ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863781 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

小金沢連嶺&南大菩薩縦走 − 富士見の天空回廊 −

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー piazzolla
天候○ 天気 : 快晴。
○ 風速 : かなり強め(15m/s程度) のち 普通(5m/s程度)。
○ 気温 : 寒め(8℃くらい) のち 暑め(20℃くらい)。
○ 視程 : 長め。
アクセス
利用交通機関
電車バス
○ 往路
 ・JR中央線/06:01 {最寄駅} - 06:26 八王子
 ・JR中央本線/06:35 八王子 - 07:38 甲斐大和
 ・栄和交通路線バス/07:50 甲斐大和BS - 08:35 小屋平BS(臨時便)
  ※8:10発に乗る予定でしたが、乗客多数につき臨時便(2便)が出ました。
  ※950円/人(現金のみ)
  ※参考HP : http://www.eiwa-kotsu.com/pdf/daibosatsu_timetable20160314.pdf

○ 復路
 ・JR中央本線/17:42 初狩 - 19:02 立川
 ・JR中央線/19:08 立川 - 19:27 {最寄駅}
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 11時間00分
○ CT(実績) : 07時間10分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
○ 登りよりも下りの多いロングコースです。以下のエスケープポイントがあります。
   牛奥ノ雁ヶ腹摺山
   黒岳
   湯ノ沢峠
   米背負峠
  ※´い魯丱皇未蠅鵬爾譴泙后淵丱垢虜能時刻は要確認)。
  ※△録震攵金沢林道に下れます(要タクシー)。
○ 稜線に出てからも緩いアップダウンが連続します。
○ 石丸峠から湯ノ沢峠までの山の連なりを小金沢連嶺、
  湯ノ沢峠から滝子山までを南大菩薩と呼ぶようです。
  個人的に、前者の植生は奥秩父型、後者は中央線型に感じました。
○ 季節柄、そこまで危険な箇所はありませんでした。
○ 道標はよく整備されているので、まず道に迷うことはないでしょう。
その他周辺情報(1) トイレ
 以下の場所にありました。
   湯ノ沢峠
   初狩駅
  ※山道に入ってからは,泙妊肇ぅ譴無いので(小屋平BSにはありません)、
   甲斐大和駅等で済ませておくと良いでしょう。

(2) 登山ポスト
 見つけられませんでした。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ

写真

終点(上日川峠BS)の一つ手前の小屋平BSで下車しスタート!乗客の1割程度がここで下車しました。
2016年05月05日 08:39撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終点(上日川峠BS)の一つ手前の小屋平BSで下車しスタート!乗客の1割程度がここで下車しました。
2
まずは石丸峠を目指します。まだ1時間も歩いてませんが、早くも目の前にカヤトの絶景が広がり始めました。
2016年05月05日 09:19撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは石丸峠を目指します。まだ1時間も歩いてませんが、早くも目の前にカヤトの絶景が広がり始めました。
1
小金沢山(こがねさわやま:2014m)の右奥に富士山が見えてます。
2016年05月05日 09:23撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金沢山(こがねさわやま:2014m)の右奥に富士山が見えてます。
3
石丸峠が見えてきました。それにしても気持ちの良い草原です。
2016年05月05日 09:23撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠が見えてきました。それにしても気持ちの良い草原です。
2
今回は行かない熊沢山(くまさわやま:1978m)方面。あのピークを越えた先に大菩薩峠があるので、ほとんどのハイカーがそちらに向かいました。
2016年05月05日 09:28撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は行かない熊沢山(くまさわやま:1978m)方面。あのピークを越えた先に大菩薩峠があるので、ほとんどのハイカーがそちらに向かいました。
3
僕はこっち(小金沢山方面)。
2016年05月05日 09:37撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僕はこっち(小金沢山方面)。
4
狼平とその奥に今日の最高峰、小金沢山が横たわってます。
2016年05月05日 09:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平とその奥に今日の最高峰、小金沢山が横たわってます。
3
狼平から後ろを振り返ると、熊沢山と天狗棚山(てんぐだなやま:1957m)が、フタコブラクダのコブのような良い形をしてました。
2016年05月05日 09:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平から後ろを振り返ると、熊沢山と天狗棚山(てんぐだなやま:1957m)が、フタコブラクダのコブのような良い形をしてました。
1
大菩薩湖の奥に南アルプスの山々の白い稜線が見えます。
2016年05月05日 09:48撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩湖の奥に南アルプスの山々の白い稜線が見えます。
2
小金沢山山頂直下の苔むした森は、バイカオウレンの群生地になってました。
2016年05月05日 10:00撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金沢山山頂直下の苔むした森は、バイカオウレンの群生地になってました。
1
良い季節に来れました♪
2016年05月05日 10:01撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い季節に来れました♪
3
湯ノ沢峠までの森でちょこちょこ見かけました。
2016年05月05日 10:09撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠までの森でちょこちょこ見かけました。
1
バイカオウレンは、こういう奥秩父っぽいジメジメした場所を好むようです。
2016年05月05日 10:18撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイカオウレンは、こういう奥秩父っぽいジメジメした場所を好むようです。
小金沢山に到着!
2016年05月05日 10:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金沢山に到着!
2
秀麗富嶽十二景の二番に選ばれている景色です。
2016年05月05日 10:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秀麗富嶽十二景の二番に選ばれている景色です。
4
パン(てりやきバーガー)を一つ頬張り、次の山へと向かいます。
2016年05月05日 10:44撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パン(てりやきバーガー)を一つ頬張り、次の山へと向かいます。
1
山と山の間は大抵カヤトの原になっていて、富士山の絶景が見渡せます。この尾根に関しては、ピークに秀麗富嶽を冠す意味を感じません。だって、ほぼずっと見えてるんだもん。
2016年05月05日 10:46撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山と山の間は大抵カヤトの原になっていて、富士山の絶景が見渡せます。この尾根に関しては、ピークに秀麗富嶽を冠す意味を感じません。だって、ほぼずっと見えてるんだもん。
3
そういえば、石丸峠のあたりはカヤトが青々としてましたが、この辺はまだ小麦色(冬の装い)ですね。あと一月もしたら、また別の雰囲気の山歩きが楽しめそうです。
2016年05月05日 10:58撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そういえば、石丸峠のあたりはカヤトが青々としてましたが、この辺はまだ小麦色(冬の装い)ですね。あと一月もしたら、また別の雰囲気の山歩きが楽しめそうです。
本日三つ目のピークとなる、牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま:1990m)に到着!
2016年05月05日 11:03撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日三つ目のピークとなる、牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま:1990m)に到着!
3
ここも秀麗富嶽十二景の二番に選ばれてます。同じ番号が複数あるのはどうなのだろうか。。。
2016年05月05日 11:04撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも秀麗富嶽十二景の二番に選ばれてます。同じ番号が複数あるのはどうなのだろうか。。。
5
写真ではわかりませんが、この日は風が強くて(最大15m/s程度)寒かったです。その代わりの好展望なので我慢しますが。
2016年05月05日 11:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ではわかりませんが、この日は風が強くて(最大15m/s程度)寒かったです。その代わりの好展望なので我慢しますが。
たまには奥多摩方面(東側)の展望も。なお、この辺は賽ノ河原と呼ばれているようです。旧大菩薩峠も賽ノ河原と呼ばれているので、賽ノ河原だらけです。
2016年05月05日 11:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまには奥多摩方面(東側)の展望も。なお、この辺は賽ノ河原と呼ばれているようです。旧大菩薩峠も賽ノ河原と呼ばれているので、賽ノ河原だらけです。
1
黒岳(くろだけ:1988m)に到着。珍しく展望はありません。ここで二つ目のパン(こしあんぱん)を頬張りました。
2016年05月05日 11:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳(くろだけ:1988m)に到着。珍しく展望はありません。ここで二つ目のパン(こしあんぱん)を頬張りました。
2
黒岳を少し下ったあたりのいかにもという場所に、コバイケイソウの群落がありました。
2016年05月05日 12:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳を少し下ったあたりのいかにもという場所に、コバイケイソウの群落がありました。
1
白谷ノ丸(しらやのまる:1920m)に到着!
2016年05月05日 12:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷ノ丸(しらやのまる:1920m)に到着!
2
個人的にここからの富士山の眺めが一番好きです。なぜここが秀麗富嶽十二景に選ばれていないのだろうか。
2016年05月05日 12:10撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
個人的にここからの富士山の眺めが一番好きです。なぜここが秀麗富嶽十二景に選ばれていないのだろうか。
7
谷間から富士山。
2016年05月05日 12:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷間から富士山。
4
白谷ノ丸直下の縦走路を少し外れたところに、白砂の展望地があります。ここも良かったです。
2016年05月05日 12:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷ノ丸直下の縦走路を少し外れたところに、白砂の展望地があります。ここも良かったです。
7
湯ノ沢峠で下山するコースを取っていたらここでのんびりしていきたいところです。
2016年05月05日 12:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠で下山するコースを取っていたらここでのんびりしていきたいところです。
リンドウを発見!最近山に登るたびに必ず発見してるな(笑)。
2016年05月05日 12:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウを発見!最近山に登るたびに必ず発見してるな(笑)。
2
湯ノ沢のお花畑。植生保護のロープが張られてます。正面の丸い山は大蔵高丸(おおくらたかまる:1781m)です。
2016年05月05日 12:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢のお花畑。植生保護のロープが張られてます。正面の丸い山は大蔵高丸(おおくらたかまる:1781m)です。
1
ここがその山頂。もちろん、秀麗富嶽十二景(三番)です。
2016年05月05日 13:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがその山頂。もちろん、秀麗富嶽十二景(三番)です。
5
カヤトが波打ってて綺麗です。
2016年05月05日 13:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤトが波打ってて綺麗です。
1
ハマイバ(1752m)到着!本日八つ目のピークです。
2016年05月05日 13:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハマイバ(1752m)到着!本日八つ目のピークです。
3
ここも秀麗富嶽十二景(三番)です。
2016年05月05日 13:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも秀麗富嶽十二景(三番)です。
5
何度も言いますが、山頂からだけでなく、途中の道から見える富士山も絶品です(笑)。
2016年05月05日 13:34撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も言いますが、山頂からだけでなく、途中の道から見える富士山も絶品です(笑)。
5
と、突然、ヤマザクラの群生が現れました。
2016年05月05日 13:39撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、突然、ヤマザクラの群生が現れました。
3
なぜここだけ?不思議ですが、ラッキーでした。
2016年05月05日 13:44撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜここだけ?不思議ですが、ラッキーでした。
3
二つの山の間から顔を覗かせる富士山(笑)。
2016年05月05日 13:46撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つの山の間から顔を覗かせる富士山(笑)。
1
大谷ヶ丸(おおやがまる:1644m)に到着。そろそろ乳酸が溜まってきたぞ。ここで最後のパン(コロッケパン)を食し、次のピークへ備えます。
2016年05月05日 14:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸(おおやがまる:1644m)に到着。そろそろ乳酸が溜まってきたぞ。ここで最後のパン(コロッケパン)を食し、次のピークへ備えます。
2
いつのまにか、植生が中央線沿線の山っぽくなってきました。
2016年05月05日 14:56撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつのまにか、植生が中央線沿線の山っぽくなってきました。
1
そして本日のラスト(10座目)を飾るのは滝子山(たきごやま:1620m)です。直下の急登が足に来ました(笑)。
2016年05月05日 15:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして本日のラスト(10座目)を飾るのは滝子山(たきごやま:1620m)です。直下の急登が足に来ました(笑)。
5
ここも秀麗富嶽十二景(四番)です。手前の山は、先日登ったばかりの鶴ヶ鳥屋山(つるがとややま:1374m)です。
2016年05月05日 15:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも秀麗富嶽十二景(四番)です。手前の山は、先日登ったばかりの鶴ヶ鳥屋山(つるがとややま:1374m)です。
3
縦走路を振り返ります。白谷ノ丸が白いので良くわかりますね。感無量です。
2016年05月05日 15:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路を振り返ります。白谷ノ丸が白いので良くわかりますね。感無量です。
4
滝子山の山頂はこじんまり。
2016年05月05日 15:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝子山の山頂はこじんまり。
2
山頂直下のスミレのプチ群生。
2016年05月05日 15:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下のスミレのプチ群生。
1
檜平から望む富士山。今日はこれで見納めだろうか。。。
2016年05月05日 15:50撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜平から望む富士山。今日はこれで見納めだろうか。。。
3
と思っていたら、麓の集落からもばっちり富士山が見えました(笑)!最初から最後まで、富士山ずくしの一日でした。
2016年05月05日 16:53撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思っていたら、麓の集落からもばっちり富士山が見えました(笑)!最初から最後まで、富士山ずくしの一日でした。
5
撮影機材:

感想/記録

せっかくの連休なので(去年と同様)ロングに行きたい。
いくつか候補はあったが、やはり富士山への展望が良さそうな
小金沢連嶺縦走に決めた(なお、大菩薩嶺は混むのでカットした)。

別名、甲州アルプス。

ご当地アルプスの中には「名ばかりアルプス」も多い中、
少なくとも甲州アルプスは「アルプス」の名に恥じないと定評があったため、
兼ねてより期待はしていたのだが、今回はそれを大きく上回る内容に感動した。

明るいカヤトの原がこんなに続いていると思っていなかったし、
富士山もここまで沢山見られるとは想像していなかった。
バイカオウレンやヤマザクラなど、期せずして季節の花々も見られた。
なにより、天気が良すぎた。絶景の連続に思わず笑みがこぼれた。

なお、単独山行のときに一人でニヤニヤしていると妖しい人だと思われるので、
よほどのことがない限り笑みはこぼさないようにしてる(←どうでもいい情報)。
それくらい良かったということだ(笑)。

特に「白谷ノ丸」が気に入った。
今回の縦走路の中では、一番眺めが良い場所なのではないだろうか。
ここは嫁を連れてまた来たい。
訪問者数:428人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/4
投稿数: 173
2016/5/6 12:00
 もう言うことなしのGW
piazzollaさん。こんにちは。
びっくりのロングコースでしたね。
私は、昨年夏に、上日川峠〜小金沢山〜牛奥ノ雁ヶ腹擦山〜黒岳〜小屋平を歩きました。私はこれが精一杯です。昨日5日は笹子雁ヶ腹擦山に行ってきました。お天気で良かったですね。富士もきれいですね。小金沢連峰の時は曇りで生憎の展望でした。それにしても、ここのところのpiazzolliaさんの山行は凄まじいですね。お元気な証拠です。GWはサイコーの山行だったようで羨ましい限りです。
登録日: 2014/5/12
投稿数: 39
2016/5/6 13:50
 Re: もう言うことなしのGW
gijinさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
今回はさすがに足に来ました(笑)。去年のGWにも、富士山を見に御正体山へ
長めの山歩きをしたのですが、(富士山からの)距離が遠いはずの今回のほうが
寧ろ富士山がよく見えたように思います。
笹子雁ヶ腹摺山も良かったのではないでしょうか。記録を楽しみにしております。
今年のGWは滅多にない10連休だったので、ここぞとばかりに文字通り山三昧でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ