようございます。
コメントありがとうございます。

そうですか、有明山から東餓鬼岳に周回する計画を立てていましたか。
私も昔このルートを計画したのですが、P2238から先がシャクナゲなど薮っぽくて、雪がないと厳しいかなぁ、なんて思って、結局実現していません。

今回、チョット寄り道をして薮の状態を見に行きましたが、結構深そうです。
でも入る人は居そうな感じです。
興味があるルートなので、drunkyさんのレコ楽しみにしていますよ...

燕の天候はチョット残念でしたが、お疲れ様でした。
またよろしくお願いします。
登録日: 2009/11/24
投稿数: 981
2016/5/10 7:45
 ijikemusi さん!
おはようございます。
コメントありがとうございます。

今回は北アを解禁するに当たり、有明山神社の奥宮と里宮に参拝して、これからは無茶な登山は致しません。ゆっくり・のんびり、ijikemusi さんのような登山を心掛けます。っと誓ってきました

したがって、これからは刺激のあるような登山は止め、癒やしのある登山を心掛けたいと思っています
テントを担いで、チョットマイナーな山中で、至福の時間を過ごしたい。
いつ実現することやら...

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ