ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863729 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

榛名山(掃部ヶ岳〜相馬山〜伊香保温泉)【ヤマノススメ】

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー thnote
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
観光地だけあって無料駐車場が豊富なので、駐車場所に困ることは無い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間1分
休憩
19分
合計
5時間20分
S榛名山駐車場-104:4004:57硯岩05:31掃部ヶ岳05:4006:07湖畔の宿公園06:32氷室山06:54天目山07:17三ツ峰山分岐07:51磨墨峠08:35相馬山08:4509:14黒髪山神社の鳥居10:00紅葉橋(伊香保温泉)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはGPSログより(手補正多め)。
コース状況/
危険箇所等
掃部ヶ岳の途中にある硯岩は断崖絶壁なので要注意。
相馬山は岩やハシゴ満載でやや手強い。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

4:40 榛名吾妻荘前から出発。この時間なのでさすがに駐車場はガラガラだ。
2016年05月05日 04:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4:40 榛名吾妻荘前から出発。この時間なのでさすがに駐車場はガラガラだ。
2
吾妻荘から少しだけ北に向かうと登山口の案内がある。
2016年05月05日 04:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻荘から少しだけ北に向かうと登山口の案内がある。
最初はこんな道。
2016年05月05日 04:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな道。
1
…ん?右の方で何か動いたぞ。
2016年05月05日 04:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…ん?右の方で何か動いたぞ。
1
おお、カモシカだ。襲われたら勝てる気がしない。
2016年05月05日 04:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、カモシカだ。襲われたら勝てる気がしない。
5
4:57 硯岩に寄っていく。
2016年05月05日 04:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4:57 硯岩に寄っていく。
硯岩から見た夜明けの榛名富士。
2016年05月05日 04:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硯岩から見た夜明けの榛名富士。
4
改めて掃部ヶ岳に向かう。
2016年05月05日 05:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて掃部ヶ岳に向かう。
1
5:31 榛名山の最高峰、掃部ヶ岳に登頂。山頂はそれほど広くない。
2016年05月05日 05:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:31 榛名山の最高峰、掃部ヶ岳に登頂。山頂はそれほど広くない。
掃部ヶ岳からデコボコした変な形の山が見えた。たぶん妙義だろお前。そのうち登りたいけどガチルートは死ぬから選ばないぞ。
2016年05月05日 05:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掃部ヶ岳からデコボコした変な形の山が見えた。たぶん妙義だろお前。そのうち登りたいけどガチルートは死ぬから選ばないぞ。
掃部ヶ岳の下りで、一部このような急な岩場がある。
2016年05月05日 05:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掃部ヶ岳の下りで、一部このような急な岩場がある。
一旦下りきった。
2016年05月05日 06:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下りきった。
6:07 太陽はここらへんまで登っている。
2016年05月05日 06:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:07 太陽はここらへんまで登っている。
2
ヤマノススメの扉絵となっている、「天神峠の石灯篭」。ここからヤマノススメ巡礼コースだ。
2016年05月05日 06:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマノススメの扉絵となっている、「天神峠の石灯篭」。ここからヤマノススメ巡礼コースだ。
2
氷室山へ。木段ばっかりだ。
2016年05月05日 06:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷室山へ。木段ばっかりだ。
1
6:32 氷室山に登頂。
2016年05月05日 06:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:32 氷室山に登頂。
木段を降りて…
2016年05月05日 06:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木段を降りて…
木段を登って…
2016年05月05日 06:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木段を登って…
1
6:54 天目山に登頂。
2016年05月05日 06:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:54 天目山に登頂。
1
街が良い感じに見渡せる。
2016年05月05日 06:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
街が良い感じに見渡せる。
本日のラスボス、相馬山だ。
2016年05月05日 06:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のラスボス、相馬山だ。
1
木段を降りる。今回のコース、とにかく木段が多い。
2016年05月05日 06:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木段を降りる。今回のコース、とにかく木段が多い。
7:06 七曲峠で車道に出る。
2016年05月05日 07:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:06 七曲峠で車道に出る。
1
七曲峠は、車道のすぐ向かいに続きの道があるので迷うことはないだろう。
2016年05月05日 07:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曲峠は、車道のすぐ向かいに続きの道があるので迷うことはないだろう。
吾妻荘が見える。あそこから2時間半でここまで来たことになる。
2016年05月05日 07:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻荘が見える。あそこから2時間半でここまで来たことになる。
1
硯岩を拡大。目立つなぁ。
2016年05月05日 07:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硯岩を拡大。目立つなぁ。
三ツ峰山分岐。時間が無いので今回はスルーで。
2016年05月05日 07:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ峰山分岐。時間が無いので今回はスルーで。
1
7:28 松之沢峠。
2016年05月05日 07:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:28 松之沢峠。
1
松之沢峠も、車道のすぐ向かいに登山道が続いているのでわかりやすい。
2016年05月05日 07:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松之沢峠も、車道のすぐ向かいに登山道が続いているのでわかりやすい。
1
磨墨岩分岐。こっちもパスだ。
2016年05月05日 07:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
磨墨岩分岐。こっちもパスだ。
お、ここはヤマノススメで見開きになっていた「榛名富士とメロディライン」だ。足元の木の具合からしても、この場所で間違いないだろう。
2016年05月05日 08:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、ここはヤマノススメで見開きになっていた「榛名富士とメロディライン」だ。足元の木の具合からしても、この場所で間違いないだろう。
1
8:08 これより本日のラスボス、相馬山に挑む。
2016年05月05日 08:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:08 これより本日のラスボス、相馬山に挑む。
岩だらけだ。
2016年05月05日 08:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩だらけだ。
そこそこ長めのハシゴ。
2016年05月05日 08:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこそこ長めのハシゴ。
クサリがあったりハシゴがあったり、なかなか手ごわい。
2016年05月05日 08:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリがあったりハシゴがあったり、なかなか手ごわい。
1
さっきまでの木段中心の山とはずいぶん雰囲気が違うものだ。
2016年05月05日 08:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきまでの木段中心の山とはずいぶん雰囲気が違うものだ。
8:35 相馬山に登頂。ほぼコースタイム通りの時間がかかってしまった。
2016年05月05日 08:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:35 相馬山に登頂。ほぼコースタイム通りの時間がかかってしまった。
2
ちょっくら休憩しながら街を眺める。
2016年05月05日 08:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっくら休憩しながら街を眺める。
相馬山からの下り。ハシゴは下りがちと怖い。
2016年05月05日 08:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相馬山からの下り。ハシゴは下りがちと怖い。
ヤセオネ峠へ向かい降りていく。
2016年05月05日 09:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセオネ峠へ向かい降りていく。
1
9:14 この鳥居をくぐって車道へ出る。(この写真は振り返って撮ったもの)
2016年05月05日 09:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:14 この鳥居をくぐって車道へ出る。(この写真は振り返って撮ったもの)
こちらの車道は渡らずに、右に曲がってしばらく進む。すると右手に伊香保温泉方面の道が見えるのでそちらへ入る。
2016年05月05日 09:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの車道は渡らずに、右に曲がってしばらく進む。すると右手に伊香保温泉方面の道が見えるのでそちらへ入る。
ヤセオネ峠がどこだったのかイマイチよくわからない。
2016年05月05日 09:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセオネ峠がどこだったのかイマイチよくわからない。
ひたすら標高を下げていく。
2016年05月05日 09:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら標高を下げていく。
1
9:37 伊香保温泉までの最後の車道だ。ここは渡って右にしばらく進む。
2016年05月05日 09:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:37 伊香保温泉までの最後の車道だ。ここは渡って右にしばらく進む。
すると左手に登山道が続いているので入る。
2016年05月05日 09:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すると左手に登山道が続いているので入る。
落石注意。
2016年05月05日 09:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石注意。
石が落ちてきそうなところはとっとと抜けるに限る。
2016年05月05日 09:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石が落ちてきそうなところはとっとと抜けるに限る。
2
おお、ついにゴールだ。
2016年05月05日 09:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、ついにゴールだ。
1
10:00 今日のゴール、伊香保温泉の紅葉橋。ヤマノススメのカット回収ポイントでもあるが、車が邪魔なのだった。
2016年05月05日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:00 今日のゴール、伊香保温泉の紅葉橋。ヤマノススメのカット回収ポイントでもあるが、車が邪魔なのだった。
1
紅葉橋のすぐ横にある、河鹿橋。つーかこっちの方が有名。
2016年05月05日 10:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉橋のすぐ横にある、河鹿橋。つーかこっちの方が有名。
温泉で汗を流す。
2016年05月05日 10:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉で汗を流す。
1
バスの時間が迫っていたので、伊香保散策はできずに急いでバスターミナルへ向かう。
2016年05月05日 10:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの時間が迫っていたので、伊香保散策はできずに急いでバスターミナルへ向かう。
1
榛名湖まで戻ってきて、最後に一枚、榛名富士。お疲れ様でした。
2016年05月05日 11:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榛名湖まで戻ってきて、最後に一枚、榛名富士。お疲れ様でした。
4

感想/記録
by thnote

ヤマノススメ聖地巡礼その28。
原作七十九合目「ふたりの時間」で登場した榛名山。
原作コースだと氷室山から始まっているが、せっかくだから最高峰にも登って
おきたいと思い、掃部ヶ岳を追加しての山行だ。

登山道の様子は写真参照。
関越道の渋滞がひどくならないうちに帰らなきゃ…と朝4時台に登山を開始
したため、他の登山者の姿をほとんど見ることはなかった。
(といっても車やバイクの音は聞こえてくるので、静かではないが)

木段ばっかりのルートの中で、岩だらけの相馬山が目立ってキツかったが、
それでも予定より1時間以上早くゴールできたので、短い時間とはいえ温泉に
浸かることができて大満足。
欲を言えば伊香保温泉の散策や、榛名富士登山なんかもしてみたかったが、
それは次の機会、ということで。

ちなみに、今回誤算だったのが、榛名山へ南東から登る県道28号線。
道幅が狭く対向車とのすれ違いが困難で、自分のようなサンデードライバーは
「対向車が来ませんように」と祈りながらの運転を強いられた。
慣れてる人ならなんてことないのかも知れないが、次来るときは多少混雑
していたとしても、伊香保温泉方面のルートを採ろうと思った。
訪問者数:562人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

カモシカ 紅葉 山行 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ