ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 862741 全員に公開 トレイルラン大山・蒜山

大山と三鈷峰

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー toshi3, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前日に森の国「大山フィールドアスレチック」にテント泊。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大山、三鈷峰ともコースはわかりやすくけれど、三鈷峰は少しハードの登りがあります。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

第四駐車場に車を停めて大山を眺める。
一番近い駐車場は朝5時40分の時点で満車でした。
2016年04月30日 05:53撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第四駐車場に車を停めて大山を眺める。
一番近い駐車場は朝5時40分の時点で満車でした。
登山口から頂上まではすべて階段。
日本海が見える。
2016年04月30日 06:38撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から頂上まではすべて階段。
日本海が見える。
すぐに五合目に到着。
2016年04月30日 06:47撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに五合目に到着。
境港の方が見える。
2016年04月30日 06:51撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境港の方が見える。
北側も日本海。
2016年04月30日 07:00撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側も日本海。
頂上に近づくにつれて眺めがよくなってきた。
2016年04月30日 07:11撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に近づくにつれて眺めがよくなってきた。
この木道が出てくると頂上までもうすぐです。
2016年04月30日 07:26撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木道が出てくると頂上までもうすぐです。
山頂手前の山小屋でポカリを購入。1本550円。
2016年04月30日 07:38撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の山小屋でポカリを購入。1本550円。
頂上に到着。駐車場から二時間弱。予定よりも早く到着した。
2016年04月30日 07:38撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に到着。駐車場から二時間弱。予定よりも早く到着した。
1
山頂から少し降りたとこ。この後、いったん五合目近くまで下山して、ユートピアコースの登山口の方に向かう。
2016年04月30日 07:47撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し降りたとこ。この後、いったん五合目近くまで下山して、ユートピアコースの登山口の方に向かう。
大山は下から眺める方が迫力があるなぁ。
2016年04月30日 08:35撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山は下から眺める方が迫力があるなぁ。
ユートピアコースは大山とは違って、山好きの人たちが好きそうな登山道。
2016年04月30日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユートピアコースは大山とは違って、山好きの人たちが好きそうな登山道。
ユートピアコースの右横は、ずっと小さな土砂崩れの音が聞こえてきた。
2016年04月30日 09:45撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユートピアコースの右横は、ずっと小さな土砂崩れの音が聞こえてきた。
三鈷峰の頂上までもうすぐ。頂上に人が見える。
2016年04月30日 10:18撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三鈷峰の頂上までもうすぐ。頂上に人が見える。
頂上手前は少し危険そうに見えるけれど、落ち着いてゆっくり進めば大丈夫。
2016年04月30日 10:22撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上手前は少し危険そうに見えるけれど、落ち着いてゆっくり進めば大丈夫。
頂上に到着。大山を眺める。
2016年04月30日 10:26撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に到着。大山を眺める。
立ち寄らなかったけれど、少ししたに、ユートピア小屋。
ここに荷物を置いて、三鈷峰を手ぶらで登ってくる人たちもいた。
2016年04月30日 10:27撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち寄らなかったけれど、少ししたに、ユートピア小屋。
ここに荷物を置いて、三鈷峰を手ぶらで登ってくる人たちもいた。
1
1516m。コーヒーを飲んでいる人がひとり。そのあと、犬と一緒に登ってこられた人も。
2016年04月30日 10:27撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1516m。コーヒーを飲んでいる人がひとり。そのあと、犬と一緒に登ってこられた人も。
1
頂上から北側を眺める。
2016年04月30日 10:31撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から北側を眺める。
下山途中。
2016年04月30日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中。
駐車場まで帰って大山牛乳を飲んだ。最高!
右の高い方が大山、左が三鈷峰。
2016年04月30日 12:15撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場まで帰って大山牛乳を飲んだ。最高!
右の高い方が大山、左が三鈷峰。
1
撮影機材:

感想/記録
by toshi3

トレランスタイルで行ったので、いちようトレランとしていますが、ほとんど走っていません。走れる箇所はほとんどありません。大山は階段続きで人気コースなので、五合目近くまで、下りは登りの方とのすれ違いで、道の譲り合いが必要です。

ユートピアコースは途中から、手を使って登らなければならない、激登りが続きます。だけども、今回はユートピアコースの方が楽しかったです。

登山後の温泉は、駐車場近くにもありますが、皆生温泉にいきました。
皆生ホテルは大人700円で、露天風呂からは日本海が眺められ、最高でした。
訪問者数:108人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ