ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863415 全員に公開 山滑走鳥海山

鳥海山 祓川登山口〜七ッ釜避難小屋「凍てつく様な強風と濃霧」

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー puppyechigonogaku
天候強風、濃霧、上部は時折あられ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日本海東北道の洒田みなとICから矢島ロコースの祓川登山口まで仁賀保高原を経由し、約1時間
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間40分
休憩
1時間30分
合計
4時間10分
S祓川駐車場08:5010:30七ツ釜避難小屋12:0013:00祓川駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪はムラはあるが、全体的に1m〜1.5m以上あり。
祓川の駐車場に登山口がある。
登山口から数分歩くと祓川ヒュッテあり。
そこから本格的入山
七ッ釜避難小屋まではひたすら広い雪の斜面
難しい所はない。
ルート上には、視界の悪い際の迷い防止のため5〜10m感覚でフラッグが立てられている。
ただしフラッグを頼り過ぎると、見失った際に迷うことになるので、コンパスやGPSでルートを確認しながら行動すると良いだろう。
今回は強風もあり、当初体感気温は登山口から零下並の寒さであった。
登山口は標高1010mで下界より6〜7度は低い。
また関東甲信越より高い緯度であるから、標高の割には寒い。
七ッ釜避難小屋付近では、霰(あられ)も降っていた。
天候によるが、春、冬両方の装備は必要であろう。
今回は視界が悪かったたため十分に把握できなかったが、斜面は広々としており、傾斜もシールで登るには強過ぎず、高木もなくて板は回せるので、山スキーのメッカの一つだけあって、天候に恵まれれば、山スキーには持って来いのコースであろう。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ネックウォーマー 毛帽子 ブーツ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 ツェルト ストック ビンディング スキー板 シール

写真

祓川の駐車場に聳える雪壁
3m以上あるかも。
2016年05月05日 08:49撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祓川の駐車場に聳える雪壁
3m以上あるかも。
1
登山口
2016年05月05日 08:56撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
1
ちゃんと、登山届コーナーがある。
2016年05月05日 08:59撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちゃんと、登山届コーナーがある。
1
祓川ヒュッテ
ここから本格的入山
2016年05月05日 09:05撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祓川ヒュッテ
ここから本格的入山
1
当日は濃霧に、時折、飛ばされそうになる強い風。条件が悪かった
登り始めは寒かった。
2016年05月05日 09:19撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当日は濃霧に、時折、飛ばされそうになる強い風。条件が悪かった
登り始めは寒かった。
2
濃霧と強風の中進む
2016年05月05日 09:36撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃霧と強風の中進む
3
フラッグは、ほぼ等間隔に立てられており、頼りになる。
2016年05月05日 09:44撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フラッグは、ほぼ等間隔に立てられており、頼りになる。
2
七ッ釜避難小屋到着
2016年05月05日 10:39撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ釜避難小屋到着
1
中はログハウス風
しばし休憩
2016年05月05日 11:57撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中はログハウス風
しばし休憩
濃霧の中下る。
登りの時よりは少し霧が晴れてきた。
2016年05月05日 12:11撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃霧の中下る。
登りの時よりは少し霧が晴れてきた。
1
もう1枚
2016年05月05日 12:11撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう1枚
2
もう1枚
2016年05月05日 12:18撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう1枚
1
駐車場近くの路上脇の雪
灌木は、一律雪の重みで真横に倒されているため、雪の下に隠れていることが分かる。
2016年05月05日 13:00撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場近くの路上脇の雪
灌木は、一律雪の重みで真横に倒されているため、雪の下に隠れていることが分かる。
1
まだ周辺は一面の雪
2016年05月05日 13:00撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ周辺は一面の雪
1
下山後に車で立ち寄った日本海側の象潟口の鉾立登山口
こちらも濃霧と強風で寒い。
2016年05月05日 14:34撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後に車で立ち寄った日本海側の象潟口の鉾立登山口
こちらも濃霧と強風で寒い。
1
雪もまだ残っている。
2016年05月05日 14:34撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪もまだ残っている。
1
撮影機材:

感想/記録

一度、鳥海山でスキーをしてみたいと思っていたので、山スキーコースで有名な祓川コースから入山した。
海に面しているイメージのある鳥海山だが、
祓川コースは、海沿いからは、広々とした仁賀保高原を経由したかなり奥にある。
鳥海山の裾野広さには驚ろかされる。
今シーズンは暖冬少雪のため全国的に積雪は少ないようだが、登山口から1m以上の積雪はあった。
当日は激しい濃霧と強風で立っていられないほどの風であった。
どうも今回のゴールデンウイークは風についている。
濃霧の中、雪の斜面を進む。
晴天で視界が良ければ、この広さをもっと体感できたろう。
今回は、悪天候のため七ッ釜避難小屋までとした。
下りは小屋で知り合った横浜から来られた男性と意気投合し、ごー緒する。
山では良い出会いがある。
その方は一昨日も登られたそうだが、その時は快晴だったとのこと。
今日は一転、悪天候のようだ。
今回は、次への布石としたい。
帰りは日本海側の象潟口コースの鉾立ロに車で視察に向かう。
ここは標高1160m、祓川登山口同様強風、濃霧の上、寒い。晴れていれば眼下に日本海を一望できる素晴らしいコースだ。
残雪もある。ただしこちらの方は沿岸なので、祓川口より積雪は少ないようだ。
訪問者数:513人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ