ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 864953 全員に公開 ハイキング甲信越

大菩薩・上日川峠〜源次郎岳・恩若ノ峰

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー tapiola(CL), その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR中央本線・甲斐大和駅=(バス)=上日川峠
※下山は、JR中央本線・塩山駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
1時間15分
合計
6時間35分
S上日川峠09:1009:20砥山09:50中日川峠10:081627m峰手前のピーク10:1510:30NTT中継アンテナ10:45源次郎岳分岐(下日川峠付近)11:10源次郎岳・下日川峠・嵯峨塩温泉分岐点11:30源次郎岳12:2013:08オツタテ13:1314:17恩若ノ峰(温石ノ峰)14:3015:20果樹園15:45塩山駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●道標は当てにしない方がいい。道標がなくとも、地図とコンパスで歩ける人向きのコース。(道ははっきりしている)
●源次郎岳の前後は岩交じりのヤセ尾根なので、通過時に要注意。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

市営駐車場の脇から砥山方面へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市営駐車場の脇から砥山方面へ向かう。
大菩薩湖と湖岸の車道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩湖と湖岸の車道。
わかりやすい道標(^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わかりやすい道標(^^;
看板のとおり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板のとおり
初めて判読できる道標が現れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて判読できる道標が現れた。
1,530m圏。尾根が右に曲がるところにある道標。手前側は、嵯峨塩への道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,530m圏。尾根が右に曲がるところにある道標。手前側は、嵯峨塩への道。
足元注意箇所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元注意箇所
新緑が美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が美しい。
源次郎岳頂上にて。うっすらと八ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源次郎岳頂上にて。うっすらと八ヶ岳。
こちらは奥秩父。甲武信岳の辺りか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは奥秩父。甲武信岳の辺りか。
富士山も見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も見えた。
下りもしばらく足元注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りもしばらく足元注意。
キリガ尾根の道標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キリガ尾根の道標。
こんな感じで掛かっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで掛かっている。
今日のコースは黄色いテープが目印でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のコースは黄色いテープが目印でした。
恩若ノ峰の三角点。何で赤いんだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恩若ノ峰の三角点。何で赤いんだろう。
山名標も赤い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名標も赤い。
下る途中から。塩山の街並み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る途中から。塩山の街並み。
果樹園の中を抜けて下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
果樹園の中を抜けて下る。
まだ緑のサクランボ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ緑のサクランボ。
塩ノ山と塩山駅方面を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩ノ山と塩山駅方面を望む
もうすぐ塩山駅。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ塩山駅。

感想/記録

◆記録◆
●甲斐大和から上日川峠へのバスは、臨時を含めて2台が出た。きちんと座れるよう臨時バスを出すようだ。天目山温泉で1名、小屋平で数人が下車した以外は全員上日川峠まで乗車。
●上日川峠はすごい雑踏状態。9時過ぎの時点で、駐車場は市営駐車場までほぼ満車。今日はマイカーでなくて正解。
●メジャーコースへ背を向けて市営駐車場の入り口を過ぎ砥山方面へ向かう。バスに乗っていた人で同方向へ行く人は皆無...
●砥山の脇を乗っ越してからしばらくは、大菩薩湖と西岸の車道を見ながら進む。車道を離れて、1627峰へ向かう最初の登りは結構急登。単独行の男性を追い抜く。1627峰のピークは東側を巻いて通過。しばらく緩やかに進むと、NTTの日川無線中継所のアンテナが現れる。
●中継所からはしばらく未舗装の車道歩き。目印のあるところで車道から外れて、山道へ入る。下日川峠自体には立ち寄らず、源次郎岳方面へショートカット。
●嵯峨塩方面への分岐のある地点までは、穏やかな尾根道。分岐から先は岩交じりのやせ尾根となる。きわめて危険というわけではないが、足元に注意が必要。
●源次郎岳山頂は木が伐採されて明るくなっている。気持ちはわからないでもないが、切らなくてもいいのにと思う。
●源次郎岳では、二人の登山者が休んでいた。ともに単独行らしく別々に出発して行った。お二人とも我々の来た方へ向かったので、塩山から登ってきて嵯峨塩か上日川峠へ行くのだろう。
●お昼を食べていたら、やはり恩若ノ峰方向からトレランスタイルの男女が上がってきた。源次郎岳を取り上げるなら、それなりに登られているようだ。
●源次郎岳からの下りも、しばらくは岩交じりのやせ尾根。こちらも慎重に下ろう。ひと下りで穏やかになり、左に山道を分ける。「キリガ尾根 ↑中原」という札が下がっている。
●樹林の中を淡々と進む、尾根道だし、踏み跡はしっかりしているので迷うことはないだろう。
●恩若ノ峰は、木立の中の小平地。赤い三角点が出迎えてくれる。なぜか、山名の札も赤く塗られている。一休みしてから下山にかかる。
●30分ほども下ると、目の前に塩山の町が見下ろせるところへ出る。そこから20分ほどで果樹園の一角に飛び出す。果樹園からは舗装道路を淡々と。左右は、ブドウやサクランボが栽培されている様子だ。
●塩山駅15時45分。折よく59分発の高尾行があったので、乗車。
●115系の定期運行がなくなってしまいロングシート車なので、ビールを飲んでも何やら落ち着かない。やっぱりボックス席を残しておいて欲しかったなあ...。

◆感想◆
全体的に眺めもあまりなく、地味な山道歩きだ。歩くなら、小金沢連嶺の方が気持ちがいいが、静かさは断然こちらだろう。もっと歩きにくいコースかと思ったが、道はよく踏まれていて分かりやすかった。
訪問者数:326人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ