ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863742 全員に公開 沢登り奥多摩・高尾

マイモーズの悪場(倉沢本谷)

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー Lynn_Kato(記録), その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
倉沢橋を入ったところのいつもの所に停めた
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
全く一般的ではない。一部の奇特なゴルジュ愛好家向け。
上部廊下が狭いので増水時は危険。
ゴルジュ内部からの脱出路はなく、ゴルジュを登るか下るしかない。
(各滝にしっかりした支点はあるので懸垂下降は可能。
ただし、F1では滝壺に引き込まれる可能性があるので注意。)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

倉沢大橋を日原方面に少し行った所から降りたら急傾斜で怖かった。なのに、下のほうに鎖のついたちゃんとした道があった。釣り師用?
2016年05月05日 09:30撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉沢大橋を日原方面に少し行った所から降りたら急傾斜で怖かった。なのに、下のほうに鎖のついたちゃんとした道があった。釣り師用?
入渓してすぐにF1が見えてきた。高まるワクワク感と緊張感。
2016年05月05日 09:49撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓してすぐにF1が見えてきた。高まるワクワク感と緊張感。
堂々とした美しい滝!ちなみに今日は水量は少なめだと思います。(1日前に10ミリ降った程度。)
2016年05月05日 09:51撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂々とした美しい滝!ちなみに今日は水量は少なめだと思います。(1日前に10ミリ降った程度。)
2
早速取り付きに行く。試しにライジャケを持ってきたので着てみたが、結局足元見えずに邪魔なのであとで脱いでたw
2016年05月05日 10:01撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速取り付きに行く。試しにライジャケを持ってきたので着てみたが、結局足元見えずに邪魔なのであとで脱いでたw
2
1回め。(何度かドボンしたw)
2016年05月05日 10:03撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1回め。(何度かドボンしたw)
1
頑張れ!!
2016年05月05日 10:14撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張れ!!
1
ああ!ドボーン!(;・∀・)
2016年05月05日 10:16撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ!ドボーン!(;・∀・)
1
落口の上に倉沢大橋が見える。70m位降りたらしい。道沿いのせいか、ゴルジュの中でもバリバリ電波が入るので、中継も可能ですw
2016年05月05日 10:33撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落口の上に倉沢大橋が見える。70m位降りたらしい。道沿いのせいか、ゴルジュの中でもバリバリ電波が入るので、中継も可能ですw
結局、4回めのトライでうまく行った!!最初は斜上するバンドに沿って登っていく。
2016年05月05日 10:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、4回めのトライでうまく行った!!最初は斜上するバンドに沿って登っていく。
1
ここからはカンテ沿いに滝身のほうへ入っていく。
2016年05月05日 10:52撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはカンテ沿いに滝身のほうへ入っていく。
とりあえず一安心。
2016年05月05日 11:00撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず一安心。
カンテ超えたら、今度は滝の真横を横トラバースで登る感じ。
2016年05月05日 11:16撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カンテ超えたら、今度は滝の真横を横トラバースで登る感じ。
回りこんじゃってよくわからないけど、かなり苦労してた。
2016年05月05日 11:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回りこんじゃってよくわからないけど、かなり苦労してた。
1
しばらくするとロープがするする出始めて、ついに隊長が落ち口に!やったー\(^o^)/ 隊長カッケー\(^o^)/
2016年05月05日 11:27撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくするとロープがするする出始めて、ついに隊長が落ち口に!やったー\(^o^)/ 隊長カッケー\(^o^)/
このあとザックを回収するのにめっちゃ手間取り(滝の勢いが強すぎて大変だった)やっとザックが上がったあとは私の番。色々もたついて時間を食った。すみません。(;・∀・) 
2016年05月05日 12:28撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあとザックを回収するのにめっちゃ手間取り(滝の勢いが強すぎて大変だった)やっとザックが上がったあとは私の番。色々もたついて時間を食った。すみません。(;・∀・) 
ここでびっくりぽん!の終了点。なぜこんな立派な新しいものが落ち口に入ってるのか?登るルートの残置はすべて錆びて古びていた。とすると、キャニオニング?倉沢本谷は上部のキャニオニングの滝の所にもペツルが入ってるけど、まさかこの滝スライダーするとか?(;・∀・)
2016年05月05日 13:30撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでびっくりぽん!の終了点。なぜこんな立派な新しいものが落ち口に入ってるのか?登るルートの残置はすべて錆びて古びていた。とすると、キャニオニング?倉沢本谷は上部のキャニオニングの滝の所にもペツルが入ってるけど、まさかこの滝スライダーするとか?(;・∀・)
F1の上はこんな感じ。すぐ向こうに見えるのがF2らしいが、滝の印象がない位どうでもいい感じの小滝。^^; ただ、猛烈にヌメってて、履き替えた沢靴では廊下が普通に歩けず滑って流されてヘラヘラ笑う。F1の緊張感から開放され、天国のように美しく穏やか。
2016年05月05日 13:31撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1の上はこんな感じ。すぐ向こうに見えるのがF2らしいが、滝の印象がない位どうでもいい感じの小滝。^^; ただ、猛烈にヌメってて、履き替えた沢靴では廊下が普通に歩けず滑って流されてヘラヘラ笑う。F1の緊張感から開放され、天国のように美しく穏やか。
そのあと左に曲がった先に出てくるのが釜をもったF3。これは右側(乾いた所)から簡単に行けるのだが、あえて水線で行くw リーチ課題気味でハングしてるので私は登れずロープを出してもらった。
2016年05月05日 13:40撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのあと左に曲がった先に出てくるのが釜をもったF3。これは右側(乾いた所)から簡単に行けるのだが、あえて水線で行くw リーチ課題気味でハングしてるので私は登れずロープを出してもらった。
そして狭いけどとびきり深い釜を持ったF4樋状4m。普通は明らかに右のリッジから行くと思うし、リングボルトが2つ入っているのも見える。
2016年05月05日 14:00撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして狭いけどとびきり深い釜を持ったF4樋状4m。普通は明らかに右のリッジから行くと思うし、リングボルトが2つ入っているのも見える。
が、ここはやはりせっかくなので水線で行きたいので、隊長が取り付いてみると、
2016年05月05日 14:00撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、ここはやはりせっかくなので水線で行きたいので、隊長が取り付いてみると、
1
一番心配だった滝壺部分は段になってて問題なく、簡単に立ててしまった。のでツッパリで登っていく。
2016年05月05日 14:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番心配だった滝壺部分は段になってて問題なく、簡単に立ててしまった。のでツッパリで登っていく。
1
一箇所ハーケンを打ったが、無事に登れました!私は念のためにフラットソールに履き替えて登りました。
2016年05月05日 14:09撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一箇所ハーケンを打ったが、無事に登れました!私は念のためにフラットソールに履き替えて登りました。
で、また終了点にこんな立派なペツルが入ってるわけなんです。
2016年05月05日 14:31撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、また終了点にこんな立派なペツルが入ってるわけなんです。
1
F4を上がったところは超狭い廊下になってて、上がってすぐ左を向くとこんな感じ。このあと直角に右折します。わくわくしちゃう。
2016年05月05日 14:31撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F4を上がったところは超狭い廊下になってて、上がってすぐ左を向くとこんな感じ。このあと直角に右折します。わくわくしちゃう。
1
その廊下の突き当りからさっき居たF4の落ち口を振り返るとこんな感じ。ステキゴルジュ♡
2016年05月05日 14:36撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その廊下の突き当りからさっき居たF4の落ち口を振り返るとこんな感じ。ステキゴルジュ♡
1
そして、右折すると、あれ、廊下もう終わりか。。。(´・ω・`)
2016年05月05日 14:38撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、右折すると、あれ、廊下もう終わりか。。。(´・ω・`)
1
ゴーロを少し歩いたら
2016年05月05日 14:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーロを少し歩いたら
むこうに林道の石垣が見える。このあと左の踏み跡を辿ってひと登りしたら、山登魂の記録と同じく、車まで15秒の所に出ました。
2016年05月05日 14:48撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
むこうに林道の石垣が見える。このあと左の踏み跡を辿ってひと登りしたら、山登魂の記録と同じく、車まで15秒の所に出ました。
1

感想/記録

外道クライマーを読み終わった隊長の鼻息が荒かったw
そういえば昨年は肝心の真夏に私が故障してしまい、激しいゴルジュごっこはしていなかった。
今年はウェットスーツも新調してやる気満々のようだ。
私ももっとゴル力(りょく)を高めたい!
ということで、前から覗いてみたかった「マイモーズの悪場」に行ってきました。(ワルバなのか、アクバなのかわからないが、マイモーズのアクバのほうが凶悪そうなイメージなのでアクバと呼びたいw)
マイモーズとはカタツムリの意味らしいのですが、なるほど、登ってみたらカタツムリみたいです。1つ1つの滝も殻の中にいるみたいだし、全体で見てもゴルジュがクルンと巻いてるのでカタツムリみたい。

久しぶりに痺れる沢登りを見て、すごく感動しました。
増水したほら貝のゴルジュ以来かなぁ。
お荷物にならないよう、もっと強くなりたいです。(`・ω・´)

登るに際して、下記の記録を参考にさせていただきました。
とくに山登魂の記録にはとても助けられました。
(ナベさんの懺悔録がどれほど励みになったことか)

レコユーザーのke-shiさん
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-681448.html
山登魂の記録 2008.8.9
http://yama-to-damashii.outdoor.cc/20080809_maimouz/01.html
山登魂でF1突破したナベさんの懺悔録
http://yama-to-damashii.outdoor.cc/20080809_maimouz/02.html

隊長から、ナベさんへの伝言です。
「あのリングボルト、バチ効きだったよ♡」
ありがとうございました。m(_ _)m

行かれる方へ。
・ロープ ★★★★★ 30mでOK
・フラットソール ★★★★★ F1登るのに大活躍
・ウェットスーツ★★★★★ 首まで浸かる。水温は10.7℃でした。
・ナッツ類 ★★★★★ F1で大活躍
・ハーケン ★★★★ F1では使えず。F4で1回使いました
・ライジャケ ★★ ただし泳げない人はF1で必須

訪問者数:769人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ