ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863515 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

結構キツイぞ!笙ノ岩山〜蕎麦粒山(川乗橋から北上して秩父へ)

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー kubo_daita(CL), その他メンバー1人
天候めっちゃ快晴☀
アクセス
利用交通機関
電車バス
(行き)
●奥多摩駅からバス(7:27川乗橋行き)
超満員!
●川乗橋バス停
トイレはありません。おそらく我々以外は全員川苔山へ。
(帰り)
●浦山大日堂
市営バス「ぬくもり号」の最終16:00に乗って西武秩父駅へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
1時間35分
合計
7時間45分
S川乗橋バス停08:0010:00笙ノ岩山10:1511:30蕎麦粒山12:3512:55仙元峠13:0015:00広河原三等三角点15:1015:45浦山大日堂バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
●川乗橋バス停〜笙ノ岩山
バス停から百尋の滝(川苔山)方面に進んで1〜2分。最初に左へカーブする地点が
鳥屋戸尾根の取り付き点。小さな標識あるので見逃さないように。
破線ルートですが道は明瞭。
危険箇所もないですが、いきなり、そしてずっと急登です。
笙ノ岩山には三等三角点があります。
木々に囲まれた小さなピーク。

●笙ノ岩山〜蕎麦粒山
地形図見ると等高線は緩やかでのんびり歩けるかなーと思ったけど、
結構登り下りがありきつかったです。
木々に囲まれてますが、右手(東側)が開けた撮影ポイント
塩地ノ頭、鳥屋戸八丁山、松岩ノ頭、長尾山などの名の付いたピークがある
ようですが、いずれも標識等は見当たりませんでした。
東西に延びる実線登山道に合流し、そのまま直登すると蕎麦粒山。
東側のみ開けた滑り台のてっぺんののようなピークです。
鳥屋戸尾根では二人にしか会わなかったけど山頂は結構賑わってました。

●蕎麦粒山〜仙元峠〜浦山大日堂バス停
蕎麦粒山山頂からそのまま西に下ります。
仙元峠は登って辿り着きます。コルではなくピークなのです。
北に向けて下る仙元尾根コースは実線ルートですが、案内少なく道が分かりにくい
所もあるので、アップダウンが疲れるけど尾根伝いで進むのが一番確実かも。
途中で尾根の右を進むはずが道が分からず、けもの道に引き込まれました。
登りに使った鳥屋戸尾根の方が実線で、仙元尾根の方がよっぽど破線かと。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

あまりの人の多さに川乗橋行きとなるも超満員!いったい何人いるんだー?
2016年05月05日 07:47撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりの人の多さに川乗橋行きとなるも超満員!いったい何人いるんだー?
3
でも我々以外は全員が川苔山へ向かったと思われます。
2016年05月05日 07:51撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも我々以外は全員が川苔山へ向かったと思われます。
我々の今日のコース。破線の鳥屋戸尾根を使って笙ノ岩山経由で蕎麦粒山へ向かいます。
2016年05月05日 07:54撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我々の今日のコース。破線の鳥屋戸尾根を使って笙ノ岩山経由で蕎麦粒山へ向かいます。
バス停から1〜2分。最初の左カーブ地点から鳥屋戸尾根へ。
2016年05月05日 07:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停から1〜2分。最初の左カーブ地点から鳥屋戸尾根へ。
2
小さな案内看板があるので見過ごさないように。
2016年05月05日 07:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな案内看板があるので見過ごさないように。
2
いきなりの急登!序盤はずーっと厳しい登りが続きます。
2016年05月05日 08:03撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの急登!序盤はずーっと厳しい登りが続きます。
3
新緑がめっちゃキレイ。
2016年05月05日 09:04撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑がめっちゃキレイ。
3
破線ルートのため公式な標識は皆無。しかし道は実線並みに明瞭で良く歩かれているようです。
2016年05月05日 09:11撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破線ルートのため公式な標識は皆無。しかし道は実線並みに明瞭で良く歩かれているようです。
1
何か左から登山道が合流してきた?
2016年05月05日 09:20撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か左から登山道が合流してきた?
東京都でも東京府でもなく「東京市」。珍しいのかな?
2016年05月05日 09:20撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京都でも東京府でもなく「東京市」。珍しいのかな?
2
アカヤシオツツジ。
2016年05月05日 09:36撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオツツジ。
2
ホッと一息つける下り。でもすぐ登ります。
2016年05月05日 09:50撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホッと一息つける下り。でもすぐ登ります。
1
可愛いキノコ。誰だろう?
2016年05月05日 10:00撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可愛いキノコ。誰だろう?
2
スタートから約2時間掛かって笙ノ岩山。笙を吹くポーズ。持ってるのはストックですが・・・
2016年05月05日 10:04撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートから約2時間掛かって笙ノ岩山。笙を吹くポーズ。持ってるのはストックですが・・・
4
ここまでかなりハードだったのでゆっくり休憩していると、男性二人が登って来ました。鳥屋戸尾根で出会ったのは結局この二人だけ。
2016年05月05日 10:05撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでかなりハードだったのでゆっくり休憩していると、男性二人が登って来ました。鳥屋戸尾根で出会ったのは結局この二人だけ。
1
あまり展望の得られない尾根道ですが、ちらっと見えたのは本仁田山と大岳山。
2016年05月05日 10:23撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり展望の得られない尾根道ですが、ちらっと見えたのは本仁田山と大岳山。
2
富士山も木々の間からちらっと確認。
2016年05月05日 10:26撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も木々の間からちらっと確認。
2
川苔山も。きっとあちらは隊列組んでの登山でしょう。
2016年05月05日 10:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山も。きっとあちらは隊列組んでの登山でしょう。
2
塩地ノ頭か、鳥屋戸八丁山か、松岩ノ頭か・・・
2016年05月05日 10:41撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩地ノ頭か、鳥屋戸八丁山か、松岩ノ頭か・・・
笙ノ岩山から先、等高線はゆったりに見えたけども何度もアップダウンがありキツイっす。
2016年05月05日 10:50撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笙ノ岩山から先、等高線はゆったりに見えたけども何度もアップダウンがありキツイっす。
2
タチツボスミレ。
2016年05月05日 11:04撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ。
1
ミツバチグリ。
2016年05月05日 11:07撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバチグリ。
2
尾根の左右で植生が全く異なります。右手は植林ですかね?
2016年05月05日 11:19撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の左右で植生が全く異なります。右手は植林ですかね?
1
やっと蕎麦粒山の直下(の巻き道)まで辿り着きました。バス停以来の道標。
2016年05月05日 11:24撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと蕎麦粒山の直下(の巻き道)まで辿り着きました。バス停以来の道標。
4
最後のひと踏ん張り。
2016年05月05日 11:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のひと踏ん張り。
1
やったー3時間半かかっての登頂。山頂は賑わってました。
2016年05月05日 11:33撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったー3時間半かかっての登頂。山頂は賑わってました。
4
山頂は東側のみ開けています。
2016年05月05日 11:37撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は東側のみ開けています。
4
今日の山ごはんは当然の蕎麦。隣りの男性はざる蕎麦を作ってました。やるー。
2016年05月05日 11:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の山ごはんは当然の蕎麦。隣りの男性はざる蕎麦を作ってました。やるー。
3
キラキラ光ってた西武ドーム。写真撮ったら偶然飛行機が写ってました。
2016年05月05日 12:11撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キラキラ光ってた西武ドーム。写真撮ったら偶然飛行機が写ってました。
2
山頂から真っ直ぐ東に伸びる登山道。
2016年05月05日 12:16撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から真っ直ぐ東に伸びる登山道。
3
山頂はそれなりの広さがあります。
2016年05月05日 12:21撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はそれなりの広さがあります。
2
川苔山と本仁田山と大岳山かな?
2016年05月05日 12:21撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山と本仁田山と大岳山かな?
3
蕎麦粒山を後にし、この岩の奥から西の仙元峠へ向かいます。
2016年05月05日 12:28撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山を後にし、この岩の奥から西の仙元峠へ向かいます。
2
右のピークが仙元峠。左に見えるのは三ツドッケかな?
2016年05月05日 12:47撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右のピークが仙元峠。左に見えるのは三ツドッケかな?
2
仙元峠はコルではなくピークなんで登ります。左はそのまま一杯水や三ツドッケへ続く道。
2016年05月05日 12:50撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙元峠はコルではなくピークなんで登ります。左はそのまま一杯水や三ツドッケへ続く道。
1
木花咲耶姫命を祀る仙元峠。
2016年05月05日 12:57撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木花咲耶姫命を祀る仙元峠。
2
仙元峠から北の浦山へ下ります。この下りは実線です。
2016年05月05日 12:57撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙元峠から北の浦山へ下ります。この下りは実線です。
バイバイ蕎麦粒山。
2016年05月05日 13:00撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイバイ蕎麦粒山。
2
実線なのに案内少なく道が不明瞭で迷いやすい道。あまり歩かれていないのかな?
2016年05月05日 13:17撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実線なのに案内少なく道が不明瞭で迷いやすい道。あまり歩かれていないのかな?
1
少し開けた左手(西側)
2016年05月05日 13:21撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し開けた左手(西側)
1
こっちは右手(東側)。ずっと先で合流する鉄塔とはまだだいぶ距離がある。
2016年05月05日 13:23撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは右手(東側)。ずっと先で合流する鉄塔とはまだだいぶ距離がある。
1
序盤は尾根伝いに進みます
2016年05月05日 13:39撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤は尾根伝いに進みます
1
途中から尾根の右側を進むはずなんですが道が分かりません。
2016年05月05日 13:53撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から尾根の右側を進むはずなんですが道が分かりません。
2
これかなーと進んだのはどうやらけもの道らしく引き返しました。
2016年05月05日 14:06撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これかなーと進んだのはどうやらけもの道らしく引き返しました。
道が見つからないので尾根伝いに進むことに。
2016年05月05日 14:24撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が見つからないので尾根伝いに進むことに。
まあ、どうせその内に尾根と登山道は合流するし。ちょっと疲れるけど下手に迷うよりは安全。
2016年05月05日 14:25撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあ、どうせその内に尾根と登山道は合流するし。ちょっと疲れるけど下手に迷うよりは安全。
苔玉みたい。山のマリモ。
2016年05月05日 14:26撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔玉みたい。山のマリモ。
2
フデリンドウ?
2016年05月05日 14:35撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フデリンドウ?
3
やっと登山道に合流。下山後に会った人達も皆道が分かりにくかったとのこと。
2016年05月05日 14:38撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと登山道に合流。下山後に会った人達も皆道が分かりにくかったとのこと。
1
何度か鉄塔の下をくぐります。真下からじゃないアングルもなかなかでしょ?
2016年05月05日 14:42撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か鉄塔の下をくぐります。真下からじゃないアングルもなかなかでしょ?
2
鉄塔からは東面が開けてました。
2016年05月05日 14:44撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔からは東面が開けてました。
1
登山道上にあった三角点。ここで休憩しラストスパート。
2016年05月05日 14:59撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道上にあった三角点。ここで休憩しラストスパート。
2
階段も出現。最後の最後は急激な下りで荒れてました。
2016年05月05日 15:30撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段も出現。最後の最後は急激な下りで荒れてました。
浦山大日堂に下りて来ます。バスにも間に合い無事に下山できたことを報告。
2016年05月05日 15:39撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浦山大日堂に下りて来ます。バスにも間に合い無事に下山できたことを報告。
3
西武秩父駅までは秩父市営バス「ぬくもり号」を利用。いやー疲れた。
2016年05月05日 15:49撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西武秩父駅までは秩父市営バス「ぬくもり号」を利用。いやー疲れた。
3
訪問者数:370人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ