ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863815 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

横山岳

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白谷登山口の駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

稜線を仰ぎ見ながら白谷登山口を出発し、白谷本流コースに進みます。
2016年05月05日 06:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を仰ぎ見ながら白谷登山口を出発し、白谷本流コースに進みます。
2
白谷の流れに沿って登ります。シャクに一面覆われた斜面を通り抜けて、
2016年05月05日 07:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷の流れに沿って登ります。シャクに一面覆われた斜面を通り抜けて、
1
やがて広域基幹林道横山岳線に出合うと、太鼓橋の右手から白谷の遡上を続けます。
2016年05月05日 07:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて広域基幹林道横山岳線に出合うと、太鼓橋の右手から白谷の遡上を続けます。
1
ミヤマハコベの群生地の中を進み、
2016年05月05日 07:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマハコベの群生地の中を進み、
2
これは何?
2016年05月05日 07:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは何?
1
三段に分かれて滑り落ちる経ヶ滝に出合うと、左手から巻きます。
2016年05月05日 07:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段に分かれて滑り落ちる経ヶ滝に出合うと、左手から巻きます。
2
ヒメレンゲや、
2016年05月05日 07:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメレンゲや、
1
ラショウモンカズラを見送り、
2016年05月05日 07:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラショウモンカズラを見送り、
1
ニリンソウの群生地の中を進んでいくと、
2016年05月05日 07:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニリンソウの群生地の中を進んでいくと、
1
イチリンソウは大ぶりの花で、目を惹きます。
2016年05月05日 08:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イチリンソウは大ぶりの花で、目を惹きます。
1
ホウチャクソウを横目に、
2016年05月05日 08:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホウチャクソウを横目に、
1
五銚子の滝に達します。
2016年05月05日 08:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五銚子の滝に達します。
1
エンレイソウが咲く左手の急斜面に取り付くと、この先は急登が連続。
2016年05月05日 08:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エンレイソウが咲く左手の急斜面に取り付くと、この先は急登が連続。
1
ユキザサがちらほら。
2016年05月05日 08:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユキザサがちらほら。
1
やがて石灰岩の露岩帯に差し掛かると、
2016年05月05日 08:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて石灰岩の露岩帯に差し掛かると、
1
イカリソウが次々と現れます。
2016年05月05日 08:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イカリソウが次々と現れます。
1
ユキグニミツバツツジが鮮やかに映える急坂の道を進みます。
2016年05月05日 08:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユキグニミツバツツジが鮮やかに映える急坂の道を進みます。
1
チゴユリなどを眺めながら急坂を登っていきますが、ヤマシャクヤクは一向に姿を現しません。これはだめかもわからんねと諦めかけたその時、
2016年05月05日 08:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チゴユリなどを眺めながら急坂を登っていきますが、ヤマシャクヤクは一向に姿を現しません。これはだめかもわからんねと諦めかけたその時、
1
ようやくお目当てのヤマシャクヤクと出会うことができました。
2016年05月05日 08:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくお目当てのヤマシャクヤクと出会うことができました。
4
「頂上まで300m」の標識。この先100mごとにカウントダウンして、頂上へと導いてくれます。
2016年05月05日 08:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「頂上まで300m」の標識。この先100mごとにカウントダウンして、頂上へと導いてくれます。
1
登山道の真ん中にはギンラン。
2016年05月05日 08:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の真ん中にはギンラン。
2
登山道脇に見つけたヤマシャクヤク。周囲を見渡すと、急斜面のそこかしこにヤマシャクヤクが咲いているようでしたが、これ以上近づくことができません。
2016年05月05日 08:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇に見つけたヤマシャクヤク。周囲を見渡すと、急斜面のそこかしこにヤマシャクヤクが咲いているようでしたが、これ以上近づくことができません。
1
ヒトリシズカに見送られながら、最後の急登をこなすと、
2016年05月05日 09:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカに見送られながら、最後の急登をこなすと、
1
傾斜が緩んで、横山岳二等三角点が置かれた横山岳西峰の頂上に到着します。
2016年05月05日 09:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が緩んで、横山岳二等三角点が置かれた横山岳西峰の頂上に到着します。
2
尾根道を辿って東峰に向かいます。タムシバや、
2016年05月05日 09:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道を辿って東峰に向かいます。タムシバや、
2
イワナシが彩る道を進んでいくと、
2016年05月05日 09:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワナシが彩る道を進んでいくと、
1
ほどなく、岩がごつごつとした痩せ尾根に差し掛かり、視界が開けてきます。
2016年05月05日 09:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく、岩がごつごつとした痩せ尾根に差し掛かり、視界が開けてきます。
1
余呉湖の奥には竹生島を浮かべる琵琶湖が見通せます。
2016年05月05日 09:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余呉湖の奥には竹生島を浮かべる琵琶湖が見通せます。
3
狭い東峰の頂上に達すると、金糞岳と対面し、右肩からは伊吹山が顔をのぞかせます。
2016年05月05日 09:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い東峰の頂上に達すると、金糞岳と対面し、右肩からは伊吹山が顔をのぞかせます。
2
わずかに咲き残るイワウチワを横目に、東尾根コースを下り始めると、
2016年05月05日 09:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかに咲き残るイワウチワを横目に、東尾根コースを下り始めると、
1
新緑が印象的なブナの原生林の中へ。
2016年05月05日 09:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が印象的なブナの原生林の中へ。
2
金居原コースの分岐に差し掛かると、
2016年05月05日 10:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金居原コースの分岐に差し掛かると、
1
阿曾谷三等三角点が置かれた阿蘇山に寄り道します。
2016年05月05日 10:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿曾谷三等三角点が置かれた阿蘇山に寄り道します。
1
東尾根登山道に戻り、ブナの原生林の中を通り抜けていくと、ユキグニミツバツツジと再会し、
2016年05月05日 10:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根登山道に戻り、ブナの原生林の中を通り抜けていくと、ユキグニミツバツツジと再会し、
2
鮮やかな赤紫色の花に目を奪われます。
2016年05月05日 10:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮮やかな赤紫色の花に目を奪われます。
1
緩やかに下っていくと、ガマズミを見つけます。
2016年05月05日 10:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに下っていくと、ガマズミを見つけます。
2
急傾斜の杉林の中を下って、広域基幹林道横山岳線に出合う東尾根登山口に降り立ちます。
2016年05月05日 10:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急傾斜の杉林の中を下って、広域基幹林道横山岳線に出合う東尾根登山口に降り立ちます。
2
滝谷に架かる夜這橋のたもとに湧き出る夜這いの水に立ち寄ると、
2016年05月05日 10:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷に架かる夜這橋のたもとに湧き出る夜這いの水に立ち寄ると、
3
この先は網谷に沿って網谷林道を下ります。沿道にはシャガがいっぱい。
2016年05月05日 10:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は網谷に沿って網谷林道を下ります。沿道にはシャガがいっぱい。
2
頭上に垂れ下がるノフジを仰ぎ見ながら歩いて、白谷登山口に戻り着くと、続いては赤坂山に向かいます。
2016年05月05日 10:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上に垂れ下がるノフジを仰ぎ見ながら歩いて、白谷登山口に戻り着くと、続いては赤坂山に向かいます。
2
撮影機材:

感想/記録

白谷本流コースから横山岳へ。お目当てのヤマシャクヤクはすでにピークが過ぎてしまったのか、登れどもなかなか姿を見せてくれず、ようやく咲き残りの株と対面できるばかりでしたが、ヤマシャクヤク以外にも数々のお花が楽しめたので、良しとしましょう。
訪問者数:282人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ