ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 864253 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走道東・知床

瑠辺斯岳

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー yamakichihakurou-4nakkorintakeuranokkorin, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
根北峠の駐車帯に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

10:38 出発ー11:55瑠辺斯岳12:31ー14:03帰着
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

根北峠から出発。背後の山は斜里岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根北峠から出発。背後の山は斜里岳。
2
電波塔管理道路を行っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔管理道路を行っています。
2
電波塔のある尾根上に出ると瑠辺斯岳が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔のある尾根上に出ると瑠辺斯岳が見えた。
標高差60m程下ります。ここが核心部だったかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高差60m程下ります。ここが核心部だったかな?
笹のでた斜面も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹のでた斜面も
最後はコルへ滑り降りれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はコルへ滑り降りれました。
知床ブルー?の空へ向かって。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
知床ブルー?の空へ向かって。
1
振り返って、電波塔のあるポコと斜里岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、電波塔のあるポコと斜里岳。
3
スキー滑降の楽しめそうな斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー滑降の楽しめそうな斜面。
頂上部が見えた、後ひと登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上部が見えた、後ひと登り。
1
小海別をズームアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小海別をズームアップ。
2
錐山をズームアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錐山をズームアップ。
2
ズームアップ、842Pの陰に836.1P1等三角点:弁勲嶺がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームアップ、842Pの陰に836.1P1等三角点:弁勲嶺がある。
1
登っていない山で、登りたい山の引き出しに入れてある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登っていない山で、登りたい山の引き出しに入れてある。
1
お楽しみタイム。hakurou-4さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お楽しみタイム。hakurou-4さん。
2
山キチのッマさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山キチのッマさん。
4
林間は新雪が緩んで重い雪で苦戦しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林間は新雪が緩んで重い雪で苦戦しました。
電波塔の建つ尾根への登り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔の建つ尾根への登り返し。
尾根上に出て瑠辺斯岳を振り返る。頂上は前のピークと重なっていますが、奥の高い所です。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上に出て瑠辺斯岳を振り返る。頂上は前のピークと重なっていますが、奥の高い所です。。
電波塔ピークに立ち寄りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔ピークに立ち寄りました。
5
電波塔管理道路を漕ぎ下って、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔管理道路を漕ぎ下って、
ごくろうさまでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごくろうさまでした。
1

感想/記録

メンバー:takeuraさん、hakurou-4さん、nakkorinさん、nokkorinさん、山キチのッマさん、yamakichiことプチ山キチ。
今日は知西別岳へ行く予定であったが、知床横断道路の通行止めが前日に判り、サブプランの英嶺山と瑠辺斯岳を登ることにした。
英嶺山を朝飯前に登り、羅臼から根北峠に移動。
瑠辺斯岳は昨年、山キチのッマさんと登っていました。前回はスノーシューで登って、スキーにすれば良かったと思っていたので、今回はスキーにしました。でも雪質を選ぶスキーヤーの私では、あまり楽しめませんでした。
明日、知床横断道路が通れることを願って、羅臼の民宿へ戻った。

感想/記録

瑠辺斯岳、2時間程の簡単な山と言う話でしたが歩き始めてすぐに笹の出ている斜面の下り、何とも苦手です。山にスキーに行くのだから、木もあれば笹も出ている当たり前の事なのですが笹にスキーが絡まって身動き取れなくなりました。やっとリカバリーしてコルへ到着、皆さん、お待たせして申し訳ありませんでした。
青空に浮かび上がる斜里岳の優美な姿、この山の魅力はきっとこの風景なのだと思います。今年の夏山、斜里岳の予定があるのでその時に斜里岳の山頂から瑠辺斯岳を確認出来たら嬉しいです。重たい雪に手こずりながらもお楽しみタイムを満喫、その後の笹の斜面の登りは下り以上に難儀しました。

感想/記録

この日二山目の瑠辺斯岳、私は全く耳にした事がない山でした。地図で確認すると根北峠近くにあり、三角点もあります。根北峠に向かう途中、昨シーズンにヤマキチさんとツマさんが登った1枚壁のような尖峰が目を引きました。駐車場からはスキー登山で、一度コルに降りますが、笹やぶにスキーが絡まり、難儀しました。その後は雪が頂上まで付いており、藪こぎはありません。この日は無風で気温が高く、汗が流れました。頂上に着くとハイ松が出ていましたが、三角点は確認できませんでした。斜里岳が目の前にド〜ンと構えており、これぞ日本百名山と思いました。下山時のスキーの滑りは、雪質が変化して苦労した所もありましたが、楽しむことができました。コルからの登り返しは、シールを付けてジグを切りながらで今日一番の緊張でした。
訪問者数:196人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 コル スノーシュー
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ