ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 865076 全員に公開 山滑走鳥海山

鳥海山スキー(湯の台ルート)

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー asama1964, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湯ノ台、高原ライン車道に路駐
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
1時間6分
合計
5時間22分
S湯ノ台高原ライン06:3206:45雪付07:41滝の小屋下07:5009:05大斜面1700m付近09:1210:03行者岳稜線10:2710:36大斜面1700m付近11:0211:41車道11:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
例年より雪は少なく、車も奥へ入れる
その分、藪が多く、滑るのはちょっと大変になる
上部雪面は場所によりクラックがあり、滑走には注意
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

朝の鳥海山、すでに車が10台以上来ていた。
帰りはさらに増え、40台以上はいただろうか
2016年05月03日 06:42撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の鳥海山、すでに車が10台以上来ていた。
帰りはさらに増え、40台以上はいただろうか
少し板を担いで、雪付からスキー歩行
2016年05月03日 06:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し板を担いで、雪付からスキー歩行
この日は、すぐ先の小沢から山へ入る
2016年05月03日 07:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は、すぐ先の小沢から山へ入る
荒木川右岸の尾根を登っていくと見覚えのある
切り開きに出る。今年は藪が多くて滑るには
苦労するだろう
2016年05月03日 07:27撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒木川右岸の尾根を登っていくと見覚えのある
切り開きに出る。今年は藪が多くて滑るには
苦労するだろう
滝の小屋へ向かう途中から、荒木川を挟んで建物が見える
2016年05月03日 07:50撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の小屋へ向かう途中から、荒木川を挟んで建物が見える
滝の小屋やや東付近から進む山頂方向を見る。
行者岳下の斜面が楽しそう。一部雪が
つながっていないように見えるが、なんとか
なるだろう。
2016年05月03日 08:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の小屋やや東付近から進む山頂方向を見る。
行者岳下の斜面が楽しそう。一部雪が
つながっていないように見えるが、なんとか
なるだろう。
登り途中から振り返ると、霞んだ月山や雲海の景色が
見事だ。
2016年05月03日 08:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り途中から振り返ると、霞んだ月山や雲海の景色が
見事だ。
トラバリながらハイマツを3mくらい抜けて大斜面に出た。
ここから稜線までは、どんどん登るだけ。
途中で休憩したら、稜線まで休みなく登っていく
2016年05月03日 09:09撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバリながらハイマツを3mくらい抜けて大斜面に出た。
ここから稜線までは、どんどん登るだけ。
途中で休憩したら、稜線まで休みなく登っていく
稜線近くなると徐々に風が強くなったが、
稜線からは新山が正面に見える。
2016年05月03日 10:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線近くなると徐々に風が強くなったが、
稜線からは新山が正面に見える。
1
千蛇谷もいつかは滑りたい。
風が強く、休むのは面倒なので、慎重に滑走準備したら
途中まで滑ることにする。
2016年05月03日 10:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千蛇谷もいつかは滑りたい。
風が強く、休むのは面倒なので、慎重に滑走準備したら
途中まで滑ることにする。
1
稜線下の少し前の新雪はちょうど緩んで楽しめた。
2016年05月03日 10:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線下の少し前の新雪はちょうど緩んで楽しめた。
2
下って大斜面上部も、緩んだ新雪のわりに、ほとんど
ストップすることはかったので、気持ちよく滑走
2016年05月03日 10:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って大斜面上部も、緩んだ新雪のわりに、ほとんど
ストップすることはかったので、気持ちよく滑走
1
広々斜面、最初はクラックを考慮してやや慎重に
なるが、すぐに大胆な滑りをしてゆく。
2016年05月03日 10:41撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々斜面、最初はクラックを考慮してやや慎重に
なるが、すぐに大胆な滑りをしてゆく。
1
思ったほど滑りにくくはないので、楽しめた。
登りで休憩した岩場で、昼食を食べたら
滝の小屋付近まで来たとこを戻ります。
2016年05月03日 10:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思ったほど滑りにくくはないので、楽しめた。
登りで休憩した岩場で、昼食を食べたら
滝の小屋付近まで来たとこを戻ります。
2
滝の小屋上の緩い斜面。意外に雪はよく
この日一番かっとんで、バランス崩しそうになった。
登った尾根に戻り、途中から狭いブナ林を下っていく。
2016年05月03日 11:23撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の小屋上の緩い斜面。意外に雪はよく
この日一番かっとんで、バランス崩しそうになった。
登った尾根に戻り、途中から狭いブナ林を下っていく。
1
途中の狭いブナ林は適当に抜けて、最後に藪の面倒な小沢を
下れば車道はすぐ
2016年05月03日 11:50撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の狭いブナ林は適当に抜けて、最後に藪の面倒な小沢を
下れば車道はすぐ
車からの鳥海山、雪はいつもの年より少ないが
楽しませてくれました。
2016年05月03日 12:23撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車からの鳥海山、雪はいつもの年より少ないが
楽しませてくれました。
1

感想/記録

遠くは霞んでいたが天気良好。例年より雪が少なく、車が奥まで入れるが
雪が少ないため、最初は藪が目立つ。帰りは滑るのに苦労するだろう。

滝の小屋付近から稜線まで雪はほぼつながっている。この日は大斜面へトラバー
する際にハイマツを3mほど乗り越えた。

滝の小屋付近から、斜面にクラックが入っている箇所があるので、登り、滑走
には気を付けたい。

この日の稜線は風が強く、滑走準備は慎重に行った。下れば風は弱くなり
いい斜面を楽しむことができた。
訪問者数:216人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ハイマツ 雲海 右岸 山スキー ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ