ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 864102 全員に公開 ハイキング丹沢

檜洞丸(玄倉G→ユーシン尾根→檜洞丸→石棚山稜)

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー kamui
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
玄倉ゲートP
入り時間が早かったので、駐車時は空いていました。
帰り時は登山ではない一般の人たちが沢山林道から降りてきていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※ロッジから金山谷乗越まで、全く整備されていません。道もマークもほとんどありません。特に沢沿いは危険度が非常に高いです。
※今回のルート・GPSログは(特に沢の部分)は失敗の記録ですので参考になりませんのでご注意下さい!

【玄倉P〜ユーシンロッジ】
林道歩きのため危険個所なし。
【ユーシンロッジ〜檜洞・ユーシン沢合流地点】
私はルートファインディングに失敗しています。今回のGPS記録は参考になりませんのでご注意下さい。ここの区間は(相応の技術のある方は)入渓した方が楽で楽しいと思いました。
【ユーシン尾根】
出だしから急登が続きますが、尾根なのでバリエーションルートに慣れている方なら問題ないと思います。
ただし最後の痩せ尾根はもう通れないのではないかと思うほどに酷く痩せて崩れています。
【金山谷乗越〜檜洞丸〜石棚山分岐】
一般登山道で危険個所なし
【石棚山分岐〜西丹沢県民の森】
あまり整備されていない急斜面で、やや道が不明瞭
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング ロープスリング アッセンダー

写真

玄倉ゲートの駐車場からスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉ゲートの駐車場からスタート。
以前ここは崩落はしていなかったような...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前ここは崩落はしていなかったような...
新青崩隧道は通年真っ暗です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新青崩隧道は通年真っ暗です
1
序盤は少し見えるものの...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤は少し見えるものの...
2
すぐに全く見えなくなりますのでライト必携です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに全く見えなくなりますのでライト必携です。
1
青崩隧道との合流点(封鎖)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青崩隧道との合流点(封鎖)
左手に沢を見ながらずっとずっと歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に沢を見ながらずっとずっと歩きます
途中にある滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にある滝
2
水量が多いように感じました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量が多いように感じました
2
あの木は随分長いことあそこにとどまっているな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの木は随分長いことあそこにとどまっているな。
トンネルを抜けると新緑の世界
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルを抜けると新緑の世界
1
橋を渡るとユーシンロッジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡るとユーシンロッジ
1
ユーシンロッジのトイレは使用不可になってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジのトイレは使用不可になってました。
静かなユーシンロッジ。1名がトイレ脇へ。臼ヶ岳南陵か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かなユーシンロッジ。1名がトイレ脇へ。臼ヶ岳南陵か。
1
トイレ脇を抜けて山道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレ脇を抜けて山道へ
2
中を水が流れている。ここは渡らないようだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中を水が流れている。ここは渡らないようだ
1
沢を見下ろす。釣り人が何名かいらっしゃった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を見下ろす。釣り人が何名かいらっしゃった。
1
左岸を高く巻くべきか、右岸に渡るべきか悩む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸を高く巻くべきか、右岸に渡るべきか悩む
綺麗な沢だなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な沢だなぁ
6
沢靴じゃないと難しそうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢靴じゃないと難しそうだ
2
のんびり釣りしたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のんびり釣りしたい
2
あまり信用できないトラロープですが、自分のロープでは長さが足りない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり信用できないトラロープですが、自分のロープでは長さが足りない。
1
小さいけど美しい滝だ。檜洞とユーシン沢の合流点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さいけど美しい滝だ。檜洞とユーシン沢の合流点
4
新緑がまぶしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑がまぶしい
2
大きな岩ゾーン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩ゾーン
1
たま〜にツツジが迎えてくれます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たま〜にツツジが迎えてくれます
2
直角に曲がってる!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直角に曲がってる!
とっても大きくて、ヒトでも腰掛けられそうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とっても大きくて、ヒトでも腰掛けられそうだ
1
富士山ちらり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山ちらり
ヘタな写真じゃ伝わりませんが、激ヤセ尾根です。
Λ こういう状態なので、上は歩けません。
Λの上を手でつかみながら横をカニ歩きですすみました。
ただ足元はザレて崩れるし、Λはポロポロと崩れてしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘタな写真じゃ伝わりませんが、激ヤセ尾根です。
Λ こういう状態なので、上は歩けません。
Λの上を手でつかみながら横をカニ歩きですすみました。
ただ足元はザレて崩れるし、Λはポロポロと崩れてしまいます。
3
整備される事はないと思いますので、もう限界かもしれません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備される事はないと思いますので、もう限界かもしれません。
1
だんだんと高度が上がってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんと高度が上がってきました。
1
へとへとになりながらも檜洞丸に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へとへとになりながらも檜洞丸に到着!
3
飛行機雲が良いアクセントに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛行機雲が良いアクセントに
3
やっぱり富士山見えると嬉しいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり富士山見えると嬉しいですね。
3
下山は石棚山稜へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は石棚山稜へ
緑を見ているだけで癒されますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑を見ているだけで癒されますね
1
ブナの木が見られるコースが好きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの木が見られるコースが好きです
2
こういう分類があるのか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう分類があるのか
奥は檜岳山稜でしょうか。
手前はドーカク尾根かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥は檜岳山稜でしょうか。
手前はドーカク尾根かな?
2
ヘビに遭遇。ジムグリ?ヤマカガシ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘビに遭遇。ジムグリ?ヤマカガシ?
2
林道を歩いて玄倉ゲートまで戻ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩いて玄倉ゲートまで戻ります
橋の上から眺める景色が綺麗でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の上から眺める景色が綺麗でした
1
上流も下流も綺麗ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流も下流も綺麗ですね
2
分岐を戻って玄倉ゲートへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を戻って玄倉ゲートへ。

感想/記録
by kamui

 地形図を眺めていて目についた金山谷乗越に続く尾根がずっと気になっていた。主稜につながる立派な尾根なのできっと登山道があるのではないかと思い調べてみると、記録は少ないもののやはりかつては登山道があったようだ。この尾根(ユーシン尾根)に取り付くには、今では沢を登るのが一般的なようだがかつては沢沿いを歩ける登山道もあったようなのでそちらを辿って歩こうと思った。しかしあちこち崩落しているらしく、また右岸と左岸のどちらにもルートがあるようだがどれもあまり良くないようなので、あとは現地の状態を見てルートを決めながら進むことにした。
 実際にユーシンロッヂを抜けて歩くと、結構しっかりした道が付いているので拍子抜けしたけど、沢に出てから最初の難所で左岸・右岸のどちらから巻いていくか早速悩む事になった。左岸の見える範囲はかなり崩落が進んでおり、相当戻って高い位置でないと歩けなさそうだった。右岸は取り付きと思われる場所もあり、左岸ほど崩れていないのでそちらを探ってみた。斜面を登ったり下ったりしながらマークなど探してみるものの全く見つけられない。仕方なく道なき斜面を強引に突破していった。何度もヒヤヒヤしながら最初の難所を越えて河原に降りた。がしかし、すぐに大きな岩が狭くなった沢を塞ぐ。ここまで、かなり危ない思いと体力を消費していたため、沢を進むかもう諦めて敗退するか迷っていた。するとそこに沢屋さん2名が登ってこらられた。少し言葉を交わしたら、安心したのか俄然やる気が出てきたので、もう一度高く巻いて難所をかわした。檜洞とユーシン沢の合流点までにもう一度高く巻いてトラロープで下降する場所があるが、そちらの取り付き点は比較的分かりやすかった。下降のトラロープは信頼度があまり高くないが、自分のロープでは長さが足りず、途中に支店になりそうな木などもないため、衝撃を与えないように慎重に降りて対処した。
 へとへとになりながら、やっとユーシン尾根の登り口に着いたが、登りはここから始まります。斜度が落ち着くまで急登を休み休み歩きながら標高を稼いだ。尾根では特に迷う事はなく危険な個所も無かった。尾根の中盤を過ぎると平坦な場所が現れ、いくつかのアップダウンを経て金山谷乗越に至る。その途中で1箇所非常に痩せた尾根があり、もうまともに歩けない状態になっていた。そのザレた痩せ尾根を超えるとほどなく金山谷乗越。ここからは主稜に合流し更にもうひと踏ん張りして青ヶ岳山荘へ。山荘前で水分を補給しながら小屋の方としばしの談笑。今日の長い林道歩き頑張って下さいと元気をいただいて少し上の檜洞丸に登った。
 頂上で少し休憩してから石棚山稜で下山。石棚山分岐以降は破線ルートだけあって、道の状況はあまり良くない。足元や視界が悪い時は気を付けたい。
 西丹沢県民の森から玄倉ゲートまで舗装された道路を延々と歩いて今日の山行は終了です。
 
訪問者数:309人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/19
投稿数: 1027
2016/5/7 9:06
 素晴らしい周回!
こんにちは。
金山谷乗越を通過する時には、いつもここへ詰め上がって見たい!と良く思うのですが、まだ実行に移せていません。なかなか厳しそうですね^^;

この時期の石棚山稜は素晴らしいでしょうし、大満足コースですね!
登録日: 2011/7/10
投稿数: 23
2016/5/7 10:05
 今度は沢靴で
相棒の落としたストックを探しに
GW3回目の檜洞での出会いでした
5/3に2回目の捜索のアプローチで
金山谷ノ頭からP1280まで歩いていたので
大丈夫とは思いましたがご無事で何よりでした
沢混じりのルートが多い丹沢のバリでは
アクアステルスの沢靴でジャブジャブ歩きながらの方が
安全かと思います
またどこかでお会いしましょう
登録日: 2013/5/28
投稿数: 74
2016/5/7 10:26
 Re: 素晴らしい周回!
ふみさんコメントありです!
沢の高巻きは序盤ミスりました。正解がまだ分かってないので、行く時は調査よろしくお願いします!
今回のルートは金山谷乗越〜ツツジ新道分岐以外は静かな山歩きでした。
沢もブナ林もとても美しくて泣きそうになるほどです。
登録日: 2013/5/28
投稿数: 74
2016/5/7 10:35
 Re: 今度は沢靴で
ちょうど進退窮まった状態だったので、まさに地獄で仏に会ったような気持ちでした!
おかげさまでその後は順調に進むことができました。ありがとうございました(o^^o)
本気で沢靴が欲しくなりした!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ