ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 864031 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

五竜岳(敗退) 記念すべき100レコ目は、苦い記憶が残ることに。。。

日程 2016年04月30日(土) 〜 2016年05月02日(月)
メンバー hirokaz(CL), その他メンバー1人
天候■4/30
晴れのち猛吹雪

■5/1
猛吹雪

■5/2
晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■行き
車で白馬五竜スキー場の駐車場へ
白馬五竜テレキャビンを利用→リフト利用

登山口:白馬五竜テレキャビン
下山口:白馬五竜テレキャビン

■帰り
(リフトは登り専用なので、下りは使えない)
白馬五竜テレキャビンを利用
車で白馬五竜スキー場の駐車場から帰宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間5分
休憩
35分
合計
7時間40分
S地蔵の頭09:1010:50小遠見山11:0511:45中遠見山12:45大遠見山13:45西遠見山14:0016:25白岳16:3016:50五竜山荘
2日目
山行
55分
休憩
15分
合計
1時間10分
五竜山荘10:4511:15白岳11:3011:55五竜山荘
3日目
山行
7時間15分
休憩
1時間55分
合計
9時間10分
五竜山荘07:1508:15五竜山荘09:2509:35白岳09:4012:10西遠見山12:3513:30大遠見山13:3514:30中遠見山15:00小遠見山15:1016:05地蔵の頭16:25白馬五竜スキー場 登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山道
登山道は、全体的によく整備されています。
12本アイゼン、ピッケル(ストックでもいいかも?)必須。

西遠見山〜白岳〜五竜山荘
夏道に近いルートになっています。白岳をパスしてトラバースするルートは、4/30には若干トレースがありましたが、その日の猛吹雪で5/1には消えました。
吹雪の際は、白岳で道をロストする可能性が高く、地図とGPS(コンパス)必須。

五竜山荘〜五竜岳
稜線をゆく夏道ルートは凍結していたようで、五竜岳山頂に行く方は、皆さん斜面のトラバースを選択されていたようです。
その他周辺情報■4/29
白馬グリーンスポーツの森キャンプ場 前泊
日帰り入浴 「みみずくの湯」

■4/30
五竜山荘泊
(テント泊の予定だったが、猛吹雪なので小屋泊に変更)

■5/1
五竜山荘泊
(猛吹雪で下れずに小屋に引き返し)

■5/2
下山後、白馬グリーンスポーツの森キャンプ場に後泊
日帰り温泉「十郎の湯」
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) 予備電池(1) 1/25000地形図 ガイド地図(1) コンパス(1) 笛(1) 熊鈴(1) 筆記具(1) 保険証(1) 飲料(1) ティッシュ(1) トイレットペーパー(1) ウェットティッシュ(1) フェイスペーパー(1) 日焼け止め(1) バンドエイド(1) タオル(1) 携帯電話(1) 計画書(2) 雨具(1) 防寒着(1) ストック(1) スノーバスケット(1) 12本アイゼン(1) 水筒(1) 時計(1) カメラ(1) ズームレンズ(1) カメラメンテナンスキット(1) 予備カメラ電池(1) 予備SDカード(1) 非常食(1) おふろセット(1) 歯ブラシ(1) アンダーウェア(2) 靴下(2) 帽子(1) サングラス(1) マスク(2) スパッツ(1) ザックカバー(1) テント(1) グランドシート(1) ジェットボイル(1) コッヘル(1) 予備ガスカートリッジ(1) マグカップ(1) 寝袋(1) 雑巾(1)

写真

乗鞍から白馬へ移動してきて、この日の宿泊地であるグリーンスポーツの森キャンプ場から眺める後立山連峰。
八方尾根は見えるけど、その上の唐松岳や白馬岳は雲の中。
2016年04月29日 16:50撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍から白馬へ移動してきて、この日の宿泊地であるグリーンスポーツの森キャンプ場から眺める後立山連峰。
八方尾根は見えるけど、その上の唐松岳や白馬岳は雲の中。
2
ここに張ります。とてもいいテン場でした。トイレが遠いのはちょっと難点。
2016年04月29日 16:50撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに張ります。とてもいいテン場でした。トイレが遠いのはちょっと難点。
1
軽く燃料注入
2016年04月29日 20:09撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽く燃料注入
翌朝。
全体的にレーハー(晴れ)。
八方尾根、唐松岳、その左に目標の五竜岳。
2016年04月30日 05:45撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。
全体的にレーハー(晴れ)。
八方尾根、唐松岳、その左に目標の五竜岳。
武田菱の雪形が特徴的な五竜岳。
こういう山座同定しやすい山はいいなぁ。
2016年04月30日 05:47撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武田菱の雪形が特徴的な五竜岳。
こういう山座同定しやすい山はいいなぁ。
1
白馬駅方面から電車来た。
快速ムーンライトの折り返し回送ですかね?
2016年04月30日 05:55撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬駅方面から電車来た。
快速ムーンライトの折り返し回送ですかね?
黄色が私のテント。
2016年04月30日 05:56撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色が私のテント。
いい天気だー。
五竜、唐松に加えて、右端には白馬岳も見える。
このときは、あんな酷い目に遭うとは全く思っていませんでした。。。
2016年04月30日 07:21撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気だー。
五竜、唐松に加えて、右端には白馬岳も見える。
このときは、あんな酷い目に遭うとは全く思っていませんでした。。。
テレキャビンで白馬五竜スキー場を登り、リフトに乗り継ぎ。
スキー場からの五竜もまたGood!
2016年04月30日 08:52撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレキャビンで白馬五竜スキー場を登り、リフトに乗り継ぎ。
スキー場からの五竜もまたGood!
リフトなう
2016年04月30日 08:53撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトなう
白馬の街を俯瞰。
左にある岩岩しい山は雨飾山かな。
火打や妙高まで見えました。
2016年04月30日 09:01撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬の街を俯瞰。
左にある岩岩しい山は雨飾山かな。
火打や妙高まで見えました。
白馬の街
2016年04月30日 09:03撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬の街
ケルンと後立山の稜線
2016年04月30日 09:06撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンと後立山の稜線
2
後立山の稜線。中央は五竜。
あそこまで行けるのか・・・?
2016年04月30日 09:08撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山の稜線。中央は五竜。
あそこまで行けるのか・・・?
登り始めから、まずまず雪があるので、アイゼン装備。
2016年04月30日 09:23撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めから、まずまず雪があるので、アイゼン装備。
1
稜線上
この辺りはまだまだ余裕。
2016年04月30日 09:39撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上
この辺りはまだまだ余裕。
左側は雪庇なので注意
2016年04月30日 10:40撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側は雪庇なので注意
これから歩く遠見尾根が見えます。
その行き着く先は、五竜岳。
2016年04月30日 10:44撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く遠見尾根が見えます。
その行き着く先は、五竜岳。
小遠見山に到着
2016年04月30日 10:53撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小遠見山に到着
小遠見山の山頂にあった標柱。 
廃止された三角点でしょうか?
2016年04月30日 11:13撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小遠見山の山頂にあった標柱。 
廃止された三角点でしょうか?
どどどーんと鹿島槍ヶ岳
2016年04月30日 11:46撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どどどーんと鹿島槍ヶ岳
2
中遠見山
サクサク進みます。
2016年04月30日 11:48撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中遠見山
サクサク進みます。
五竜岳が大分近づいてきました。
2016年04月30日 11:50撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳が大分近づいてきました。
稜線をゆく
2016年04月30日 12:02撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線をゆく
1
大遠見山手前
2016年04月30日 12:22撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大遠見山手前
大遠見山は、平坦な広場が広がっています。
2016年04月30日 12:47撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大遠見山は、平坦な広場が広がっています。
五竜岳へさらに前進。
2016年04月30日 13:30撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳へさらに前進。
1
雲行きが怪しくなってきたよ。
2016年04月30日 13:31撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲行きが怪しくなってきたよ。
西遠見山にて
2016年04月30日 13:53撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西遠見山にて
いよいよ、西遠見山〜白岳〜五竜山荘の雪斜面に取り付きます。
下から見ていても、ここは難しいなと思っていました。
2016年04月30日 14:05撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、西遠見山〜白岳〜五竜山荘の雪斜面に取り付きます。
下から見ていても、ここは難しいなと思っていました。
左は五竜岳、中央やや右に白岳。
白岳のすぐ左には、見えていないけれど五竜山荘があります。とりあえず山荘までが今日の宿は目標。
2016年04月30日 14:05撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は五竜岳、中央やや右に白岳。
白岳のすぐ左には、見えていないけれど五竜山荘があります。とりあえず山荘までが今日の宿は目標。
2
五竜山荘前。
前の写真からこの写真まで、3時間のタイムラグがあります。
何をしていたかって? あの斜面を登るのに3時間かかったんですよ・・・orz

取りついた直後から爆風になり、立てないのでロクに進むこともできない、絶望的な状態でした。
2016年04月30日 17:25撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜山荘前。
前の写真からこの写真まで、3時間のタイムラグがあります。
何をしていたかって? あの斜面を登るのに3時間かかったんですよ・・・orz

取りついた直後から爆風になり、立てないのでロクに進むこともできない、絶望的な状態でした。
2
凍結した五竜山荘入口。
数時間前からは考えられない状態に。あと少しあの斜面にいたら、それこそ低体温症になっていたかもしれない。
本当に危なかった。。。
2016年04月30日 17:25撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍結した五竜山荘入口。
数時間前からは考えられない状態に。あと少しあの斜面にいたら、それこそ低体温症になっていたかもしれない。
本当に危なかった。。。
1
こんな猛吹雪ではテントを張りたくないので、小屋に停まることにします。
ハンバーグ美味。
2016年04月30日 18:10撮影 by 402SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな猛吹雪ではテントを張りたくないので、小屋に停まることにします。
ハンバーグ美味。
3
前の写真からこの写真まで、1日のタイムラグがあります。
何をしていたかって? 猛吹雪で山を下れずに、小屋にもう1泊したんですよ・・・orz
カレー美味。
2016年05月01日 17:42撮影 by 402SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真からこの写真まで、1日のタイムラグがあります。
何をしていたかって? 猛吹雪で山を下れずに、小屋にもう1泊したんですよ・・・orz
カレー美味。
4
翌朝
ようやくガスが晴れたー
2016年05月02日 05:32撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝
ようやくガスが晴れたー
朝ごはん
2016年05月02日 05:55撮影 by 402SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝ごはん
2
とりあえず、今日は天気が持ちそうなので、下るには絶好のチャンス。
でも、ここまできたら、登ってもみたいわけでして。
2016年05月02日 06:25撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず、今日は天気が持ちそうなので、下るには絶好のチャンス。
でも、ここまできたら、登ってもみたいわけでして。
2
ダメ元で五竜にアタックです
2016年05月02日 07:12撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダメ元で五竜にアタックです
3
あちらは毛勝山かな?
2016年05月02日 07:12撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちらは毛勝山かな?
昨日までは山荘まわりの景色は全くわかりませんでした。
2016年05月02日 07:12撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日までは山荘まわりの景色は全くわかりませんでした。
白岳もこんな感じだったんですね。
2016年05月02日 07:12撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岳もこんな感じだったんですね。
五竜岳への道。
結局、途中のトラバースが進めずに、断念です。無念。
2016年05月02日 07:50撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳への道。
結局、途中のトラバースが進めずに、断念です。無念。
1
登ってきた遠見尾根。
またこの雪斜面を下らないと。。。
2016年05月02日 08:06撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた遠見尾根。
またこの雪斜面を下らないと。。。
1
五竜山荘、白岳、そして遠くに唐松岳。
2016年05月02日 08:07撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜山荘、白岳、そして遠くに唐松岳。
3
2日間お世話になりました
2016年05月02日 09:14撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日間お世話になりました
白岳から、五竜岳
2016年05月02日 09:40撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岳から、五竜岳
2
前の写真から、この写真まで、2時間半のタイムラグがあります。
・・・もういいか。
雪斜面の下りにも2時間半かかりました。しんどい。
2016年05月02日 12:15撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真から、この写真まで、2時間半のタイムラグがあります。
・・・もういいか。
雪斜面の下りにも2時間半かかりました。しんどい。
2
お弁当
2016年05月02日 12:18撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お弁当
1
白馬方面
ここまで来れば、あとは大丈夫と思っていたのですが。
2016年05月02日 12:34撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬方面
ここまで来れば、あとは大丈夫と思っていたのですが。
見上げる雪斜面
2016年05月02日 12:34撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げる雪斜面
西遠見山
2016年05月02日 12:38撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西遠見山
暖かくなり、雪も大分弱くなっています。
こんな踏み抜きがあちこちに。
2016年05月02日 12:41撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暖かくなり、雪も大分弱くなっています。
こんな踏み抜きがあちこちに。
1
五竜岳。夏に再チャレンジしたいですね。
2016年05月02日 12:46撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳。夏に再チャレンジしたいですね。
ちょっと空気霞んでる
2016年05月02日 12:48撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと空気霞んでる
大遠見山へ
2016年05月02日 13:01撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大遠見山へ
広々とした大遠見山付近を行く。
2016年05月02日 13:08撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々とした大遠見山付近を行く。
五竜岳と足跡。
2016年05月02日 13:13撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳と足跡。
まだまだ先は長い。
2016年05月02日 13:33撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ先は長い。
中遠見&小遠見山が見えます。
2016年05月02日 13:39撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中遠見&小遠見山が見えます。
中遠見山を通過。
2016年05月02日 14:30撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中遠見山を通過。
あまりに暑いのでニット帽を脱いだのですが、それは失敗だったかも。。。
ちょっと脱水気味で、ふらふらになってしまいました。
極寒と激熱を両方体験することになるとは。
2016年05月02日 14:57撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりに暑いのでニット帽を脱いだのですが、それは失敗だったかも。。。
ちょっと脱水気味で、ふらふらになってしまいました。
極寒と激熱を両方体験することになるとは。
小遠見山
あと少し。
2016年05月02日 15:08撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小遠見山
あと少し。
下る下る
2016年05月02日 15:37撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る下る
スキー場まで戻ってきました。
下りのリフトは使えないので、歩きでテレキャビンまで下ります。
2016年05月02日 16:21撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場まで戻ってきました。
下りのリフトは使えないので、歩きでテレキャビンまで下ります。
テレキャビンで下山し、ようやく下界に戻ってきました。
残念な結果でしたが、無事でよかったな。
2016年05月02日 16:35撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレキャビンで下山し、ようやく下界に戻ってきました。
残念な結果でしたが、無事でよかったな。

感想/記録

というわけで五竜岳です。

この前日に乗鞍岳にアタックしているのですが、さきに五竜岳のレコを書きます。
五竜岳は、私にとって記念すべき100レコ目となったわけですが、まあ酷い目に遭いました。。。

はじめて、「遭難するかもしれない」という恐怖に直面することになりました。
ただでさえ雪の斜面が苦手なうえに、20mを越える風速(一時的に25mはあったと思われる)と、5m先も見えないようなガスにまかれ、3時間近くも斜面で苦闘したわけです。

正直、また同じことをしたいとは全く思いません。
無事ケガ一つなく帰ってこれたのは運が良かったのですが、本当は事前に山頂付近の風速を調べておくべきでした。

これ以降、登山当日にも山頂の天気風速予報を確認するのが、私にとってのルールになります。


■何があったのか
4/30日、テレキャビンで上にあがるときに、2日間の計画の登山計画書を提出。
受付のおじさんいわく「昨日は大変だったけどね。この2日間は天気いいよ。五竜と唐松の縦走路は夏道も出てるね。」とのこと。
雪苦手な私としては、五竜ピストンを念頭に置きつつ、もしかしたら唐松まで縦走も行けるかも、、、なんて思いつつ、登り始めました。

そして、本当に西遠見山までは、穏やかだったのです。

しかし、西遠見から雪斜面に取り付いたときから、風が一気に強くなりました。
タイミングが悪すぎる。
標高を上げたから風が強くなったのかもしれませんが、一気にガスも出てきて前が見えなくなるし、あまりに唐突すぎました。

強風のたびに膝をついて止まり、わずかな風の弱まりを感じて少しだけ進み、また強風で止まる。。。
これを繰り返し、3時間近く斜面で格闘し、ようやく五竜山荘に到着しました。

ザックは完全に凍りが付着し、衣服はハードシェルは無傷でしたが、ニットはこれまた氷付けに。
もうすこし時間がかかっていたら、本当にどうなっていたかわからない。

方向がわからないなか、GPSと山と高原地図には本当に助けられました。


さすがに暴風のなかではテントは張れないので、山小屋に泊まることに。
小屋のひと曰く「明日も一日暴風ですよー。昼過ぎに回復するかもしれないけど」とのこと。
おいおい、まじかよ・・・orz

翌日も案の定暴風で、10時半過ぎにテレキャビンにギリギリ間に合いそうな時間だったので、覚悟を決めて下山にトライするものの、白岳で道がまったくわからなくなり、撤退。
結局、下山できずにもう1泊プラスとなりました。


「明日は天気が回復しそう」とのことでしたが
翌5/2は見事にガスが晴れて風も弱まり、ようやく下山ができました。

それでも、白岳以降の雪斜面に苦戦し、終盤は高温のためにプチ脱水に。
散々無残で、どうにかテレキャビンの終了直前に滑り込んだのでした。。。


■不運なポイント
朝の天気は快晴で、予報も晴れだった(山頂の風速を見ておけよ・・・)
難しい雪斜面に取り付いたとたんに暴風になった(14時過ぎなので、統計的に天気は崩れやすいといえる)
テント装備で重いので足取りも重かった(結局テントを運んで山小屋に泊まるお仕事をするはめにorz)

■幸運なポイント
4/30はトレースがしっかりついていた(猛吹雪で5/1には消えてました)
山小屋がぜんぜん収容人数に余裕があった
たまたまお金を余分に持っていた
暴風時につねに先行者がおり、安心できた
気温は総じて高めだったので、吹雪に2時間半晒されても停体温症にならなかった
悪天候が2日で解消された

こんなところでしょうか。
これはちょっと取り組み方を考えないといけないですね。。。


――EXPLORING RECORD――――――>>
ヤマレコ 100記録
3000m峰 6/21
日本百高峰 18/100
日本百名山 33/100
日本二百名山 39/200
日本三百名山 50/300
一等三角点百名山 15/100
都道府県最高峰 7/47
――――――――――――――――――
訪問者数:369人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ