ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 864264 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西鎌尾根は吹雪とラッセル等で断念(小池新道・大ノマ乗越経由、弓折岳、双六小屋、樅沢岳)

日程 2016年05月04日(水) 〜 2016年05月05日(木)
メンバー yarihoBB
天候4日:西の風強く晴れのち曇りのち猛吹雪 5日:西の風稜線で非常に強く地吹雪のち曇り 午後から晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
新穂高:濃飛バス新穂高ロープウェイ下車 平湯温泉から新穂高まで890円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間22分
休憩
39分
合計
9時間1分
S登山指導センター08:3008:36登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)08:4209:02お助け風穴09:0309:18中崎橋09:31笠新道登山口09:3209:46わさび平小屋09:4710:09小池新道入口10:1211:18秩父沢出合11:37チボ岩11:4712:11イタドリが原12:1212:48シシウドヶ原13:0115:15弓折岳(分岐)15:25弓折乗越15:2715:48花見平16:27くろゆりベンチ16:2817:23双六池17:31双六小屋
2日目
山行
6時間19分
休憩
1時間3分
合計
7時間22分
双六小屋06:0706:52樅沢岳07:1107:42双六小屋07:4307:47双六池08:37くろゆりベンチ08:4009:11花見平09:1209:27弓折乗越09:2809:33弓折岳09:3409:39弓折岳(分岐)09:4110:24シシウドヶ原10:2510:34イタドリが原10:3510:47チボ岩10:4810:55秩父沢出合11:0811:52小池新道入口11:5312:13わさび平小屋12:3012:40笠新道登山口12:4112:50中崎橋13:03お助け風穴13:20登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)13:29新穂高温泉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○ 4日から5日の雪で20cm以上?積雪、秩父沢から双六小屋までラッセル(膝下、吹きだまり膝上)及び踏抜き多数。小屋から樅沢岳まで西からの爆風をまともに受ける。
○ 小池新道は秩父沢手前まで夏道歩行可能。秩父沢は既に出ているが、徒渉せず雪の上を歩行できる(写真参照)。
○ 弓折岳から双六小屋までコースわかりにくい。アップダウンが多い。
その他周辺情報新穂高、平湯日帰り温泉多数
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

春だ、ニリンソウとわさび?(わさび平小屋周辺)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春だ、ニリンソウとわさび?(わさび平小屋周辺)
これから行く弓折岳がよく見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く弓折岳がよく見える
1
小池新道、途中まで夏道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小池新道、途中まで夏道
秩父沢、既に露出
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父沢、既に露出
大ノマ乗越へゴー(デブリだらけ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ノマ乗越へゴー(デブリだらけ)
焼岳、乗鞍岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳、乗鞍岳
大ノマ乗越から弓折岳を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ノマ乗越から弓折岳を望む
1
槍ヶ岳が綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳が綺麗
2
双六小屋への稜線、抜戸岳と弓折岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋への稜線、抜戸岳と弓折岳
1
樅沢岳と西鎌尾根(鞍部に燕岳)4日の西鎌尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樅沢岳と西鎌尾根(鞍部に燕岳)4日の西鎌尾根
1
抜戸岳と弓折岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜戸岳と弓折岳
双六小屋(冬期小屋)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋(冬期小屋)
地吹雪で何も見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地吹雪で何も見えない
樅沢岳山頂に何とか着いた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樅沢岳山頂に何とか着いた
地吹雪で鷲羽岳も煙る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地吹雪で鷲羽岳も煙る
樅沢岳名物?雪壁+前樅沢岳(奥のピーク)のトラバースルート(無雪期)は使えない。5日の西鎌尾根、4日と景色激変。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樅沢岳名物?雪壁+前樅沢岳(奥のピーク)のトラバースルート(無雪期)は使えない。5日の西鎌尾根、4日と景色激変。

感想/記録

○ 今年は雪が少ないとのことで、西鎌尾根から槍ヶ岳へのアプローチが可能と思ったが、4日夜の雪(+爆風)で無残にも砕かれた。4日と5日で状況が一変した。
(4日と5日の西鎌尾根の写真参照)
○ 無雪期はあまり考えないが、新穂高から双六小屋(途中の最高点2,622m
)まで単純標高差1,500m以上(累積は1,800m?(GPS計測による))、累積なら上高地から槍・穂高岳の標高差以上ある。
○ この時期はマイナーなため、トレースがなかった。先行者も2名だけ(鏡平経由と聞きました。)。
○ 弓折岳から双六小屋までのアップダウンがきつかった。コースもわかりにくい。
○ 小屋から樅沢岳まで強烈な西風・地吹雪を受けながらも何とか登頂したが、名物?の雪壁、前樅沢岳のの登下降、強烈な西風・地吹雪、岩場、その後のラッセルを考えると、前日のラッセル・踏抜き(秩父沢から弓折岳までノートレース、弓折岳以降もほとんどなし)で体力を消耗し、安全を考え断念した。槍ヶ岳は遠かった。
○ 5日13時過ぎに快晴になった。朝の悪天候は何だったのだろうか?
訪問者数:348人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/13
投稿数: 14
2016/5/7 18:23
 はじめまして!
双六小屋で一緒になった者です。
初めてのルートでしたが、トレースを残して頂いたおかげで助かりました。
また、どこかで お会いできるといいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アプローチ 鞍部 乗越 キレット GPS 吹雪
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ