ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863771 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

大杉谷から大台ケ原〜新緑の渓谷と展望

日程 2016年05月04日(水) 〜 2016年05月05日(木)
メンバー 39ISA
天候2日間とも快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:ゞ疆監探沺文島行き)鶴橋7:11発乗車、松阪8:39着下車、JR特急ワイドビュー南紀1号(紀伊勝浦行き)松阪9:16発乗車、三瀬谷9:47着下車、エスパール交通(要予約)の9:50発バス乗車、大杉谷登山口11:25頃到着

帰り:1奈良交通バス 大台ケ原14:30発乗車、大和上市16:35着下車、近鉄に乗り換えて阿部野橋へ

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間11分
休憩
26分
合計
3時間37分
S大杉谷登山口11:3012:59千尋滝13:1213:50シシ淵14:0014:12ニコニコ滝14:1514:28平等吊橋15:07桃ノ木小屋
2日目
山行
6時間25分
休憩
1時間13分
合計
7時間38分
桃ノ木小屋06:0006:27七ツ釜滝06:3006:57崩落地07:47堂倉滝08:0208:54林道出合08:58堂倉小屋09:0510:07シャクナゲ平10:1210:55日出ケ岳(大台ケ原山)11:1111:51尾鷲辻12:03牛石ヶ原12:14大蛇12:2012:34牛石ヶ原12:5513:38大台ケ原ビジターセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
□大杉谷登山口から堂倉滝まで
 登山道は整備されており、危険な個所にはクサリの手すりやロープが設置されているので安心感があります。ただ、所々湿った岩場や高度感のある渓谷沿いの登山道を歩くので、油断せずにゆっくり歩きました。大崩落地はしっかりと道が整備されています。

□堂倉滝から日出ケ岳まで
 渓谷を離れます。粟谷小屋に通じる林道までは急登。そこから日出ケ岳までは比較的緩やかな登りとなります。

□大台ケ原 
 子どもから大人まで楽しめる登山道
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

大杉谷登山センター。ここでバスはトイレ休憩。
2016年05月04日 10:52撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大杉谷登山センター。ここでバスはトイレ休憩。
2
宮川ダム(大杉谷登山センターから)。いい天気で期待大。
2016年05月04日 10:53撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮川ダム(大杉谷登山センターから)。いい天気で期待大。
2
宮川第3発電所。ここの脇道を通り抜けると登山道となる。
2016年05月04日 11:38撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮川第3発電所。ここの脇道を通り抜けると登山道となる。
いきなり岩を削った登山道が現れます。
2016年05月04日 11:41撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり岩を削った登山道が現れます。
3
美しい景観に気分も盛り上がります。
2016年05月04日 11:44撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい景観に気分も盛り上がります。
2
能谷吊橋。このような吊橋も楽しみの一つ。
2016年05月04日 12:00撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
能谷吊橋。このような吊橋も楽しみの一つ。
3
日浦杉吊橋
2016年05月04日 12:42撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日浦杉吊橋
高度感たっぷりの吊橋がたくさんあった。
2016年05月04日 12:43撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感たっぷりの吊橋がたくさんあった。
1
危なそうな道にはクサリの手がかりが整備されている。
2016年05月04日 12:50撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危なそうな道にはクサリの手がかりが整備されている。
1
千尋滝。水量たっぷりでいきなり山の上から落ちてくる感じ。迫力があった。
2016年05月04日 13:11撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千尋滝。水量たっぷりでいきなり山の上から落ちてくる感じ。迫力があった。
2
シシ淵から振り返って
2016年05月04日 13:51撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシ淵から振り返って
シシ淵。両岸を絶壁に囲まれて奥にニコニコ滝。いい雰囲気でした。
2016年05月04日 13:53撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシ淵。両岸を絶壁に囲まれて奥にニコニコ滝。いい雰囲気でした。
9
登山道からエメラルドグリーンの淵を覗く。高度感があります。
2016年05月04日 14:07撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道からエメラルドグリーンの淵を覗く。高度感があります。
3
ニコニコ滝
2016年05月04日 14:14撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニコニコ滝
4
黄緑があざやか
2016年05月04日 14:19撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄緑があざやか
2
平等吊橋
2016年05月04日 14:27撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平等吊橋
2
この日の宿、桃の木山の家に到着。
2016年05月04日 15:07撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の宿、桃の木山の家に到着。
1
2日目も所々このような道が続きます。
2016年05月05日 06:20撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目も所々このような道が続きます。
3
七ツ釜滝。三段の美しい滝でした。
2016年05月05日 06:29撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ釜滝。三段の美しい滝でした。
6
左の岩のコースを滑らないように慎重に歩きます。
2016年05月05日 06:48撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の岩のコースを滑らないように慎重に歩きます。
3
シャクナゲ。ちょっとだけ咲いていました。
2016年05月05日 06:51撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ。ちょっとだけ咲いていました。
3
大崩落地
2016年05月05日 06:53撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崩落地
1
大崩落地の途中から。しっかりと道が整備されている。
2016年05月05日 07:02撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崩落地の途中から。しっかりと道が整備されている。
1
光滝
2016年05月05日 07:14撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光滝
1
隠滝吊橋から隠滝
2016年05月05日 07:24撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隠滝吊橋から隠滝
2
堂倉吊橋から。渓谷が美しい。
2016年05月05日 07:43撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉吊橋から。渓谷が美しい。
堂倉滝前で休憩。振り返って堂倉滝吊橋と新緑の山肌
2016年05月05日 07:55撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉滝前で休憩。振り返って堂倉滝吊橋と新緑の山肌
堂倉滝。ここで渓谷から離れるのでたっぷり休憩。
2016年05月05日 07:55撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉滝。ここで渓谷から離れるのでたっぷり休憩。
5
シャクナゲ坂
2016年05月05日 09:40撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ坂
ここだけ蕾がいっぱいでした。
2016年05月05日 10:19撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけ蕾がいっぱいでした。
標高が高くなるとまだこのような状態でした。
2016年05月05日 10:33撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が高くなるとまだこのような状態でした。
1
大きい杉
2016年05月05日 10:38撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きい杉
1
日出ケ岳に到着です。
2016年05月05日 10:50撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日出ケ岳に到着です。
4
山頂からは台高の山のバックに大峰の山上ケ岳や大普賢岳などが見渡せました。
2016年05月05日 11:05撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは台高の山のバックに大峰の山上ケ岳や大普賢岳などが見渡せました。
3
八経ヶ岳や釈迦ケ岳など大峰の核心部を遠望
2016年05月05日 11:11撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳や釈迦ケ岳など大峰の核心部を遠望
1
正木ヶ原方面へ向かいます。
2016年05月05日 11:11撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正木ヶ原方面へ向かいます。
いい天気の中、のんびりと木道歩き。
2016年05月05日 11:27撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気の中、のんびりと木道歩き。
1
振り返って日出ケ岳
2016年05月05日 11:27撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って日出ケ岳
2
熊野灘がはっきり見渡せる。
2016年05月05日 11:30撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野灘がはっきり見渡せる。
1
大蛇瑤ら西大台方面
2016年05月05日 12:17撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蛇瑤ら西大台方面
1
大蛇
2016年05月05日 12:21撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蛇
2
大台ケ原ビジターセンター
2016年05月05日 13:41撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台ケ原ビジターセンター
2
撮影機材:

感想/記録
by 39ISA

 前から一度行ってみたかった大杉谷へ1泊2日で行ってきた。
 早朝5時30分に自宅を出発し、JR、近鉄、JR、バスと乗り継ぎ、大杉谷登山口に着いたのがお昼前で、アプローチに時間がかかったが、2日間とも快晴でいい山登りになった。
 
 大杉谷では、鮮やかな新緑の中、迫力ある渓谷と美しい淵が連続し、特に千尋滝やシシ淵など見所満載で、ゆっくりゆっくりと楽しみながら歩けた。
 渓谷沿いに整備された登山道は結構高度感があったが、それも楽しみの一つで、きっちり整備されたクサリなどを活用し、油断せず慎重に歩いたが、雨の日は滑らないようにより気を付けなければならないと感じた。
 
 2日目は、堂倉滝から日出ケ岳への登りをこなすと、大展望が待っており、大峰の山々の連なりや熊野灘などを見渡すことができ、清々しい気分で大台ケ原を散策した。この日はこどもの日、家族でグループでカップルで、たくさんのハイカーが山を楽まれていた。
 軽装で体への負荷もなく、ゆっくりのんびり時間をかけて楽しんだ山登りでした。
訪問者数:383人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ