ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863242 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

雨乞岳〜清水頭〜大峠〜杉峠 (武平峠から周回)

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー hushiyama
天候快晴でした。山の上ではけっこうな風。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道477号線(旧鈴鹿スカイライン)の武平トンネル滋賀県側
駐車スペースはすでに満車だったため,仕方なく路肩に駐車しました。
(180K)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間43分
休憩
37分
合計
7時間20分
S武平トンネル西登山口07:0007:29沢谷峠08:37東雨乞岳08:46雨乞岳08:5409:04南雨乞岳09:21清水頭09:32雨乞・東1014P09:49お昼ごはん10:1510:28大峠11:27千種街道に合流11:35蓮如上人旧跡12:19杉峠12:2212:37御池鉱山旧跡13:06コクイ谷出合13:43クラ谷分岐13:52沢谷峠14:20武平トンネル西登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
沢谷峠〜東雨乞岳の尾根ルート,雨乞岳〜清水頭〜大峠のルートは
バリエーションルートですが,目印は豊富にあって迷うことはありません。
でも,ボクは大峠からツルベ谷への下降ポイントを見つけられずに,
ちょっと迷ってしまいました。
コクイ谷は新しい目印がめだっていて,ルートに迷わず歩けます。
ただし,ツルベ谷・コクイ谷ともに渡渉をたくさんしました。
渡渉は緊張します。何度か「これはやばい!」と思いました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

国道477号線の武平トンネル滋賀県側の路肩に駐車して,出発しま〜す。
2016年05月05日 06:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道477号線の武平トンネル滋賀県側の路肩に駐車して,出発しま〜す。
雨乞岳への登山口です。
2016年05月05日 07:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳への登山口です。
沢谷峠から,今日は尾根伝いに東雨乞岳をめざします。
2016年05月05日 07:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢谷峠から,今日は尾根伝いに東雨乞岳をめざします。
鎌ヶ岳が見えた。
2016年05月05日 07:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳が見えた。
1
シャクナゲの花が咲いている。
2016年05月05日 07:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの花が咲いている。
2
新緑がきれいな,明るい森。気持ちいいですね〜。
2016年05月05日 08:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑がきれいな,明るい森。気持ちいいですね〜。
ミツバツツジの花もまだありました。
2016年05月05日 08:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジの花もまだありました。
2
ササ原の中を登るようになると,東雨乞岳はまもなくです。
2016年05月05日 08:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササ原の中を登るようになると,東雨乞岳はまもなくです。
1
ふり返れば,御在所・鎌。
2016年05月05日 08:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返れば,御在所・鎌。
1
東雨乞岳に着きました。すごい風が吹きつけます。写真がぶれる!
2016年05月05日 08:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳に着きました。すごい風が吹きつけます。写真がぶれる!
4
正面にはこのあとたどる,雨乞岳から南雨乞岳への稜線。
2016年05月05日 08:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面にはこのあとたどる,雨乞岳から南雨乞岳への稜線。
1
雨乞岳山頂(1238m)です。約1ヶ月ぶりの雨乞。
2016年05月05日 08:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳山頂(1238m)です。約1ヶ月ぶりの雨乞。
4
東雨乞岳をふり返る。
2016年05月05日 08:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳をふり返る。
1
西には綿向山。
2016年05月05日 08:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西には綿向山。
1
さぁ,南雨乞岳にむかって,このササ原に突入です。
2016年05月05日 08:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ,南雨乞岳にむかって,このササ原に突入です。
1
深いササ原! ときどき頭まで埋まりそうになる。
2016年05月05日 08:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深いササ原! ときどき頭まで埋まりそうになる。
1
このあとたどる,清水頭からさらに綿向山へのびる尾根。
2016年05月05日 09:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあとたどる,清水頭からさらに綿向山へのびる尾根。
1
南雨乞岳に到着。
2016年05月05日 09:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雨乞岳に到着。
4
南雨乞岳から,雨乞岳・東雨乞岳をふり返る。
2016年05月05日 09:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雨乞岳から,雨乞岳・東雨乞岳をふり返る。
5
清水頭へ! 正面には綿向山。
2016年05月05日 09:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水頭へ! 正面には綿向山。
2
開放的な稜線です。
2016年05月05日 09:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開放的な稜線です。
1
気持ちいい〜♪
2016年05月05日 09:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい〜♪
2
ここでのんびりしたい感じだけど,お昼ごはんにはまだ早い…。
2016年05月05日 09:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでのんびりしたい感じだけど,お昼ごはんにはまだ早い…。
1
清水頭に着きました。
2016年05月05日 09:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水頭に着きました。
3
雨乞岳をふり返る。
2016年05月05日 09:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳をふり返る。
1
鎌ヶ岳。
2016年05月05日 09:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳。
まもなく樹林帯に入って,P1014mを通過。
2016年05月05日 09:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく樹林帯に入って,P1014mを通過。
シャクナゲの花がたくさん咲いていました。濃いピンク色のや…。
2016年05月05日 09:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの花がたくさん咲いていました。濃いピンク色のや…。
3
淡いピンク色のシャクナゲの花。
2016年05月05日 09:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡いピンク色のシャクナゲの花。
2
だんだんとやせた岩尾根になってきました。
2016年05月05日 09:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんとやせた岩尾根になってきました。
尾根上に見晴らしのきく岩がありました。歩いてきた雨乞岳から清水頭の稜線が一望できます。
2016年05月05日 09:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上に見晴らしのきく岩がありました。歩いてきた雨乞岳から清水頭の稜線が一望できます。
1
その岩でお昼を食べました。綿向山が間近になってきました。そちらにむかって出発。
2016年05月05日 10:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その岩でお昼を食べました。綿向山が間近になってきました。そちらにむかって出発。
2
木々がおおいかぶさる狭い尾根を,身をかがめながら歩いて,大峠に到着。ここからツルベ谷のほうに下るルートを探しましたが,見つからず,もう少し先に行ってみることに…。
2016年05月05日 10:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々がおおいかぶさる狭い尾根を,身をかがめながら歩いて,大峠に到着。ここからツルベ谷のほうに下るルートを探しましたが,見つからず,もう少し先に行ってみることに…。
結局見つかりませんでした。この先はもう綿向山への登りになってしまいます。正面には崩落地。仕方ないので,右手の谷を下ってツルベ谷方面へ。
2016年05月05日 10:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局見つかりませんでした。この先はもう綿向山への登りになってしまいます。正面には崩落地。仕方ないので,右手の谷を下ってツルベ谷方面へ。
踏みあともない,小さな沢を下っていきます。
2016年05月05日 10:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏みあともない,小さな沢を下っていきます。
ツルベ谷を下るルートに合流できました。やはり大峠から下って来れたようですね。
2016年05月05日 11:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルベ谷を下るルートに合流できました。やはり大峠から下って来れたようですね。
1
何度となく渡渉をくり返して,谷を下っていきます。
2016年05月05日 11:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度となく渡渉をくり返して,谷を下っていきます。
甲津畑から杉峠に向かう千種街道に出ましたが,その手前のフジキリ谷の渡渉に難儀しました…。
2016年05月05日 11:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲津畑から杉峠に向かう千種街道に出ましたが,その手前のフジキリ谷の渡渉に難儀しました…。
この季節,山の新緑がきれいですね。
2016年05月05日 11:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この季節,山の新緑がきれいですね。
2
この千種街道はいろいろと歴史もあるようで…。
2016年05月05日 11:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この千種街道はいろいろと歴史もあるようで…。
杉峠に到着です。
2016年05月05日 12:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠に到着です。
杉峠からの下り。ここにも人びとの生活の痕跡が…。
2016年05月05日 12:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠からの下り。ここにも人びとの生活の痕跡が…。
1
コクイ谷に入ります。遭難注意の看板。緊張しますね。
2016年05月05日 13:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コクイ谷に入ります。遭難注意の看板。緊張しますね。
1
ここも幾度となく渡渉しますが,新しいピンクテープがよく目だって,思ったより歩きやすかったです。
2016年05月05日 13:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも幾度となく渡渉しますが,新しいピンクテープがよく目だって,思ったより歩きやすかったです。
沢谷に入って…。
2016年05月05日 13:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢谷に入って…。
クラ谷分岐です。あとは一般ルートをたどって戻るだけです。
2016年05月05日 13:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラ谷分岐です。あとは一般ルートをたどって戻るだけです。
1
登山口が見えてきました。
2016年05月05日 14:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口が見えてきました。
車に戻ってきました。今日も一日,いいお天気に恵まれてたのしい山行ができました!
2016年05月05日 14:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車に戻ってきました。今日も一日,いいお天気に恵まれてたのしい山行ができました!
1

感想/記録

GW後半,結局,穂高岳に行くことはあきらめました。
それでも5日はお天気がよさそうだったので,鈴鹿に日帰り登山しに行くことに。
今回は,雨乞岳から南へ,そして西へのびて綿向山につながる稜線を歩くのがメイン。
途中の清水頭付近は,草原状の稜線になっていてとても気持ちよさそうです。

武平トンネル近くに車を置いて,沢谷峠からは尾根伝いに東雨乞岳に登りました。
尾根上とはいえ,とくに展望はききませんが,
新緑の森に朝日が射し込んで明るくなる風景が好きですね。

雨乞岳は3月末にイブネ・クラシから来て以来,約1ヶ月ぶり。
今日はそれとは逆で,南へ向かいます。
南雨乞岳まではササの海。
深いところでは頭まで沈みそうなほどでした。
そして,清水頭付近の草原の稜線。いいところでしたね。
本当に気持ちよかったなぁ。
治田峠分岐からの竜ヶ岳の登りを連想させる雰囲気もありました。

今回苦労したのは,大峠からツルベ谷を下って千種街道に出るまでの区間です。
ルートが見つからずにウロウロ。
そして,最後のフジキリ谷の渡渉であやうくドボンしそうでした。

それでもとにかく,5月の薫風の中,気持ちよく山歩きができて満足です。
訪問者数:342人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/6
投稿数: 2
2016/5/10 13:12
 雨乞岳周辺
はじめまして。拍手をありがとうございました!拍手をたどって遊びに来させていただきました。3月のイブネクラシの日記もじっくりと読ませていただきました。現在の私の興味の範疇にありますので、アップして頂いているトラックデータを持って時間のある時に歩いてみたいなぁと思っています。まだ登山を始めてまもないひよっこですが、これからもよろしくお願いいたします。
登録日: 2012/9/8
投稿数: 50
2016/5/10 20:38
 Re: 雨乞岳周辺
sucrecandiさん,はじめまして。

藤内壁を登っておられるレコをみて,思わず拍手を送らせてもらいました。
若いころ,ボクもちょっと岩登りをかじったことがあるので,
なつかしいような,うらやましいような気持ちになります。

鈴鹿の山々は,ボクにとっても身近にあって,そしていろいろ楽しめる山域ですよね。
ボクのレコが少しでもお役に立つようならうれしいです。
これからもよろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ