ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863705 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

大杉谷を大台ケ原へ!

日程 2016年05月04日(水) 〜 2016年05月05日(木)
メンバー yonetch
天候終始快晴!
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間30分
休憩
3分
合計
3時間33分
Sスタート地点12:2212:37大杉谷登山口12:3814:06千尋滝14:0715:41大杉谷15:4215:55桃ノ木小屋
2日目
山行
5時間7分
休憩
1時間46分
合計
6時間53分
桃ノ木小屋06:2907:05庄野ヶ浜07:0807:09光滝07:2007:46堂倉滝08:34堂倉小屋08:5310:32大台ヶ原山11:2211:26展望台分岐11:2911:49正木ヶ原11:54尾鷲辻11:5511:59本ゴヤ嶺12:06牛石ヶ原12:0912:11大蛇分岐12:18大蛇12:2812:35大蛇分岐12:43本ゴヤ嶺12:47尾鷲辻13:13大台ケ原駐車場13:1513:17「心・湯治館」13:2113:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

やっと三瀬谷駅。ここまで電車5本乗り継いで4時間かけてきました。
2016年05月04日 10:15撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと三瀬谷駅。ここまで電車5本乗り継いで4時間かけてきました。
3
なのにこれからこのバスに1時間半揺られます。
2016年05月04日 10:30撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なのにこれからこのバスに1時間半揺られます。
2
道の駅
2016年05月04日 10:30撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅
バスを降りて最初の登山道がこれ。
2016年05月04日 12:40撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスを降りて最初の登山道がこれ。
でも、目に飛び込む水の蒼さは極上。
2016年05月04日 12:44撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、目に飛び込む水の蒼さは極上。
2
でも滑ったらドボン
2016年05月04日 12:44撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも滑ったらドボン
6
どこをみても絵になる!
2016年05月04日 13:07撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこをみても絵になる!
1
来たよシシ淵
2016年05月04日 14:57撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来たよシシ淵
3
滝の飛沫で虹出現
2016年05月04日 15:19撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の飛沫で虹出現
本日のお宿到着
2016年05月04日 15:56撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のお宿到着
2
晩飯は先日見つけた逆輸入Ver.カップ麺。ウマ辛〜。しかし保冷材とセットで持ってきたビールはほぼ常温(泣
2016年05月04日 16:10撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晩飯は先日見つけた逆輸入Ver.カップ麺。ウマ辛〜。しかし保冷材とセットで持ってきたビールはほぼ常温(泣
仕方ないのでワンカップ買う。\300也。
2016年05月04日 17:49撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仕方ないのでワンカップ買う。\300也。
二日目。相変わらずの高度感。
2016年05月05日 06:22撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目。相変わらずの高度感。
2
水は益々蒼さを増す。
2016年05月05日 06:48撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水は益々蒼さを増す。
3
どうやらここが10年前の崩壊地の様です。ここだけ川が瓦礫で埋め尽くされ、伏流水となっています。
2016年05月05日 07:00撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやらここが10年前の崩壊地の様です。ここだけ川が瓦礫で埋め尽くされ、伏流水となっています。
1
堂倉滝。滝三昧もこれにて終了。
2016年05月05日 07:42撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉滝。滝三昧もこれにて終了。
2
針葉樹同士で仲良く合体の図。
2016年05月05日 08:01撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹同士で仲良く合体の図。
開花したシャクナゲはほんの少しでした。堂倉避難小屋横にて。
2016年05月05日 08:50撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開花したシャクナゲはほんの少しでした。堂倉避難小屋横にて。
つぼみは沢山あります。
2016年05月05日 08:51撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つぼみは沢山あります。
1
ギョリンソウ?
2016年05月05日 08:56撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギョリンソウ?
シャクナゲのつぼみ。
2016年05月05日 09:26撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲのつぼみ。
倒木で知る、根は浅く広くの図。
2016年05月05日 09:37撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木で知る、根は浅く広くの図。
伊丹から来たおっちゃんに教えてもらいましたが、忘れました・・・
2016年05月05日 09:48撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊丹から来たおっちゃんに教えてもらいましたが、忘れました・・・
お、植生が大台ケ原っぽく。
2016年05月05日 10:11撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、植生が大台ケ原っぽく。
いよいよラスト。青空に突き上げる感じがたまらん。
2016年05月05日 10:27撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよラスト。青空に突き上げる感じがたまらん。
2
着きました。3年前、次はあそこから登って来たいと願った夢は今日叶いました。
2016年05月05日 10:35撮影 by Nexus 5X, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました。3年前、次はあそこから登って来たいと願った夢は今日叶いました。
3

感想/記録

久しく単独山行ができてなかったのですが、連休で妻子が不在の間隙を縫って関西の秘境 大杉谷峡へ行ってまいりました。

前日までは天候が不安だったのですが、当日は朝から快晴。更には水量も多くて最高のコンディションであったのではないかと思います!

2日目堂倉滝を過ぎてからの急登で腰痛に悩まされましたが、シャクナゲの蕾もちらほら見えて楽しい山行でした。

光滝〜堂倉滝間の崩落地では、右岸に岩を乗り越えていく大変素晴らしいルートが開設されておりました。台風の被害個所はここだけではなかったとは思いますが、10年かけてこの素晴らしいルートの再開にこぎつけた関係各位の尽力に感服するとともに心から御礼申し上げます。
さて、この崩落地、写真にもありますが、渓谷の他の地域とは様相が全く異なり、川も伏流水となっています。今後幾多の年月を経て渓谷の他の地域と同様の風景と化していくのでしょうが、それが何十年後なのか、はたまた何百年後なのか、自然のダイナミックさに思いを馳せてしまいます。
訪問者数:399人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ