ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 864414 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

麻生山・日の出山 つるつる温泉からの周遊

日程 2016年05月06日(金) [日帰り]
メンバー katayanagitrail_walk, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往復:JR武蔵五日市駅からつるつる温泉行きバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間39分
休憩
34分
合計
3時間13分
S白岩滝バス停08:2708:42白岩の滝08:4709:38麻生山(麻生平・峰山)09:4310:23日の出山10:4611:39つるつる温泉11:4011:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

スタートは白岩滝バス停
2016年05月06日 08:27撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートは白岩滝バス停
白岩滝ではむかし雨乞いが行われていたらしい。
2016年05月06日 08:38撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岩滝ではむかし雨乞いが行われていたらしい。
白岩滝は複数の細い滝からなる。
2016年05月06日 08:42撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岩滝は複数の細い滝からなる。
2
登山道を進むと滝の一番上を見る事が出来る。
2016年05月06日 08:49撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を進むと滝の一番上を見る事が出来る。
きつめの勾配を登り詰めると空が開けて一旦、林道と合流する。そこから植え替えられたばかりの植林斜面を登っていく。
2016年05月06日 09:26撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きつめの勾配を登り詰めると空が開けて一旦、林道と合流する。そこから植え替えられたばかりの植林斜面を登っていく。
金毘羅尾根にたどり着くと間もなく麻生山ピーク。
2016年05月06日 09:39撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金毘羅尾根にたどり着くと間もなく麻生山ピーク。
金毘羅尾根をそのまま日の出山に向かって進む。
2016年05月06日 09:58撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金毘羅尾根をそのまま日の出山に向かって進む。
1
日の出山山頂直下も最近切られて苗が植えられたばかりの斜面で眺めが良い。
2016年05月06日 10:06撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山山頂直下も最近切られて苗が植えられたばかりの斜面で眺めが良い。
2
最後は木階段が続く。
2016年05月06日 10:14撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は木階段が続く。
階段が嫌になってきた頃山頂に到着。
御岳山からの散策のひとたちの姿も。
2016年05月06日 10:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が嫌になってきた頃山頂に到着。
御岳山からの散策のひとたちの姿も。
2
つるつる温泉の方面に下る。
途中、日本武尊の縁の岩がある。
2016年05月06日 11:07撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つるつる温泉の方面に下る。
途中、日本武尊の縁の岩がある。
ヤマツツジかな?
道中あちこちに見られた。
2016年05月06日 11:07撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジかな?
道中あちこちに見られた。
暫くつづら折りがつづくが道は良い。
2016年05月06日 11:14撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫くつづら折りがつづくが道は良い。
初めて見た花。ユリ科のような気がする。
2016年05月06日 11:20撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて見た花。ユリ科のような気がする。
つるつる温泉に下山。
あまり混んでいなかった。アルカリ性の泉質かな、文字通り肌がつるつるする。
2016年05月06日 11:41撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つるつる温泉に下山。
あまり混んでいなかった。アルカリ性の泉質かな、文字通り肌がつるつるする。

感想/記録

つい数日前の山行の帰りの道中に連絡が来て誘われた山行。大変な奇遇で、同じ駅からのバスで1つとなりの谷からのスタートとなった。
当日朝になって天気予報が手のひら返しで、午後から雨との情報。本来であれば御岳山をぬけて多摩川方面に下る予定だったが、周遊コースで同じ谷に下る事にした。
最初は白岩滝を巡るルート。雨乞いも行われた信仰の滝のようだ。滝壺にはヤマメの姿も。
川沿いの道を上り詰めると一旦、林道に出て、新しい苗に植え替えられてまだ背の小さい植林の斜面を登り麻生山を踏む。これは五日市駅から直登できる金毘羅尾根の一部だ。金毘羅尾根は良く整備されていて歩きやすくトレランの人の姿もちらほら。
日の出山山頂直下は気持ちが砕かれそうになる階段の連続だが、がんばって登ると間もなく山頂だ。
御岳山からのケーブル利用の観光客と思われる人たちの姿もちらほら。
東の空はやはり怪しい雲行きだし、昼食後、つるつる温泉に下山する事に。つづら折りだが良く整備された登山道を下っていくと1時間ほどでつるつる温泉に到着。
まだ午前中だが温泉につかり、地ビールを楽しんで帰路についた。
訪問者数:285人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 直登 山行 日本武尊
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ