ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 864417 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

北秋川から養沢へ馬頭刈尾根越え(首都圏自然歩道・関東ふれあいの道)

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー trail_walk
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:JR武蔵五日市駅から数馬行きバス、本宿バス停下車
復路:上養沢バス停からJR武蔵五日市行き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間44分
休憩
1時間13分
合計
4時間57分
S本宿役場前バス停09:2109:30払沢の滝入口バス停09:3109:39茅倉の滝09:43千足バス停09:4410:06天狗滝10:2810:44綾滝10:5011:47富士見台12:1713:24大滝13:2713:33大岳山・大滝登山口13:41小滝13:4214:06大岳鍾乳洞入口バス停14:1514:17上養沢バス停14:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

前回の関東ふれあいの道歩きの終了地点からスタート。
2016年05月01日 09:34撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回の関東ふれあいの道歩きの終了地点からスタート。
暫く車道を歩き、この看板に気をつけて右折する。
2016年05月01日 09:47撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く車道を歩き、この看板に気をつけて右折する。
暫く林道を進むと終点にいたり、そこから登山道が始まる。
2016年05月01日 10:02撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く林道を進むと終点にいたり、そこから登山道が始まる。
今回のコースは「鍾乳洞と滝のみち」という名前が着いている通り、滝が多い。
これは一番みごとな天狗ノ滝というところ。滝壺に数匹のヤマメの姿もみられた。
2016年05月01日 10:15撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のコースは「鍾乳洞と滝のみち」という名前が着いている通り、滝が多い。
これは一番みごとな天狗ノ滝というところ。滝壺に数匹のヤマメの姿もみられた。
1
一番奥の綾滝。祠がある。
2016年05月01日 10:48撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番奥の綾滝。祠がある。
尾根状には針葉樹(ツガかな)の巨木が数本観られた。
2016年05月01日 11:06撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根状には針葉樹(ツガかな)の巨木が数本観られた。
ミツバツツジ(?)が稜線には幾つも観られた。
2016年05月01日 11:37撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ(?)が稜線には幾つも観られた。
大岳山が正面にそびえる。この山はどの向きから見ても段差の形をしている。
2016年05月01日 11:47撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山が正面にそびえる。この山はどの向きから見ても段差の形をしている。
1
今回の地味ーなコースのハイライト、富士見台。けれども霞んで富士山は見えない。
2016年05月01日 11:52撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の地味ーなコースのハイライト、富士見台。けれども霞んで富士山は見えない。
1
富士見台から尾根を大岳山方面に進む。
2016年05月01日 12:24撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台から尾根を大岳山方面に進む。
けれども、大岳山の手前で東に尾根を逸れる。そこそこ急な道もあるが整備状態はよい。
2016年05月01日 12:57撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けれども、大岳山の手前で東に尾根を逸れる。そこそこ急な道もあるが整備状態はよい。
1
車道に降りてバス停まで暫く歩く。途中、採石場のトンネルをくぐる。
2016年05月01日 13:51撮影 by X-Pro1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道に降りてバス停まで暫く歩く。途中、採石場のトンネルをくぐる。

感想/記録

体調不良もあって前回の山行から日が開いてしまった。リハビリ登山。
こういうときは自然歩道が最適だ。
関東ふれあいの道東京コースの続き、5番鍾乳洞と滝のみちを歩いた。
https://www.kankyo.metro.tokyo.jp/nature/natural_environment/park/facility/fureai_01.html

今回はピークらしいピークを踏まない、連絡コース的なものだが(長距離自然歩道にはつきもの)、滝が多くあり、稜線も変化に富み、なかなか面白い。
バス下車は本宿役場前だが、前回終了地点の払沢の滝まで歩いてからスタート。暫くは車道歩きだが、のどかで飽きない。火の見やぐらの手前を右折して林道を詰めると登山道が始まる。
3つの滝をめぐるルートで勾配はきついが、滝を観ながら休憩しつつ進んでいく。最後の滝から稜線に出るとつづら岩という所に出る。リードクライミングをする人の姿があった。
つづら岩から富士見台までは大岳山の登山道として有名な馬頭刈尾根だが、岩っぽい所もあり変化に富み、おもしろい。
富士見台には東屋やベンチがあり、ここで昼食とする。バスの時間に余裕があるのでベンチで休憩し、またスタート。
富士見台以北は普通の登山道、右に尾根を離れる位置だけ気をつければ問題ない。
そこそこの勾配の登山道を下るとやがて林道に出て、途中、採石場のトンネルをくぐったりしていくと、上養沢の川沿いに到着する。1つ上流側のバス停はすぐなのでそこまで歩いてバスを待った。
訪問者数:154人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ