ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 864806 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

燕岳 頂上1泊ゆる〜り登山

日程 2016年05月04日(水) 〜 2016年05月05日(木)
メンバー nom(CL), その他メンバー1人
天候晴れ、強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
有明荘泊。
3日深夜の嵐を避け、4日朝、温泉入浴後に雨上がりを確認してから登山開始。
さすがに第一駐車場も若干の空き有りでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間1分
休憩
1時間48分
合計
6時間49分
S有明荘08:4108:49中房温泉08:5008:50中房温泉登山口09:24第1ベンチ09:55第2ベンチ09:5610:26第3ベンチ10:3411:10富士見ベンチ11:2111:56合戦小屋12:1012:28合戦山(合戦沢ノ頭)12:3613:50燕山荘14:2715:02燕岳15:3015:30燕山荘
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
二日目(スマホ途中で電池切れ)
燕山荘 7:53発
合戦小屋 8:32着 
有明荘 11:10着
コース状況/
危険箇所等
□第三ベンチまでは積雪無し。富士見ベンチとの間から一部雪道となったため、登りは富士見でアイゼン装着、下りは第三まで装着。
□合戦小屋からの尾根は、登りはストックでも不安無し。しかし下りは10本以上のアイゼンとピッケルが無いと不安有り。
□昼間の雪はズルズル。朝は凍結には至らず、アイゼンがしっかりきまって快適な堅さ。
□燕山荘から頂上はアイゼン不要。
□森林限界より上はとにかく強風のため、寒さ対策が必須。
〜以上は今年のGW後半の状況です〜
その他周辺情報 深夜の山道も初めての場所では不安だし、3日の渋滞も心配だし、ということで有明荘に前泊と決定。結果的に温泉良し!食事良し!、おまけに下山後の温泉も無料!、更に靴洗いや休憩までできるので、有明荘素晴らしい!
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

朝風呂も入ったし、雨もやんだ。
さあ出発!
2016年05月04日 08:36撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝風呂も入ったし、雨もやんだ。
さあ出発!
中房温泉登山口まで15分。
ここの露天風呂も捨てがたい。次回のテーマ。
2016年05月04日 08:56撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房温泉登山口まで15分。
ここの露天風呂も捨てがたい。次回のテーマ。
1
第3ベンチまではほとんど夏道。
今回の登りは富士見ベンチにてアイゼン着用。
下りは第3まではきました。
2016年05月04日 10:29撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第3ベンチまではほとんど夏道。
今回の登りは富士見ベンチにてアイゼン着用。
下りは第3まではきました。
合戦小屋からは本格的な雪山。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋からは本格的な雪山。

ほどなく森林限界を超えるとなだらかな尾根。
2016年05月04日 12:38撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく森林限界を超えるとなだらかな尾根。
1
そして燕山荘や頂上が姿を現わした。
2016年05月04日 12:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして燕山荘や頂上が姿を現わした。
西方には槍が出現。
2016年05月04日 12:42撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方には槍が出現。
1
気持ちの良い尾根道。
ではあるが強風注意。
2016年05月04日 13:11撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根道。
ではあるが強風注意。
小屋が見えてからが気持ち長い。
最期の急登部分は、下りの際に慎重に。
2016年05月04日 13:22撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見えてからが気持ち長い。
最期の急登部分は、下りの際に慎重に。
槍が肩まで伸び上がり、穂高も出現。
2016年05月04日 13:24撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が肩まで伸び上がり、穂高も出現。
右奥に本当の頂上が見えてきた。
2016年05月04日 13:27撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥に本当の頂上が見えてきた。
やっと小屋に到着。
小屋から表銀座方面のパノラマ。
2016年05月04日 13:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと小屋に到着。
小屋から表銀座方面のパノラマ。
1
お馴染みのご本山の雄姿。
2016年05月04日 13:53撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染みのご本山の雄姿。
2
お馴染みの守り神とご本山。
2016年05月04日 13:55撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染みの守り神とご本山。
3
頂上への道のりから燕山荘方面。
本日はアイゼン不要。
2016年05月04日 14:47撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上への道のりから燕山荘方面。
本日はアイゼン不要。
同じく途中から、本日1番の槍ヶ岳。
2016年05月04日 14:47撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく途中から、本日1番の槍ヶ岳。
1
燕岳頂上。
ここまで来れば鹿島槍も近い。
2016年05月04日 15:08撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳頂上。
ここまで来れば鹿島槍も近い。
頂上の景色。
槍・穂高から後立山まで壮観。
2016年05月04日 15:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の景色。
槍・穂高から後立山まで壮観。
1
めがねは写真カットしたが、イルカちゃんは押さえました。
2016年05月04日 15:43撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めがねは写真カットしたが、イルカちゃんは押さえました。
1
燕山荘のお食事は、私的には中の上。
朝食も満足。
2016年05月04日 17:39撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘のお食事は、私的には中の上。
朝食も満足。
2
昨夜の嵐の影響か、4人区画に2人で楽々。
2016年05月04日 19:11撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜の嵐の影響か、4人区画に2人で楽々。
1
旧館の風景。
2016年05月04日 19:12撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧館の風景。
今朝は残念ながら気圧くんがぶつかり合っているようで、槍は拝めず。
2016年05月04日 07:19撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今朝は残念ながら気圧くんがぶつかり合っているようで、槍は拝めず。
1
冬山っぽい朝の後立山方面。
昨夜も暴風で地吹雪。今朝もまだぶっ飛びそう。
2016年05月05日 07:21撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬山っぽい朝の後立山方面。
昨夜も暴風で地吹雪。今朝もまだぶっ飛びそう。

感想/記録
by nom

 燕山荘の赤沼オーナーのおっしゃるとおり、GWの燕岳は冬山です。
 その冬山の中で燕岳は本当に楽しめる入門コースだと思います。
大変整備された登山道や標識、稜線に登れば満喫出来る大アルプスの
展望、快適な山小屋。関係者の方々のご苦労の賜だと思います。
今度はまだ見ぬ秋にでも、また行きたくなります。
訪問者数:210人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ