ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 862438 全員に公開 雪山ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

森吉山 阿仁マタギ駅から周回ver.2016 (阿仁中村〜森吉山頂〜阿仁戸鳥内)

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー toole
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
阿仁マタギ駅に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間20分
休憩
10分
合計
8時間30分
S阿仁マタギ駅06:5007:45中村コース登山口08:30P71208:50P74210:30P105612:25森吉山12:3512:50森吉山阿仁避難小屋13:05石森13:20阿仁ゴンドラ山頂駅13:45阿仁コース登山口15:20阿仁マタギ駅15:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
🐻中村コースは本来はトラバース区間の長い登山道が続く。藪を厭わなければだが、登山道を外れて稜線上を歩くことも可能だ。踏み跡はマタギがつけたものだろう。ブナの巨木には無数のクマの爪痕が観察できる。コメツガの林になる辺りは沢水が調達できるので、野営最適地になりそうな雰囲気だ。

🐻中村コース最大の難所はCo1050付近のトラバースして隣の尾根に移る箇所である。急傾斜のトラバースとなるので滑落しないように。

🐻山頂以降西側は登山者が多くなる。しかし、その多くは一の腰方面からであり、阿仁スキー場方面へ下る人は殆ど居ない。毎度迷いやすいと感じるのは阿仁スキー場より下、Co650以下である。"もしかして廃道になっているのかも"と感じる場面が往々にしてある。
その他周辺情報打当温泉 マタギの湯
http://www.mataginosato.com
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

阿仁マタギ駅
クマの剥製が飾ってある駅舎はココぐらいかも。
2016年05月03日 06:53撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿仁マタギ駅
クマの剥製が飾ってある駅舎はココぐらいかも。
9
中村コースは左ね。
2016年05月03日 06:56撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中村コースは左ね。
ここも左。
2016年05月03日 07:04撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも左。
このコース歩いて三度目になるけど、右が正規ルートだということに気づいた(笑)
標識無いんだよね。
2016年05月03日 07:04撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコース歩いて三度目になるけど、右が正規ルートだということに気づいた(笑)
標識無いんだよね。
登山道の真ん中にシュンラン。
食べたら美味しいかな?
2016年05月03日 07:07撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の真ん中にシュンラン。
食べたら美味しいかな?
8
登山道というより作業道だよなぁ。
2016年05月03日 07:09撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道というより作業道だよなぁ。
稜線上がると明るくなった。
2016年05月03日 07:18撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上がると明るくなった。
7
目指す頂が見えた。
2016年05月03日 07:34撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す頂が見えた。
5
ここまで車で入ってこられる。
2016年05月03日 07:42撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで車で入ってこられる。
イナバウアーしている群衆。
2016年05月03日 07:43撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イナバウアーしている群衆。
3
食べごろはこういうのね。
2016年05月03日 07:44撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食べごろはこういうのね。
15
そう言えば、昔に登山道外れて稜線歩きしたのを思い出した!ここから上がってみるか。
2016年05月03日 07:51撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そう言えば、昔に登山道外れて稜線歩きしたのを思い出した!ここから上がってみるか。
1
やっぱり、藪こぎでしょ☆
2016年05月03日 07:58撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり、藪こぎでしょ☆
4
稜線上は刈払いされたような痕跡あり。
2016年05月03日 08:09撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上は刈払いされたような痕跡あり。
2
でもすぐに藪々に‥
2016年05月03日 08:18撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもすぐに藪々に‥
2
かなり薄めの藪が続く。
2016年05月03日 08:25撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり薄めの藪が続く。
2
クマの爪痕と謎の"A"が彫られたブナの巨木。
2016年05月03日 08:32撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマの爪痕と謎の"A"が彫られたブナの巨木。
7
すぐ下には三角点。
ここがP712だな。
2016年05月03日 08:33撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ下には三角点。
ここがP712だな。
4
稜線上はクマの爪痕がたくさんついたブナの巨木だらけなんだよね。
2016年05月03日 08:34撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上はクマの爪痕がたくさんついたブナの巨木だらけなんだよね。
13
巨木生い茂る森を行く。
2016年05月03日 08:35撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨木生い茂る森を行く。
5
登山道無いけどね。こういう森、
2016年05月03日 08:36撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道無いけどね。こういう森、
5
歩くのは、
2016年05月03日 08:38撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩くのは、
8
きもち良い。
2016年05月03日 08:46撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きもち良い。
6
コメツガが出てくるとちょっとした沢。
2016年05月03日 09:09撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コメツガが出てくるとちょっとした沢。
3
野営するにはいいところかも。
2016年05月03日 09:10撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野営するにはいいところかも。
4
ここで焚き火しながら一泊も悪くないな。
2016年05月03日 09:27撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで焚き火しながら一泊も悪くないな。
5
あそこまでもうちょっと。
2016年05月03日 09:41撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこまでもうちょっと。
4
P1056より山頂を望む。
2016年05月03日 10:31撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1056より山頂を望む。
10
左から岩手山〜秋田駒。
写真だと霞んでイマイチか!?
2016年05月03日 10:35撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から岩手山〜秋田駒。
写真だと霞んでイマイチか!?
3
中村コース最大の難関来たね。
2016年05月03日 10:40撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中村コース最大の難関来たね。
5
ここがあるからいいのよね。
2016年05月03日 10:41撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがあるからいいのよね。
8
こういう地形が無ければ、このコースの魅力は薄れてしまう。
2016年05月03日 10:53撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう地形が無ければ、このコースの魅力は薄れてしまう。
3
以前、右側のこの斜面を登ったこともあったが、
2016年05月03日 10:59撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前、右側のこの斜面を登ったこともあったが、
1
正攻法としてはこちら左側だと思う。
夏道は歩いたことないから、わからないけどね。
2016年05月03日 10:59撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正攻法としてはこちら左側だと思う。
夏道は歩いたことないから、わからないけどね。
2
谷間にカモシカがいて、僕のことをじっと見ていた。
2016年05月03日 11:02撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷間にカモシカがいて、僕のことをじっと見ていた。
7
あいつ、滑落しないよねって。
2016年05月03日 11:04撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あいつ、滑落しないよねって。
5
振り向くと太平山地。
2016年05月03日 12:10撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くと太平山地。
3
夏道が分からず、雪庇の溶け残りの上をいく。
2016年05月03日 12:10撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道が分からず、雪庇の溶け残りの上をいく。
3
山頂より太平山地。
2016年05月03日 12:31撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より太平山地。
5
秋田駒ケ岳方面。
2016年05月03日 12:32撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋田駒ケ岳方面。
5
森吉山のぼったど〜
2016年05月03日 12:34撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森吉山のぼったど〜
23
山頂以降は多くのハイカーとスライド。
2016年05月03日 12:45撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂以降は多くのハイカーとスライド。
2
森吉山を振り返る。
2016年05月03日 12:52撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森吉山を振り返る。
9
避難小屋。
2016年05月03日 12:53撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋。
1
こちらは森吉の表側、大通り。
2016年05月03日 12:55撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは森吉の表側、大通り。
1
スキー場なんだよね。
2016年05月03日 13:10撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場なんだよね。
2
ロッヂがある。
2016年05月03日 13:18撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッヂがある。
2
こんなコース。
2016年05月03日 13:26撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなコース。
2
キクザキイチゲ(キンポウゲ科)
2016年05月03日 13:27撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲ(キンポウゲ科)
7
沢でアイゼンを洗う。
2016年05月03日 13:51撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢でアイゼンを洗う。
2
Co650より下は廃道になりつつあるかもね。
2016年05月03日 14:27撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co650より下は廃道になりつつあるかもね。
1
なんとか出たけど、毎度ロストするんだよね。
ま、いいか。
2016年05月03日 14:48撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか出たけど、毎度ロストするんだよね。
ま、いいか。
1
ミズバショウ(サトイモ科)
2016年05月03日 15:03撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズバショウ(サトイモ科)
3
阿仁マタギ駅に帰ってきた。
おしまい。
2016年05月03日 15:21撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿仁マタギ駅に帰ってきた。
おしまい。
6
撮影機材:

感想/記録
by toole

日本海側には発達した低気圧、太平洋側には高気圧が張り出して南風が吹いた。下界では30℃近い夏日となった。稜線には季節外れの生暖かい風が岩手側から吹き付けていた。

森吉山は春に登りたくなる山。麓ではコゴミ、ホンナなどの山菜が旬を迎える。登山道を外れて稜線歩きをすれば、聴こえるのは鳥のさえずりと、ガサゴソと藪をかき分ける獣の気配しかない。

残雪の中村コースは嫋やかな森の雰囲気があって、でもちょっとだけテクニカルな要素を必要として、それらが程よく交じり合っている。歩く度にいい山だなと思ってしまう。
訪問者数:429人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/5 16:55
 中村コース
tooleさん、こんにちは。
森吉山の中村コース・・・良いですよね。
ずいぶんと前(スキー場ができる前)ですが・・・登ったことがあります。
人とも会わずに静かに森吉山を満喫できますね。
Co1050付近のトラバースする場所・・・忘れてしまいましたが・・・
確か・・・お写真のような斜面だったかと・・・

残雪期に登られると斜面の具合がよくわかりますね。
戸鳥内コースの荒れ具合???が気になりますが・・・
私もtooleさんの以前のレコを拝見して、昨年の秋に計画していましたが、日程と天気が合わずに断念しておりました。
今日のレコを拝見して、しばらくぶりに行ってみたくなりました。
ご苦労さまでした。
登録日: 2011/7/18
投稿数: 786
2016/5/5 17:12
 この時期恒例の・・
残雪期のロングルート
tooleさんのお気に入りですね 下山時のロストも含めて
朝から気温の高い日でした。クマに遭えなかったのがちょっと寂しいところかな
登録日: 2011/5/31
投稿数: 1342
2016/5/5 20:09
 750RSさん☆
雪が消えるこの時期になると、どこの山に行こうか考えるのですが、登山者の気配が皆無の中村コースは僕のお気に入りなんですよね
地形図に記載されていないマタギ道探索も魅力の一つですね。

今週の日曜日あたりお天気良さそうですから、中村コース良いかもしれませんね。アイゼンは必携ですよ

戸鳥内コースはスキー場より下方ですから誰も歩かないんでしょうね。車で入れるところまではみんな車で来ますからね。この道、消えてなくならないうちに‥ですかね
登録日: 2011/5/31
投稿数: 1342
2016/5/5 20:23
 kamadamさん☆
何度も足を伸ばすということは、きっとお気に入りなんでしょうね
森吉はマタギの里だけあって、過剰な案内板とか無いのが良いのかもしれませんね。裏返すといちげんさんには不親切極まりないのですが

登山道なんか有って無いようなもので、縦横無尽に歩き回れる山、
それが僕にとっての森吉山ですかね
野生のクマに遭えないのは、向こうがニンゲンの気配を感じているからで、もっと奥深く入っていかないと歓迎してくれませんね
登録日: 2010/9/20
投稿数: 2956
2016/5/6 19:53
 こんばんは☆
「阿仁マタギ 熊」というキーワードによく当てはまるのが、tooleさんですね
最近、全然魚眼を使っていないので、すごく使いたくなりました
シュンランの雰囲気、すごくいいですね
これで夜、月明かりだったらもっと雰囲気出ますね〜
登録日: 2011/11/6
投稿数: 453
2016/5/7 0:22
 こんな風にも歩けるんだ
ヘェ〜、中村コースから尾根に乗り上げるとこんなに良さそうな稜線歩きが出来るんですね。写真だけ見ると登山道を素直に歩くより藪が少ないように見えますね。
それと下りのCo650からって行けたのですね。10m進んで断念した記憶が
歩き慣れてればこそのルートですね
登録日: 2011/5/31
投稿数: 1342
2016/5/22 19:24
 Springさん☆
しばらくぶりでした。
ヤマレコで"阿仁マタギ"と検索すると僕とnomoshinさんの記録が出てきましたね
ちなみに熊で検索するともっとたくさんの記録が出てきました。
全国どこでも熊はいるようですね🐻

ランの花は山で見かけるとうれしいですね。
登山道の真ん中でしたが、いつまでもこの場所で咲いていてほしいと思いました
登録日: 2011/5/31
投稿数: 1342
2016/5/22 19:59
 syasyuさん☆
syasyuさんの2015年7月の記録を今一度拝見しましたが、僕はグリーンシーズンにこのコースを歩いたことが無いので、参考になりますね
中村コースは稜線に乗るまでがトラバースぎみの道が長くて少々飽きてきてしまうんですよね(僕だけか?)
地形図を見ると、どうしてここに登山道を通さなかったのかと思うほどにテーブル状の見事な尾根が続いてるんですよね。
藪漕ぎストの好奇心をくすぐる地形ですよね。マタギも同じことを考えているようで、明確な踏み跡があります
下りのCo650から先はsyasyuさんの歩かれた道が正解でしょうね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ