ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 863820 全員に公開 沢登り房総・三浦

三浦・森戸川源流 / 沢歩き

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー sawahiko(CL)
天候晴天無風
アクセス
利用交通機関
電車バス
新逗子駅〜長柄交差点バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間15分
休憩
50分
合計
6時間5分
S長柄交差点07:2507:50森戸林道ゲート08:10県道(入渓点)08:2008:50堰堤09:10森戸林道終点09:2010:30ツメ手前10:50乳頭山11:2012:30森戸林道終点13:30長柄交差点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
高低差があまり無い地形のため、地図読みに時間を結構取られた。
コース状況/
危険箇所等
山道はかなり歩き易い。人も多い。
沢は倒木多し。滝無し。水の流れ余り無し。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

三浦の沢に行ってみよう!
という事でやってきました
新逗子駅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三浦の沢に行ってみよう!
という事でやってきました
新逗子駅
1
駅前バス停の1番乗り場から。
長柄交差点は必ず通るっぽいので、どれに乗っても良さそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅前バス停の1番乗り場から。
長柄交差点は必ず通るっぽいので、どれに乗っても良さそう。
1
3分くらいで長柄交差点着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3分くらいで長柄交差点着
1
川久保まで徒歩15分位
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川久保まで徒歩15分位
1
山の方に向かっていく。
車通行止めゲートを抜けて山道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の方に向かっていく。
車通行止めゲートを抜けて山道を進む。
上に県道が見える。
この辺から入れるとトポにあるが…この沢に入るのか?と遡行意欲が沸かず。先に進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上に県道が見える。
この辺から入れるとトポにあるが…この沢に入るのか?と遡行意欲が沸かず。先に進む。
林道の雰囲気
帰りの昼間の時間帯になると、バーダーと家族連れの虫取りが多かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の雰囲気
帰りの昼間の時間帯になると、バーダーと家族連れの虫取りが多かった。
1
少しだけ歩いて、せっかく来たのだから入るかーと意を決して入ってみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ歩いて、せっかく来たのだから入るかーと意を決して入ってみる。
沢の雰囲気。浅い、黒い、水の流れ無い、すぐそこに山道が見える、滝無し、という感じ。自分が来たくて来たので、自然に文句は言えないのだが、遡行意欲が。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の雰囲気。浅い、黒い、水の流れ無い、すぐそこに山道が見える、滝無し、という感じ。自分が来たくて来たので、自然に文句は言えないのだが、遡行意欲が。。
唯一の堰堤。右から巻く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一の堰堤。右から巻く。
山道に出て、堰堤すぐ先の踏み跡から降りられる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道に出て、堰堤すぐ先の踏み跡から降りられる。
1
が、この辺はもういいかなと切り上げて先に進む。
南沢分岐まで来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、この辺はもういいかなと切り上げて先に進む。
南沢分岐まで来た。
分岐にある看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐にある看板
南沢へ。下流よりはまだ良い感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢へ。下流よりはまだ良い感じ。
沢の雰囲気。
勾配は終始平坦で、ツメだけ急。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の雰囲気。
勾配は終始平坦で、ツメだけ急。
1
しかし倒木多し。蜘蛛の巣を綿アメのように枝で巻き取りながら進む。沢幅狭くジャングル風。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし倒木多し。蜘蛛の巣を綿アメのように枝で巻き取りながら進む。沢幅狭くジャングル風。
このようなゴツゴツしたナメ?が特徴的。これは歩き易い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このようなゴツゴツしたナメ?が特徴的。これは歩き易い。
1
沢の雰囲気。
水の流れがほとんど無いので、メダカや蛙など生き物が浮かんでいるのが良く目に付いた。
2016年05月05日 09:56撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の雰囲気。
水の流れがほとんど無いので、メダカや蛙など生き物が浮かんでいるのが良く目に付いた。
1
沢は山道と並走しつつ進んでいく。
固定ロープが見えた。
2016年05月05日 10:01撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢は山道と並走しつつ進んでいく。
固定ロープが見えた。
最後に1mナメ滝を越えて
2016年05月05日 10:13撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に1mナメ滝を越えて
1
少し進むと沢の分岐あり。
分岐の間には道あり。
2016年05月05日 10:31撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むと沢の分岐あり。
分岐の間には道あり。
目指すは乳頭山。
道か右の沢の2択だが、せっかくなので右の沢へ。
2016年05月05日 10:31撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すは乳頭山。
道か右の沢の2択だが、せっかくなので右の沢へ。
1
10分ちょっとガーっとツメて山道に出た〜。
短いけど結構頑張った感あり。
2016年05月05日 10:45撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ちょっとガーっとツメて山道に出た〜。
短いけど結構頑張った感あり。
1
ちょっと歩いて乳頭山着。
ここで大休止。
なお沢の中ではまったりしたいと思える場所が無かった。
2016年05月05日 10:52撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと歩いて乳頭山着。
ここで大休止。
なお沢の中ではまったりしたいと思える場所が無かった。
1
ずっとジャングルだったから開けてると嬉しい
2016年05月05日 10:52撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっとジャングルだったから開けてると嬉しい
1
定番のカップヌードル。
これとシナノゴールドと自家製カツサンドを食す。
2016年05月05日 11:18撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番のカップヌードル。
これとシナノゴールドと自家製カツサンドを食す。
1
下山。田浦梅林の方へ行こうと思ったが、思いっきり間違えて中尾根から降りてきてしまった。まぁいいか。
2016年05月05日 12:22撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。田浦梅林の方へ行こうと思ったが、思いっきり間違えて中尾根から降りてきてしまった。まぁいいか。
二子山方面へ少し行くと、湧き水も有り
2016年05月05日 12:25撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山方面へ少し行くと、湧き水も有り
南沢との分岐点に戻ってきた
2016年05月05日 12:29撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢との分岐点に戻ってきた
1
山道をそのまま戻ってきて川久保着。
このまま長柄交差点からバスに乗って新逗子駅に戻った。
2016年05月05日 13:11撮影 by FinePix F80EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道をそのまま戻ってきて川久保着。
このまま長柄交差点からバスに乗って新逗子駅に戻った。
1

感想/記録

○沢について
・もし行くなら南沢から。下流は楽しみという視点では、ちょっと厳しすぎる。
・この辺ならトレランの方が良いだろう。トレランナーを結構見かけた。
・沢に行くならやはり丹沢か奥多摩が良い

○感想
久しぶりなので、易しい沢でいろいろ思い出す機会が必要だと思ったので、この沢を選んだ。
アプローチ〜沢歩き〜ツメ〜下山というフローを通せて、
今年初回としての役割は果たした。

○反省
・水1リットルでは足りなかった。
暑くて汲めない沢では2リットルあった方が無難。

・下り始める時点で、ちゃんと地図読みすること。
一般道だからどうとでも帰れるとの油断があった。
訪問者数:209人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アプローチ 林道 倒木 堰堤
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ