ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 864928 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

2016 GW 福島遠征:爆風の磐梯山

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー muraken, その他メンバー3人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
新幹線:東京〜郡山
レンタカー:郡山〜猪苗代スキー場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
1時間5分
合計
6時間25分
S猪苗代登山口10:0311:08天の庭11:1011:31赤埴山分岐指道標11:3211:42赤埴山分岐指道標11:4311:47赤埴林道分岐指道標11:57沼ノ平11:5812:263合目分岐指道標12:3012:32三合目天狗岩12:3312:39黄金清水12:4412:46お花畑分岐指道標12:50弘法清水13:1913:45磐梯山13:5914:30弘法清水14:3114:34お花畑分岐指道標14:3514:38黄金清水14:3914:46三合目天狗岩14:4815:10沼ノ平15:1115:18赤埴林道分岐指道標15:1915:22赤埴山分岐指道標15:30赤埴山分岐指道標15:46天の庭16:28猪苗代登山口16:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
途中雪渓がありますがアイゼン・スパイクなど不要でした。
その他周辺情報宿泊:リステル猪苗代
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

「これぞ山!」という感じの、すばらしい山容。お邪魔しま〜す。
2016年05月06日 07:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「これぞ山!」という感じの、すばらしい山容。お邪魔しま〜す。
1
出発します。
2016年05月05日 09:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発します。
まずは猪苗代スキー場のゲレンデ歩き。
2016年05月05日 10:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは猪苗代スキー場のゲレンデ歩き。
1
ゲレンデ歩きほぼ終了。
2016年05月05日 10:58撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ歩きほぼ終了。
猪苗代湖からの山容とまた違ったお顔。
2016年05月05日 11:43撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪苗代湖からの山容とまた違ったお顔。
雪出現。
2016年05月05日 11:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪出現。
カモ?
2016年05月05日 11:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモ?
雪渓。ツボ足で大丈夫。
2016年05月05日 12:23撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓。ツボ足で大丈夫。
1
この辺りの爆風は最高潮。小石がガンガン飛んできて顔が痛い。
2016年05月05日 12:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの爆風は最高潮。小石がガンガン飛んできて顔が痛い。
1
小屋に到着。
2016年05月05日 12:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に到着。
開いてました。お昼にします。
2016年05月05日 12:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開いてました。お昼にします。
2
さぁ、山頂へ。
2016年05月05日 13:11撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、山頂へ。
到着!
2016年05月05日 13:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着!
2
猪苗代湖きれい。
2016年05月05日 13:48撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪苗代湖きれい。
3
安達太良山?明日お邪魔しま〜す。
2016年05月05日 13:48撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良山?明日お邪魔しま〜す。
最後のゲレンデ歩き。青空がきれい。
2016年05月05日 15:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のゲレンデ歩き。青空がきれい。
2
宿の部屋から。ありがとうございました。
2016年05月05日 18:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿の部屋から。ありがとうございました。

感想/記録

 ゴールデンウィークを利用して、福島県の二座登頂を目指す第一弾。会津磐梯山に行っていました。今回のアプローチは新幹線+レンタカー。GWですが列車も道路も混んでなく、楽ちん。二日間の天気予報は、5/5が曇りのち小雨+強風。5/6が晴れ+微風とのこと。安達太良山での「ほんとの空」を最優先にしたいので、初日に磐梯山を選択しました。
 スタート地点で、地元福島にお住まいで山岳ガイドの資格も持ち、何度も磐梯山に登っているというTさんに声を掛けて頂き、以降山小屋で昼食を摂るまでご一緒頂きました。まるでガイドさん付きの山行。しかも無料。Tさん本当にありがとうございました。
 最初の1時間は猪苗代スキー場のゲレンデ歩きで、ウォーミングアップとしては最適です。ゲレンデ歩きの最終、そしてゲレンデ歩き終了から天の庭辺りまでは少し急登です。沼の平辺りから見える磐梯山はまた違う山容で、険しさが現れます。沼の平〜黄金清水間で大小の雪渓が見えますが、アイゼン・スパイクなどなしで登れました。それよりも何よりも、天狗岩分岐を過ぎ、桧原湖などが見える辺りは、強風...というより爆風(風速24m〜28m)に難儀しました。歩いている最中に何か「ポツ、ポツ」と音がし、あーいよいよ雨か?と思いましたが、地面は一向に濡れず、「んっ!?なんだろう?」と思っていたら、小石が降ってきていました。爆風と一緒に降ってくると、顔が痛く、サングラスを着用し、背を向けてなんとか歩きました。身体はそんなに寒くはなかったですが手先が冷たくなりました。小屋が見え、ストーブを焚いている小屋に入った時は、ホッとしました。小屋で昼食を摂ります。
 身も心も温まり、いよいよ山頂に向かいます。休憩後の登りは体が鉛のように重く、しかも雪が所々にあり、少しきつかったです。下山してくる人のアドバイス通り、山頂はこれまた爆風でしたが、程なくして到着できました。山頂周辺にある三角点を見に行った時は、周りに何もないので、本当に飛ばされそうになりました。ですが、山頂からの360℃の大パノラマは最高に美しかったです。
 下山はこれまた爆風に耐えながら、天の庭周辺まで休憩もあまり取らず歩きます。ゲレンデのトップに到着すると、今までの曇り空が嘘のように青空が何度も顔を出し、猪苗代湖を望むとても良い景色が広がりました。登りのコースとは違う、直線的なコースを下山。途中芝生の上をお尻で滑ったり、ゴロゴロ転がったりして、楽に降りれる方法を考え試しますが、どれもみな不作。でもタノシカッタ〜。無事下山し、宿泊先に向かいます。
 宿泊先から見えた、磐梯山と夕陽はこれまたキレイ。いろんな顔を持った磐梯山に無事登れたことに感謝しつつ、猪苗代湖を見ながら露天風呂に入り、美味しいお酒を頂き、明日登る安達太良山への期待を膨らませて、同行者のいびきの「爆音」にも耐えつつ就寝しました。
 いや〜福島最高!!宝のお山、磐梯山、ありがとうございました。
訪問者数:227人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

サングラス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ