ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863700 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

GWの瑞牆山&金峰山(途中敗退)

日程 2016年04月30日(土) 〜 2016年05月01日(日)
メンバー yamasatoma
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間31分
休憩
2時間22分
合計
5時間53分
S県営無料駐車場05:5806:01みずがき山荘07:01富士見平小屋07:4808:04瑞牆山・八丁平分岐08:0808:13桃太郎岩08:1809:16大ヤスリ岩09:2909:32瑞牆山10:2310:24大ヤスリ岩10:3911:17桃太郎岩11:2311:31瑞牆山・八丁平分岐11:3211:51富士見平小屋
2日目
山行
5時間7分
休憩
1時間30分
合計
6時間37分
富士見平小屋06:3507:16鷹見岩分岐07:26大日小屋07:2807:57大日岩08:0709:06砂払の頭09:3010:23大日岩10:2410:51大日小屋11:02鷹見岩分岐11:0311:35富士見平小屋12:2713:12県営無料駐車場13:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
瑞牆山、金峰山ともに軽アイゼンがあったほうが安心です。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

写真

瑞牆山荘近くの無料駐車場。自分の到着した夜9:30頃で約1/3が埋まっており、翌朝目覚めたときには駐車場が満車のため、道路にまで車両があふれていました。
2016年04月30日 05:57撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘近くの無料駐車場。自分の到着した夜9:30頃で約1/3が埋まっており、翌朝目覚めたときには駐車場が満車のため、道路にまで車両があふれていました。
1
瑞牆山荘前の登山口からスタート。
2016年04月30日 06:03撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘前の登山口からスタート。
天気予報どおり、前日の冷え込みが影響したせいか、立派な霜柱がたくさんありました。
2016年04月30日 06:03撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気予報どおり、前日の冷え込みが影響したせいか、立派な霜柱がたくさんありました。
1
登山口から富士見平小屋までの森の中。
ふみ跡がいたるところにあり、少し迷いやすいかも。
もちろん、少し道を外れたくらいならすぐに戻れそうなほど見通しは良好でした。
2016年04月30日 06:29撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から富士見平小屋までの森の中。
ふみ跡がいたるところにあり、少し迷いやすいかも。
もちろん、少し道を外れたくらいならすぐに戻れそうなほど見通しは良好でした。
途中から見える瑞牆山。
2016年04月30日 06:48撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から見える瑞牆山。
1
標識は結構いたるところにあります。
距離とか時間の記載はありませんでした。
2016年04月30日 06:54撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識は結構いたるところにあります。
距離とか時間の記載はありませんでした。
こんな感じのゆるーい上り坂。
半年のブランクがある自分にはありがたいです。
2016年04月30日 06:55撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じのゆるーい上り坂。
半年のブランクがある自分にはありがたいです。
富士見平小屋直下の水場との分岐点。
2016年04月30日 07:03撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋直下の水場との分岐点。
水場の周りは前日の気温の影響かツルツルに凍っているところがありました。
2016年04月30日 07:04撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場の周りは前日の気温の影響かツルツルに凍っているところがありました。
1
小屋で受付を済ませてからテントを張って瑞牆山に向かいます。
2016年04月30日 07:46撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋で受付を済ませてからテントを張って瑞牆山に向かいます。
2
ひとつ人世の生き血をすすり、
ふたつ不埒な悪行三昧、
みっつ醜い浮世の鬼を、
退治てくれよう桃太郎!!
ってこのネタわかる人少ないよね。ハイ、桃太郎岩です。
2016年04月30日 08:17撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひとつ人世の生き血をすすり、
ふたつ不埒な悪行三昧、
みっつ醜い浮世の鬼を、
退治てくれよう桃太郎!!
ってこのネタわかる人少ないよね。ハイ、桃太郎岩です。
1
今年は暖冬でしたからね。
富士山の雪も少ないです。
2016年04月30日 09:11撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は暖冬でしたからね。
富士山の雪も少ないです。
1
ヤスリ岩。
この日クライミングしている人はいませんでした。
2016年04月30日 09:19撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤスリ岩。
この日クライミングしている人はいませんでした。
1
頂上直下はツルツルに凍っていました。
軽アイゼン、チェーンスパイクをつけている人は小数でしたが、
つけずにしりもちをついたり、転んでいる人たちが数名いました。
2016年04月30日 09:44撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下はツルツルに凍っていました。
軽アイゼン、チェーンスパイクをつけている人は小数でしたが、
つけずにしりもちをついたり、転んでいる人たちが数名いました。
富士山と翌日挑戦予定の金峰山の稜線。
2016年04月30日 09:55撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と翌日挑戦予定の金峰山の稜線。
1
平らな箇所は少ないですが各自が思い思いの場所で頂上を満喫していました。
2016年04月30日 09:56撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平らな箇所は少ないですが各自が思い思いの場所で頂上を満喫していました。
1
南アルプス?
2016年04月30日 09:57撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス?
1
下山後は富士見平小屋名物の鹿肉ソーセージを使ったホットドッグ\1,000と富士見平小屋ビール\800
ビールは濃い口のデュンケル。ウマし!!
2016年04月30日 12:04撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は富士見平小屋名物の鹿肉ソーセージを使ったホットドッグ\1,000と富士見平小屋ビール\800
ビールは濃い口のデュンケル。ウマし!!
7
このために富士見平小屋まで登るのもありだと思いました。
2016年04月30日 12:06撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このために富士見平小屋まで登るのもありだと思いました。
2
2日目は金峰山へ。
2016年05月01日 06:46撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目は金峰山へ。
大日岩。
2016年05月01日 07:58撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩。
大日岩の分岐。
2016年05月01日 08:08撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩の分岐。
大日岩。
この時点でかなりの頭痛&寒気を感じ、ダウンジャケットとハードシェルを着込んで登ったものの、今回は途中でギブアップでした。
2016年05月01日 08:08撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩。
この時点でかなりの頭痛&寒気を感じ、ダウンジャケットとハードシェルを着込んで登ったものの、今回は途中でギブアップでした。
2

感想/記録

2日目の金峰山は体調不良&強風の影響で途中で引き返しました。
標高差で残り200mでしたので行って行けない事も無いと思いましたが何かあったらいやなので・・・
できることなら今年中にリベンジしたいですね。
訪問者数:172人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ