ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 864026 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

残雪の「燕岳」(つばくろだけ)

日程 2016年04月30日(土) 〜 2016年05月01日(日)
メンバー takecho, その他メンバー1人
天候30日 晴れのちくもり 夜から吹雪
1日 雪のちくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
長野道 安曇野インターから一般道
中房温泉登山口の第3駐車場を使用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間31分
休憩
33分
合計
6時間4分
S有明荘07:2607:27中房温泉07:29中房温泉登山口07:3008:16第1ベンチ08:57第2ベンチ09:42第3ベンチ09:4410:31富士見ベンチ10:3211:34合戦小屋12:0312:23合戦山(合戦沢ノ頭)13:30燕山荘
2日目
山行
4時間30分
休憩
1時間40分
合計
6時間10分
燕山荘10:1610:17いるか岩10:45めがね岩10:4610:53燕岳10:5511:02めがね岩11:0311:31いるか岩11:3311:46燕山荘13:1614:08合戦山(合戦沢ノ頭)14:0914:21合戦小屋14:2214:46富士見ベンチ14:4815:05第3ベンチ16:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※スマホの調子が悪く、GPSログの順番がおかしくなっています
※2日目のタイムは30分ほど遅れています
コース状況/
危険箇所等
第3ベンチ周辺から残雪がちらほら。
富士見ベンチまでの間でアイゼンを着脱した人が多数
その他周辺情報下山後は有明荘の日帰り入浴を利用
燕山荘で割引券をもらったので100円引きの550円に。
(宿泊した事を証明できればOKか?)

写真

有明荘に車を停めて中房温泉まで歩きました
2016年04月30日 07:26撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明荘に車を停めて中房温泉まで歩きました
第1ベンチ
2016年04月30日 08:25撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1ベンチ
第2ベンチ
2016年04月30日 08:55撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2ベンチ
樹間から雪の峰々が見えてテンションが上がってきます
2016年04月30日 09:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から雪の峰々が見えてテンションが上がってきます
第3ベンチ(と、つば九郎)
2016年04月30日 09:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第3ベンチ(と、つば九郎)
途中から残雪が出てきました。
2016年04月30日 10:04撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から残雪が出てきました。
ここでアイゼンを装着
2016年04月30日 10:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでアイゼンを装着
合戦小屋へ向けての登り。
2016年04月30日 11:07撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋へ向けての登り。
稜線に小屋が見えます。大天井岳?
2016年04月30日 11:09撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に小屋が見えます。大天井岳?
小屋に向けて最後の登り。
2016年04月30日 11:25撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に向けて最後の登り。
合戦小屋に到着。
2016年04月30日 11:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋に到着。
小屋の前のベンチはこの混雑。
2016年04月30日 12:10撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の前のベンチはこの混雑。
登りを再開。
2016年04月30日 12:18撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りを再開。
常念山脈の向こうに槍の穂先が。
2016年04月30日 12:20撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念山脈の向こうに槍の穂先が。
振り返るとこの絶景(と大勢の登山者たち)
2016年04月30日 12:25撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこの絶景(と大勢の登山者たち)
槍ヶ岳が徐々に姿を現してきました。
2016年04月30日 12:28撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳が徐々に姿を現してきました。
きつい登りを登り切ると
2016年04月30日 12:28撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きつい登りを登り切ると
ようやく燕岳がお目見えしました。
2016年04月30日 12:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく燕岳がお目見えしました。
槍ヶ岳もよく見えるようになりましたが、上空の天気も気になり始めた
2016年04月30日 12:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳もよく見えるようになりましたが、上空の天気も気になり始めた
常念山脈の先の方。尾根の向こうは上高地。
2016年04月30日 12:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念山脈の先の方。尾根の向こうは上高地。
登り切ると尾根に出ました。
2016年04月30日 12:32撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ると尾根に出ました。
燕山荘までもう少し。
2016年04月30日 13:08撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘までもう少し。
燕岳も大きくなった。
2016年04月30日 13:08撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳も大きくなった。
小屋に向けての最後の登り。
2016年04月30日 13:13撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に向けての最後の登り。
登りながら振り返る。
2016年04月30日 13:27撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りながら振り返る。
最後は階段に。
2016年04月30日 13:28撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は階段に。
小屋の裏手に到着。
2016年04月30日 13:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の裏手に到着。
案内板に従って、小屋をグルッと回ります。
2016年04月30日 13:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板に従って、小屋をグルッと回ります。
ゴリラ岩の脇を通過すると、、、
2016年04月30日 13:34撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴリラ岩の脇を通過すると、、、
突然、燕岳の姿が飛び込んできます。
2016年04月30日 13:34撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然、燕岳の姿が飛び込んできます。
山頂付近を拡大すると登山者の姿が見えました。
2016年04月30日 13:36撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近を拡大すると登山者の姿が見えました。
雪の燕岳を見るのは初めてでした。
2016年04月30日 13:37撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の燕岳を見るのは初めてでした。
記念撮影。荷物を置いてから山頂へ行くことに。
2016年04月30日 13:39撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念撮影。荷物を置いてから山頂へ行くことに。
荷物を置いて外に出ると、燕岳は濃い霧の中で全く見えず。記念撮影だけして小屋へ戻る。
2016年04月30日 14:59撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷物を置いて外に出ると、燕岳は濃い霧の中で全く見えず。記念撮影だけして小屋へ戻る。
明日の天候の回復を信じてビールを飲む。
2016年04月30日 16:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日の天候の回復を信じてビールを飲む。
翌朝。
2016年05月01日 05:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。
午前5時に小屋を出るとこの天気。小屋の中で天候の回復を待ちましたが一進一退。
2016年05月01日 05:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前5時に小屋を出るとこの天気。小屋の中で天候の回復を待ちましたが一進一退。
10時半、途中まで行ってダメならそのまま下山するつもりで、荷物を全部背負って出発しました。
2016年05月01日 10:52撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時半、途中まで行ってダメならそのまま下山するつもりで、荷物を全部背負って出発しました。
視界は相変わらず、風は所々で強まるものの危険な風ではありませんでした。
2016年05月01日 11:01撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界は相変わらず、風は所々で強まるものの危険な風ではありませんでした。
メガネ岩。
2016年05月01日 11:09撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メガネ岩。
視界が悪いので「これが山頂かな?」と間違うこと度々。
2016年05月01日 11:16撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が悪いので「これが山頂かな?」と間違うこと度々。
今度こそ本当の山頂か?
2016年05月01日 11:20撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度こそ本当の山頂か?
本当の山頂でした。
2016年05月01日 11:23撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当の山頂でした。
頂上に頬ずり!
2016年05月01日 11:25撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に頬ずり!
山頂は狭いし風も強いので早々に退散しました。
2016年05月01日 11:26撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は狭いし風も強いので早々に退散しました。
下山していると、登山道を横切る足跡が。この後姿は?!
2016年05月01日 11:52撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山していると、登山道を横切る足跡が。この後姿は?!
雷鳥さん降臨。
2016年05月01日 11:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥さん降臨。
雪の中でハイマツをついばんでいました。
2016年05月01日 11:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の中でハイマツをついばんでいました。
逃げる風でもなく、シャッターを切り続けましたが、
2016年05月01日 11:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逃げる風でもなく、シャッターを切り続けましたが、
やがて雪の向こうへ消えていきました。
2016年05月01日 11:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて雪の向こうへ消えていきました。
イルカ岩
2016年05月01日 11:56撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イルカ岩
燕山荘に戻り、昼食のカツカレーを食べたら下山開始。
2016年05月01日 12:50撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘に戻り、昼食のカツカレーを食べたら下山開始。
相変わらず視界は悪いのですが、
2016年05月01日 13:08撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず視界は悪いのですが、
下り始めるとだんだんと回復してきたのでした。
2016年05月01日 13:08撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始めるとだんだんと回復してきたのでした。
ある標高を境に、雲の中に入っている様子が明らかに見て取れます。
2016年05月01日 13:14撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ある標高を境に、雲の中に入っている様子が明らかに見て取れます。
連休の中日のため、登ってくる登山者もたくさんいました。
2016年05月01日 13:18撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連休の中日のため、登ってくる登山者もたくさんいました。
合戦小屋に到着。昼食は食べたので休憩のみ。
2016年05月01日 13:49撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋に到着。昼食は食べたので休憩のみ。
合戦小屋から二時間ほどで中房温泉に下山。有明荘で温泉に浸かってから帰りました。
2016年05月01日 15:55撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋から二時間ほどで中房温泉に下山。有明荘で温泉に浸かってから帰りました。
撮影機材:

感想/記録

4月の終わり、ゴールデンウイークの最初の連休に小屋開け直後の燕岳へ。
30日はお昼過ぎから急激に天候が悪化した日で、北アルプスで遭難が多発していました。
燕岳は北アルプスのなかでも東側だったため天候の悪化が遅かったのだと思いますが、最初は青空をバックにしていた槍ヶ岳が、次第に雲に飲み込まれて、最終的には燕岳も見えなくなるまで、わずか1〜2時間のことでした。
風も強くなってきたので、翌日の昼頃から天気が回復するという予報を信じ、この日の登頂は諦めました。

翌1日の朝も天気は相変わらず。
小屋の中で天気の回復を待ちましたが、状況は変わりません。
朝食が終わった談話室で文庫本を片手にコーヒーを飲みながら時間を潰していたら、直ぐ側に赤沼オーナーが腰を掛けてスタッフと話し始めました。
常念山脈の縦走に向かう予定だったパーティーも軒並み下山していったことなどとともに、10時頃には天候も回復するだろうというお話が聞こえ、部屋に戻って相棒と相談。
10時から支度をして行動開始、様子を見ながら行けそうなら山頂へ、無理そうならそのまま下山しようということにしました。

小屋を出た直後は風が強かったのですが、鞍部を通過する時以外は恐れていた風もそれほどでもなく、視界は相変わらず悪かったのですが、トレースもしっかり残っていたので迷うところはありませんでした。
無事に山頂にたどり着いた帰りには至近距離で雷鳥に会うこともできたし、景色は楽しめなかったけど、念願の雪の燕岳の山頂に立つことができ、思い出に残る山行になりました。
訪問者数:103人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン ハイマツ 鞍部 テン 山行 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ