ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863359 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

燧ヶ岳〜強風のためピークは踏めず〜

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー takasun
天候晴れ、しかし山頂は強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桧枝岐村(ひのえまたむら)に前泊し、御池(みいけ)の駐車場まで車。宿の方に無料コインを頂いたので、1,000円の駐車場代はかかりませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
24分
合計
4時間28分
S御池登山口07:5308:33広沢田代08:55御池登山口 5合目08:5609:06熊沢田代09:1710:1610:1710:28燧ヶ岳10:5010:5311:18熊沢田代11:2311:34御池登山口 5合目11:3511:46広沢田代12:16山の駅御池&御池ロッジ12:1712:19御池駐車場12:2012:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アイゼン必須。山頂は強風で立っているのがやっとでした。
その他周辺情報宿:温泉民宿あづま 8,750円
温泉:桧枝岐村の燧の湯(500円)を利用しました。食事処はありませんが、硫黄泉の良い温泉です。
道路:新潟との352号線は通行止め。東京からは東北道経由でのアクセス。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 毛帽子 ザック サブザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

御池駐車場から登山開始です。宿で7:00に朝食を食べて8:00前に駐車場に着く事ができました。
2016年05月03日 07:51撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池駐車場から登山開始です。宿で7:00に朝食を食べて8:00前に駐車場に着く事ができました。
登山開始からゲイター必要です。一昨日降った雪なのか、登山開始から雪が沢山(^^)/
2016年05月03日 08:34撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始からゲイター必要です。一昨日降った雪なのか、登山開始から雪が沢山(^^)/
1
最初の休憩ポイントの広沢田代。池塘と湿原が一休みに丁度良い。
2016年05月03日 08:37撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の休憩ポイントの広沢田代。池塘と湿原が一休みに丁度良い。
木道には雪は無し。でも帰りは雪解け水で浸かっている個所が沢山ありました。
2016年05月03日 08:37撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道には雪は無し。でも帰りは雪解け水で浸かっている個所が沢山ありました。
1
こちらは熊沢田代の池塘。奥に見えるのは飯豊山かな?
2016年05月03日 09:07撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは熊沢田代の池塘。奥に見えるのは飯豊山かな?
1
本日の燧ケ岳見えてきました。(^^)/
2016年05月03日 09:08撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の燧ケ岳見えてきました。(^^)/
3
写真ではわかりませんが、急斜面の雪です。本日は暑いので足元が緩くなっています。
2016年05月03日 09:48撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ではわかりませんが、急斜面の雪です。本日は暑いので足元が緩くなっています。
奥に昨日登った会津駒ケ岳。気持ち良い天気です。
2016年05月03日 09:48撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に昨日登った会津駒ケ岳。気持ち良い天気です。
1
が、一転、山頂は強風。写真では分からないけど、立っているのがやっとです。
2016年05月03日 10:19撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、一転、山頂は強風。写真では分からないけど、立っているのがやっとです。
2
爼(まないたぐら)の山頂。次は柴安(しばやすぐら)を目指します。
2016年05月03日 10:19撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爼(まないたぐら)の山頂。次は柴安(しばやすぐら)を目指します。
2
残念ながら柴安(しばやすぐら)は強風のため撤退です。途中の大岩まで登りましたが、急坂と雪面が緩いのと強風のため撤退です。
2016年05月03日 10:40撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら柴安(しばやすぐら)は強風のため撤退です。途中の大岩まで登りましたが、急坂と雪面が緩いのと強風のため撤退です。
2
5分ほど風が止むのを待ちましたが、止みそうに無いので本当に帰ります。
2016年05月03日 10:44撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分ほど風が止むのを待ちましたが、止みそうに無いので本当に帰ります。
2
至仏山と尾瀬を見下ろします。山頂に登れたらな(*´Д`)
2016年05月03日 10:52撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山と尾瀬を見下ろします。山頂に登れたらな(*´Д`)
1
会津駒ケ岳。昨日は山頂まで登れたのにね。
2016年05月03日 11:00撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会津駒ケ岳。昨日は山頂まで登れたのにね。
平ヶ岳方面かな。
2016年05月03日 11:04撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平ヶ岳方面かな。
もう一度振り返って。
2016年05月03日 11:04撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度振り返って。
2
山頂付近は藪漕ぎとなります。手を負傷。グローブをしていればよかった。
2016年05月03日 11:04撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近は藪漕ぎとなります。手を負傷。グローブをしていればよかった。
1
広沢田代まで降りてきました。ここまでは、急な雪面を一気に降りてきましたが登山ルートではないので参考になりません。
2016年05月03日 11:51撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広沢田代まで降りてきました。ここまでは、急な雪面を一気に降りてきましたが登山ルートではないので参考になりません。
1
足跡をトレースして、急いで降りて来たら違ったところに出てしまいました。このまま駐車場に降ります。
2016年05月03日 12:20撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足跡をトレースして、急いで降りて来たら違ったところに出てしまいました。このまま駐車場に降ります。
2
おまけ。苔むした滝。
2016年05月03日 12:41撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ。苔むした滝。

感想/記録

奥会津遠征2日目は、御池からのピストンで燧ケ岳。

前日の越の小屋の奥さんからは、「燧ケ岳は雪が少ない」と聞いていたけど、ところがどっこい登山開始から残雪がありました。最初からゲーター必須で登山開始です。

◆〜熊沢田代
最初の広沢田代までは、残雪と森林の中をもくもくと登ります。後半は急坂と聞いていましたが、熊沢田代と同様に最初からがっつり脚を使います。平坦だったのは、広沢田代、熊沢田代の2か所だけでした。

◆〜山頂(爼瑤泙覆い燭阿蕁
熊沢田代からは、雪の急斜面です。直登ルートの足跡を登って行きますが、後半は坂というより強風との闘いでした。山頂はもっとすごかった。雪道を過ぎると稜線にでるのですが、冬ルートなのかピンクテープなしで足跡らしきものを頼りに歩きます。そのため、藪漕ぎももちろんありです。藪(=ハイマツ)に悩まされながらなんだかんだで、第1のピーク爼瑤砲弔ますが超強風で立っているのがやっとです。

◆柴安瑤賄伉挫杷
俎瑤龍風に耐えながらも、最高地点柴安瑤鯡椹悗靴泙垢、誰も登っている人はいません。山容からして強風をまともに受けているので、危険なのは一目瞭然です。それでも、せっかくここまで来た、というのと、途中で天候が回復するかもしれないと思いピークを目指しましたが、案の定強風のため途中の岩が私の限界! 未練たらたらですが引き返す事にしました。残念!

◆帰り
帰りは急雪面を下ります。この日は強風ですが天気が良く視界良好であるため、目標(熊沢田代、広沢田代)を目指して走るように下りました。今回はシリセードは使いませんでしたが、あまりにも急斜面だったので丁度良かったと思います。使っていたら、一気に下り過ぎていたと思います。

◆最後に
今回は残念ながら、柴安瑤離圈璽を踏むことができませんした。夏山に向けて宿題が残ったのと、春山の強風の教訓になりました。こんな日は、早めの5時頃に登山開始が良かったのかもしれません。それには、宿の朝食を弁当にしないといけないですね。。。

訪問者数:221人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ