ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 862483 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

男鹿岳・・”積雪期限定”ではなかった笹薮の登山道

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー sht
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
栗生沢林道ゲート前の路肩に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間19分
休憩
54分
合計
9時間13分
S栗生沢林道ゲート04:3107:22登山口07:3109:54男鹿岳10:2511:45登山口11:5913:44栗生沢林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
まずはゲートから登山口まで8kmの林道歩き・・落石のガレ・ゴーロや崩壊地・地割れなど多々で余り退屈しなかった印象(傾斜の緩い登山道といった感じ)

標高1600m付近まで雪は全く無く、その後も雪が繫がることはなく、殆どが藪道でした

藪道といってもピンクテープや笹の下刈りは途切れず、栗石山の先でやや手強い部分もあったものの一般登山道にかなり近い感じでした・・「積雪期限定」の看板は下ろした方が良いかと(単に自分の情報不足だったのかもしれませんが)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

栗生沢林道ゲートからスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗生沢林道ゲートからスタート
1
じきにある分岐は左でなく直進・・何を思ったかここで間違え40分のタイムロス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
じきにある分岐は左でなく直進・・何を思ったかここで間違え40分のタイムロス
2
林道にはゴーロや〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道にはゴーロや〜
2
平均台もあって傾斜の緩い登山道のよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平均台もあって傾斜の緩い登山道のよう
2
ここがさらに崩落したら通行不能になりそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがさらに崩落したら通行不能になりそう
3
登山口のある広場に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口のある広場に到着
2
もっとゲキ藪かと思っていましたが、笹の下刈りやピンクリボンは途切れず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっとゲキ藪かと思っていましたが、笹の下刈りやピンクリボンは途切れず
3
栗石山の先にはやや手強い部分もありましたが、殆どは”笹被りの一般登山道”といったレベル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗石山の先にはやや手強い部分もありましたが、殆どは”笹被りの一般登山道”といったレベル
3
ようやく雪が繋がりそうか?と思いましたが、結局山頂まで雪は途切れ途切れでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく雪が繋がりそうか?と思いましたが、結局山頂まで雪は途切れ途切れでした
2
前日の景鶴山に比べればそれ程苦労なく山頂に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日の景鶴山に比べればそれ程苦労なく山頂に到着
3
山頂から少し南下すると大佐飛山の展望地あり・・那須連山は雲海に隠れていて残念
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し南下すると大佐飛山の展望地あり・・那須連山は雲海に隠れていて残念
4
大佐飛山をズームで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大佐飛山をズームで
3
3m以上ある積雪期用の山頂標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3m以上ある積雪期用の山頂標識
2
三角点の隣にもう1つありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点の隣にもう1つありました
2
やっぱり長〜い林道歩きでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり長〜い林道歩きでした
2
P1276を通って男鹿岳山頂にダイレクトに向う北西尾根の取付き部の状態です・・冬道なら随分コースをショートカットできますが、今回は全く雪が無くてスルー(追加アップ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1276を通って男鹿岳山頂にダイレクトに向う北西尾根の取付き部の状態です・・冬道なら随分コースをショートカットできますが、今回は全く雪が無くてスルー(追加アップ)
1

感想/記録
by sht

この日は前日の景鶴山に続き「積雪期限定(のハズ)」の男鹿岳へ。南会津町の栗生沢林道からアプローチしました。

尾瀬に続いてこちらも雪は非常に少なく、2日連続の藪山となりました。

藪といっても“笹被りが多い一般登山道”レベルまで整備されていて、難易度は殆ど自力でルーファイしなくてはいけなかった景鶴山より1桁易しかった印象で、既に「積雪期限定の山」ではなくなっていました。

下山後は、田島高原尾瀬口駅近くの夢の湯でサッパリし、天気下り坂を心配しながら車中泊地の帝釈山・猿倉登山口へと向いました。
訪問者数:684人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/5/26
投稿数: 959
2016/5/8 14:48
 貴重な情報ありがとうございます。
shtさん、こんにちは。

那須周辺の山域に少し興味を持っているkinoeと申します。つい先日は少し北の方で密ヤブと格闘してきました。

ご周知の通り、この辺の植生は笹が多いため積雪期限定とされる山がありますよね。男鹿岳も然り、でしたが行けるんですね?
ただ気になるのは、それは整備されているからなのかということです。例えば正規のルートを外して(男鹿岳の西北西に流れるP1276を通る尾根など)も歩ける状況なのでしょうか?わかる範囲で結構ですので、教えていただけますでしょうか。

いずれにしろ、貴重な情報ありがとうございました。
また遠方より、お疲れ様でした。
sht
登録日: 2009/12/17
投稿数: 203
2016/5/8 16:27
 kinoeさん こんにちは
密藪との格闘お疲れ様でした。スマホが見つかって本当に良かったですね。

今回歩いた男鹿岳のコースは、レコにも書いた通りピンクリボンとその下の笹刈りは途切れず、積雪期限定ではない印象です。(今回マダニ等は見かけず被害もありませんでしたが、今後はそちらの対策が問題になるでしょうが)

通常ヤブコースでは雪田があると当然そちらを歩きたくなりますが、今回だとピンクリボンの(下が刈られた)ヤブの方を選択した方が楽でした。
密藪感は殆ど無く、kinoeさんには物足りないかも?

お尋ねの、「男鹿岳の西北西に流れるP1276を通る尾根」については、自分も雪があればそこから取付く計画でしたが、全く雪は無くてスルーしました。今回歩いた”準一般登山道”レベルの整備は期待できないと思われます。

その尾根取付き部の様子の写真を追加でアップしておきましたが、あまり参考にならずすみません。

ご訪問並びにコメントいただきありがとうございました。
登録日: 2012/5/26
投稿数: 959
2016/5/8 19:09
 Re: kinoeさん こんにちは
つまり、今回のルートは整備(下刈り)されているため雪が無くても歩けるが、P1276を通る尾根などの手付かずのルートの場合は、やはり無雪期はヤブが濃い恐れがある、と理解しました。

人が歩かない尾根を歩きたがる変わり者には、厳しい山域なんですね。
あ、決して私はヤブ好きではありませんので、あしからず。

ご丁寧にご回答いただきありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ